Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事に行きたくないから休みがちで辞めたいときの理由や対処法とは?

仕事に行きたくないから休みがちで辞めたいときの理由や対処法とは?

仕事に行きたくないから休みがちになってしまって、会社を辞めたいと思うときがありませんか?

自分ではなくても同僚が休みがちになっても心配ですよね。

人それぞれ理由はありますが、どうしても休みがちになってしまうなら転職を考えた方がいいのかもしれません。

その前に、どうして仕事に行きたくないと思うようになったのか、辞めたいと思うようになったのか、よくある理由と対処法を見てみましょう!

仕事に行きたくないから休みがちで辞めたい気持ちになる理由とは?

仕事に行きたくないのは人間関係が悪いから

仕事に行きたくなくて休みがちになっていしまう理由の一つに人間関係があります。

理由はどうあれ、仕事の人間関係が最悪でうまくいかない場合は精神的に辛い毎日が続いてしまいます。

もはや仕事を頑張るというよりも雰囲気の悪い人間関係の中でどのように過ごすのかを考えることを頑張ってしまいます。

人間関係のことも仕事だと割り切ることは難しく、頑張って仕事に行き続けているとストレスから体調を崩しやすくしてしまい、精神的にも弱ってきてしまいます。

職場の人間関係を良くすることは難しく、だんだん仕事に行くことがめんどくさくなってしまうのです。

女性の場合、人間関係が悪いと仲間に入れてもらえず孤立してしまうこともあります。
孤立だけではなく、いじめに発展してしまうこともあるため人間関係の悪さが会社をやすみがちにしてしまうこともあるのです。

すぐに会社を辞めて転職できない人も多いので、そのような人は職を失うことができない気持ちもあり、会社を休みがちになってしまうのです。


会社を休みすぎて気まずいから

会社を休む理由は様々ですが、体調不良という正当な理由だとしても2週間や3週間も休んでしまうと、気まずくなってしまい行きたくない気持ちになります。

家庭の事情だとしても会社を1週間休んでしまうと、真面目な人ほど会社に行きづらさを感じてしまい、会社を休みがちになってしまいます。

会社を休みがちな人は、根が真面目な人が多いような気がしませんか。
そんな真面目な人を追い詰めてしまうような職場の雰囲気があるのかもしれませんね。

会社をずる休みしてバレたという場合は、出社したら怒られるのがわかっているので行きたくないという気持ちは理解できます。最悪の場合はクビを言い渡される可能性もありますからね。

真面目な人は仕事を長く休むとなんとなく嫌になって休みがちになる人がいますが、厳しい上司がいて休んだ理由に文句を言うような人がいる場合は会社に原因があるかもしれません。

体調不良で仕事を休みがちになっているから

体調不良でも仕事を休まない人が多い職場だと、体調不良で仕事を休む罪悪感が出てきてしまいます。

同僚からは、「あの人は体調悪くても出社しているのに、お前はいつもちょっとした体調不良で休んでいるよな」なんて言われることもあります。

このようなことを実際に言われたり、言われるのではないかと考えてしまうのは、仕事をよく休む人の心理かもしれません。

体調不良なので休む理由に罪悪感など感じる必要がないのですが、仕事を休みがちになると会社に行きづらい心理状態になってしまうのです。

もしかしたら、体調不良でよく休む人は日頃から体調不良を理由に遅刻が多いのかもしれません。

体調不良による遅刻が多いのに、休みがちになるから辞めたくなってしまうのかもしれません。


何が嫌なのかわからない仕事をしているから

仕事は憂鬱になって当たり前と考えてもよいのですが、何が嫌なのかわからない仕事をしている状況だと精神的に疲れている可能性があります。

なぜそのような心理状態になっているのかは人にもよると思いますが、嫌な仕事を続けた結果このようになっているのかもしれません。

能力不足で仕事ができないのが理由なら、何が嫌なのかわからない状態にはなりませんよね。

仕事なので嫌で辛いことも多々あると思います。
良いことも悪いことも波があるので、仕事が嫌になる時期を乗り越えられなかったのかもしれません。

仕事が嫌だと思ったら辞めてもよいのですが、余程の理由がない限り仕事を辞めたいと思うのは甘えだと考えてしまう人が陥ってしまうのではないでしょうか。

仕事ができなくて会社のお荷物だから

仕事ができなくて会社のお荷物になってしまうと、会社に居場所がなくなってしまいます。

仕事ができないと上司や同僚からも相手にされなくなるし、仕事を振られなくなるのでやることも無くなっていきます。

会社によってはお荷物社員と判断した場合は異動をさせることもあります。

異動になってしまった場合は、仕事をゼロから覚えないといけないこともあるので会社に行くのが嫌な気持ちになります。

異動先の人達もお荷物社員だとわかっているので視線も怖いですよね。

新しい部署でもお荷物社員になってしまったらどうしようなどとプレッシャーもあります。

精神的に耐えられなくなってくると辞めたい気持ちが強くなって仕事が行きたくなくなって休みがちになってしまいます。


仕事に行きたくないから休みがちなときの対処法とは?

仕事に行きたくないから休みがちなときの対処法とは?

朝になると仕事に行きたくない気持ちになる

仕事に行きたくない気持ちが強いので、いざ朝を迎えると仕事を休みたくなりますよね。

人にもよりますが、仕事に行くまでが行きたくない気持ちのピークである場合があります。
その場合は、いつもよりも他の社員よりも早い時間に出社してみましょう。

出社時間ぎりぎりで入室すると既に大勢の社員がいるので、その光景を朝からみると行きたくない気持ちや仕事をしたくない気持ちが増大してしまいます。

仕事を休みがちになっている場合は出社がギリギリだと、また休むんじゃないかと心配そうに見られてしまい余計に変なプレッシャーを自分自身に与えてしまいます。

まだ多くの社員が出社する前に席に座って溶け込んでしまえば、気持ちが少し楽になる場合もあります。

早く出社していることでやる気のある人だと前向きにとらえてくれる人も出てくるかもしれませんよ。

仕事に行きたくないから吐き気や涙がとまらない

仕事に行きたくない気持ちから吐き気や涙、腹痛で下痢が止まらなくなってしまう人は、精神的に相当滅入っているはずです。

精神的な面から体調不良になっているので、そのまま頑張り続けるとうつ病になってしまうかもしれません。無理して出社するのは辞めましょう。

病院に行って診断書を書いてもらえるなら書いてもらって、仕事がまともにできる状態でないことを上司に相談してみましょう。

話の分かる上司なら体調が回復するまでは休むように指示してくれるはずです。

無理してでも仕事を頑張れという職場の場合、会社の制度にもよりますが、体調不良を理由にリモートワークで自宅で働かせてもらうように相談してみましょう。

あなたが会社で役職に就いているような人ではないなら、部下のマネジメントは必要ないので、自宅で作業していても問題ないはずなのです。

打ち合わせもスカイプなどを利用すれば参加することもできますから。

どうしても状況が変わらないのなら、倒れる前に辞めて転職するすることを考えましょう。


泣くほど仕事に行きたくないとき

泣くほど仕事に行きたくないときでも、仕事に行けるのであれば行きましょう。

吐き気などの体調不良になっていないのなら我慢して出社しないと、休みがちな状態が続いてクビになってしまうからです。

何とか耐えられるうちに、なぜ泣くほど仕事が嫌なのかを整理してみましょう。

・職場でいじめられている。
・上司がパワハラやセクハラしてくる。
・残業が多く長時間労働。
・仕事でミスばかりしてしまう。
・全てが嫌になり働きたくないだけ。

他にも原因になるものがあるかもしれませんが、「原因が自分」にあるのか「会社や同僚」にあるのかははっきりした方が良いでしょう。

仕事についていけないという場合は原因が自分にあるので、今よりも仕事のレベルを落としたものを担当させてもらうか、自分が無理なくできる仕事がやれる職場へ転職するなど解決策があります。

会社や同僚が原因の場合は、頼れる上司じゃないと相談しても行動に移してくれないので解決に至らない場合もあります。
自分にどうにかできない原因の場合は、自分に合った職場に転職した方が解決は早いです。

泣くほど仕事に行きたくないような会社を頑張って続けていても、そのうち辞めることになります。だったら早めに辞めるための行動をしましょう。

辞めれると思うだけで気持ちがだいぶ楽になるはずです。


仕事に行きたくないから家にいたいとき

仕事に行きたくないから家にいたいということは、職場の居心地が悪い証拠です。

家にいたいという気持ちは誰とも接したくないという気持ちの表れなので、働くこと自体が嫌になってしまっている可能性が高いです。

仕事に行きたくないし、家にいたいのなら自分の気持ちに従って会社を休めば良いのです。

ただ、会社を休みがちになっている場合は仕事にも外にも出たくない気持ちの方が強くなってきているはずなので、いっそのこと会社を辞めることを考えましょう。

自分を救えるのは自分なので、どういう働き方ならやっていけるのかを考えた方が良いです。今の時代なら、会社勤めをしなくても仕事を選ばなければ、在宅でできる仕事は沢山あります。

例えば、ライターとして記事をライティングする仕事やwebサイト制作、他には自分でブログやメディアを作ってビジネスをするとかPCがあればできる仕事は多いです。

仕事に行きたくなくて家にいたいときは、無理して仕事に行くことを考えるのではなく、仕事を休んで働き方を見直すことです。

そうしないといつまで経っても状況は変わりませんよ。

仕事に行きたくない理由がわからないとき

仕事に行きたくない理由がわからないときは、もしかしたら仕事に興味や遣り甲斐を持てていないだけかもしれません。

職場の人間関係が悪いわけではなくても、仲が良い人がいなかったりすると何となく寂しい場面もあるはずなので、よくわからないけど仕事に行きたくないと思ってしまうのかもしれません。

仕事に行きたいくない理由がはっきりしていないけど、絶対に行きたくないと強く思うのであれば何か原因があるはずです。

人によっては仕事で思うように成果を残せずプライドが傷ついたり、恥をかいてしまったのがトラウマになって、人目が気になって行きたくないなんていうこともあるかもしれません。

仕事には行きたくない気持ちはあるけれど、何とか仕事に行けるのなら、職場で自分を客観的に見て、仕事に行きたくない理由をはっきりさせることから始めてみましょう。


仕事が休みがちなら転職を考えた方がいい

仕事が休みがちになってしまい、今の仕事を続けられそうにない場合は無理して続けようと頑張らないことです。

休みがちな状況が変わらなければクビになってしまう可能性もあるので、早めに自分が働きやすい環境を手に入れることを考えるべきです。

人それぞれ合った会社があるはずなので、今の会社が合わなくても、転職サイトや転職エージェント、知人の紹介などで自分に合う会社が見つかるかもしれません。

無理していると働けない状態になってしまい、転職という選択肢を失うこともあるので気をつけましょう。

まとめ

仕事に行きたくないから休みがちになってしまう原因や対処法について紹介しました。

休みがちになるということは何かしらの辛い理由があるはずです。

原因をいつまでも解決できずに仕事を休みがちになってしまうのなら、無理せず仕事を辞めることも考えましょう。

世の中にはたくさん会社があるので、転職活動を頑張れば休みがちにならなくて済む自分に合う会社が見つかるかもしれませんよ。