Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事の責任に耐えられない!限界!責任者を辞める方法や乗り越え方

仕事の責任

働き続けていると、評価されるような成績を出すと望みもしないのにより一層責任のあるポジションに昇格することがありますよね。

お給料はそれほどアップしないのに責任だけが重くなっていく・・・。
しかも周りの人には理解してもらえない責任に対するプレッシャーの日々でストレスが溜まって疲れ切る生活。

「任される仕事の責任が重くてもう嫌だ!耐えられない!」という心の声が聞きます。

自分の人生はどうなってしまうんだ?という気持ちになりますよね。

この記事では、部長や課長、リーダーのような役職に就いている人、中途入社で即戦力で期待されている人、新人でも責任ある仕事を任されている人にとって参考になるような仕事の責任の乗り越え方を紹介していきます。

仕事の責任者を辞めたい!責任者を辞めたら本当に責任は無くなるのか?

あなたが仕事の責任者として働いていたとして、責任者のポジションから降格したら本当に責任が無くなるのか、仕事の責任から解放されるのか考えてみましょう。

仕事で成果を出した結果、責任あるポジションに就いている場合

この場合は、会社から能力の高さを評価されて責任のあるポジションを任されていることになります。

そのため、あなたよりも実力で劣る人達よりもあなたに仕事を任せたいという考えが会社にはあります。

もし、今の仕事の責任者を辞めたいと申し出たとしたら会社からはやる気がない人と思われてしまい、今後の出世が出来なくなってしまう場合もあります。

また、責任ある仕事を放棄したようにも受け取られてしまうので、周りの人たちからの印象が悪くなってしまう可能性があります。

仕事の責任者から逃れることができても、同じ職場で働く限りは周りからの視線が気になって今までとは違うストレスが溜まる人もいると思います。

責任者レベルの責任からは解放されたとしても、会社の一員であれば誰もが責任をもって働かなければいけないので、100%責任の無い仕事をすることは難しいと考えられます。

あなたが責任者を辞めることで適任者ではない人が責任者になり、急に部署やチームの業績が低下してしまったら、それはあなたの責任として問われてしまうかもしれません。

人が足りない、上司が急に辞めて繰り上げ昇格など実力を伴わないで責任あるポジションに就いている場合

この場合は、自分が適任ではないことを訴えれば責任者のポジションから外してもらる可能性が高いです。

ただし、伝え方を気を付けましょう。
やりたくないから責任者を辞めたいというと、やはりやる気がない無責任というと捉えられてしまうこともあります。

無難な伝え方としては、自分なりに一生懸命工夫をして頑張ってみたけど、どうしても自分の能力では難しく、周りの人や部下に迷惑をかけてしまうから、という方が良いです。

そして申し出るときは、自分よりも適任だと思う人の成果を報告して後釜を推薦しましょう!

うまく責任者から外れたら、責任者としての責任から解放されて平社員レベルの責任ある仕事に戻ることができます。周りの人たちからしても、無理に責任者になっていたあなたを責めることはないと思いますので働きやすい環境を手に入れることができると思います。

見極めが重要ですが、無理やり責任あるポジションに就いてもらっているという会社の認識があれば話に応じてくれるところもある一方で、逆に責任者になったのだから能力を高めて自分で何とかしろと突き放されるような会社もあります。

話を聞いてくれない会社の場合は、覚悟が必要かもしれませんね。

・会社の一員であれば任された仕事には必ず責任は伴う。

・実力で責任者になっていた場合、降格しても業績不振になったら責任は生じる可能性はある。

・無理に責任者をやらされていた場合は問題なく降格して責任者としての責任から解放される可能性が高い。



責任のある仕事が怖いと感じ始めたら、精神的に危険な状態!

責任ある仕事が怖い

仕事が怖いと感じ始めたら要注意です。

本人は気が付きにくいと思いますが、そのような状況が続けば無意識に仕事を避けるようになったり、上司や部下とのコミュニケーションを避けるようになったり、仕事が上手くいかないような負のスパイラルが出来やすい環境を引き寄せてしまいます。

長引いてしまうと精神的なストレスから出社が嫌になって会社を休みがちになるとか、うつ病を発症してしまって働くこと自体で難しくなってしまうこともあるかもしれません。

とにかく無理をしないことです。
職場環境を変えなければ改善できそうにないなら、思い切って転職を考えましょう。

そもそも仕事は自分だけで頑張ることではないので、できることなら責任あるポジションに就いていることをうまく利用して、部署やチームのメンバーに責任ある仕事は分散しましょう!

仕事を上手く分散できるということは責任者としてマネジメントスキルがあるということの証明にもなります。

上手く割り振れないのであれば、能力不足が原因だったり、あなたの優しい性格が原因になっていると考えられるので、あなたが責任者でいることが適任でないことも考えられます。

もし、責任ある仕事で怖いと感じることが増えてきたら迷わずに上司に相談しましょう。
相談内容としては、責任者ポジションの降格や自分の右腕となって責任ある仕事を一緒にやってくれる人を付けてもらうなどがいいと思います。

・仕事が怖いと思い始めたら上手に部下に仕事を分散する。

・どうなれば怖さが無くなるかを考えて迷わず上司に相談する。



仕事の荷が重いと感じるときの責任の軽減方法

仕事の荷が重いと感じているのはどのような状態のことでしょうか?
例えばこのようなことが当て嵌まっていれば責任を軽減できるかもしれません。

・全ての仕事を自分で抱え込んでいる。

・部下の教育が疎かになり任せられる人材に育っていない。

・任される仕事に対して自分の能力が不足している。

もし当て嵌まった場合は、前向きに改善していくことで今よりも状況を軽減していくことができます。

全てを抱え込んでしまっている場合は、部下の育成も考えて失敗させてもよいので任せていきましょう。初めのうちは尻拭い対応などで責任者として辛いことが続くこともあるかもしれませんが、長い目で考えると部下が育った分仕事をもっと任せていけるので自分が背負う責任がだいぶ軽減されていくはずです。

自分の能力不足が原因の場合は、やりたい仕事で頑張っていく気持ちがあるのなら必死に食らいついて能力を高めていくことをおすすめします。どこの会社に行ってもお給料に見合った責任あるポジションで働くことがほとんどなので、能力不足だとわかっていて逃げてしまっては根本的な解決になりません。

仕事にやりがいを感じていない場合は、お給料を下げることを条件にすぐに責任あるポジションから降格するか一部の仕事を他人にお願いすることなどを上司に相談してみると良いと思います。

結局のところ、自分で抱え込むのか、周りを巻き込んで責任を分散させていくかになると思います。(会社によってはこのような動きがとれない場合もあるかもしれませんが。)

・降格することだけが仕事の重荷を軽減する方法ではない。

・自分の能力アップや周りと協力することで主には軽減できる。



もう責任のある仕事はしたくない!リーダーなどの責任者を辞めるにはどうしたらよいか

責任のある仕事辞める責任のある仕事を辞めたい、部長やマネージャー、リーダーなどの責任者を辞めたいと考えが固まっている場合は難しいことではありません。

今思っている正直な気持ちを上司に伝えて責任があるポジションから外してもらいましょう。

ただし、責任あるポジションや仕事から外れるということは、今後の出世ができなくなったり、重要な仕事が任されなくなることでお給料が上がらなくなってしまうことが考えられます。

その覚悟があれば責任ある仕事から外してもらいストレスを軽減させましょう!

お給料は下げたくない、出世の道は閉ざしたくないという希望が叶うかどうかは、会社によりけりだと思うので、希望が叶いそうになければ、あなたの働き方に合う会社を見つけて転職した方が根本的な解決になると思います。

複業ができる時代なので、重荷になるレベルの責任がない仕事を複数の会社でやっていくとうことで一定水準の年収を保つことは可能かもしれません。

・出世や昇給を諦められるならすぐに責任者から外してもらおう。

・1つの会社に固執しないでいろいろな働き方を模索してみる。



仕事のプレッシャーに耐えられなくなったときは転職を視野に入れよう!

転職活動仕事をしているときにプレッシャーを感じているということは、あなたには責任感があり一生懸命に責任のある仕事に向き合っている証拠です。

ですが、過度のプレッシャーが毎日のように続くと気持ちに余裕がなくなり周りが見えなくなってしまいます。自律神経失調症など体の不調が出てくるかもしれません。

働き続けるための基本は体と心の健康です。
健康を害してしまっては、どのような仕事であっても長続きすることが難しくなってしまいます。体に異常が起きる前に対策をしていきましょう。

対策として一番手っ取り早いのが転職することです。
転職を機にあなたが望んだ働き方で年収を維持できたり、心機一転で新しい仕事を始めたり、一度仕事をリセットするには向いています。

職場環境によっては、仕事に対する責任の捉え方が異なるので、あなたの考え方と合う会社が見つかるかもしれません。その場合は、あなたの考えを理解しているためともて働きやすい職場環境になると思います。

仕事のプレッシャーに耐えられなくなったときは、焦って転職活動をして失敗してしまう可能性があるので、現時点で気持ちよく働けていない場合は転職活動を始めることをおすすめします。

忙しくて転職活動をしている暇がないという場合は、転職エージェントを利用すると、あなたの希望に合う求人が見つかり次第連絡してくれます。待っているだけで転職活動をすることができるので大変便利です。

・プレッシャーに耐えられなくなる前に転職活動は始めておく。

・転職エージェントを利用すると転職活動が時間がなくてもできる。

・体と心が壊れてしまったら働くことすらできなくなってしまう。無理はしないこと。



まとめ

仕事の責任に耐えられない場合や責任者を辞める場合の考え方や方法についてご紹介しました。

会社というのは変化していくものなので、今年働きやすい職場環境だったとしても来年はどう変わるかわかりません。

会社の組織では自分ではどうすることもできないことが多いです。
一人で抱え込むと体調を崩してしまう原因になります。

仕事のプレッシャーに耐えられなくなる前に転職活動の準備を進めながら、耐えられなくなる前に働きやすい職場に移りましょう。