Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

10年間も給料が上がらないなら辞めるか給料アップの交渉をするべき

10年間も給料が上がらないなら辞めるか給料アップの交渉をするべき

もし、10年間も働いて給料が上がらないという会社なら辞めて転職した方が給料アップの近道もしれません。

人によっては、いろいろな事情ですぐに辞めることができなかったり、年齢的に転職が厳しい場合も考えられますよね。

長い間働いてきた会社なので、辞めるよりもまずは給料アップの交渉をしてみましょう!

どう頑張っても給料が上がらないとなったら辞めて転職することを考え始めましょう。

10年間も給料が上がらない会社にいても何の希望もない

10年間も給料が上がらない会社にいても何の希望もない

10年間近く働いてきたのに給料がぜんぜん上がらないとこのような状況になってしまいます。仕事もプライベートもつまらない人生になってしまいそうですよね。

・給料が何年も据え置きだとモチベーションが下がる。

・お金が無いと結婚したり子供を育てることが難しい。

・給料が上がらないと自己啓発に投資できないのでスキルアップも難しい。

・プライベートで自由に使えるお金がないので趣味を楽しめない。

長年働いて給料が上がらなくて悩んでいるということは、年齢的には人生の岐路に立たされている人も多いのではないでしょうか?

税金は上がっていく一方なので収入を増やさないと実質、現状維持どころか減っているようなものです。

生きていくうえでお金がないと充実した人生を送ることができないので、給料を上げたいと思うのなら、給料交渉をしてみるか転職することを考えた方が明るい未来が見えてきます。


自分だけ給料が上がらないのか、給料が上がらない仕事内容なのか探る

自分だけ給料が上がらないのか、給料が上がらない仕事内容なのか探る

一昔前は就職した会社で定年までずっと働くということが普通で、年功序列で毎年安定した定期昇給がありました。

最近では大手企業も年功序列を廃止して、成果主義という成果を出した社員にだけ給料を上げていくような評価制度で運用をしています。

長く働いていても会社の評価制度や昇格、昇給の仕組みが変わることもあるので、突然、給料アップが期待できない会社になってしまうかもしれません。

まずは今働いている会社の評価制度を理解したうえで、自分だけ給料が上がらない状況なのか同僚に話を聞いたりして探ってみましょう。

けっこう仕事量もこなしているし、成果も出して会社に貢献しているけど自分よりも周りの同僚の方が給料が上がっている場合は、あなたよりも上司に対してアピールが上手いのかもしれません。

アピールがうまいと多少スキルがあなたよりも劣っていても、やる気や積極性という部分が上司の印象に残りやすいので評価されやすいということがあります。

僕の会社にもすごく仕事ができる人がいて、いつも一人で黙々と仕事をしていてすごく成果を出していたのですが、一定のところまで給料が上がった後は一切給料アップしなくなっていました。

逆に彼よりも仕事のできない人が毎年のように給料アップをしていましたよ。

たぶん、一人でできる仕事って大きな利益を生み出すことは難しくて、コミュニケーションを取りながらチームで仕事をする人の方が大きな利益につながる仕事をして成果をだしているってことだと思うのです。

成果を出しているけどなかなか給料が上がらないという人は、自分の仕事の取り組み方と周りの人の仕事の取り組み方を比べてみるものいいかもしれません。

あとは、業界や業種、仕事内容によっても給料が上がり難い可能性があります。

飲食店のような人件費や店舗の維持費用などがかかる仕事だと会社の利益が少ないので全体的に給料は高くなく、エリアマネージャーとかにならない限りは大幅な給料アップは望めません。

逆に、ITやwebの仕事内容の場合は、何かツールやサービスを1つ商品化することで在庫も抱えることもないし、webサイト経由で営業してしまえば営業マンを雇うコストも発生しません。

転職サイトで求人の想定年収を見てみると、比較的ITやwebの業界は年収が高いし毎年昇給のチャンスが1~2回あったりします。

会社として利益が出る事業を手掛けているかも確認してみると良いかもしれません。


会社の利益が上がっているなら給料アップの交渉が上手くいく可能性はある

会社の利益が上がっているなら給料アップの交渉が上手くいく可能性はある

あなたがどんなに優秀で会社にとって必要な人材であったとしても、会社の業績が悪かったら給料を上げてあげることはできません。

業績が悪い中で給料を上げられるとしたら、会社内で無駄な経費を削減したり、能力の無い人の給料を下げて捻出したお金で実現できるかもしれません。

ただ、このような状況だとそもそも誰が交渉しても給料アップは難しいし、あなたがいくらの給料アップを望むかわかりませんが期待する昇給はないと思った方が良いです。

逆に会社の業績が良い場合は、給料アップの交渉が上手くいく可能性があります。

なぜなら、業績が良いと会社は人材を募集することに投資をします。

会社の方針にもよりますが、その投資できるであろう資金で今働いている会社の社員の給料を上げてあげることもできるのです。

業績が良くて決算賞与などが出そうなときは、社員への分配が決まってしまう数か月前に上司へ交渉してみるといいです。

予定していた金額よりも多少多めに賞与で還元される場合があります。
基本給アップではありませんが、年収という見方をすれば実質給料アップの実現ができます。


退職の引き止めで給料アップすることはよくある話

会社というのは、社員の給料を上げてあげる余裕があったとしても、社員から給料を上げてほしいと言ってくるまでは何もしないことがほとんどです。

予め決算賞与やボーナスがあると会社の規定で決まっていれば話は別ですが。

退職の引き止めで給料アップを実現できている人は、仕事のスキルが高くて毎月会社に売上貢献できている人が多いです。

もあなたが上司に給料を上げてくれないなら会社を辞めるという交渉をした場合、会社にとって必要な人材であれば、退職の引き止めとして給料がアップする可能性はあります。

退職の引き止めで上がった給料の額も非常に重要で、例えば1万円アップなのと5万円アップなのとではあなたに対する価値が異なってきます。

月給5万円アップしたら会社はあなたのことを必要としているし、今後も働き続けることでさらなる給料アップの可能性も見えてきます。

月給1万円アップ程度だと単なる労働力の維持程度が目的であなたに対してさほど評価をしていない可能性があります。(会社の規模や業績によります)

この先働き続けても大きく年収を上げていくことができないことがわかりますね。


給料交渉のタイミングや交渉の言い方は?

給料交渉のタイミングや交渉の言い方は?

「交渉」なので、あなたに有利なタイミングで行った方が交渉が成功する可能性が高まります。例えば、このようなタイミングは有利です。

・あなたしか対応できない属人化した仕事を担当している。

・所属部署やチームの人手不足で困っている。

・あなたが任せれる予定の大きな仕事が控えている。

・会社全体で退職者が続いている。

・査定の数か月前に昇格希望を申し出る。

あなたが会社を辞めることで、残された人たちが困る状況や悪影響が出るような状況の時がチャンスです。

特に、採用が上手くいっていない会社の場合は辞められると仕事が回らないし、新しい人の採用コストもかかるし会社にダメージが大きいです。このような場合もチャンスです。

このようなタイミングで交渉すれば、辞められるのと給料アップをして残ってもらうのとどちらが損害が少ないかなどで判断してもらえます。辞めると言ったら昇給は簡単かもしれません。

弱みを握るのが苦手なら、交渉の言い方としては、「役職に就きたい」と申し出ましょう。

余程のブラック企業ではない限り、役職について給料アップしないということはないと思います。

会社によっては試験に受からないと昇格しないと思いますが、管理職志望という気持ちを伝えることで現在の管理職をしている人の補佐として働くという条件で給料アップを交渉するなど前向きな交渉もできます。


給料が上がらないから転職をするという選択肢は次の仕事が決まってから

給料が上がらないから転職をするという選択肢は次の仕事が決まってから

交渉の仕方にもよりますが、「給料をアップしてくれないなら辞める」と言う場合は事前に転職活動を始めておいて、辞めた場合に次の仕事が決まる可能性があるのかを把握してからにしましょう。

冷静に考えてみましょう。

今あなたの給料が上がっていないということは、役職に就けるほどのマネジメントスキルもそんなに高くなくて、プレーヤーとしてもスキルがそんなに高くないという状況が考えられます。

同じような状況の求職者は全国に何十万人といます。

給料が上がらないからすぐに転職するというのは次の仕事が見つかってからにしないと、最悪の場合、仕事が見つかるまでに1年くらいかかってしまったり、その間の生活費で貯金がなくなってしまうかもしれません。

そのような状況になるなら、給料アップをしなくても会社に残っていればよかったと後悔してしまうかもしれません。

辞めるつもりで交渉するなら転職活動を行い、最終面接くらいまで進んでいる会社がいくつかあるときにしましょう。

その方が給料アップで希望の金額を強気に交渉しやすいはずです。

もし、あなたが結婚していて子供がいるのならリスクを最小にして交渉することをおすすめします。


まとめ

10年間も給料が上がらないなら辞めるか給料アップの交渉をするべきということで解説してきました。

給料アップの交渉にはタイミングも重要です。自分に有利なタイミングで交渉を始めましょう。

それと会社に利益が出ていないと給料アップは誰が交渉しても難しいです。

今後も働き続けて給料がアップしない可能性が高いなら、年収が上がる会社への転職を考えた方が早いです。

ただし、30代以上の人は求人で年齢制限がかかってくるので次の仕事が見つかりそうなあら辞めるつもりで給料アップの交渉をしてみましょう。