仕事の悩み

職場の雰囲気を悪くする人の特徴とは?職場で嫌われ者の末路とは?

職場の雰囲気を悪くする人の特徴とは?職場で嫌われ者の末路とは?
会社員
会社員
  • 自分は職場の雰囲気を悪くする人なのだろうか
  • 職場の人間関係をよくする方法を知りたい
  • 嫌われ者の末路がどうなるのか知りたい

このような悩みや不安を抱えていませんか?

 

Yasu
Yasu
こんにちは。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職上級者です。今回は、職場の雰囲気を悪くする人の特徴について、独自の視点で解説します。 

職場の雰囲気を悪くする人は確かにいます。

そして、もし自分がそのタイプに当てはまったら……。

ご安心ください。どんな人が嫌われ者になりやすいかを知り対策をとれば大丈夫ですよ。

この記事では、職場の雰囲気を悪くする人の特徴から職場の人間関係を解決するポイント、さらに、失敗しない転職の方法について解説します。

今よりいい雰囲気で仕事がしたい人は、参考にしてください。

自己分析、性格診断に興味があるなら、無料でキャリア相談できる「キャリアコーチング」がおすすめ。

職場の雰囲気を悪くする人の特徴は?

職場で嫌われるタイプには、大きく分けて以下の3種類あります。

①攻撃的な人
②自己中心的な性格の人
③不満ばかりを口にする人

どんな特徴があるのか、もう少し詳しく見てみましょう。

①攻撃的な人

「攻撃的な人」というのは、悪口を言いふらすことが好きな人や、機嫌が悪いと職場で八つ当たりするような人のことです。

こうした人は他人から認められたい思いが人一倍強く、基本的に精神的に幼稚な傾向にあります。いわゆる「かまってちゃん」です。

そのため、職場で孤立すると大きなダメージを受けてしまいます。

また、堪え性がないので職を転々としてしまうこともあります。

②自己中心的な性格の人

すぐ人の悪口を言ったり、何をしても不満などを口にしたりする自己中心的な性格の人も、職場の雰囲気を悪くするタイプといえるでしょう。

仕事をサボっても気にせず、仕事への向き合い方もルーズ。真面目に仕事をしようと頑張っている人の目には、非常に目障りな存在に映るでしょう。

こうした自己中心的なタイプ同士が接触すると、悪口を言うグループが生まれることもあります。

これも非常に職場の雰囲気を悪くします。

グループになることで目を付けられたくないと周囲が萎縮してしまったり、いじめを見て見ぬふりをしたりした場合、エスカレートすることがあります。

いじめがはびこっている職場は、どんなに給料が良くても福利厚生がしっかりしていても働きたくない職場ですよね。

③不満ばかりを口にする人

すぐ人の悪口や不満などを口にする、失敗を他人のせいにする人は、腹が立ったり自分にとって都合の悪い状態になったりすると、そのイライラを態度に出してしまう傾向が強いです。

プライドが高く常識がないことも多く、軽犯罪を自慢げに語ったり、自分の非を認めることができなかったりすることも多いでしょう。

また、誰かに攻撃されるまでは自分が嫌われている自覚がないので、調子に乗りやすいのも“不満ばかりを口にする人”の特徴です。

職場の嫌われ者が辿る末路は?

嫌われ者の末路は、「職場での孤立」です。

周囲の空気を乱す、人に嫌な思いをさせる嫌われ者は、周りから距離を置かれやがて孤立します。

ただ、そもそも複数の人間全員にとって居心地の良い雰囲気は異なりますから、全員が満足できる雰囲気は作れません。

過剰に職場の雰囲気を追求しようとすると、いつの間にか「自分にとって居心地の良い雰囲気」こそが、正義となることもあります。

仕事をしやすい雰囲気とは、誰かにとって最高の状態ではなく、みんなにとって「ほどほどに居心地のいい雰囲気」なのかもしれませんね。

職場の人間関係を良くする対処法は?

職場の人間関係を改善する方法はいくつかあります。

中でも取り組みやすいのが、あいさつをすることです。

「そんな当たり前のこと」と思うかもしれません。

けれども、職場に不満を持っている人ほどあいさつがおざなりな傾向にあり、それが一層職場の雰囲気を悪くすることもあるのです。

あいさつは相手との関係を築くために不可欠なコミュニケーション手段。

きちんとあいさつをする人や、お礼や謝罪が素直にできる人は好かれやすいです。

そんな人が職場にいると、接する人の気持ちが明るくなり雰囲気が良くなります。

あなたが好かれる人になれば、それだけでも職場の雰囲気は改善されます。あなたに好感を抱く人が増えれば、仕事もしやすくなるでしょう。

ただし、みんなで仲良くしようと積極的に働きかけることは「うざい」と思われ逆効果です。欲張りすぎないように注意してくださいね。

「職場の雰囲気を悪くする人」だと思ったら転職を検討しよう

職場の雰囲気を悪くしていると感じたら、転職を検討するという方法もあります。

そういうと「新しい職場でも疎ましがられるのでは」と不安になるかもしれませんね。

当記事でご紹介した「職場の雰囲気を悪くする人」は、性格的に問題がありそうなタイプばかりでした。

けれども、こうした性格の悪さは、生まれつきとは限りません。

確かに世の中には性根の悪い人もいて、更生が期待できない場合もあります。

けれども、それは一握り。

通常は、外的な要因に影響を受けているというケースがほとんどです。

「自分は職場の雰囲気を悪くしているかもしれない」と悩んでいるのなら、なおさらでしょう(根っからの悪人なら、自分の非を認めて直そうとはあまり考えないでしょうから)。

働きたくない職場に、無理して身を置いていませんか?

職場に馴染めなくても、「働くということはこういうことだ」と自分を無理に納得させて仕事をしていないでしょうか?

こうした不満を抱えていると、笑顔が自然に消え周囲に辛く当たってしまいがちです。

また、人の言動が気になってあらを探し、悪口をぶちまけてしまうかもしれません。

その結果「あの人、とても感じが悪い」と、周囲から距離を置かれてしまうのです。

反対に、仕事が面白く話の合う同僚に囲まれていたらどうでしょうか?

仕事に対して積極的に取り組み、同僚にも笑顔で話しかけるのではないでしょうか?

どちらも「あなた」ですが、環境によって行動が異なることがよくわかるでしょう。

心理学的な見方をすると、その人の性格は遺伝と環境とによって形成されるということです。

参考:『心理学ってなんだろう』(公益社団法人 日本心理学会)

自分にとって環境の悪い職場にとどまっていては、自分も周りも幸せにはなれません。職場の雰囲気を悪くする人になっているのは、転職のサインと捉えましょう。本来の性格を変えようと頑張るよりも、環境を変えた方が簡単です。

自分に合った職場を見つけたいならプロに相談しよう

次の就職先で職場の雰囲気を悪くする人にならないためにも、転職はプロに相談するのが無難です。

転職事情は各業界で特徴が異なりますし、動向も年々変わります。

また、プロは年間何百人何千人もの転職希望者と向き合っていますし、客観的で適切なアドバイスを得ることが期待できます。

転職相談先としておすすめのサービスは2種類です。

①転職エージェント
②キャリコーチング

転職エージェントは、人材を求めている企業と、職を探している人材とをつなぐマッチングサービスです。

  • 無料で利用できる
  • これまでのキャリアをもとに、転職先を紹介してもらえる
  • 転職に必要な書類の準備など、転職に向けた実務的なサポートが受けられる

という点に特徴があります。

一方のキャリアコーチングは、キャリアに関する相談に対応しているサービスです。

転職に関する悩みを解決するというよりも、転職する際の軸となる自分の強みや才能を明らかにすることが、キャリアコーチングの役割です。

キャリアコーチングは

  • 費用がかかる
  • 相談者に100%寄り添ったサポートが受けられる
  • 気づかなかった自分の才能を発見できる

など、どちらかというと自己分析の実践に寄せたサービス内容といえるでしょう。

自分の強みを活かした業界が決まっているなど、転職への準備がある程度できているのなら転職エージェントがおすすめです。

そうではなく、「自分に合った仕事を見つけるためには自己分析が必要」というふうに、転職先を探すにはまだ早いという場合は、キャリアコーチングがよいでしょう。

また、キャリアコーチングで自己分析をして自分自身についてある程度理解を深めたら、転職エージェントを利用して転職先を探すという方法もありです。

おすすめのキャリアコーチングは?

キャリアコーチングならマジキャリ

マジキャリの公式HPはこちら

マジキャリの強み!

  1. 運営元は転職支援の経験が豊富な会社。
  2. 年間およそ3,000件ものキャリアコーチングを実施。
  3. 実践したセッションのフィードバックをベースに独自に構築したコーチングノウハウを提供。
  4. 人材育成のプロからサポートしてもらえる。
  5. 顧客満足度92%。

おすすめのキャリアコーチング先として、必ずといってよいほど名前の挙がるマジキャリ。

在籍しているキャリアコーチは、過去に人事部など人材育成にかかわった経験を持つ専門家ばかりです。安心して仕事やキャリアに関する悩みを打ち明けられるでしょう。

あなたが得られるメリット

  1. マンツーマンでキャリア相談に乗ってもらえる。
  2. 自己分析やキャリア設計を支援してもらえる。
  3. 転職も視野に入れたキャリア相談ができる。
  4. 自分の強みややりたいことが見つかる。
  5. 自分について理解を深められる。

キャリアコーチングを通じて自分に対し理解を深めてから職を探すことは、遠回りに感じるかもしれません。

けれども、自分に合った職場に転職することをゴールと考えれば、必要な回り道と考えた方がよさそうです。

留意点は、マジキャリはあくまでも“キャリアコーチングサービス”ということです。

転職事情に明るいとはいえ、転職先の紹介などはサービスに含まれていません。

そのため、セッションを受けた後に転職を決断した場合は、自力で転職先を探すか転職エージェントに登録してサポートを受けるかする必要があります。

「転職エージェント登録まではまだ考えていないけど、キャリアの相談は誰かにしておいた方がいい」というのなら、マジキャリの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

今なら1回無料でプロのキャリアコーチによるセッションを受けられますよ。

予約がいっぱいになると、募集が締め切られることもあります。申込みはお早めに!

マジキャリ

まとめ

職場の雰囲気を悪くする人は、攻撃的な人、自己中心的な性格の人、不満ばかりを口にする人です。

嫌われながら働き続けていても末路は、「職場での孤立」です。

もし、あなたが「職場の雰囲気を悪くする人」に当てはまる可能性があるのなら、マジキャリのキャリアコーチングを1度無料で受けてみてはいかがでしょか?

人気ランキング
  1. リクナビNEXT
    リクルートが運営する転職・求人情報サイト。スカウト機能や転職のノウハウなどお役立ちコンテンツで転職活動をサポート。
    https://next.rikunabi.com/
  2. 無料適性診断 ミイダス
    あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、あなたのコンピテンシー(行動特性)を分析。
    https://miidas.jp/
  3. マジキャリ
    キャリアアドバイザーやコーチとの1on1のオンライン面談を通して、「あなたの”ありたい姿”を設計し、実現するキャリアコーチングサービス」。
    https://majicari.com/マジキャリ
ABOUT ME
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細
関連記事