Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

職場の雰囲気を悪くする人の特徴とは?職場で嫌われ者の末路とは?

職場の雰囲気を悪くする人の特徴とは?職場で嫌われ者の末路とは?

この記事は、このような人に向けて書いています。

「職場の雰囲気を悪くする人の特徴を知りたい」

「職場の人間関係をよくする方法を知りたい」

「職場の嫌われ者の末路がどうなるのか知りたい」

職場の雰囲気を悪くする人にはどのような特徴があるのでしょうか。

この人がいなければもっと楽しく仕事ができるのにと感じることや、職場に嫌な人がいて雰囲気がギスギス、ピリピリしてしまうこともあります。

そのような職場の雰囲気を悪くする人が今後どうなっていくのか、周りからどう思われてしまうのかなどを解説していきます。

今よりいい雰囲気で仕事がしたい人は、参考にしてみてください。

職場の雰囲気を悪くする人だと思われてしまう人の特徴

職場の雰囲気に馴染まない人は誰でも「職場の雰囲気を悪くする人」だと思われる可能性があります。

なんだか今の職場の環境に馴染めない、人嫌いというわけでもないのに周りの人が苦手という場合は、雰囲気に馴染めないからというわけです。

これは必ずしも馴染めないほうが悪いとは限らず、外から見た場合その職場の雰囲気は異常なのに、他の人はそれを疑問にも思わないこともあります。

多数派かそうでないかを決めるのは、職種でも差が出ますし、社長など上の人がどんな考えかによっても違ってきます。

人によって、居心地の良い雰囲気、馴染みやすい職場は異なります。

また、個性が強く目立つ人が「雰囲気を悪くしている人」だと判断されることもあるでしょう。

そして実際には、過剰に雰囲気を気にしてしまう人が職場の雰囲気を悪くしていることもあるのです。

実は自分が原因だったということにならないよう、雰囲気を悪くしやすい人の特徴を見ながら、一度自分の言動も見直してみましょう。


人見知りの人

内気で報連相もおぼつかない人、おどおどしていてちゃんと返事ができない人などは、多くの職場で浮きがちですが、特に「みんなで和気あいあいと仕事をしよう!」という雰囲気の職場ではなかなか馴染めません。

こうした人はもともとコツコツできる仕事に向いていますし、社員同士のコミュニケーションを大事にしている職場に入ってしまったことが間違いかもしれません。

ただ、無理に心を開かせようとしつこく働きかけるのも間違っている可能性があることも忘れないでください。

例えば、実際憩時間はみんなで休憩室に移動し、お菓子タイムというルールのある会社があります。

休憩時間に仮眠を取りたい人は、面倒だなと思っていても休憩時間に休むこともできない職場の雰囲気に馴染もうと頑張っているだけかもしれませんね。

無理して仲良くさせようとしていて、馴染まない人を「雰囲気が悪くなる」と感じる場合、あなたのほうが職場の雰囲気を悪くする人という可能性もあるのです。

マイペースすぎる人

急ぎの仕事が入りみんなが焦って仕事をしている時でも、平気でおしゃべりしていたり、ノルマを与えられて必死でそれをこなそうとみんな頑張っている時に、「できません」で済ませてしまうような人は、雰囲気を悪くしがちな人です。

こういう人は、この職場だから雰囲気に馴染まないというわけではなく、どこにいってもマイペースな人でしょう。

一致団結、みんなで横並びという職場では、特に理解されにくいというだけで、どこにでもこんな人はいるはずです。

ただ職場によってはマイペースで周囲に流されない人も大切な存在です。

だらだらした雰囲気で、みんながのんびりしたムードの職場で、おしゃべりに参加せず真面目に仕事をこなす人は貴重だとは思いませんか。

仕事中おしゃべりに参加しない人がいるから雰囲気が悪くなるのではなく、緊張感のないムードを大切にしたがる人のほうが多いなら、上司や経営者にとっては大多数のほうが職場の雰囲気を悪くしている元凶なのかもしれません。


職場の雰囲気を悪くする人の特徴は?

人見知りや、職場で深い関係を作りたがらない人、マイペースすぎる人は、職場で孤立してもそれほど気にしない人が少なくありません。

むしろ強制的に飲み会に参加させられたり、プライベートに関わってくる人が減ったりするわけですから、仕事にさえ影響が出ないなら放っておかれ、むしろ気が楽かもしれませんし、ホッとしているかもしれません。

周囲が常識的な人であれば必要な連絡はしてもらえるはずなので、ただ馴染んでいない人はそう大きな問題にはならないことが多いのです。

しかし、職場で嫌われる人は別です。

嫌われやすい人は、基本的には攻撃的な人です。

悪口を言いまわるのが好きな人や、機嫌が悪いと職場で八つ当たりするような人です。

こうした人は他人から認められたい思いの強い人が多く、基本的に精神的に幼稚な人も多いのでかまって欲しがりです。

そのため職場で孤立してしまうと大きなダメージを受けてしまいます。

また、堪え性がないので職を点々としてしまうこともあります。

自己中心的な性格の人

実はいなくなってほしいと思われているのは、雰囲気に馴染まない人よりも性格に問題がある人のほうが多いでしょう。

すぐ人の悪口を言ったり、なにをしても不満などを口にする、仕事をサボっても気にしない人などです。

不平不満や言い訳ばかりの人は、ちゃんと仕事をする気があるのかと疑問を抱かれますし、ルーズなことも多いです。

人格的にも仕事への向き合い方も、真面目に仕事をしようと頑張っている人から見ると職場の雰囲気を悪くする人というだけではなく、非常に目障りだと感じられるでしょう。

そして、こうした自己中心的なタイプ同士が接触すると、悪口を言うグループが生まれることもあります。

これも非常に職場の雰囲気を悪くします。

グループになることで、周りが目を付けられたくないと萎縮してしまったり、いじめを見て見ぬふりをしたりして、エスカレートすることがあります。

いじめがはびこっている職場は、どんなに給料が良くても福利厚生がしっかりしていても働きたくない職場ですよね。


不満を口にしたり態度に出す人

すぐ人の悪口や不満などを口にする、失敗を人のせいにする人などは、腹が立ったり自分にとって都合の悪い状態になったりするとイライラをそのまま態度に出してしまう人が多いですよね。

機嫌の悪さを隠そうともしない人は、プライドが高く常識がないことも多く、軽犯罪を自慢げに語ったり、自分の非を認めたることができず謝罪したりできない人も多いでしょう。

こうした人が上司ですと、パワハラ上司まっしぐらで、社長なら会社そのものがブラック企業と化す危険もあります。

上の立場にいるなら仕方ないと諦めてしまう人もいますが、直接仕事には関わりのない人であれば関わりたい人はいませんから、簡単に周りから見放されてしまいます。

またそして誰かに攻撃されるまでは自分が嫌われている自覚がないので、調子にも乗りやすいのも態度が悪い人の特徴です。

最終的にはパワハラやセクハラ、いじめで訴えられやすいので、左遷されたり、悪い時には懲戒免職になったりすることもあります。

職場の人間関係を良くする対処法は?

仕事の悩みよりも、人間関係で悩み仕事を辞める人は多いです。

それだけ、居心地の悪い雰囲気、嫌な人との人間関係は人にとってストレスになるものなのです。

ではどうすれば職場の人間関係を良くして、雰囲気を良くすることはできるのでしょう。

きちんと挨拶をする人、お礼や謝罪が素直にできる人は好かれやすいです。

そんな人が職場にいると、接する人の気持ちが明るくなって雰囲気は良くなります。

あなたが好かれる人になれば、それだけでも職場の雰囲気な良くなりますし、あなたに好感を抱く人が増えればあなた自身、とても仕事のしやすい環境になっていくでしょう。

では、みんなで仲良くしようと積極的に働きかけたり、嫌われやすい人、職場に馴染まない人を排除したり、あるいは周りに合わせるよう圧力をかけたりすれば、さらに職場の人間関係はよくなるのでしょうか。

実は「みんなで仲良くしよう!」とすると、「うざい」と思われがちです。欲張りすぎないように注意してくださいね。


同僚へ平等な気遣いをする

特定の人だけにではなく、周りみんなへの気遣いを見せれば、ギスギスした雰囲気が嫌だという人にとっては同調したいなと感じるでしょう。

お互いにフォローし合い、助け合って仕事ができる雰囲気になれば多くの人にとって仕事がしやすいと感じるようになるはずです。

ただ、注意点もあります。

今の職場の雰囲気に不満を持つ人同士で一致団結するのは、一見良いことのように見えますが、それが同調圧力となって居心地の悪さを感じる人もいるということです。

明らかに職場で嫌われやすい人の場合は別ですが、優等生のように「みんなのために」と職場の雰囲気を悪くする人を排除しようとしないでください。

周りみんなへの気遣いとは、あなたにとって、職場に馴染んでいない人も含まれるのです。

また、和気あいあいとした雰囲気になると私語が出やすくなって、おしゃべりをしていれば大抵は生産性が下がります。

仕事中は私語を慎む、特定の人へ態度を悪くしないなど、社会人として当たり前のことはしっかり守りましょう。

職場で嫌われ者の末路はどうなる?

「嫌われ者の末路は職場での孤立」です。

職場の雰囲気を悪くする人は、簡単には変わりません。

どんなにあなたが頑張っても、自分だけが優遇されて威張っていたい人、自分の機嫌を損なう対応をする相手が悪いとばかりに攻撃的な人がいる場合は、どうにもできません。

そんな人は、可能な限り関わらないことも大切です。

あなただけではなく、みんなにとって空気が悪くなる、嫌な思いをすると感じられる人は、やがては孤立していきます。

ただ、そもそも複数の人間全員にとって居心地のいい雰囲気は異なりますから、全員が満足できる雰囲気は作れません。

過剰に職場の雰囲気を追求しようとすると、いつの間にか「自分にとって居心地のよい雰囲気」こそが、正義だと感じられてしまうこともあります。

そうなってくると、周りから距離を置かれてしまうのは自分かもしれないと、肝に命じておきましょう。

仕事をしやすい雰囲気とは、誰かにとって最高の状態ではなく、みんなにとって「ほどほどに居心地のいい雰囲気」なのかもしれませんね。


嫌われ者になってしまった場合は転職を考えよう

嫌われ者になってしまった場合は、転職を考えましょう。

嫌われ者になっていない人は転職をする必要はありません。

一度でも職場で嫌われ者になってしまうと「孤立」から抜け出すのは難しいのです。

人として信用を失っている状態で、どんなに同僚のためになることをしても、あなたを良い人として見てくれる人はいないでしょう。

逆の立場で考えればわかりますよね。

職場で嫌われてしまった人は、今の職場での人間関係修復をするよりも、新しい職場で人間関係をリセットしてやり直した方が早いです。

もし、転職に興味があればこちらの転職支援サービスを見てみてください。

実績豊富な転職支援サービス

転職活動をするにあたり自分の強みや市場価値がよくわからないという人は、「ミイダス」に登録してみましょう。

あなたの市場価値が年収でわかりますよ。

「パソナキャリア」は丁寧に対応してくれると評判なので、じっくりとサポートしてもらいたい人にはおすすめです。

20代向け転職支援サービス

あなたが20代の場合はやり直しはいくらでもできます。

このタイミングでキャリアについて考えてみたい人は「20代の転職相談所」に登録して相談してみましょう。

今後どのようにキャリア磨きをしていけばよいのか明確になるかもしれませんよ。

20代で年収100万円以上アップした転職をしたいという場合は、「キャリアスタート」に相談してみましょう。

エンジニア向け転職支援サービス

エンジニアとして仕事をしていきたいという人は、エンジニア向け転職支援サービスに登録は必須です。

最近は、sesで働いていた人が社内SEに転職したいというニーズあるようで人気があります。社内SEで働くことを考えている人は「社内SE転職ナビ」に登録しておきましょう。

社内SEだと開発現場に出て仕事をするよりもワークライフバランスが改善される可能性がありますよ。

エンジニアの場合、同じような開発業務でも会社によって職場環境や待遇はかなり違ってくるので幅広く求人を探すことをおすすめします。

まとめ

職場の雰囲気を悪くする人は、大きく分けると職場の雰囲気に馴染まない個性を持つ人、そしてどの職場にいっても嫌われやすい人に分けることができます。

問題に有りやすいのは、もちろんどこにいっても嫌われやすい攻撃的なタイプです。

また自分が職場にとって、雰囲気を悪くする人にならないよう、自分の言動を時折見直してみてくださいね。