仕事の悩み

仕事で正当に評価されない理由とは?実力があるのに評価されない人もいる?

仕事で正当に評価されない理由とは?実力があるのに評価されない人もいる?
  • 仕事で成果を出しても正当に評価されない
  • 仕事ができない人の方が評価される
  • 評価の仕組みが不公平すぎる

このような悩みを抱えていませんか?

職場で頑張っていても、なかなか高く評価されないなと感じたことは、誰でも一度や二度ぐらいはあるかもしれませんよね。

しかし、自分が正当に評価されていないと日常的に感じる場合には、どこかに原因があるのかもしれません。

もしも理由が分かれば、正当な評価を受けるための対策方法が見つかるかもしれません。

それに、正当な評価が上がることによって、今後の仕事がどんどん楽しくなるかもしれませんね。

この記事では、仕事ができるのに正当に評価されない理由や対処法について紹介していきます。

 

正当に評価されなくて転職を考えるなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

本格的に転職活動をする場合は、無料の転職エージェントのサポートも活用しましょう。

複数登録すると各社独自の非公開求人の紹介を受けられるので、短期間で転職できたり、不況でも転職できたりする確率が大幅にアップしますよ。

実績・人気度・知名度のある信頼できるものだけ厳選しました。
自力で探すと時間がかかるので、時間をかけたくない人はこれらを登録しましょう。

【無料】転職支援サービス

<こんな人にオススメ>
・20代、30代の方。
・転職活動が初めての方。
・自力で求人を探したい方。

【リクナビNEXT】実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用
リクナビNEXTだけの限定求人が約85%。会員登録することで受診できるグッドポイント診断で自分の強みを分析!

女性のための正社員転職サイト【女の転職@type】
正社員・正社員登用ありの求人が90%以上。第二新卒OK、未経験OK、時短勤務、産育休活用有など20種のこだわり条件で探せる。

【キャリトレ】自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイト
「興味がある」求人を選択するだけで、あなたに適した求人が紹介されたり、企業からスカウトが届く。使えば使うほど、あなたの潜在的なキャリアの可能性を発見できる。

 

<こんな人にオススメ>
・10代、20代の方。
・転職サポートが必要な方。
・正社員になりたい方。

若者に特化した転職支援サービス【キャリアスタート】
未経験OK求人1000件以上。転職成功まで最短2~3週間。内定率80%越えの敏腕キャリアコンサルタントがサポート。

【DYM就職】第二新卒・既卒・フリーターの就職に強い
徹底サポートで内定決定率脅威の96%。最短1週間でのスピード入社も可能。ブラック企業を徹底排除した2,000社の優良企業をご紹介。

【ウズキャリ】第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化
ウズキャリで就職活動を行った方の83%以上が1社以上の内定を獲得。入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度を確認できる。

 

<こんな人にオススメ>
・転職サポートが必要な方。
・優良企業に転職したい方。
・忙しくて時間がない方。

【DODA】大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載
職種、年齢、経験を問わずマッチした求人の検索と応募が可能。人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状にして履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募。

【パソナキャリア】大手総合型転職エージェント!親身で丁寧なサポートに定評あり
志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してくれる。はじめての転職でも安心。転職活動のやり方や自己PRの仕方などを丁寧にサポート。面談に行くだけで、転職活動のノウハウがつまったガイドブックがもらえる。

仕事で正当に評価されない理由とは?

多くの仕事は、成果を数値など誰でもはっきりと分かる客観的な指標で示すことはできないものです。

営業系の仕事なら、契約数を数字で示すことは可能ですが、複数で担当しているプロジェクトなどは、一人一人の成果を数値で正当に評価することは難しいですよね。

職場での評価は、はっきりとした客観的な評価ができるわけではないので、何をもって正当な評価だというのかという線引きは難しいものです。

そのため、どうしても存在感のある人は成果を高く評価されやすくなってしまったり、目立たない人だとなかなか正当に評価してもらえないというジレンマに陥ってしまうことがあるかもしれませんよね。

職場で自分の周囲を見渡してみてください。

その中には、正当に評価されているように見える人もいれば、頑張りに比べると評価が低いなという人もいるのではないでしょうか。

そうした人たちの特徴を分類すると、評価が低くなりがちな人は、どうしても指示された職務を言われた範囲の中だけでこなそうとすることが多い傾向にあります。

昇給なしは自分だけ?自分だけ給料が上がらない理由や解決方法とは?
昇給なしは自分だけ?自分だけ昇給しない理由や解決方法とは? 『自分だけ昇給しない理由がわからない』 『評価が不公平で納得できない!』 『給料が上がらないから転職した方がいい...

受けた指示にプラスアルファすることが大切

職務の内容によっては、上司から指示された以上のことができないというケースはもちろんありますよね。

例えば、資料のチェックをお願いされた場合には、資料の内容に間違いがないかどうかを確認する作業をするわけです。

自分への評価を高くしようと期待して、勝手に内容を変更したりすれば、それは高く評価されるどころか叱責の原因にもなりかねません。

上司から受けた指示にプラスアルファするということは、上司がその職務に対して何を期待しているのか、その背景を読み取り、かゆいところに手が届くような仕事をするということです。

つまり、資料のチェックをするという職務なら、資料に記載されてはいないけれど書類上あると便利なデータをまとめ、別紙で上司に渡すという作業ができるのではないでしょうか。

社会人2年目・3年目で給料が上がらない理由と対処法
社会人2年目・3年目で給料が上がらない理由と対処法 『給料が上がらない理由を知りたい』 『給料を上げるための対処法を知りたい』 『自分の適性を知りたい』 ...

目の前のことをやるだけでは評価は上がらない

言われたことをそつなくこなすことは、会社という組織で働くためには必要なスキルです。

しかし、それだけでは高評価を得ることは難しいかもしれませんよね。

他人よりも高く評価してもらいたい場合や、なかなか評価されない人が正当に評価されたい時には、目の前のことだけをするのではなく、長期的で幅広い視野を持って職務をこなすことが必要です。


優秀なのに正当に評価されないのはなぜ?

仕事熱心でまじめな人は、周囲からの評判はとても良く、上司からも信頼される人が多いですよね。

職場で信頼される人は一般的に評価が高そうなイメージはありますが、必ずしも優秀な人が正当に評価されているというわけではありません。

時として、できる人が低い評価をされてしまっていることもあるようです。

その理由の一つとしてあげられるのが、企業においては、失敗しながらもたくさんのことを達成して成長する人材よりも、そつなくこなして失敗しない人材の方が高く評価される傾向にあるという点が挙げられますね。

これは企業の体質や風習などによっても異なりますが、失敗することによって評価が著しく低くなってしまうような職場では、優秀な人が正当な評価を受けないという事態は起こりやすくなります。

部下の成長が評価されにくい会社もまた、優秀な人材が低い評価を受けやすい傾向にあります。

器量が小さな上司だと、部下が成長するということは自分の役職が危うくなるリスクだと考えてしまい、部下の成長や成功を上司が過小評価するというわけです。

優秀なのに正当に評価されない原因は、自分に原因がある以外に、周囲や職場の環境にあることも考えられますね。

正当に評価されない職場はどうやって改善するべき?

優秀な人材が正当な評価を受けにくい職場は、社員一人の力で変えることは難しいでしょう。

そのため、最短な解決策としては、正当な評価を受けられる可能性のある職場へ異動や転勤、または転職も視野に入れて行動するということかもしれませんね。

転職しなくても社内で部署が変われば仕事の幅やスキルをアップすることにもつながるので、長期的にはプラスとなるかもしれませんし、環境が変わればより正当に評価してもらえる可能性も高くなるのではないでしょうか。

給料が上がらないのに仕事が増えるからモチベーションが上がらない
給料が上がらないのに仕事が増えるからモチベーションが上がらない 『仕事量が増えたのに給料が上がらない』 『給料が上がらない理由がわからない』 『給料が低すぎて仕事のモチベーショ...

業務量や数値で可視化されている職場が理想的

自分の成績や成功をより正当に評価してもらいたいと希望する人におすすめなのは、業績や成果が数値など誰でもはっきりと分かる形で可視化されている職場です。

顧客を獲得するようなタイプのお仕事なら、結果が数値としてあらわれるので、正当な評価という点では良いでしょう。

ただし、職種は自分の性格や適性とも大きな関係があるので、すべての人がそうした職場に向いているかと言えば、決してそういうわけではありません。

向き不向きも考えた上で、職場を選ぶことはとても大切ですね。


仕事で正当に評価されないから辞めたいという人は多い

職場で自分のことを正当に評価してもらえていない気がするという人はたくさんいます。

そうした毎日が続くと、出社すること自体が嫌になりますし、辞めたいな、なんて考えることがあるかもしれませんよね。

もしも辞めたいと考えたら、一気に退職に突っ走ってしまうのではなく、本当に辞めることが自分にとってプラスなのかどうかを、まずは考えることから始めてみてください。

例えば、上司からの評価に不満を持っているという以外に、会社に対する不満などはありますか?

そしてそれは、自分の努力や工夫で改善できることなのでしょうか。また、職場に信頼できる仲間や同僚がいるかどうかという点も、とても大切です。

もし信頼できる同僚がいるなら、辛い時期でも励まし合いながら乗り越えることはできますし、同じ職場で状況を把握している人から適切なアドバイスをもらうこともできるかもしれませんよね。

お給料は満足できているのか?

社会人の多くは、職場に対する満足度はもちろん大切だと考えながらも、生活のために働いています。

そのため、給料が満足できれば職務のことはある程度割り切ろうという考え方の人がたくさんいます。

もしも転職してお給料が下がってしまうような場合には、人によってはその転職は理想的ではないと考えるかもしれませんよね。

しかも、転職先で同じような状況に陥ったとしたら、給料も下がって評価も低いとダブルのパンチとなってしまうでしょう。

もしもお給料に満足できているのなら、ある程度は我慢するという選択肢もあります。

10年間も給料が上がらないなら辞めるか給料アップの交渉をするべき
10年間も給料が上がらないなら辞めるか給料アップの交渉をするべき 『10年間働いたけど数千円しか給料が上がらない』 『給料アップ交渉の仕方やタイミングが分からない』 『10年間働...

自分はその仕事が好きなのか

もしも自分が現在の職場を気に入っていて、上司からの評価以外にはとても満足しているという状態なら、他人からの評価を気にせずに大好きな職務を頑張るという働き方もできますよね。

周りからの評価を気にしてしまうと、大きなストレスとなってしまうことは多いですし、他人の評価一つで会社を辞めたることにもなりかねません。

自分の職場が気に入っているのなら、上司の評価を気にせずにやりたいように頑張るという方法もアリです。


正当に評価されないから退職したい、どうすれば良い?

職場で自分の評価に不満があるから退職したい、という人は、実際にはとてもたくさんいます。

部署によっては客観的に評価しづらいということはあるものの、会社の体質や上司の器量などによって、自分が正当な評価を受けていないと感じる人は少なくありません。

もしもそうした不満を抱えて退職を考えているなら、上司からの評価について変更できないかどうかを自分なりにアピールするという方法があります。

もちろん、人事評価を社員に公開していない会社は多いので、必ずしも自分に対する評価を知ることができるというわけではありません。

しかし、もし知ることができれば、自分なりにこれまで達成してきた成果を引き合いに出しながら、積極的にアピールしてはいかがでしょうか。

こちらは会社を退職しようとまで考えているわけですから、アピールして何も変わらなければ転職すればよいですし、評価が改善されるのなら、退職せずに同じ職場でより頑張ろうという気持ちになれそうですよね。

退職するなら転職先を見つけてから

その場の勢いに任せて退職届を提出してしまうと、後から後悔する羽目になりかねません。

そうならないためには、まずは在籍しながら転職先を見つけ、その上で退職届を提出するのがおすすめです。

ネットの転職サイトなどを使えば、たくさんの求人募集の中から条件に合ったものを見つけやすいですし、働きながらでも仕事探しができるので便利ですよね。

転職先を見つけずに退職する際の注意点

もしも転職先を見つけずに退職する場合には、まず住む場所を確保すること、そして当面の生活費を賄える財力があることは確認しておきましょう。

社宅に住んでいれば退職と同時に退去しなければいけませんし、住宅手当なども退職と同時になくなります。

経済的に困窮しない状態で転職活動をしたいものです。また、条件を満たせば失業手当を受け取ることもできるので、ぜひ活用してくださいね。

まとめ

仕事で正当に評価されない理由について紹介しました。

職場で自分の評価が正当ではないと感じたら、まずは自分の職務に対する取り組み方を改善したり、周りで高い評価を受けていそうな人のやり方を模倣してみることをおすすめします。

過小評価の原因が職場の体質や上司の器量にあるのなら、転職も視野に入れて自分を高く評価してくれる職場を探すという方法がおすすめです。

退職しなくても、異動や転勤という方法もあるので、ぜひ検討してみてくださいね。