Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事が不安で自信がない原因とは?仕事に自信がないなら転職は有り?

仕事が不安で自信がない原因とは?仕事に自信がないなら転職は有り?

仕事が不安で自信がないと思っている人は多いと思います。

社内の同僚を見ていても、ついこの前まで自信なさそうに仕事をしていた人がいつの間にか普通に仕事をしているのです。

不思議ですよね。

仕事が不安で自信が持てない原因や対処法、仕事に自信が持てないからといって転職することは良いことなのかについてみていきたいと思います。

仕事が不安で自信が持てない原因はみんな同じ

得意なことが何もないから自信がない

仕事で自信が持てない原因の一つに得意なことが何もないというのが挙げられます。

職場で自信がありそうに見える人って必ずと言っていいほど得意分野を持っています。

得意分野に関しての知識が豊富で知識を裏付ける根拠をしっかりと持っているのです。

知っていることが多いというのは、セミナーや参考書などからインプットした権威ある人たちの知恵を持っているのと同じことなので「自分だけの意見ではない、仕事のできる有名な人の意見でもある」という気持ちから自信になるようです。

誰かに質問されても有名な人が解説していたことだと言えば相手もすんなり納得しますからね。

仕事で不安になったり自信がない人は得意分野もなければ、知識も少ないので「確かな情報」を発信できません。得意なことがないから知識に長けた分野がないのです。

自分だけの意見、要するに主観で判断したりして良いのかという部分で自信が持てないのです。


仕事で成果を出せないのが自分だけ

仕事で不安になったり自信が持てないと思ったとき、無意識に同僚と比較してしまいます。

同僚と同じように努力して頑張っているのに成果がでなくて、同僚ばかり成果が出ている状況になると、上司から怒られたりプレッシャーをかけられることになるのです。

仕事を頑張っても結果が出ないから焦りが出てきて、プレッシャーで追い詰められていくのです。そのうち後輩にも追い抜かれてしまうのではないかという不安も出てきます。

例えば、営業職だと成果が売上という数字で露骨に表れてしまうので、成果が出ないと自分の仕事に対して自信が持てなくなっていきます。

成果が出ない営業は「給料泥棒」なんて言われてしまうこともあります。

周りが成果を出せば出すほど、職場に自分の居場所がなくなってしまうのではないかという不安も高まっていくのです。

どうやって結果を出すかを考えて、実際に成果を出すまでは自信が持てず、不安な毎日を過ごすことになってしまいます。

自信がないのは仕事でミスばかりするから

新しい仕事を始めたときなどは慣れない仕事をするのでミスをすることが多くなります。

当然ですが覚えたり慣れるまではミスするものですし、早い段階で先輩社員に教わった通りに仕事ができるだろうかと不安になってしまうものです。

ミスを繰り返しすぎると時々やってはいけないことだとわかっているのにプレッシャーによって冷静な判断ができなくなったり、普段はしないようなところでミスをしてしまうこともあります。

ミスを繰り返すのは初めのうちだろうと思っていても、数ヵ月経っても同じようなミスをしてしまうと、同僚から仕事ができない人だと思われないか不安になったり、自分は仕事ができない人間だと思い込み自信を無くしていきます。

仕事で失敗続きになってしまうと任せられる仕事が減ってくるのでどんどん自信がなくなってしまうのです。


スキルアップにならない仕事をしているから

スキルアップできない仕事ばかりしていると周りの人とスキルの差が開いてしまう場合があり、仕事がうまくいかない原因になります。

スキルアップ出来ない仕事とは、決められた作業手順通りにできるような仕事です。
頭を使って考えることがないので誰にでもできる簡単な仕事になることが多いです。

毎日どんなに忙しくてもルーチン作業をしているうちは新しい知識が入ってこないし、新しい技術スキルを身につける機会が生まれません。

今の能力より一歩上の能力を求められる仕事に挑戦することができないと成長を実感できないので、いつまで経っても仕事に自信を持つことができません。

日頃から仕事で挑戦している同僚の方はどんどんスキルアップしていくので、その姿を見て自信を失い同僚に対する劣等感から委縮してしまう人もいます。

このままでこの先自分はやっていけるだろうか?居場所はなくならないだろうか?と不安になってしまいますよね。

不安を抱いたり自信なさそうに仕事をしていると、上司は仕事を任せるのが心配になり、挑戦することを認めてくれなくなるので、自信をなくしていく悪循環になっているのです。

転職したけど新しい仕事が続くか不安になる

転職して1年間くらいは仕事や職場に慣れないので不安なことも多くなります。

特に新しい職場では人間関係が気になりますよね。
転職する人の理由の多くは人間関係だそうです。

もし自分に合わない人がいたらどうしようとか仕事を続けていける環境だろうかと不安になると思います。

人間関係が上手くいかないと新しい職場に馴染めないので孤立してしまうこともあるかもしれません。

職場に馴染めないと仕事に集中することができないので仕事がうまくいかない原因になる可能性が出てきます。

新しい職場での仕事についても、今の自分のスキルでついていけるのかどうかと不安になります。中途採用で即戦力として入っているのに仕事を覚えられなかったら辛いですよね。

転職したばかりのだと人間関係に不安を感じることも多いし、仕事で成果を出すまでは自信がない状態になって不安で眠れないこともあります。

仕事に自信がない状態が続くと怖いと思うようにもなってきてしまい毎日が憂鬱になっていきます。


転職したけどできることがないから

転職先の職場の人達がやっている仕事が思っていた以上に難しくて、自分にできることがほとんどない場合も大きな不安や自信の無さにつながっていきます。

入社してみないとわからないことが多いのが転職の怖いところなのですが、自分にできる仕事がない状態になってしまうと即戦力になれないというプレッシャーから不安が生まれてきます。

自分にできる仕事がないうちは、同僚に質問を繰り返したり、ミスを繰り返すことになるので「こんなはずではなかった」と自信を喪失していくのです。

中途採用なので既存社員からの期待の眼差しも大きなプレッシャーになるので、仕事で活躍できていない状況が続いている間は精神的にも辛くなります。

仕事に自信がない人が転職しても失敗する可能性が高い

仕事に自信がない人が転職しても失敗する可能性が高い

転職したいけどスキルがない状態

仕事に自信がないから転職したい!
でも転職したいけどスキルがないという人は転職しないほうがよいでしょう。

評価されるようなスキルがない状態で転職を考えても良い条件の会社に転職はできません。
そもそも職務経歴が薄っぺらくなってしまうので採用されない可能性が高いです。

今スキルがないならスキルを身につける努力が必要で、職場環境が変わってもスキルを身につけることができないのならどこに転職しても同じ悩みがつきまとうことになります。

スキルを身につけることができない状態で転職活動をしてもどこか自信なさげになってしまうので、「この仕事ならできます!」と面接でも自信をもって話すことはできないでしょう。

結局、前職で何の仕事をしていて転職先でどのように経験を活かして働けるのかを語ることができません。

逃げの転職は失敗する可能性が高いので、自信を持ってできる仕事ができてから転職する方が無難です。

転職できても毎日不安でしかたない状態になっていしまいます。


仕事に自信がないから怖いと感じてしまう

仕事に自信がもてないと、いつ苦手な仕事が振られるかわからないという恐怖が出てきてしまいます。

仕事に自信がない状態ということは、何の仕事を振られても自力で対応する能力が備わっていないということでもあります。

仕事はミスしたりすると同僚からどのようにみられるのか、すごく気になってしまいます。
厳しい目で見る同僚だと「あいつは使えない」とか「頼りない」など言う人もいます。

周りの目も気になるのですが、自分自身のプライドによっても仕事に対する怖さを生み出してしまいます。

自分は仕事ができる人として今の職場で働いていきたいと考えていても、仕事に自信がないからミスしたときにその理想像が崩れるのが怖いのです。

一度でも仕事でミスをすると仕事が怖いから行きたくない気持ちになってしまい、夜も眠れなくなってしまいます。

仕事に自信がもてるようになったり、仕事が怖いのを克服するまでは転職しない方がいいかもしれません。

仕事に自信がないから頼りなく思われる

転職してきて即戦力のはずなのに自信なさそうに仕事をしていたら頼りなく思われてしまいます。

転職者は少なからず戦力として見られているし同僚も期待しているのです。

仕事でできることも少ないし、自信もなさそうにしていると期待外れの中途だと思われて誰にも相手にされなくなってしまう可能性があります。

仕事に頼りない人の中には、仕事しているときの行動が不自然になってしまう人がいます。

本人は気が付いていないと思いますが、自信がない人っておろおろしたり、お客様と電話しているときも声が震えていているので見ている側も切なくなります。

中途の即戦力という見方はされなくなるでしょう。

会社なので仕事ができない人は同僚とコミュニケーションがとれず人間関係もうまくいかなくなってしまうので、仕事に自信がないなら転職はまだ早いと考えられます。


仕事に自信を持つための対処法は?

自分のキャリアプランをしっかり練る

仕事に自信がない人は自分のキャリアプランがはっきりしていない場合が多いです。

自分の進むべき道が定まっていると、少しくらい自信のない仕事でも前向きに取り組むことができるので、自信がなさそうに仕事をすることがなくなります。

キャリアプランによっては大きな目標になるので、目の前の仕事の不安などは小さく感じるようになります。

キャリアのために難しい仕事でも乗り越えなければいけないと思えば自信がなくても頑張れるのです。

目の前の仕事を一つ一つ乗り越えていくことで、キャリアが磨かれているという達成感から自信も少しずつついてくるようになります。

目標がないと何のためにしているのか、意味があるのかなど自分自身が不安になってしまいます。

自分にとって意味のあることをすると自信につながっていきますよ。

自分にできない仕事ははっきり断る

自分にできない仕事はなるべく断るようにしましょう。

自分にできそうにない仕事を頼まれるがまま受けてしまうから、不安になったり自信がなくって行くのです。

できない仕事を受けてもミスがでやすいので、自ら自信をなくすようなことをしていることになるのです。

仕事なのでどうしても断れないときがあると思うので、その場合は必ず誰かをサポートにつけてもらうように上司に相談しましょう。

誰かと一緒に仕事ができるという状態は不安や自信のなさを軽減させることができます。

仕事で自信をつけていくには、自分にできることからやっていくことです。
やったこともない仕事を頑張ればできるなどと無責任に思い込んではいけません。

仕事を引き受けたら責任は全て担当したあなたにあります。

今やっている仕事で十分自信がついたら、次のステップに進んで少し難易度の高い仕事に手を出しましょう。

自分の能力を見極めて、できない仕事や自信のない仕事をはっきり断ることが大事です。


他の人にないスキルを身につける

他の人と同じスキルで仕事をすると相対評価されてしまうので、全員仕事ができたとしても必ず誰かの評価が一番下になってしまいます。

評価が低くなると仕事の自信がなくなっていきますよね。

他の人と比較されないようにするするにはどうしたらいいのか考えてみるべきです。

あえて他の人とは違うスキルを身につけて、社内や部署で唯一の存在を目指すと不安や自信がない状態から解放されます。

会社から必要とされるスキルを持っていて、あなたにしか依頼できない仕事をする。

それだけで自信が湧いてきませんか?

仕事に自信が持てないとき、他の人と仕事の土俵を変えて違ったスキルで戦うようにしましょう。

自分にしかできない仕事をしていると自然と自信をもって仕事ができるようになりますよ。

まとめ

仕事が不安で自信がない原因や仕事に自信を持つための対処法について紹介しました。

仕事に自信がないなら転職はしない方がよいです。

自信をもてなかったり、不安になってしまうようなら転職先でも同じ悩みにぶつかってしまうからです。

不安になったり自信がもてない理由をはっきりさせて対処していきましょう。