Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

職場の雰囲気を良くする人の特徴とは?職場が和むのは女性のおかげ?

職場の雰囲気を良くする人の特徴とは?職場が和むのは女性のおかげ?

職場の雰囲気を良くする人っていますよね?

今の職場で楽しく働けているのなら、それは職場のムードメーカーのおかげかもしれませんね。

職場のムードメーカーは男性も女性もいますが、どちらかと言うと女性のムードメーカーが職場の雰囲気を良くしているような気がしませんか?

具体的に職場の雰囲気を良くしているのはどのような特徴を持った人なのでしょうか。

職場の雰囲気を良くする人の特徴についてみていきましょう!

職場の雰囲気を良くする人の特徴はこれ!

同僚が嫌がる仕事を率先してやってくれる

上司がみんなを集めて難しい仕事や残業が発生する仕事を誰かにやってもらおうとする場面があると思います。

そのようなときに、誰も手を上げなさそうな雰囲気なら率先して自ら手を挙げます。

誰も手を挙げなければ集められた人全員が気まずくなることがわかっているので、変な空気になる前に行動に移してくれます。

とくに仕事が優秀というわけではないけれど、楽しく仲良く働きたいという思いがあって、そのために自分ができることをしているだけなのです。

何か文句を言うわけでもなく、見返りを求めるわけでもなく善意でやってくれるので同僚ともいざこざは起きません。

同僚からは慕われ社内では人気者扱いです。

仕事においてはこのような人がいて、職場の雰囲気を良くしているのです。


仕事でミスした人を精神的にケアする

職場の雰囲気を良くする人は、仕事でミスした人に優しく接します。

仕事でミスをすると関わる人達には少なからず影響が出るため、影響を受けた人はミスした人を責めることがあります。

しかし、職場の雰囲気を良くする人はそのようなときでも責めることはしません。

仕事でミスした人の気持ちを理解して仕事をフォローしたり、精神的に傷ついている心をケアするような言動や行動をします。

このような行動があると、ミスした人を責める人がいなくなるだけでなく、仕事でミスしてしまった人が落ち込んで暗い雰囲気で仕事をするのを防ぐことができます。

その結果、職場の雰囲気はいつも良い状態になるのです。

仕事はいつも上手くいくとは限らないので、このようなフォローをしてくれる人がいると、いつまでも働きたい職場だと思えますよね。

いつも中立で攻撃的な発言をしない

職場の雰囲気を良くる人は、会議などで意見が割れても中立的な立場でみんなの意見をまとめようとします。

決して否定はせず、肯定的な発言でみんなの意見の良い部分に着目してくれます。

そのため、全員の意見は良い意見だけれども、その中でも良い意見はこれだと思うというような言い方をします。

相手も意見を受け入れてもらっている感じがするので嫌な気分がしないのです。

普通は誰の意見が良くて、誰の意見が悪いのかというような決め方が多いと思いますが、誰かが悲しむようなやり方はしません。

中立的な立場でものを言えるのでリーダーとして適性があるかもしれませんね。

何かを決めるときには、このような人がいると苦しい会議から楽しい会議に変わるかもしれませんから必要不可欠な存在ですね。


親しみやすく愛嬌のある女性

親しみやすく愛嬌のある女性が同じ部署やチームにいると雰囲気が良いです。

仕事をするスタイルは人それぞれなので、誰とも雑談などせず黙々と仕事をする人もいれば、程よい感じで会話をしてコミュニケーションを取りながら仕事をする人など様々です。

愛嬌のある女性は基本的に自分から相手に話しかけに行ったり、ちょっとしたことでも質問しにいくので、同僚との会話の量が多くコミュニケーションをとる機会が多いのです。

柔らかい口調で話してくれたり、時々冗談を言ったりするので堅苦しい感じがありません。

そのような接し方なのでとても親しみやすく、愛嬌のある女性と会話をした人はみんなほんわかした雰囲気になるのです。

愛嬌のある女性がいるだけで組織が活性化して楽しい職場になります。

もし、愛嬌ある女性に惚れてしまった男性社員がいたら、自分をアピールするためにすごく仕事を頑張ってくれるかもしれないので良いことだらけです。

声が大きくいつも前向きな男性

職場の雰囲気を良くする人が男性の場合、声が大きくて前向きな考え方をする人が多いです。

不愉快にならない程度に大きな声でハキハキ話してくれると、暗い雰囲気も吹き飛びますよね。

職場でネガティブな雰囲気になっているときもこのような男性がいたら、考え方もいつも前向きで希望が湧いてくるし、何より大きな声はどことなく安心感が出ます。

「鼓舞する人」と考えても良いかもしれませんね。

いつも組織を力強く前向きに引っ張ってくれるため存在感を大きく、何かあると頼られます。

このタイプの人は経験上、体育会系の人が多いかもしれません。

職場の雰囲気を良くする人はいつも前向きで元気があるのです!


重い空気のときでも冗談を言って笑わせてくれる

職場で重い空気のときでも冗談を言って場を和ませてくれるような人も、職場の雰囲気を良くする人です。

普通なら冗談を言ったらいけないような場面でも、あえて冗談を言ってみんなを笑わせて良い雰囲気にしてくれます。まさにムードメーカーですね。

初めは違和感があるかもしれませんが、いつも冗談を言う人という印象が根付いてくると、あの人はいつも冗談を言って職場を明るくしてくれる人という良いブランディングになります。

そのような人は一緒に仕事をしても楽しいので、お客様との会話でも冗談を交えて会話ができるので良い雰囲気の中で商談ができるかもしれません。

仕事もしっかりやるし、冗談を言えて雰囲気を良くするような人が組織を支えているのだと思います。

職場が和むのは女性ムードメーカーのおかげだという理由

職場が和むのは女性ムードメーカーのおかげだという理由

明るい女性は場を和ませて周りを笑顔にする

性格が明るい女性は周りの人まで明るく笑顔にします。

暗くて会話もしてくれないような女性と比べると明るい女性がいるだけで職場が元気になります。

場を和ませる女性はいつも笑顔で元気なのが特徴です。

例えば、部署やチームが目標達成できないときやお客様に怒られたりしたときに、みんなが落ち込んでいようとも前向きな発言をしたり励ましたりして、場の雰囲気を良い方に変えることができます。

仕事についてはとても優秀ではないかもしれませんが、チームの雰囲気を上手くコントロールすることができるので、頼れるムードメーカーのと呼ばれることも多いです。

ムードメーカーは前向きな人が多いので、出世の声がかかる人も多いのではないでしょうか。

女性管理職をやっている人で暗かったり元気がなかったりする人を見かけませんからね。


人の気持ちを察して言いにくいことを代弁してくれる

女性のムードメーカーは誰かが口論しているときにお互いの置かれている状況を説明してお互いの理解をするように気持ちを代弁してくれます。

人の気持ちに気づくことができる女性なので、普段の会話の中でも相手を怒らせずに言いにくいことを伝えるのが上手です。

会議などでも上司の意見が何かおかしいと思っていても誰も何も言わずに従うことが多いですよね。

そんな時でも言いにくいことを切り出せないみんなのことを考えて、先陣を切って言いにくいことを言ってくれる人です。

部署やチームにこのような人がいると本音を言い合えるような職場になるので、本当の意味で和む職場になるかもしれませんね。

話が誰とでも合うので会話が弾む

女性のムードメーカーは誰とでも気さくに接してくれるので、会話が盛り上がります。

会話に参加するのが不得意な人にも話を振るのが上手いので、みんなで和気あいあいとして場が和みます。

人ぞれぞれ好きな話の内容が異なりますが、ムードメーカーとなる女性はどの内容の話でも通用することが多いので、知らないテーマの話だから会話が続かないということはありません。

誰かの発言に対してわかりやすいリアクションをしてくれるので、初対面でも会話が続かないということはありません。

例えば、新卒で入社したばかりだったり、転職してきたばかりの人にとっては、このようなムードメーカー的な女性がいるだけで職場に溶け込むのが早くなります。

楽しい職場だと社員の離職率も下がるかもしれないので、女性のムードメーカーの存在は大きいですね。


愛嬌がある女性がいると上司が温厚になる

ムードメーカーな女性で愛嬌がある場合は、部署やチームの上司が温厚になるかもしれません。

恋愛感情などはないかもしれませんが、男性上司の場合は愛嬌がある女性と会話をするだけで癒されるのかもしれません。

他の社員の前で高圧的な態度や発言をすると、仲良くなったムードメーカーの女性が離れてしまったり怖がられてしまうのではないかと思ってパワハラ的な行動を慎むようになるかもしれません。

同僚に好きな人がいたら、その人の前では恰好つけたいですよね。
それと同じなんだと思います。

女性ばかりの部署と男性ばかりの部署では上司の態度って明らかに違いませんか?
女性ばかりの部署の男性上司が怒っている場面を見かけたことがありません。

男性は女性に嫌われるのが嫌なので、自然と女性の前では優しい面を出しているのかもしれませんね。

愛嬌があって上司を慕うような女性がいたら、部署やチームが和やかで楽しくなるかもしれませんよ。

会社のムードメーカーが辞めるとどうなる?

会社のムードメーカーが辞めてしまうと雰囲気がガラッと変わってしまうこともあります。

特に雰囲気が変化してしまうのは、ムードメーカーが一人だけだった場合です。

そのムードメーカーが辞めてしまったら他にムードメーカーがいないので暗い雰囲気になったり、殺伐とした空気の中で仕事をすることになるかもしれません。

仮に第二のムードメーカー的な人が出てきたとしても、以前のムードメーカーの人の方が職場に馴染んでいた場合は、なかなか雰囲気は改善されません。

辞めてしまったムードメーカーがいたから楽しい雰囲気で働けていた人もいるはずなので、だんだん合わない職場だと感じて退職してしまう可能性があります。

ムードメーカーに依存した職場の雰囲気作りだと、ムードメーカーの退職によって職場の雰囲気が一気に崩れ去ることもあるので要注意です。

まとめ

職場の雰囲気を良くする人の特徴について紹介しました。

職場の雰囲気を良くしているのはムードメーカー的な存在の人のおかげです。

みんなの良い面を引き出して和やかな雰囲気にしてくれるのかもしれませんね。

職場が和むのは女性のおかげだと思う場面は多いと思います。

女性が暗い雰囲気で働いている職場は大抵居心地の悪い良くない会社なので、社内を見渡してみるとよくわかりますよ。