Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

仕事を休みがちなら転職した方がよい理由とは?退職日までの対処法とは?

仕事を休みがちなら転職した方がよい理由とは?退職日までの対処法とは?

もし、仕事を休みがちなら転職をした方が良いかもしれません。

仕事を休みがちになるということは何か原因があるはずですよね。
何の理由もなく休みがちになる人はいないと思うのです。

大抵の場合、仕事を休みがちになってしまっている時点で、原因がわかったところで解決は難しいものです。

いまの会社を辞めて転職した方が良い理由と考えられる原因を知って、転職するかどうかを考えてみましょう!

仕事を休みがちなら転職した方がよい理由とは?

社風か仕事が合ってない可能性が高い

仕事を休みがちになってしまうということは、社風か仕事内容が合っていない可能性があります。

合わない社風や仕事内容が原因として考えらえるそうなことはこれらです。
どれかが原因で仕事を休みがちになっている可能性があるのでよく考えてみましょう。

社風や仕事が原因の可能性

・年齢層に極端な偏りがある。
・男女比に極端な偏りがある。
・毎日残業で帰りが遅い。
・上司が高圧的で意見を言えない。
・積極性を求められる社風。
・やたらと会社のイベントが多い。
・先輩社員との上下関係が厳しい。
・仕事にやりがいをもてない。
・仕事で大きなミスをした。

おそらく、これらのどれかに該当するのではないでしょうか。

何かの理由で一度でも会社が嫌になってしまって休んでしまうと、人によっては癖になってしまうこともあります。

何回か休んでいくうちにどうでもよくなってきたり、会社に行くこと自体が気まずくなってフルタイムで働いていたときと同じ気持ちで働けなくなってしまうと思うのです。

何か気まずいという気持ちを抱えながら仕事を続けるというのは、自分らしく働けない状況になるので人生が楽しくないはずです。

社風や仕事、人間関係をきっかけに仕事を休みがちになっているのなら、我慢して働くことをやめて、転職してリセットした方が良いという考えです。


転職すると状況がガラッと変わる可能性がある

多くの人は1つの会社に長く働き続けることを良いと考える人がいますが、人によってはその考えが当て嵌まるとは限りません。

転職をすると今のあなたに合う会社で働くことができるので、今の会社で休みがちなら解消される可能性があります。

会社に行くのが嫌だな~と思う部分があって、休みがちになっていると思うのです。

入社したときの会社と5年や10年経った会社は同じでしょうか?
多分、入社した頃と比べて会社の社風や仕事の内容、一緒に働く同僚の顔ぶれも変わっているはずです。

会社が変わっていく中で、あなたが長く働き続けることが良いとは限らないということなのです。

当然、あなたも何年か働けば入社した頃と比較してスキルも立場も考え方も変わっているはずなのです。

今の会社が良いと思って入社したと思いますが、もしかしたら他の会社の方があなたに合っている場合もあるはずです。

自分の意志で働きたい職場を探せば、休みがちで引きこもっている状態から抜け出せるのではないでしょうか。

業界によっては人手不足気味なので、転職活動さえすれば選べる立場にあるかもしれません。

転職するとガラッと状況が好転することもあるので、休みがちな日々から抜け出したいならおすすめですよ。

休みがちになっている時点で同僚から信頼を失っている

休みがちの頻度によりますが、例えば週に2日~3日休んでいるような状況なら同僚から信頼を失っているのは間違いないでしょう。

同僚も大人の対応をしてくれるため、あなたが出社したときはいつも通りに接してくれていると思います。

しかし、実際は仕事を任せたくないとか一緒のチームになると尻拭いが嫌だと裏では上司に言っているはずです。

上司も先輩もコンスタントに休まれると安心して仕事を振れないですよね。

仕事を振っても休みがちになられると納期に間に合わなくなる可能性があるので、尻拭いをしないといけなくなるし不安になるのです。

仕事を休みがちになってる状況で、会社に行ったときに簡単な仕事しか任されないようなら信頼を失っている証拠です。

簡単な仕事しかやらせてもらえないなら、スキルアップにもならないので働き続けていても未来はありません。

信頼は失ってしまうと回復させるのが難しいので、転職して休みがちになることから抜け出した方がワークライフは改善されると思うのです。


上司からの評価が下がっているので出世はない

上司は仕事を休みがちになる人を信用しません。

上司は多くの部下をマネジメントしながら会社に貢献していかなければいけません。

休みがちな人に大きなプロジェクトを任せたくはないし、部下をつけたいとは思いません。

休みがちな人に任せてプロジェクトが失敗した場合、部下の給料を下げなければいけない状況になるかもしれないし、降格してしまう可能性だってあるのです。

あなたが休みがちな人だという印象はなかなか払拭できないはずなので、上司が変わらない限り良い仕事を振ってもらい、成果を出して出世をする機会は訪れないでしょう。

明日から毎日出社するようなって3年くらい経っても意味がありません。

本来、休みがちにならずに毎日出社するのが当たり前だからです。

後から当たり前のことをしても何もプラスにはならないのです。

いずれは出世をしたいと考えているのなら、今の会社はあきらめましょう。

転職先では休みがちにならないようにして、仕事で成果を出せば出世をしていける可能性が出てきます。

休みがちになるほど精神的に病んでいる可能性が高い

仕事を休みがちになるということは精神的に病んでいる可能性もあるのです。

休みがちになる原因は必ずあるはずです。
例えば、仕事量が多くて毎日終電まで残業をしていたり、上司に毎日怒られているという状況なら、自分でも気が付かないうちに精神的に滅入っていることもあるのです。

もし、気持ち的に仕事に行くのが辛いと感じるのなら無理して今の会社で働き続けることはしなくて良いのです。

仕事をしないで家で休んでいると気持ちが楽なら、精神的な問題が仕事を休みがちにしている可能性があります。

少しでも疑わしければ、一度病院に行って診てもらいましょう。

診断結果次第は、今の会社を辞めた方が良いという決断ができるかもしれませんよ。

体調を完全に崩してしまってからだと、どこの会社でも働けなくなってしまう可能性があるので、取り返しのつくうちに見切りをつけて転職をした方がいいのです。


休みすぎるとクビにされる可能性がある

仕事を休みがちな期間が長いと会社からクビにされる可能性が出てきます。

仕事を休みがちになっている時点で、今の会社を辞めされられるか自分から辞めていくかのカウントダウンが始まっているのです。

会社は仕事をする場所なので、いつまでも休みがちになっている人を戦力と考えないし、人件費の無駄だと考えられてしまいます。

クビにされてから転職活動をしても、面接で退職理由を伝えるときに後ろめたさが出てきませんか?

面接を受ける度に退職理由に嘘をつかなければいけないことに疲れてしまうと思います。

同じ業界に転職をする場合、今いる会社の同僚からあなたがクビにされたことが転職先の会社にも知れ渡ってしまうことだってあるのです。

世の中狭いので、誰が誰とつながっているのかわからないのです。

あまりにも長い期間、仕事を休みがちになっているのなら、雰囲気を察して自分から辞めた方がデメリットが少ないような気がします。

転職に役立つ転職支援サービスを活用して転職をする

仕事を休みがちになりすぎて、もう転職しないとだめだという場合は行動に移しましょう。

こちらの転職サイトや転職エージェントは転職成功者が利用しているサービスばかりです。

まだ利用したことがないものがあったら利用してみましょう!

自分に合った求人が見つかるかもしれませんよ。

 

 

退職日までの対処法はどうしたらよい?

退職日までの対処法はどうしたらよい?

有給休暇を使って極力会社に行かないようにする

仕事を休みがちだと有給休暇がないかもしれませんが、期の変わり目でちょうど有給休暇が付与されたというタイミングなら、退職日までの何日かは有給を使って会社を休みましょう。

辞めると決めたら基本的には行かない方が無難です。

休みがちなのに結局辞めてしまうという状況に対して同僚は良く思いません。

退職前だからといって会社に行ってしまうと嫌味を言われたり、ちょっとした嫌がらせを受ける場合もあります。

仕事を休みたくなる会社なので、そのようなことが起きる可能性は高いのではないでしょうか。優しい人達が多ければ仕事を休みがちにならなかったかもしれないですからね。

最後の最後まで嫌な気持ちで退職すると後味が悪すぎるので、無理していくことはないのです。

有給休暇以外にも特別休暇など使える休暇は全て使い切りましょう。


欠勤扱いでもいいから会社を休み続ける

有給休暇が全くないという場合、退職日までの何日かは欠勤扱いでもいいので会社を休んでもよいと思います。

退職するのが決まっているので今更会社に行っても居場所があるかもわかりませんからね。

退職を控えているので仕事も振られることはないと思うし、机の片付けもそれほどないはずです。

退職手続きさえしっかり行えば、上司も無理に会社に来させるようなことはないと思います。

デメリットとしては収入が減ってしまうので、金銭的には厳しくなってしまうかもしまいますよね。

欠勤扱いでもいいから辞めると判断した場合は、必ず次の会社を見つけてからにすることをお勧めします。

収入が途切れてしまうと転職活動でも交通費などお金がかかるので生活自体が厳しくなります。他には国民健康保険料とかもかかってきてしまいますよ。

リモートワークができないか上司に相談する

退職日まで無理して出社したくない、有給もない、欠勤扱いにしたくないというのなら、リモートワークができないか相談してみましょう。

もちろん、今働いている会社がリモートワークで働ける制度がある場合になると思いますが、制度が無い場合でも相談してみましょう。

もし、リモートワークが認められるなら退職日までは自宅で仕事をやりながら給料を減らさずに働きましょう。

そして、必ずやらないといけないのは次の仕事を見つけることです。

いけないことなのですが、自宅にいるという環境を利用して転職活動も行っておきましょう。メールや電話もしやすい環境なので捗るはずです。

次の仕事では休みがちにならないように自分に合う会社をしっかり探しましょう。


精神的に限界なら退職代行サービスを使ってすぐに辞めることもできる

仕事を休みがちになっているということは、精神的に辛い状況の場合もありますよね。

会社が人手不足だったりすると簡単には辞めさせてくれないこともあると思います。

職場への復帰が難しくて、直接人事に退職を伝えづらいということなら、退職代行サービスを使うのも良いかもしれません。

退職代行サービスはいくつかあるのですが、基本的にはあなたに変わって退職処理をしてくれるサービスなのです。

依頼をすれば即日対応してくれて、退職届の提出もしてくれるのであなたが会社の人と会話をする必要がないのです。

家に持ち帰っている社員証や営業用携帯電話なども代わりに返品してくれるので、会社の人に接触したくないという人には向いているサービスかもしれません。

退職代行サービスによっては、転職エージェントと提携しているところもあるようなので、辞めた後の転職サポートを受けることができそうです。

辞めたいけど自分から辞められないということであれば、退職代行サービスの活用は有りだと思いますよ。

すぐに退職したいと思っても、退職しようとするときにこのような悩みがありませんか?

・上司の引き止めがしつこい。
・上司が退職届を受理しない。
・人手不足で辞めにくい。
・退職日を延長される。
・無理やり仕事を振ってくる。
・退職に関する話を無視する。

あなたの力ではどうにもできない場合、「退職代行サービス」を利用することをお勧めします。

辞めたいけど直接上司と話したくないし、明日から会社にも行きたくないというときは、退職代行サービスを頼った方が早く退職できる可能性が高いです。

・即日対応してほしい!
・会社と連絡を取りたくない!
・離職票を送ってもらいたい!
・会社の人に会いたくない!

退職代行サービスを利用するにあたり、このようなことを心配する必要はありませんよ。
退職を代行してくれるのであなたに変わって会社に連絡をしてくれます。

退職代行サービス

退職代行EXIT

退職代行EXITでは、業界トップの累計2,500人以上の退職代行を実施しているそうです。ディア掲載実績が豊富で知名度が高いです。退職成功率は「100%」ということなので確実に退職できるのではないでしょうか。

 

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行

汐留パートナーズという弁護士事務所が行う退職代行サービスです。法律的に対処してくれるので、残業代などの未払いや退職金の回収対応してくれます。こちらも退職成功率は「100%」だそうです。

 

退職代行Jobs

業界初の顧問弁護士監修の退職代行サービスです。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ってくれるそうです。他の退職代行サービスと比べると低価格なのでお金に困っている人にも使いやすいです。

まとめ

仕事を休みがちなら転職した方がよい理由や退職日までの対処法について紹介しました。

仕事を休みがちになっている状況では、今の会社を続けていても出世はできないし、同僚から信用を失いつつあるので人間関係も上手くいかない可能性があります。

今の会社が合わないと感じるのなら、転職を考えるのもよいでしょう。

退職手続きが面倒だったり、会社が辞めさせてくれない場合は退職代行サービスを使ってみるもの良さそうです。

いつまでも仕事を休みがちな状況を続けるわけにはいかないと思うので、行動に移していきましょう。

キャリアスタート