仕事の悩み

職場で嫌われたときの対処法とは?職場で嫌われ者の末路はどうなる?

職場で嫌われたときの対処法とは?職場で嫌われ者の末路はどうなる?
職場で嫌われた人
職場で嫌われた人
  • 職場で嫌われてしまったときの対処法がわからない
  • 会議で発言しても無視されることがある
  • 会社の行事ではいつも一人ぼっちになる

このような悩みや不安を抱えていませんか?

 

Yasu
Yasu
こんにちは。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職上級者です。今回は、職場で嫌われたときの対処法について解説していきますね。

職場で嫌われてしまったことがある人も多いのではないでしょうか?

職場ではいろいろな性格の人が集まっているので、あなたにとって普通の言動が相手にとって不快に感じてしまうこともあるのです。

職場の人間関係は難しいですよね。

気が付いたら嫌われ者になっていたという人も少なくありません。

この記事では、職場で嫌われたときの対処法や職場で嫌われ者の末路がどうなるのかについて解説していきます。

 

今より良い職場に転職を考えるのなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/

職場で嫌われたときどのような対処法があるの?

上司に嫌われたときの対処法

職場で上司に嫌われてしまったときはどのように対処するべきでしょうか。

今の職場で仕事を続けていく気持ちがあるのなら、上司から信頼回復をする必要があります。

嫌われた理由が不明だとどうやって信頼を回復させるのかわからないですよね。

理由を知って信頼回復できなければ精神的に辛い職場環境になるので退職しか選択肢がなくなってしまいます。

まずは嫌われた理由を知るためにこのような行動をとってみましょう。

・上司を呼び出して理由をきく。
・メールで理由をきく。
・上司と仲が良い人から理由をきく。
・上司とのやりとりを振り返る。

嫌われてしまっているため、直接話しかけにいっても相手にされない可能性があります。

その場合はメールで理由を教えてもらえるようにお願いしてみましょう。

それでもだめなら上司と仲の良い人に理由を知っていないか確認してみましょう。

嫌われてしまう理由として多そうなのがこれらです。

・仕事に対してやる気を感じられない。
・仕事でミスばかりする。
・指示したことと違うことをしている。
・上司に対して言葉遣いが失礼。
・上司の陰口をきかれてしまった。

仕事の能力に関する部分はすぐに改善できないので、上司の求めるレベルに達するために今後どのように頑張るのか計画表を作って提出しましょう。

それが仕事に対するやる気としても伝わります。

言葉遣いや陰口に関しては誠心誠意謝りましょう。
そのとき、なぜそのような振る舞いをしたのかを自分の心情についても説明をすると誤解などがあった場合に解けるかもしれません。

上司に嫌われてるから辞めたい!と思ったときの対処法や注意点とは?
上司に嫌われてるから辞めたい!と思ったときの対処法や注意点とは? このような悩みや不安を抱えていませんか? 普段の仕事の中で、上司からのあなたに対する言動から嫌われていると...

女性社員に嫌われたときの対処法

女性社員に嫌われてしまったときは気を付けましょう。

理由はどうあれ一度嫌われてしまうと長期間引きずってしまう人もいるので、こちらの努力では解決しないことが多いのです。

そのため、女性社員のマネジメントは難しいと世間では言われてしまうのです。

嫌われてしまうと他の女子社員にも情報が拡散されてしまい、いつの間にか女性社員全員から敵扱いされてしまうこともあります。

まず、対処法としてやっておきたいのは、仲の良い女性社員にいきさつを話しておいて変な噂に流されないようにしておきましょう。

味方が味方でいるうちに誤解を与える前に味方につけておくのです。

そうすることで情報が拡散したとに「事実」をその人から話してもらうことで一部の女性社員は敵視しなくなることもあります。

何もしないままだと多くの女性社員に嫌われてしまうことになるので気を付けましょう。

100%自分が悪くて相手にも許してもらえない場合は、女性社員との関りをあきらめるというのも選択肢の一つです。

無理に関わるとトラブルを招きかねないので放っておくことが最善という場合もあります。


同期に嫌われたときの対処法

同期に嫌われてしまうと後々同期内で孤立してしまう可能性があるので、なるべく早く仲直りした方がよいでしょう。

同期内の誰かに嫌われてしまうと他の同期まで嫌ってくる可能性があります。
嫌っている人の話だけをきいて判断してしまう人もいるのです。

同期内でのいざこざなので、どうして嫌われてしまったのか理由はわかりやすいと思います。

まずは理由をはっきりさせたうえで、どのように対処するかを考えていきましょう。

同期内で嫌われ者になる理由として考えられることはこれらです。

・飲み会に誘わなかった。
・同期に対して非協力的。
・仕事の価値観が合わない。
・自分だけ待遇がよい。

同期内で仲良くやっていきたい人は多いと思います。

そのため、飲み会や遊びに行くのに誘われないと怒ったりする人もいると思います。
その場合は、今後は誘うようにすると謝りましょう。

仕事の価値観が合わないということをきっかけに嫌われてしまうこともあるかもしれません。

価値観に関しては押し付けてはいけないので、相手の価値観を尊重するような言い方でこの前は申し訳なかったと謝りましょう。

同期の中には仕事ができて上司から認められる人もいるはずです。

そうなると同期よりも待遇が良くなる人もいて、同期から妬まれる場合もあります。
その場合は、自分がどのように苦労して頑張ってここまでの評価をされたのかを具体的に話しましょう。相手も納得するかもしれません。

先輩社員に嫌われたときの対処法

先輩社員に嫌われてしまうと仕事で困る場面が多々出てきます。

仕事は一人でやることが少なく、先輩社員に教わりながら一緒に働く場面が多いと思います。

先輩社員に嫌われてしまうことで、仕事が上手くいかなくなってしまう可能性があります。

先輩社員に嫌われてしまう可能性として考えられるのはこのようなことです。

・いつまでも仕事を覚えない。
・説明中によそ見をする。
・他の先輩社員と違う接し方をする。

嫌われてしまったときは理由をはっきりさせてから、原因になってしまったことについて謝りましょう。

先輩社員に嫌われる人の多くは、仕事に対する姿勢だと思います。

いつまでも仕事を覚えない状態ないのに努力していることが伝わらないとやる気がないと思われてしまいます。努力していることをしっかり伝えてみましょう。

他の先輩社員と接し方が違うと相手を見て差別していると捉えられてしまうので失礼に当たります。先輩を敬うような態度で接して、教えてもらったときはしっかりとお礼を言うようにしましょう。


後輩社員に嫌われたときの対処法

後輩に嫌われてしまった場合は、嫌われた内容によっては自分から謝りましょう。

案外、先輩社員から後輩社員に謝るという場面がないので謝るだけで解決することもあるのです。

いつも傲慢な態度をとってくるのが嫌だったとか仕事を押し付けてくるとかそのような言動がストレスになって嫌われてしまう可能性が高いのです。

先輩だからと言って後輩に何でもかんでも上から目線で指示や指導をしても一方的なので、上手くコミュニケーションがとれているとは言えませんよね。

いつも後輩社員は我慢して接してくれていただけなのかもしれません。

自分の何に対して嫌いになったのか、改善してほしいところがどこなのかをきいてみましょう。

歩み寄って直せるところは直すように努力することで、後輩社員からは話が通用する先輩社員だという印象を与えることも出来ます。

新卒に嫌われたときの対処法

新卒に嫌われてしまう人は、接し方が厳しい人に多いと思います。

仕事を教える立場なので厳しくなってしまうこともあるかと思いますが、新卒は社会人になってから間もないので厳しいだけでは嫌な人として思われてしまいます。

新卒の扱いに対してはマネジメント能力が問われる部分でもあります。

厳しくする場面があるのなら、なぜ厳しくしているのか理由をしっかり説明をして理解してもらうことが必要です。

理解してもらうということは同意してもらうということと同じだと思うのです。

その理解が無かったために高圧的で嫌な社員というような見え方になっているのだと思います。

新卒に嫌われてしまうと新卒の同期内で噂になってしまうので、始めて会話する新卒の中には嫌な先輩として初めから接してくるようになります。

もしかしたら言うことをきかなくなってしまうかもしれません。

新卒とはよく話し合い理解することが重要です。

会話が足りないのならコミュニケーションを取る場を沢山設けてみましょう。


職場で嫌われ者の末路はどうなるの?

職場で嫌われ者の末路はどうなるの?

嫌われ者は職場で孤立する

職場で嫌われてしまうと徐々に孤立していきます。

どのように孤立していくかというと、何かのきっかけや会話で嫌われている人のことを話す人がいるため、徐々にその話は広がっていき、職場の嫌われ者として認知されるようになってしまうのです。

嫌われ者扱いされてしまうと、職場の人とコミュニケーションをとる機会が減ってしまいます。

例えば、ランチに行ったり、仕事の後に飲みに行ったり、休日に旅行に行ったりするような場に誘われなくなるのです。

同僚の中には嫌な人だと思わない人がいるのですが、嫌われている人に近づくことで同じく嫌な人扱いされてしまうことを恐れて近づいてこないのです。

いじめと同じようなものです。

嫌われている人に近づくと同じように嫌われてしまうのではないかと警戒しているのです。

仮に職場で孤立している人に近づいて優しくしてあげた場合、嫌われて孤立している人は話しかけてくれる人を頼りたくなって沢山接触を試みると思います。

そうなると社内で嫌われ者に近寄る人という印象を与えてしまうため、誰も近づいてこなくなるのです。

職場の雰囲気を悪くする人の特徴とは?職場で嫌われ者の末路とは?
職場の雰囲気を悪くする人の特徴とは?職場で嫌われ者の末路とは? このような悩みや不安を抱えていませんか? 職場の雰囲気を悪くする人にはどのような特徴があるのでしょうか。 ...

孤立すると近いうちに退職する

職場で孤立していくと、相談相手もいなくなり、仕事も振ってもらえないようになります。

そうなると、嫌われてしまった人は退職することを考え始めます。

挽回しようとしてもなかなか信頼回復するのは難しく、一度嫌われてしまったためにまともに働ける職場環境ではなくなってしまうからです。

嫌われているという自覚がある人ならば、次の仕事をみつけたタイミングで辞めることを決断するでしょう。

嫌われ者になっていなくても、職場で寂しそうにしている人から辞めているような気がしませんか?

辞めて行かない人の場合は、次の仕事が見つからないか、今のまま嫌われていても給料さえもらえればいいと開き直っている人です。

嫌われ者の末路として一番多いのが、会社を辞めるというパターンです。


嫌われ者はチームで仕事をさせてもらえない

嫌われ者になってしまうと、チームで仕事をさせてもらえる機会が減ります。

結局のところ、孤立していく流れになるのです。

チームで仕事をさせてもらう場合は、チームリーダーは嫌われていることを知っているため、なるべくメンバーと関わらせて仕事をしないような割り振りを行います。

なぜなら、嫌われているような人なので、他のメンバーと一緒に仕事をさせることで人間関係のトラブルを引き起こすのではないかと警戒するからです。

トラブルが発生すると仕事が進まなくなるので、お客様にも迷惑をかける可能性が出てきてしまいます。

チームで仕事をさえてもらえない場合は、一人でも完結できるような単純作業の仕事が多かったり、やたらと量が多い仕事を割り振られることになります。

一人でできる仕事を全て終わらせた場合どうなるかというと、上司は無理に仕事を用意しないので、仕事が発生するまでは放置されることになります。

孤立すると会社が嫌になって休みがちになる

職場では孤立していき、仕事は一人でやることも多く、仕事内容はどうでもいい内容ばかり。

そうなってしまっては会社に行く意味を感じなくなってしまうのです。

嫌われてしまった本人としては、まさか自分が嫌われると思っていなかったし、このような状況になるのは想定外だと思っているのです。

そのため、すぐに会社を辞めた方がいいのか信頼を回復して挽回して今の会社を続けたほうがいいのか悩んでいるのです。

悩んで頭がいっぱいになったり不安になったり、会社に行きたくない気持ちにつながって休みがちになってしまうのです。

すぐに辞める人もいれば、会社を休みがちになった末に辞めていく人もいるのです。

孤立すると会社の行事に参加しなくなる

職場で嫌われ者になってしまうと孤独になります。

同僚も寄ってこなくなります。

そのため、会社の行事に参加しても一人でポツンと過ごすことが増えるためつまらないのです。

ポツンとしている場面が多いと社内の嫌われ者として目立つので居心地が悪くなるのです。

会社の行事に参加すれば自分が傷つくことになるのを理解しているので、孤独でつまらない時間を過ごすために無理して参加しなくなるのです。

会社の行事参加しなくなると、会社からやる気のない社員と思われたり、協調性のない社員だと思われてしまうので悪循環になってしまいます。

嫌われていることとは別に会社に逆らう人とうレッテルを貼られてしまうこともあるのです。

そうなってしまったら、会社に居場所はないので転職をするしか道がなくなり辞めていきます。

嫌われ者は責任ある仕事を任されなくなる

職場で嫌われ者になってしまうと、上司は責任のある仕事を任せることはありません。

嫌われ者になっているので、仕事に対して信頼が無くなってしまうのです。

たとえ、嫌われている人が仕事ができる人でも他の部下の目を気にするので上司は嫌われている人に仕事を任せません。

嫌われ者であり続ける限り、責任のある仕事は任されないのでキャリアアップにつながるような経験を積む機会がなくなるのです。

会社では責任のない仕事は存在しないので、責任のない仕事があるとしたら社内の雑務しかありません。

雑務ばかりやらされていると仕事のモチベーションが下がってしまうので、いずれは退職していきます。


嫌われた後に挽回するのは難しい

理由はどうあれ職場で嫌われてしまうと挽回するのは難しいものです。

挽回はすぐにできるわけではないので、何年かかるか分からないのです。

挽回できなかった場合、相手が退職するかあなたが退職するかどちらかのパターンしかないかもしれません。

転職を考えるのなら、絶対に登録すべき転職成功実績No.1の転職エージェントを1社ご紹介します。

転職支援実績No.1
リクルートエージェント

リクルートエージェント
総合力 5.0
求人数 5.0
サポート力 5.0
交渉力 5.0


リクルートエージェント
無料登録はこちら

リクルートエージェントの強み!

  1. 転職支援実績No.1。
  2. 非公開求人が20万件以上。
  3. 業界に精通したアドバイザー。
  4. 独自の業界・企業情報提供。

リクルートエージェントは、あなたのように悩んでいる人の転職を成功させようと全力でサポートしてくれる転職のプロなのです。

転職成功者のほとんどが、リクルートエージェントに登録しています。

あなたが得られるメリット

  1. 非公開求人(大手企業・優良企業)に応募できる。
  2. エージェントから求人紹介をしてくれるから時間がなくても活動できる。
  3. メイン担当以外にアシスタントが数名いるので土日でも連絡が取れる。
  4. 年収・入社日を交渉してもらえる。
  5. 面接の日時調整をしてもらえる。
  6. 面接対策として面接力向上セミナーに無料で参加することができる。
  7. 志望企業へ何社も同時に推薦をしてもらえる。
  8. 職務経歴書・履歴書を添削をしてもらえる。

実際にリクルートエージェントを利用することを考えたときに、気になる点をみていきましょう。

安心して利用できる理由

利用にはお金がかかるの?

全て無料です!求人紹介もキャリアの相談も面接対策も全て費用がかかりません。転職エージェントは求職者を企業に紹介して転職が決まると企業から紹介料をもらうことで成り立っているのです。あなたは何も心配せず利用して大丈夫ですよ。

時間がないけど利用しても大丈夫?

時間がない人にこそ利用価値があります。登録後、あなたの希望する求人や人柄を伝えるために一度は転職エージェントと面談をする必要がありますが、面談後は転職エージェントがあなたの希望する求人を紹介してくれるのを待つことができます。もちろん、あなたからも求人検索はできるので、応募したい企業があればボタン一つで即応募ができます。

登録が面倒なんじゃないの?

会員登録は5分~10程度ですぐにできますよ。入力内容は「転職に期待すること」、「プロフィール情報の入力」です。基本的には、選択項目が多いです。

すぐに転職しないといけないの?

登録したからといって来月までに転職しないといけないわけではありません。あなたの希望する求人があれば応募していけばいいのです。3ヵ月~6ヵ月、場合によってはそれ以上の時間をかけてじっくり転職活動をしても大丈夫です。

どのような企業の求人を紹介してもらえるの?

安定した大手の上場企業、優良な中小企業、資金調達している業績好調なベンチャー企業の紹介をしてくれます。転職サイトには公開されていない「非公開求人」もあるので滅多にお目にかかれない企業の求人を紹介してもらえることもありますよ。

履歴書や職務経歴書のアドバイスはしてもらえるの?

アドバイスはしてもらえます。職務経歴書のまとめ方が苦手な人でも大丈夫です。転職エージェントは転職支援のプロです。多くの支援経験から、あなたの履歴書、職務経歴書にアドバイスをくれます。修正の必要がないと判断された場合は、アドバイスがないこともあります。

転職エージェントは怖いですか?

物腰が柔らかく人当たりの良い方ばかりです。転職活動中に困ったことがあれば相談にのってもらうこともできます。転職エージェントは転職支援サービスです。あなたはサービス提供されるお客さんの気持ちで大丈夫です。あなたにとって相性が悪いと感じるエージェントが担当だった場合は、代えてもらうこともできますよ。

複数の転職エージェントに登録してもいいの?

複数の転職エージェントに登録しても何も問題ありません。転職活動をしているほとんどの人が3社前後は登録しています。その中から自分に合う求人、応募したい求人を探しています。各社転職エージェントもこの点は理解があるので、同じ求人を紹介されたときに、どちらかを断ったとしても怒られることはありませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

状況が悪くなってから焦って転職活動をしてしまうと、判断力が鈍くなって今より悪い会社を選んでしまう原因になります。

転職を失敗しないためには、余裕をもって進めることをおすすめします!

登録したからと言って来月転職しなければいけないわけではないので、じっくりと6ヵ月かけても大丈夫です。

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録をして求人紹介を受けてみましょう!


リクルートエージェント
無料登録はこちら

まとめ

職場で嫌われたときの対処法と職場で嫌われ者の末路がどうなるかについて紹介しました。

一度でも嫌われてしまうと挽回することが難しいのです。

嫌われ者のままでいると社内で孤立してく可能性が高いので、誰も味方になってくれず退職に追い込まれていく可能性が高くなります。

嫌われ始めた直後に挽回できなかった場合は、早めに見切りをつけて転職することも考えましょう。

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/
ABOUT ME
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細
関連記事