仕事の悩み

上司に嫌われてるから辞めたい!と思ったときの対処法や注意点とは?

上司に嫌われてるから辞めたい!と思ったときの対処法や注意点とは?
  • 上司に嫌われているから辞めたい!
  • 上司と反りが合わない!
  • 上司に嫌われている気がする!

このような悩みを抱えていませんか?

普段の仕事の中で、上司からのあなたに対する言動から嫌われていると感じることがあると思います。

上司から嫌われたことがある人はわかると思いますが、嫌われているかもしれないという勘はだいたい当たりますよね。

他の人と違う態度をとられたり、不公平な仕事量や評価を下されたりなど思い当たることがいくつか出てきませんか?

では、上司に嫌われてしまったとき、どうすればいいのでしょうか。

一番早い解決方法は、「会社を辞めること」です。

この記事では、上司に嫌われてしまったときのデメリットや会社を辞めたいと思ったときの対処法や注意点について解説していきます。

時間があれば、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

上司に嫌われた場合のデメリットとは?

上司に嫌われると出世できない

上司に嫌われてしまったときの最大のデメリットは、どんなに成果を出しても適正に評価がされず、出世の道が閉ざされてしまうことです。

上司としては、嫌いな部下の評価を上げて、給料アップや昇格をさせたくないと思うのです。評価項目の中に「コミュニケーション能力」などの項目があった場合はこの項目の評価が大きく下げられる可能性が高いです。

理由は単純で、あなたのことが嫌いだからですね。

逆に上司が好む部下は能力が低くて成果も出していなくても出世しやすいのです。

出世して給料を沢山もらいたいと思っている場合は、その希望が叶う可能性がとても低くなってしまいます。


上司が嫌いでストレスが溜まる

上司に嫌われることで、あなたの方も上司を嫌いになっていると思います。

上司から嫌われていると自覚してしまうと、会議などのちょっとした発言に対しても自分が攻撃されているような気持になってしまいます。

要するに過敏に反応してしまい、精神的に疲れてしまう状態になるのです。

あなたも日増しに上司のことが嫌いになり、上司に対して言動がきつくなってしまうかもしれません。そうなると上司の方もさらにあなたのことが嫌いになり、お互いにストレスが溜まりやすい状態になってしまいます。

あなたが働き続けて、上司も変わらないという状況なら、ずっとストレスを感じる職場で働くことになるのです。

上司に嫌われると職場で人間関係が孤立する

上司に嫌われてしまうことで、あなたが職場で孤立する可能性があります。

その上司のポジションが高ければ、誰も逆らえないので、上司が嫌いなあなたに関わらないように行動する場合があります。

あなたと仲良くすることで自分も同じような目に遭うかもしれないと警戒してしまうのです。

もはや、小学生のいじめのような状態です。

上司といっても役員なのか、部長なのか、リーダーなのかで深刻さが変わってきます。

役員や部長クラスの上司に嫌われてしまった場合は、人間関係の崩壊の可能性があります。

職場で嫌われたときの対処法とは?職場で嫌われ者の末路はどうなる?
職場で嫌われたときの対処法とは?職場で嫌われ者の末路はどうなる? 『いつの間にか同僚に嫌われてしまった』 『会議で発言しても無視されることがある』 『会社の行事ではいつも一人ぼっ...

上司に嫌われると適正な評価をされなくなる

上司に嫌われている場合、あなたの評価が理由もわからず低くなる可能性があります。

あなたの会社でも評価が年に1回や年に2回タイミングがあると思います。

評価結果に応じて昇格や昇給が判断されるのですが、全員に良い評価をして給料を上げることはできないので、相対的に評価を下して誰かの評価を下げなければいけないのです。

そのときに、嫌いなあなたがターゲットになってしまうのです。

上司の立場からすると、嫌いな部下より好きな部下の給料をアップさせてあげて仲良く仕事をしたいからですね。

逆に嫌いな部下に低い評価をして辞められても困らないからです。


上司に嫌われているから辞めたい!と思ったときの対処法とは?

上司に嫌われているから辞めたい!と思ったときの対処法とは?

部署異動を考える

上司に嫌われているからといってすぐに辞めることを考えるのは、まだ早いかもしれません。

もし、部署異動ができるのなら、部署異動をすることで今の上司から離れましょう。
異動先の上司と仲良くなれれば、辞める必要はないのです。

会社規模が小さくて部署がないとか、部署異動すると全く違う仕事内容になってしまって仕事にならないという場合は、辞めることを検討していきましょう。

転職を考える

上司に嫌われている状態で我慢の限界まで仕事を続けていた場合は、転職を考えてもよいでしょう。

転職を考え始めた時点で、あなたのモチベーションは相当下がっているはずです。

部署異動や上司の変更を期待して待つよりも、転職した方がすぐに解決します。

ただし、転職を考える場合は転職先が決まってから会社を辞めましょう。

あなたの年齢や転職活動を開始する時期にもよりますが、転職先が決まるまでは3ヵ月~6ヵ月は平均してかかるということを頭に入れておきましょう。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録だけでも済ませましょう!

実際に利用してみて、頼りになった転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

仕事の人間関係を割り切る

上司に嫌われていても、仕事だからという理由で割り切るという方法もあります。

この対処法は精神的に強い人しかできないことかもしれませんが、割り切ったとしても日々ストレスは溜まってしまいます。

必要以上に上司と関わらないように、伝達事項はメールで伝えたり、同僚を経由して伝えたりなど工夫をすることで距離をとることができます。

どうしても会話が必要なときは、2人きりで話をせずに3人以上いるときに会話をするようにしましょう。

パワハラをされているなら人事や労基に相談する

上司から嫌われていてパワハラをされているのなら、人事に相談してみましょう。

まともな会社なら上司に注意してくれたり、ひどいパワハラの場合は左遷などの対処があります。

社内に相談できる人がいない場合は、労働基準監督署や労働局に相談に行きましょう。

あなたが希望すれば、労働局の人が上司を呼び出して注意をしてくれますよ。

ただし、上司が精神的に図太い人の場合、怒り狂って余計にあなたに対して嫌がらせなどを行うようになるかもしれません。

その場合は、また労働局へ行きましょう!

徹底して上司を懲らしめてやりましょう。

上司が威圧的で辞めたい!上司が怖いけどすぐに退職する方法とは?
上司が威圧的で辞めたい!上司が怖いけどすぐに退職する方法とは? 『威圧的な上司が怖くて仕事にならない』 『上司が威圧的でうつになりそう』 『明日にでも仕事を辞めたいけど上司に言...

上司に嫌われているから辞めたいと思ったときの注意点とは?

上司に嫌われている気がするだけかもしれない

上司に嫌われているかどうかは、あなたの受け取り方にもよります。

実は上司に嫌われていないのに嫌われている気がするだけかもしれませんよ。

例えば、上司は指導の一環としてあなたを指導したつもりなのに厳しい内容や口調が強かったからという理由で嫌われていると勘違いしてしまうことです。

振る舞いに関しては、人間なので個性があります。

上司としては、あなたが嫌いだから厳しいことを言っているつもりではないかもしれないのです。

本当はあなたのことを評価していて、もっと頑張ってほしいという期待なのかもしれませんよ。

上司から嫌われていると思ったときは、一度冷静になって見極めましょう。



上司に嫌われてるサインがでているか確認する

上司から嫌われているときには、このようなサインが出ています。
普段の仕事の中で見極めましょう。

・成果を出しているのに評価が低い。

・明らかに他の人と態度が違う。

・話しかけても無視をする。

・仕事を任せてくれない。

・飲み会に誘ってくれない。

・同僚がいる前で叱責する。

・会議などで自分をみるときの目つきが悪い。

など・・・

勘違いから上司と敵対していたらとても残念なことですよね。

上記のようなことがないのに、雰囲気だけで判断してしまったり、指導を勘違いしてしまうと無駄に人間関係で疲れてしまいます。

転職する必要がないのに転職して後悔してしまうこともあるかもしれません。

上司に嫌われているという確証があった場合、転職に踏み切りましょう!

退職を妨害されたときの対処法とは?

上司に嫌われている場合、退職を妨害されることがあると思います。

上司に妨害されなくても、このような状況に困っていませんか?

・引き継ぐ相手がいないから辞められない。

・上司の引き止めがしつこい。

・上司が退職届を受理しない。

・人手不足で辞めにくい。

・退職日を延長される。

・無理やり仕事を振ってくる。

・退職に関する話を無視する。

あなたの力ではどうにもできない場合、退職代行EXITを利用することをお勧めします。

辞めたいけど直接上司と話したくないし、明日から会社にも行きたくないというときは、退職代行サービスを頼った方が早く退職できる可能性が高いですよ。

・即日対応してほしい!
・会社と連絡を取りたくない!
・離職票を送ってもらいたい!
・会社の人に会いたくない!

退職代行サービスを利用するにあたり、このようなことを心配する必要はありませんよ。
退職を代行してくれるのであなたに変わって会社に連絡をしてくれます。

苦しみから解放されて、明日から楽になりたいのなら、今すぐ退職代行サービスEXITを利用しましょう!

退職代行EXIT

まとめ

上司に嫌われてしまったときのデメリットや会社を辞めたいと思ったときの対処法や注意点について解説しました。

上司に嫌われてしまった場合は、仕事を続けていてもデメリットが大きいので部署異動か転職を考えてみましょう。

でも、その前に確実に上司から嫌われているという確証をもってから行動に移しましょう。

上司から嫌われているような気がしているだけの場合、勘違いということも考えられます。
普段の仕事の中で嫌われているサインが出ていないか見極めましょう。