仕事の悩み

上司が威圧的で辞めたい!上司が怖いけどすぐに退職する方法とは?

上司が威圧的で辞めたい!上司が怖いけどすぐに退職する方法とは?
  • 威圧的な上司が怖くて仕事にならない
  • 上司が威圧的でうつになりそう
  • 明日にでも仕事を辞めたいけど上司に言えない

このような悩みを抱えていませんか?

上司が威圧的だから、明日にでも辞めたい気持ちになっていると思います。

威圧的な上司なので、あなたが辞めると言ったら大声で怒られそうですよね。

怖くて辞めますと言えない状況になっていて、どうしていいのかわからないと思います。

しかし、そのままでいるといつまで経っても仕事を辞めることはできませんよね。

この記事では、上司が威圧的で辞めると言えない人に向けてすぐに退職する方法をご紹介します。

ご紹介の方法を使うと、早ければ翌日から会社に行かずに退職の手続きを進めることができますよ。

威圧的な上司から解放されて、明日から楽になりましょう!

 

もし、転職を考えるのなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

実は、もう一つおすすめの無料転職アプリがあります。

無料の転職アプリ!【ジョブクル転職】
をインストールするだけでDODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。

転職は考えているけど、「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。

まずは、【無料】ミイダスで自己分析をする。次に、【無料】ジョブクル転職で適性のある仕事を探してみる。

この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。

上司が怖くてもすぐに退職する方法

上司が威圧的で怖いと「辞めたいです!」と伝えることが難しいですよね。

辞めることを伝えられなくて威圧的な上司から逃げられない状態が続くと精神的には相当な苦痛になると思います。

上司が怖くてもすぐに退職できる方法として「退職代行EXIT」を紹介します。

最近では退職代行サービスを利用して退職する人が増えているのか退職代行業者が増えています。

残業代などの未払いも対応してくれるようなので、上司に直接言えない人は退職代行の利用を検討してみましょう!

いざ辞めようと思っても、退職しようとするときにこのような悩みがありませんか?

・引き継ぐ相手がいないから辞められない。

・上司の引き止めがしつこい。

・上司が退職届を受理しない。

・人手不足で辞めにくい。

・退職日を延長される。

・無理やり仕事を振ってくる。

・退職に関する話を無視する。

会社の都合や上司の都合で辞められない状況が続くと、いつまで経っても退職するタイミングは訪れません。

直接人事に退職を伝えづらいということなら、退職代行サービスを使った方が良いです。

辞めたいけど自分から辞められないということであれば、退職代行サービスを利用した方が精神的にはかなり楽ですよ。

苦しみから解放されて、明日から楽になりたいのなら、今すぐ退職代行サービスEXITを利用しましょう!

辞めたいけど直接上司と話したくないし、明日から会社にも行きたくないというときは、退職代行サービスを頼った方が早く退職できる可能性が高いですよ。

・即日対応してほしい!
・会社と連絡を取りたくない!
・離職票を送ってもらいたい!
・会社の人に会いたくない!

退職代行サービスを利用するにあたり、このようなことを心配する必要はありませんよ。
退職を代行してくれるのであなたに変わって会社に連絡をしてくれます。

あなたの力ではどうにもできない場合、退職代行EXITを利用することをお勧めします。

上司が威圧的で辞めたい気持ちになるのは当たり前

上司が怖いから震えるようになった

上司が威圧的で怖いと恐怖によって支配されているような気持ちになります。

いつ、どのようなタイミングで威圧的な言動をされるのかわからないため、上司が近づいてきたり、同じ空間で会議をするときは怖くなります。

一度でも上司の威圧的な態度や言動を経験してしまうとトラウマになってしまうこともあるため、人によっては上司が怖くて震えてしまうことや極度の緊張で声が震えてしまう人もいます。

上司に対して震えるようになってしまうと精神的に相当滅入っている証拠なので、毎日仕事に行きたくない気持ちや今すぐにでも辞めたい気持ちになるのは当たり前のことなのです。


上司のパワハラで無視されて辛い

上司が威圧的ということは何かしらのパワハラがおこわなわれている可能性が高いです。

上司によっては大きな声で怒鳴ってくることもあれば、無視をするというパワハラをしてくる上司もいるのです。

威圧感があって話しかけたり、メールを送っても無視をするという態度をとられると何を考えているのかわからず怖いですよね。

メールで資料を送っておいても、会議中に資料は提出されていないだとか言われたら辛いですよね。

無視をされるという場合は、仕事に強い悪影響が出るので仕事のやる気がなくなるし、仕事を辞めたいと思うのです。

威圧的なパワハラがあるのなら無理せずに仕事を辞めてしまいましょう。

上司に嫌われてるサインとは?上司に嫌われたら終わりな理由とは?
上司に嫌われてるサインとは?上司に嫌われたら終わりな理由とは? 『上司に嫌われているかもしれない』 『上司との人間関係が悪くなった』 『上司に嫌われたから転職をしようか悩んでい...

うつ病になる人が続出する職場

上司が威圧的だとうつ病になる人が続出する職場になります。

うつ病が続出する職場があるとしたら異常なのです。

うつ病になってしまった人は威圧的な上司に耐え続けてしまい、限界をむかえてうつ病になってしまうのだと思います。

上司が威圧的なので同僚は辛そうにしている人を助けることができず、耐えられなくなった人からうつ病になっていくのです。

部下をうつ病にする上司がいつまでも上司をしていること自体がおかしいので、そのような会社は今すぐに辞めるべきです。

職場が原因でうつ病になる会社はいずれ潰れる会社の可能性が高いので、今の職場に威圧的な上司がいるなら辞めましょう。

上司に萎縮してうつになりそう

威圧的な上司に対して委縮してきたら気を付けましょう。

委縮しながら我慢して仕事を続けていると、そのうちうつ病になってしまうかもしれません。

うつ病になるかもしれないのに我慢して働き続けるほど魅力がある会社はないと思うので、精神面で居心地が悪いと感じたら仕事を辞めることを考え始めた方が良いです。

後になればなるほど冷静な判断ができなくなってしまい、突然体調を崩してしまう日が来てしまいます。

少しでもうつ病になりそうだと感じたら会社をすぐに休みましょう。

そのまま会社に行きたくないと思うなら、退職代行サービスを利用して辞めてしまいましょう。

上司が嫌いでストレスの限界をむかえそう

威圧的な上司が嫌いでストレスの限界をむかえそうな場合も仕事を辞めたいと思うタイミングです。

威圧的な上司と毎日顔を合わせながら仕事をするのは精神的に辛いはずです。

いつ上司が代わるか分からない状態でいつまで我慢を続ければよいのか未来が全く見えない状態なのです。

ストレスが溜まっていくと会社に行くのが嫌になって仕事を休みがちになってきます。
耐えられないと思ったらすぐに辞めてしまえばいいのです。

前もって転職活動をしておけば、次の仕事も決まっている状態で辞めることができるので難しいことではないと思います。

でも、次の仕事が決まっていなくてもすぐに辞めたいということなら、いっそのこと会社には行かずに退職代行サービスを利用して仕事を辞めてしまいましょう。


上司が威圧的だとまともに仕事ができない

上司が威圧的だと毎日不安な気持ちになるので、まともに仕事をすることができないですよね。

仕事では、上司の目が怖くて何か行動や発言するたびに怯えることになります。
怖い上司の接し方をどうしていいのかわからなくてモヤモヤしますよね。

委縮してしまって声が小さくなってしまって何を言っているのか上司に上手く伝えられず、さらに威圧的な態度で怒られることになるのです。

そうなると上司に萎縮してしまったことで余計に威圧的になり悪循環を招くのです。

上司が怖いと息苦しい職場環境になるので、あなただけでなく同じ部署で働いている人達全員が苦痛を味わうことになります。

基本的に威圧的な上司の対処法は、自分が辞めていくことです。

威圧的な上司と真正面から向き合うのは時間の無駄なのです。

今更上司の性格は変わらないし、誰かがパワハラで訴えて上司が代わらない限り平穏な職場にはなりません。

上司が代わるというのは滅多にないと思うので、威圧的な上司にストレスを感じて限界が近いならすぐに辞めましょう。

マイクロマネジメントはパワハラ?ストレスでうつ退職しない上司対策
マイクロマネジメントはパワハラ?ストレスでうつ退職しない上司対策 『上司からパワハラを受けている』 『上司が干渉しすぎるからストレスになっている』 『上司のマネジメントが苦痛で辞...

まとめ

上司が威圧的だから辞めたいと思っても、上司が怖くて退職できないときの切り札として退職代行サービスをご紹介しました。

退職代行サービスが増えてきているということは、それだけ多くの人が退職代行サービスを利用して退職しているということではないでしょうか。

退職代行サービスには弁護士がついている場合が多いので、弁護士がいる退職代行サービスを利用すれば法律的な観点からも安心して辞めることができそうです。

気になった人は相談だけでもしてみましょう!

この記事を書いた人
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細