Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

セルフスターターとはどんな人材?仕事や転職では市場価値が高いの?

セルフスターターとはどんな人材?仕事や転職では市場価値が高いの?

転職活動をしていると、募集要項のところに「セルフスターターであること」というように書かれていることがありますよね。

就職活動や転職活動をしないとあまり聞かないし、どのような意味でセルフスターターを使っているのかわからないと思うので、何のことなんだろう?と疑問に思う人も多いはず。

セルフスターターとは、どのような人材のことを指すのか、仕事や転職における市場価値は高いのかについて解説していきます。

セルフスターターとはどんな人材なのか

セルフスターターとはどんな人材なのか

仕事の場面では、「自発的に行動できる人」を意味します。

セルフスターターが求められている理由としては、特にスタートアップ企業や小規模なベンチャー企業において、充実した研修を行えなかったり、上司が忙しくて部下のサポートをするのが困難な場面が多くあり、相手にしている時間がないからです。

上場企業であれば教育体制などが整っているかもしれませんが、大抵の中小企業では不十分な状況です。

そのような状況のときに、上司から指示をされるのを黙って座って待っているのではなく、自主的にプライベートでもスキルアップのための勉強をしたり、業務の理解をしようとマニュアルを読み込んだりするなど行動に移せる人材はとても仕事を覚えるのが早く一人前になるのも早いです。

誰かに何かを指示されなくても、今自分が置かれている状況において、どのように動くべきなのかを理解して行動に移せる人が、セルフスターターと呼ばれる人材です。

会社の中では、セルフスタータータイプの人材は役職についてリーダーシップを発揮したり、起業する人が多いと感じます。

逆にセルフスターターではない人は、内向的な人が多く、誰かに指示をされないと行動に移せなかったり、言われたことしかできない「作業者」となってしまう人が多いです。


セルフスターターは仕事でどのように活躍できるのか

セルフスターターは、どのような業界や職種でも活躍の場があります。

なぜなら、指示されることなく状況を判断して自発的に行動に移せるからですね。

例えば、webでメディア運営を担当しているとします。

メディアの運営業務なので、指示待ち人間であれば、毎日言われた通りに記事の校正をして記事をアップするというマニュアル通りのルーチン作業になりがちです。

ですが、セルフスターターの人の場合は、誰に指示されるわけでもなく運営しているメディアに訪問してくるユーザーに提供できる価値を考えて企画立案したり、アクセス解析をしたり、今後のメディアの運営の方向性なども行います。

特徴としては、仕事の割合はルーチン業務は少なく、それ以外の自発的に発生させた仕事の割合の方が多くなります。もしかしたら残業も多くなるかもしれません。

このような働き方は、個人として自立した働き方であり、指示待ち人間よりも成長速度が速く、業務の幅が広がっていくので上司からの評価が高くなります。

結果として、セルフスターターの人は役職者に抜擢されたり、大きなプロジェクトを任される機会が増えていきます。

チャンスをもらったときに結果を残せば大幅な給料アップも期待できるので経済的に豊かになっていきます。

数年経つとわかりやすいですが、指示待ち人間でルーチン業務しかできない作業者に比べて圧倒的にセルフスターター人材の方が会社に大きな売り上げをもたらし貢献していることが多いです。

どのような業界でもプライベートな時間を他人よりも多く費やして努力した人、誰かに言われることなく当事者意識をもって仕事に取り組める人は仕事で活躍できるといえます。


セルフスターターな人は転職するとき有利なのか

セルフスターターな人は転職するとき有利なのか

セルフスターターな働き方をする人は、新卒や第二新卒の中には多くいません。

いたとしても、将来起業する予定のある新卒や第二新卒がほとんどだと感じます。
目的や目標があるのでセルフスターターになりやすいのかもしれません。

多くの人は生活のために働いているので、特に社会人経験が浅い内は仕事に対して目標や熱意はそれほどないのだと思います。

若手のセルフスターターの人は転職する際は多くの企業の募集要項に合うことが多いです。
人材不足で困っている起業も多いので、十分な教育をしてあげられない環境でもセルフスターターな人であればやっていけると思われます。

応募先となる求人数も多く、企業からスカウトメールが届く件数も多いです。
もちろん、経歴には自主的に仕事してきた経験やなぜそのような行動をしたのか具体的な考えがあることが前提です。

セルフスターターでも職務経歴に書いても評価が低い仕事内容ばかりが並んでいては有利にはならないでしょう。

年齢にもよりますが、中途で転職する場合は、セルフスターターであっても、マネージャーやリーダーなどのマネジメント経験が無いと評価が低い場合があります。

ある程度の年齢になっている場合は、役職について部下のマネジメントをする部分でセルフスターターとして働いてほしいと思われます。若手育成や事業の拡大など若手では荷が重い責任のある仕事を求められやすいです。

例えば定量的に成果を示せる場合。
商品開発を担当していた場合は、自分が企画提案した商品が商品化されて、その商品の年間売り上げが10億円だったというように、定量的に示せる場合は会社に貢献してもらえるイメージが沸いたり期待がされるので高い評価をもらえると思います。

あなたが雇う側の人間だったら、このような人材が良いと思いませんか?
逆の立場で考えてみると自分がどうなれば企業から必要とされる人材なのかがイメージしやすいかもしれませんね。

このような人材は評価される

・当事者意識があり、会議でも積極的に発言をする。

・現状の業務を当たり前だと考えずに常に改善点を提案する。

・チームがネガティブなときでも前向きに仕事に取り組む。

・新規事業の提案書を作り上司に提案できる。

・リーダーシップがあり周りがついてくる。

・売上目標を誰よりも大きく達成できる。

セルフスターターをどのように解釈するかは相手次第なので、あなたが転職を考える際は応募先企業の仕事内容を確認して「何をセルフスターター」と言っているのか確認しましょう。

お互いの考えるセルフスターターが異なるとミスマッチとなってしまうので、入社してしまった場合は辛い日々になってしまうかもしれません。


まとめ

セルフスターターとはどんな人材なのか、仕事や転職では有利になるのかについて解説しました。

セルフスターターになることは誰でもできますが、実際は一部の人だけです。
仕事では当事者意識を持つことが必要です。

他人事で仕事をしていると指示待ち人間になったり、ルーチン作業しかできない人材になってしまいます。

どのような業界・業種であれセルフスターターで働きましょう。
年収アップを実現できるかもしれません。