Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

辞めたい社員は引き止めなくてよい理由とは?辞めていく人への接し方

辞めたい社員は引き止めなくてよい理由とは?辞めていく人への接し方

辞めたい社員を引き止めない上司や同僚っていますよね?

辞める側からするとあっさりしていて何だか悲しくなるような気もします。

辞めたい社員は引き止めなくてよい理由には一体何があるのでしょうか。

辞めていく人に対する接し方を間違うと円満退職させてあげることができません。

引き止めなくてよい理由や辞めていく社員に対する接し方をみていきましょう。

辞めたい社員は引き止めなくてよい理由

辞められたら困る人ではない

辞めたい社員は引き止めなくてよい理由の1つに辞めたい社員が辞められたら困る人ではないからです。

社内でエース社員として活躍している優秀な社員というわけでもないので、その人が辞めることにより仕事に支障は出ないし、残された人が困ることもありません。

辞められたら困る人材の特徴としては、その人にしかできない責任の大きな仕事をしている場合やその人が辞めたら連鎖退職が始まってしまうほど社内で影響力がある人です。

存在感もあまりなく、代わりになる人が沢山いるような仕事をしてきた人が「辞められたら困る人ではない」ということです。

どうしても引き止めなくてはいけないレベルの社員というのは滅多にいないので、辞めたいと言われたら、しつこい引き止めはせずに本人の意思を尊重してあげることになります。


辞めてほしい部下だから

会社には辞めて欲しいと思う部下もいるはずです。

どのような部下かというと、会社のルールを守らなかったり、チームワークを乱したりするような行為や発言をする人です。

そのような人に限って仕事ができる場合もあるのですが、会社は仕事ができれば何をしても良いというわけではありませんよね。

一生懸命協力して仕事をしようというポジティブな気持ちを持った人たちには悪影響なのです。

特に新入社員や中途入社の新人が同じ部署やチームにいたら、会社に対する印象や職場環境に対する印象が悪くなるので、最悪の場合すぐに辞めてしまいます。

悪影響を及ぼすような辞めて欲しい部下は引き止めなくてよいのです。

退職をちらつかせる行為が以前からあった

退職をほのめかすような行為が以前からあった場合は、本人がよく考えた末に出した結論だと判断できます。

退職することに対して強い意志があるはずなので引き止めることはしません。

たとえ引き止めるにしても、引き止めるだけの理由や条件を提示しなければなりませんよね。

おそらく、退職を決めた時点で今の会社では希望が通らないことを確信しているので、希望が叶う新しい会社に転職することを本人は決めているのだと思います。

経営方針も月日が経つごとに変化するし、働いている社員も働き方に対する考えは変化していきます。

その変化によって合う合わないはどうしても出てくることなので仕方がないことなのです。

そのため、無理に辞めたい社員を引き止めなくてよいのです。


退職の申し出のときに文句を言われる

退職の申し出があったときに辞めたい社員から文句を言われることがあります。

会社に対してや上司に対して不満を爆発させてくるのです。

辞めるタイミングにならないと自分の意見を上司にぶつけられないような人材は長期的に見ても会社でいろいろな人と関りながら働くことは難しいでしょう。

コミュニケーション能力が不足しているために不満をため込んでしまい、どうやったら改善できるのかを自分で考えることをしません。

いつも受身で誰かが気付くのを待っているだけなのです。

そのような社員を引き止めても活躍する可能性は低いし、職場の雰囲気が悪くなるだけです。

辞めたいと言ってきたら引き止めずにあっさり受け入れましょう。

部下が辞めるのは上司の責任ではない

部下が辞めるのは上司の責任だと言われることがありますが、退職を決めるのは本人です。

普段からしっかりマネジメントできている上司であれば、部下が辞める兆候はやサインには気が付いています。

辞める兆候が出ている期間も部下の仕事ぶりをみてきているので、今の会社に未練や後悔はないだろうと判断していることもあります。

上司は部下の仕事のマネジメントはしますが、部下の働き方や将来のキャリアについて考えを押し付けたり答えを出してあげる立場にありません。

本人がどうしたいかを一緒には考えたり、悩んでいることから抜け出せるようにサポートするだけです。

最終的には自分の意志で決めさせます。

自分の意思で決めた退職だからこそ、上司が責任を感じて辞めたいという社員を引き止める必要がないのです。


辞めたい社員がポジティブな転職をする

会社に対して特に不満がなく、今よりも新しいことに挑戦できる職場環境を求めて辞める場合は辞めたい社員を引き止める必要はありません。

仕事のできる優秀な人が転職していくことはよくあります。

今の会社ではできないけれど、次の職場ではできる仕事なら会社としても応援してあげられるポジティブな退職となります。

会社がしてあげられることとしては部署異動がありますが、挑戦して高みを目指すような人は会社を変えて頑張りたいという気持ちがあります。

会社によってブランド力や資金力が違うので挑戦できることが変わってくるからです。

ポジティブな理由による退職の場合は、退職後も良い関係が続けば取引先にもなる可能性もあるのでデメリットよりもメリットの方があるかもしれません。

辞めたい社員の不満を解消してあげられない

辞めたい社員が不満を持っている場合も引き止める必要はありません。

辞めたい社員の不満を聞き入れて改善しようとすると大抵社内に大きな影響を及ぼすことになります。

社員の不満は大きく3つに分けられます。

・個人レベルの不満
自分のスキル、キャリアのことなど。

・チーム、部署レベルの不満
上司や同僚との人間関係など。

・会社レベルの不満
評価や給料など。

個人レベルのことでも会社が支援してあげられるのは研修をしてあげたり、やりたい仕事をさせてあげるくらいのことです。

スキルアップできるかどうかは本人次第なのでスキルアップやキャリアが積めないという不満は直接解消してあげられません。

チームや部署に対する不満で多いのが人間関係です。
上司が信用できないとか同僚の中に相性が悪い人がいて、辞めさせてほしいとか上司を変えてほしいとかいう人もいます。

1人の社員の不満解消のために体制を変えることは難しいですね。

会社レベルの不満で多いのは評価や給料などの待遇です。
評価に関しては相対的に判断するので成果を出さなければ本人が満足するような評価にならないし待遇も良くなっていきません。

成果を出せていないのに評価が低いとか給料を上げてほしいという要望を聞き入れてしまうと評価制度が成り立ちません。

そのため、本人の不満を解消してあげられないような場合は辞めたい社員は引き止めなくてよいという考えになります。


辞めていく人への接し方には気をつける

辞めていく人への接し方には気をつける

辞めたい社員に言ってはいけないこと

辞めたいと申し出があったときに本人を否定するようなことを言うのはやめましょう。

例えば、「たいして活躍しなかったよね」「今の会社で頑張れないなら他の会社でも無理だよ」「辞めると思っていたよ」など冷たいことを言ってしまうと円満退職になりません。

辞めるということは会社や上司に対して多少の不満は持っていることが多いです。

相手の気持ちを逆なでするような発言によって今まで不満に思っていたことを表に出されて残された社員に不安や不信感が芽生えるような悪影響が出ることもあります。

上司に落ち度があった場合は、上司の上司に報告されて内容によっては左遷なんて言うこともあるかもしれません。

辞めたい社員は引き止めなくて良いし、辞めていく社員に対して嫌味を言う必要はありません。

辞めていくまでの期間は円満に過ごせるようにしましょう。


辞めたい社員に感謝の気持ちを伝える

人間関係などでいざこざがなかったのなら、今まで頑張ってもらったことい対する感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。

少なからず部署や会社のために頑張って協力してくれていたことがあるはずです。

辞めるときの上司の態度によって良い会社だったか悪い会社だったか印象が変わってきます。

転職先が同業種やお客様になる可能性があるのなら良い気持ちで辞めたい社員を辞めさせてあげましょう。

辞めたい社員に対して不快な気持ちで退職させてしまうと、退職後に口コミサイトに良くないことを書かれてしまい会社の悪い評判が流れてしまうかもしれません。

最悪の場合、求人を出しても応募者がこないということになりかねません。

世の中狭いのでどこかで関わることがあるかもしれませんよ。

「退職するのを引き止められなくて悲しい」など会社にとって必要な人だったので残念だという印象を与えておきましょう。

辞める人に対して今までと変わらない態度をとる

辞める人に対して急に態度を変えるのはやめましょう。

辞める人はもちろんその他の同僚も上司の態度は見ています。

辞めるとなった途端に急に口調が厳しくなったり、無視したりなどあからさまに態度に出てしまうと信用を失くしてしまいます。

辞める人が不快に思ってしまうと辞める理由が上司にすり替わってしまい良からぬ問題に発展してしまうかもしれません。

もし辞めて欲しいくらい嫌いな社員だったら今まで通り関わらなければ良いのです。

辞めるからといっていつもと違うことをしなければいいだけです。


辞める社員の退職理由が自分のせいだった場合

辞める社員の退職理由が自分のせいだった場合、相手にもよりますが退職理由になってしまったことについて理解を得られるように話をしておきましょう。

上司の立場だったりすると会社のことや部署全体のことを考えて決断していかなければいけないので、辞めてしまう社員にとっては合わない部分があるかもしれません。

辞めてしまう社員に対しては、あなただけが不満を持っているわけではないことを伝えておきましょう。

辞める理由が上司側の性格の問題だった場合は、円満退職させるためにも嫌だった点については謝っておきましょう。

謝り方が嘘くさくなるなら辞めたほうがいいですね。辞める人が怒るかもしれません。

上司の方の性格が問題の場合は、しゃべり過ぎるとまた失言してしまう可能性があるので長々と会話するのは避けましょう。

退職の引き止めがしつこいと円満退職させられない

退職の申し出があったときにしつこい引き止めはやめましょう。

皆が納得する退職理由の場合や家庭の事情の場合はしつこい引き止めは迷惑になります。

辞めて欲しくない人が辞める場合でも退職を受け入れて円満退職にしましょう。

しつこく引き止めるくらいなら、辞めて欲しくない人が辞める兆候を見抜いて退職を防止すればよかったことです。

社内に引き止めたくなるような社員がいるなら日頃から退職防止のための対策をしておきましょう。

辞めると決めた後では遅いのです。


辞めたい社員の気持ちは次の会社へ向いている

辞めたい社員の気持ちは転職先の会社に意識が向いています。

辞めて欲しくない社員も辞めて欲しい社員も本人の意思で退職を決意しています。

長いサラリーマン人生の中で転職しない人の方が珍しい時代になってきています。

今の会社で頑張ってきたからこそ転職先があると思うので、辞めていく社員を応援してあげる気持ちが大切です。

個人のワークスタイルも大きく変わってきているので、辞めたい社員は引き止めなくてよいし、しつこい引き止めも必要ないのです。

まとめ

辞めたい社員は引き止めなくてよい理由や辞めていく人への接し方について紹介しました。

辞めたい社員を引き止めることは基本的に必要のない行為です。
今の会社で働き続けていて安心できる時代ではないですからね。

引き止めた場合は本人の不満を解消してあげないと意味がないので引き止めた後が大変になります。

辞めたい社員は引き止めなくてよいので円満退職できるように接してあげましょう。

キャリアスタート