仕事

仕事を休みがちな新人の特徴とは?会社を休みがちな原因は何?

仕事を休みがちな新人の特徴とは?会社を休みがちな原因は何?

毎年入社してくる新卒や中途の新人が、仕事を休みがちになることがありませんか?

仕事を休みがちな新人には特徴があります。
よく観察していると仕事を休まない人との違いがわかるのです。

入社直後なので慣れない環境で体調を崩して休みがちになっているだけならよいのですが、仕事を休みがちになっている理由は他にあるのかもしれません。

仕事を休みがちな新人の特徴や原因についてみていきましょう!

仕事を休みがちな新人の特徴はこれ!

新人研修を休むことが多い

仕事を休みがちな新人の特徴としてわかりやすいのが、新人研修を休むことです。

入社間もない期間で行われる新人研修を休みがちなるということは、体調不良などで休んでいるわけではなく、会社が嫌になってしまった可能性が高いです。

もしかしたら、新人研修の初めの方で体調不良で休んでしまい、その後の研修でついていけなくなったり、他に研修を受けている人と差がついてしまったのを理由に新人研修に出たくなくなったのかもしれません。

いずれにしても仕事を休みがちな新人は、新人研修のときから休みが目立ちます。

新人研修のときから休みが目立つようなら、しっかり本人と面談をしてなぜ休みがちになっているのかを探りましょう。

原因がわからないと新人研修後も休みがちになってしまい、いないのと同じような感じになってしまいます。

入社後、休みが目立つようなら要注意です。

仕事を体調不良で休みすぎる

仕事を休みがちな新人の欠勤理由の多くは体調不良でしょう。

新しい環境で働くので体調を崩しやすいというのはわかりますが、一週間に二日から三日も休んでしまうようなら、退職の兆候かもしれませんよ。

何日かは本当に体調不良なのかもしれませんが、会社を休んでまで何かをしている可能性があります。

例えば、入社してみたら合わないと思って会社に行くのがバカバカしく思えて転職活動をしているなど、ありえない話ではありません。

あなたの会社でも新人に限らず体調不良で休みがちな人は、いずれ仕事を辞めていきませんか?

体調不要で仕事を休むのは理由としてはよくある話ですが、何日も休むようだと退職のサインとして考えてよいでしょう。

仕事を体調不良で休みすぎる新人が本当に体調不良なのかを判断して適切な対応をしましょう。

入社してすぐに休む

仕事を休みがちな新人は、入社してからすぐに休むことが多いです。

入社して二日目に休む人も少なくないです。

入社後は少しの体調不良なら無理してでも出社しようと考える人の方が多いですよね。

入社してすぐに休んでしまうと上司や先輩とのコミュニケーションがとれないし、仕事でも同期に後れを取ってしまいますからね。

他にもデメリットがあって、新人歓迎会などに参加できなくなり、仕事に行きづらくなってしまうかもしれません。

入社後に休んでしまうことで、仕事に行きづらい環境を自分で作り出してしまっているのかもしれませんね。

入社直後は大抵の人はやる気に満ち溢れているはずだし、初めの方だからこそ仕事を早く覚えたり人間関係を構築したりすることを頑張ろうとします。

そのような状況の中でも入社してすぐに休みがちになってしまう新人もいるのです。


同期と馴染めていない

仕事を休みがちになってしまう新人は同期と馴染めていないことがあります。

同期の中でも仲の良い人同士が一緒の行動するようになると、仲間に入れなくて居心地が悪いと感じてしまう人もいます。

同期と馴染めないとランチで孤立したり、仕事の後の飲み会に誘われなかったりということが考えられます。

同期との人間関係がきっかけで仕事に行きたくない気持ちが出てきてしまうのかもしれませんが、同期と楽しそうに仕事ができていない人は、仕事を休みがちになります。

職場を見渡してみて、同期と馴染めていない人は休みがち予備軍かもしれません。

同期がいない場合は、相談相手などがいないため孤独な場面が出てきます。

そのため、寂しさから仕事を休みがちになってしまう人がいるかもしれません。

明らかに社風が合っていない

入社直後から社風に合わずに空回りして浮いている人も仕事を休みがちになるかもしれません。

入社して一週間くらい経てば、同僚から見てこの人は社風に合わないな~と思うことがあると思います。

社風が合わないと仕事に対する考え方や取り組み方で上司や同僚と食い違ってきてしまうことがあります。

会社によってはスキルが低くても積極性だけあればいいというところもありますし、個人の成果第一でスキルの高さや成果を重視するところもあります。

他には長時間残業して頑張っている人が正しいとか有給休暇をとらない人が偉いとか会社によって様々です。

社風が合わないと仕事が楽しくないと感じるので、だんだん仕事に行くのが嫌になってくるはずです。


上司や先輩から怒られてばかり

上司や先輩から頻繁に怒られているような新人は仕事を休みがちになる場合があります。

新人の頃は仕事を覚えるのが大変な時期です。

仕事を覚える過程でミスをすることもあるので、上司や先輩に怒られることもあるでしょう。

新人頃はまだ仕事が一人前になっていないのでミスするたびに上司や先輩に怒られることが続くと自信がなくなっていくのかもしれません。

もしかしたら、自分だけが怒られているのではないかと不満や不安を膨らませていきます。

毎日怒られるのが当たり前になってしまうと仕事のやる気も失くしてしまうので、もう仕事に行くのはやめようと考え始めてしまい、仕事を休みがちになっていくのかもしれません。

新人でよく怒られている人は休みがちになる可能性があるので、休みがちになる前に周りの同僚がサポートしてあげないと、そのうち退職してしまうかもしれませんよ。

会社を休みがちになる原因とは?

職場に馴染めなくて仕事に行きたくない

職場では仕事以外に人間関係や会社のイベントがあります。

仕事ができても、仕事以外の部分で職場に馴染めないと仕事に行きたくなくなってしまいます。

例えば、社員旅行や社内の運動会、忘年会などがありますよね。

このようなイベントが自分に合わなくて毎回無理して参加をしなければならないとなってしまうと苦痛だと思うのです。

新人の場合は特に一年目は会社のイベントの進行係を任されることになる場合があるので、性格的にも会社に合わない部分が出てくるとストレスになるので会社に行きたくなくなるはずです。

職場に馴染めない場合も会社を休みがちになるきっかけになってしまいます。

入社してみたら合わないので転職活動を始めた

入社してみないと自分に会社が合うかどうかはわかりません。

会社が合わないとわかった場合、我慢しながら働き続ける人もいれば、働き続けることを悩みだす人もいます。

明らかに会社が合わないと思えば転職をしようと考え始めますよね。

でも、独身か既婚かですぐに転職に踏み切れない場合もあるので、辞めたいけど辞めれない状況になってしまい、仕事を休んでしまうのかもしれません。

会社が合わないという悩みが原因でもあるし、辞めると覚悟を決めて転職活動のために休んでいることもあります。

試用期間中に仕事を休みがちになっている場合は、退職の前兆である可能性が高いでしょう。

もし退職を防止するなら入社直後に会社が合わないと思わせないことです。

入社後に休んだら行きづらくなった

入社してすぐに体調不良や家庭の事情で休んでしまい、仕事の流れが掴めなくなったり、人間関係の構築に失敗してしまうと休みがちになる可能性があります。

入社後は今後の自分が働きやすくなるために仕事で一日の流れを掴んだり、同僚とランチに行ったりしてコミュニケーションをとる必要がありますよね。

仕事を休んでしまったことでその流れを作ることができず、同僚と仕事がしにくい状態になってしまい行くのが嫌になってしまうのです。

一度休むと癖になることもあるので、最初は気にならない程度の休みですが、徐々に仕事にこなくなります。

仕事も人間関係も上手くいかなくなると、仕事を休みがちになる原因になるのです。

仕事を休んだことで仕事や人間関係が上手くいっていない人がいたら助けてあげましょう。

誰も助けてあげない職場だと毎年のように退職者が出てしまうかもしれません。


上司や先輩が厳し過ぎて憂鬱になった

やはり上司や先輩が厳しすぎると仕事に行くのが憂鬱になってしまいます。

怒られること以外にも仕事のスピードや成果を求めるレベルが高すぎて仕事についていけそうにないと感じてしまうと毎日が辛いくなりますよね。

厳しさの中にも愛情のある指導があればよいのですが、厳しいだけの指導だと精神的に滅入ってきてしまいます。

仕事が厳しすぎると今の会社が合わないと思って他の会社を探し始めてしまうかもしれません。

最悪の場合はパワハラだと感じてしまうことになって仕事が手につかない状態になってしまいます。

職場環境が憂鬱になる場合は会社を休みがちになる原因と考えてよいでしょう。

休みがちな人を出さないためにはその人に合った指導の仕方を考えなければいけませんね。

仕事を休みがちなら新人が辞める兆候かもしれない

新人が仕事を休みがちになっているのなら、仕事を辞める前兆かもしれませんよ。

普通に考えて新人のときに仕事をコンスタントに休むと自分にとって過ごしづらい環境になることは理解できるはずです。

それなのに仕事を休みがちになるということは、自分で自分を追いつめていることになるのです。

追い詰められていき、仕事に行きづらくなったり、仕事がしたくない気持ちが高まっていけば、さらに休みがちになるはずです。

休み過ぎると仕事はついていけないし、上司や先輩から怒られるのが嫌になってしまえば、いっそのこと仕事を辞めてしまおうと考えるのではないでしょうか。

仕事を辞めてリセットしてから働き直そうと考えて、転職活動を始めてしまうかもしれません。

仕事を休みがちな新人に辞められたくないのなら、早めに手を打ちましょう。

退職を申し出た時点だと意思が固まっているので引き止めることが難しくなりますよ。

まとめ

仕事を休みがちな新人の特徴や新人が会社を休みがちな原因について紹介しました。

仕事を休みがちになっている状態なら退職の前兆かもしれません。

理由なく休みがちになっているわけではないと思うので、退職を防止したい場合は本人と話をして理由を確認しましょう。

何もしないと辞めていかれてお終いですからね。

 

あなたの適職や強み・弱みを知りたいと思いませんか?

気になっている人にはこちらの転職アプリをおすすめします。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

アプリをインストールするだけで、すぐに診断ができますよ!

ミイダス アプリミイダス 詳細

あなたに興味を持っている企業や年収の相場が分かるので市場価値を知ることができますよ。

希望の条件で転職できるのは、あなたに市場価値があるうちだけです。