Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

毎日仕事に行きたくない!朝から泣くほど仕事が苦痛なら会社を辞めるべき

毎日仕事に行きたくない

毎日仕事に行きたくない気持ちになることありますよね。

特に新卒や第二新卒で入社したての頃、中途入社したての頃、未経験職種に転職した頃に毎日仕事に行きたくないという気持ちが湧いてくることが多いと思います。

長年同じ会社に働いていてもこのような気持になることは不思議ではありません。

行きたくない気持ちから朝から泣いてしまうほど辛い日もあると思います。
時には職場で泣いてしまうことがあってもおかしくありません。

一般的には何の根拠もなく「最低でも3年間は働くものだ」と言われています。

しかし、会社を辞めたいくらいに仕事が苦痛なら辞めてしまった方が良いです!

この記事では、毎日仕事に行きたくないと思っている人に向けて苦痛なら会社を辞めてはどうかという内容で書いています。

行きたくない仕事を我慢の限界まで働くことのデメリット

毎日仕事に行きたくないと思っているのに心身ともに衰弱しきった状態で限界まで働くことに意味がありますか?

現時点で頑張っている状況なのでに無理して仕事を続けてしまうとうつ病になってしまったり対人恐怖症などになってしまうかもしれません。

そのような状況で仕事を続けていても仕事の質が下がったり、何度も同じようなミスを繰り返しては上司に怒られたりなどにつながるので、デメリットしか生まれてきませんよね。

仕事を辞めることに対して心のどこかに罪悪感や後ろめたさがあるかもしれません。
そのため、今の仕事を辞めても良いのか、我慢して仕事を続けたほうが良いのか迷いが出てしまうかもしれません。

きっと職場の人間関係や仕事の向き不向きなどが原因のことが多いと思いますが、仕事が辛くて行きたくないと思っているのなら、無理せずに自分の働き方に合った仕事や職場を探せばいいと思います。

実際に転職活動をしてみないとわからないことがあると思いますが、世の中にはあなたに合った会社が沢山あります。

まだ巡り合えていないだけなのです。

毎日朝から仕事に行きたくない気持ちになるのなら、限界を迎える前に転職した方が幸せになる可能性があるので、転職活動をすることをおすすめします。


・限界まで仕事を続けてもうつ病などになるリスクがある。

・世の中にはまだまだ優良企業が沢山ある。巡り合えてないだけ。

・限界を迎える前に転職活動した方が良い。

毎日仕事に行きたくない気持ちで朝から泣いてしまう

毎日仕事に行きたくない気持ちで朝から泣いてしまう毎日朝が辛い・・。

毎日、朝から泣いてしまうほどに心にストレスがかかっている場合は限界が近いといえます。

それほどの状態になることを考えると、職場では慢性的にパワハラやセクハラ、長時間のサービス残業、上司や先輩、同僚からのいじめがあるのではないでしょうか。

これから仕事を教わって覚えていくという段階であったとして、先輩たちの教え方が厳し過ぎたり、いじめを受けるようであれば、あなたが仕事に向いていなかったり、運悪く同僚に恵まれなかっただけです。

ようするに「ブラック企業」というやつですね。

会社というのは先に入った人達によって社風が作られてしまうことが多いので、あなたが悪いわけではなく、あなたが一般的な正しい考えを持っていたとしても、彼らのやり方に従わされてしまうのです。

一度でもこのような状況になってしまうと、会社でのあなたのポジションがほぼ決まってしまったと言ってもよいでしょう。

このポジションから抜けるには、彼らよりも仕事で圧倒的な成果を出して立場を逆転させる以外に方法はないかもしれません。

同僚が味方になってくれることは期待してはいけません。
仲間と思える人たちもそれぞれ居場所を確保するために必死なので助けは無いと思ったほうが良いです。

毎日仕事に行きたくない気持ちで朝から泣いてしまう状態であれば、体調を大きく崩しかねないのと、まともに仕事ができる状態ではないので、会社を辞めることも視野に入れてまずは会社を休みましょう。


・権力を持った間違った人達の意見がまかり通ってしまう。

・一度つらい目に合うとそのポジションからなかなか抜け出せない。

・毎日泣くほど辛いなら会社を辞めることを視野に入れる。

仕事に行きたくないから休みがちになってきている

仕事に行きたくないから休みがちになってきている仕事に行きたくないという理由で会社を休みがちになるのは悪いことではありません。

無理をして仕事を続ければ体調を崩しかねないので、休むという決断をしたことはむしろ良い判断です。

休んでいるときこそ冷静に考えることができるので、いまいち仕事に行きたくない理由がわらかないと思っている人は整理してみましょう。

あなたは何も悪くないのに怒鳴られたり、怒りっぽい上司や社長のご機嫌を伺わなければいけない毎日にうんざりしているというような状況であれば、仕事に行くことのモチベーションが大きく下がっているので、会社が原因で仕事に行きたくないと感じていることになります。

例えば、頑張ればできると思っていた仕事が思ったよりも出来ない状況が続いたり、何度も同じミスを繰り返してしまい、仕事ができない自分に苦痛を感じて、毎日憂鬱になっているという自分自身の問題が原因になることもあります。

自分自身が問題の場合は、単純に仕事が向いていない場合もあります。

本当は「こうなりたかった」という自分の理想の姿があると思うので、今の仕事や職場で実現することが難しいのなら、その理想の姿を実現できそうな、自分に合った職場を探すことが幸せの最短ルートになると思います。

結局のところ、仕事に行きたくなくて休みがちになっている状況で、今の仕事や職場向いていない可能性があります。

リセットするなら早めの方が良いので、一時的な辛さではないというのなら転職活動を始めましょう。


・体調を崩す前に休むのは良いこと。

・仕事に行きたいない理由をはっきりさせる。

・継続的に辛い状況が続くなら転職活動を始めて自分に合う仕事や職場を探す。

毎日仕事に行きたくないのは人間関係のせい?

毎日仕事に行きたくないのは人間関係のせい毎日仕事に行きたくない理由が人間関係が原因なら、今の会社に我慢して働き続けるか、転職して他の会社でやり直すしか方法はありません。

あなたがどんなに職場に合わせて振る舞いや考えを変えたとしても、あなたと合わない人達が変わることなどありません。ストレスが溜まってしまい、あなたがパンクしてしまいます。

人間関係はどこの会社に行っても悩みは尽きません。
企業で働くこと自体が合わない場合は、サラリーマンを辞めて起業する方が幸せになれるかもしれません。

このような状況が当て嵌まっていたら、毎日行きたくない仕事を我慢しないで辞めることも考えましょう。1年後、2年後の先々も長期的に耐えられるかを考えた方が良いです。

  1. 女性に多いかもしれませんが、ランチや休憩など何をするにしても同僚と一緒に行動することが多く、相手に行動を合わせすぎて息苦しくて疲れてしまう。
  2. 理由はどうあれ同僚に嫌われてしまった。仕事がし辛くなったり、ランチに誘ってもらえず一人ぼっち。挨拶をしても無視をされる。
  3. 忘年会や飲み会で一人ぼっちになる。仕事では仲良くしているのに、人間関係が露骨に出てしまい、忘年会や飲み会では誰も近寄って話かけてくれず一人ぼっちで寂しい思いをしている。
  4. 仕事に対する思いが周りと合わない。周りは生き甲斐をもって情熱的に仕事に取り組んでいるのに、自分はお金のためと割り切って働いている。
  5. 上司に嫌われてしまい、仕事を与えられずに社内ニートのような状態になっている。ボーナスも下がり、どんなに成果を出しても給料が上がらない状況。
  6. 上司が変わったことで良好だった職場の人間関係が悪化してしまった。最低限のコミュニメーションだけになってしまい、人間味が無くなってしまった。



・選択肢としては、我慢して働き続けるか転職するかのどちらか。

・相手の性格は変わらない。辞めた方が早く人生やり直せる。

毎日仕事に行きたくないのは同じミスをして怒られるから?

毎日仕事に行きたくないのは同じミスをして怒られるから仕事に行きたくない理由がミスをして怒られるという場合は、なぜミスをすることになっているかを考えてみましょう。

そもそも仕事でミスが多いのはあなたのせいでしょうか?

当初言われていた仕事内容と違うことをやらさている場合は、向いていない仕事ということも考えられますし、やりたかった仕事ではないから頭に入ってこないということも考えられます。

もし、仕事内容を変更してもらえるのなら、自分が本当にやりたかった仕事をやらせてもらえるように上司に相談してみましょう。

やりたい仕事はできているけれども何度も同じミスを繰り返してしまう場合は、やりたい仕事が自分に向いている仕事ではなかったと考えるべきです。

なので、自分ができる仕事にレベルダウンさせて、ミスを無くすことを考えましょう。
まずは毎日の苦痛を取り除くことを優先させましょう。

このようなこととは関係なく、以前はミスなく仕事ができていたけれども、1回ミスしてしまったときに上司や先輩に怒鳴られたりしたことがトラウマになっていることも考えられます。

トラウマになってしまうと、また失敗して怒られてしまうという思いが頭の中を駆け巡って怒られる怖さから思うように頭が働かなくなってしまいます。

あなたが悪いわけではありませんので、教えてくれる人や上司を変えてもらえるように相談することが必要です。

相談できない職場環境であれば、そのような会社はすぐに辞めてしまいましょう!
体に毒です。


・やりたい仕事ではない場合は、やる気の出るやりたい仕事をやらせてもらう。

・自分がやりたい仕事と向いている仕事は違うことがある。

・相談できる職場環境でないなら辞めることを考える。

仕事を辞めたいけど相談を誰にしたらいいのかわからない

このまま仕事を続けるか、仕事を辞めて転職をするか悩んでいるときに相談するべき人は良く考えた方が良いです。

まず、友人は辞めたほうが良いです。
友人はあなたの職場のことがわからないので、あなたの相談が愚痴に聞こえてしまうことも考えられます。

愚痴に聞こえてしまうと一緒にいても楽しくないし、ネガティブなあなたといることが苦痛になってしまうかもしれません。最悪の場合は友達関係に亀裂が入ることもあります。

あくまで聞き役として話をきいているので、あなたが求める的確なアドバイスは期待できないでしょう。

同じ職場の人に相談する場合もあまりおすすめしません。なぜか相談内容が漏れてしまうこともあります。内容によっては職場環境を悪くしてしまうだけなので、職場の人に相談するときは慎重に相手を選びましょう。

おすすめは、同じ仕事をやったことのある他部署の口の堅い役職者です。
同じ境遇だった人の方が理解があると考えられるからですね。

まず、相談するとしたら家族が良いと思います。
親はあなたよりも社会人として先輩です。家庭では口に出しはしないものの、あなたと同じように苦しんできて乗り越えた人が沢山います。

辞めずに続けた場合に手にすることができるものと失うものなど、あなたが考え付かなかった視点でアドバイスをもらえるかもしれません。

家族ということもあり、親身になって相談に乗ってくれると思います。

もし、家族関係があまりよくない場合は、転職エージェントに相談すると良いです。
転職エージェントはあなたに合うような会社を紹介してくれます。


・友人や職場の人に相談する場合は相手を慎重に選びましょう。

・相談相手は家族が一番親身になってくれて良きアドバイスをもらえる。

仕事が苦痛なら会社を辞めるべき!転職した方が良い

毎日仕事に行きたくないという気持ちは簡単に消えるものではありません。

仕事に行くのが苦痛になってしまったら早い段階で転職を考えた方が良いです。
会社という組織はあなた一人の力では変えられないし、あなたの意見を尊重するようなところではありません。

あなたが今の職場が合わないと思ったら自分から立ち去った方が、きっと今苦痛に感じていることが改善される日が早くやってきます。

心や体が限界を迎える前に転職サイトに登録したり、転職エージェントに相談を始めましょう。

相談して自分に合う会社がどれだけあるのかがわかるだけでも、気持ちがだいぶ楽になるかもしれませんよ!

まとめ

毎日仕事に行きたくない!朝から泣くほど仕事が苦痛なら会社を辞めるべきというテーマでご紹介しました。

今の職場や仕事が合わないこともあるので、朝から会社に行きたくなくて泣いてしまうことがあったり、休みがちになったら要注意です。

選択肢が少ないと未来への希望がないので絶望感が強くなってしまいます。

転職サイトや転職エージェントに相談して他の会社も見てみましょう!

きっと未来への希望が見えてきますよ。