仕事の悩み

仕事で怒られてばかりだから辞めたい!怒られる理由や対処法とは?

  • 仕事でなぜか頻繁に怒られるから辞めたい
  • 怒られてばかりでストレスが溜まるから辞めたい
  • 怒られる理由が理不尽で腹が立つから辞めたい

このような悩みを抱えていませんか?

あなたが仕事で怒られてばかりなら、怒らえれやすい人の特徴に当て嵌まっている可能性があります。

あなたが仕事で怒られてばかりの状況が改善しないなら、すぐに仕事を辞めることをおすすめします。

怒られる人の評価は低いので、高い評価をもらって給料アップや昇格を狙うのは難しいのです。

この記事では、仕事で怒られてばかりになる理由や対処法について解説しています。

仕事を辞めようかどうか悩んでいるのなら、まずは怒られる理由や対処法について考えてみましょう!

辞めた方がよいと判断できたら、迷いなく仕事を辞めるための行動に移れると思いますよ。

 

もし、転職を考えるのなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

実は、もう一つおすすめの無料転職アプリがあります。

無料の転職アプリ!【ジョブクル転職】
をインストールするだけでDODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。

転職は考えているけど、「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。

まずは、【無料】ミイダスで自己分析をする。次に、【無料】ジョブクル転職で適性のある仕事を探してみる。

この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。

仕事で怒られる理由って何だろう?

仕事で怒られやすい人と怒られにくい人がいる

仕事では怒られやすい人と怒られにくい人がいるのを知っていますか?

これは職場環境が違っても怒られる人はだいたい同じなので、大抵は当て嵌まることだと思います。

仕事で怒られやすい人の特徴と仕事で怒られにくい人の特徴を見てみましょう!

仕事で怒られやすい人の特徴

怒られやすい人は、仕事ができない人に多いです。

ただ単に仕事ができないから怒られるというのもあるのですが、仕事ができないことによって行動に自信がもてなくておどおどしていたり、意見を言うときに声がもごもごしてしまうため聞き取りにくく、相手が不快になるためです。

性格的にはおとなしい人や穏やかな人の方が怒られやすいです。

理由として考えられることは、怒っても反論してこないだろうから、喧嘩にもならないだろうと思っているからなのです。

怒ったときに強気に反論してくるような相手だったら、怒るたびに口論になるので面倒ですよね。

怒る人のほとんどは、無意識だとしても怒る相手は選んでいると考えられるのです。

仕事で怒られにくい人の特徴

仕事で怒られにくい人は、仕事がそこそこできる役職に就いていない中堅社員に多いです。

上司の立場からしたら、部下の中で仕事ができる人を怒ってモチベーションを下げたら仕事で非協力的になってしまう可能性があるので、損をすることになるのです。

仕事ができる中堅社員がいるからこそ、現場の最前線で若手を率いて業務をこなしてくれるのです。そのおかげて部署やチームが成り立っているわけです。

そのため、怒りたい場面があっても多少のことは目をつぶって見過ごしているのです。

見た目的には、かっこいい人や美人な人は怒られにくいと感じています。

見た目で印象が良いから怒る側が嫌な気分にならないということもあります。

かっこいい人や美人な人は仕事で失敗しても誠意のある反省をして次の業務に活かす努力をするので、上司も怒れないのです。

男性上司の場合、美人な部下に下心を持っているケースが多いと思うのです。

同じミスをしても美人な部下は怒られないという場面を多く見てきました。

女性としてみてしまっているので、怒ることで人間関係を壊したくないからだと思うのです。

そのため、美人な人は上司から甘やかされやすい傾向があると世間では囁かれているのです。


仕事を教えてもらってないのに怒られる

仕事を教えてもらっていないのに怒られることがあると思います。

なぜ、仕事を教えてもらっていないの怒られなければならないのでしょうか。

それは、仕事を教えてもらうことが当たり前だと思っているからです。

職場に教育する体制が無ければ、教えることを仕事にしている人はいないわけなので、仕事を教えるというのは同僚ボランティアになるのです。

同僚も自分の仕事で忙しいし、成果を出さないと上司から怒られてしまいますからね。

もし、あなたが仕事を教えてもらっていないのに怒られるという状況なら、教えてもらえないような状況の中で、どのように学ぼうと行動したのかを見られていて、努力の足りなさで怒られていると考えた方がよいでしょう。

新卒なら教えて上げなければいけないという認識は職場の誰もが持っていると思いますが、あなたが中途入社だったら新しい仕事を習得する能力も期待されていると思った方がよいでしょう。

中途入社の場合は、教育しなくても自発的(セルフスターター)にできるだろうと思っている人は多いと思いますよ。

仕事で理不尽に怒られる場合もある

仕事で理不尽に怒られたことがある人も多いと思います。

理不尽と感じるのなら、先程紹介した怒られやすい人の特徴に当て嵌まっている可能性があります。

怒られやすい人の特徴に当て嵌まらないのであれば、怒られる理由が別にあるのかもしれません。

例えば、怒られる人の中には期待をされているがために怒られてしまうという人もいます。
仕事で成長したいと思っている部下に対して、上司が少し厳しめに指導する場合です。

このような場合は、上司が自分の経験やスキルを伝授しようと思って行った期待の表れなので理不尽に怒られたと思わなくてよいのです。

どう考えても怒られる理由がないのに怒られたということならば、上司の人間性の問題で、あなたに怒る理由もないのに何かで腹が立った気持ちを八つ当たりしているだけという可能性が高いです。

そのような上司の場合、一度目を付けられると今後も理不尽に怒られることになるので、怒られ役にならないように早めに人事に相談したりしましょう。

優秀な人は怒られることがある

優秀な人が怒られることもよくあります。

優秀な人は上司と二人三脚で仕事をすることも多いし、会社の重要なプロジェクトを任されることも多いので責任が重いのです。

そのため、ほんの少しのミスが会社にとっては大損害になることもあるため、上司が強く怒ったりするのです。

上司と密接に仕事をすることで、仕事のミスを発見されやすくなるため、普通の社員に比べたら怒られやすいと考えることもできます。

仕事をしていて怒られる人は、常に新しいことにチャレンジしていることも多いので、レベルの高い仕事の中で、誰にも教わらずにスキルや知識を身に着けていかなければいけません。

身につくまでの期間は当然ミスをすることが多いと思うので、上司から怒られる可能性も高くなります。

考え方によっては、仕事で怒られる人の方が怒られない人よりも挑戦しているし、会社に貢献していると言えるかもしれません。

怒られながらでも成果をしっかり出したときは、優秀な人は昇格して給料はどんどん上がっていきますからね。

怒られやすい人は出世しやすいのかもしれません。


仕事で怒られたときの対処法はあるの?

仕事で怒られるストレスが限界で辛いときの対処法は?

仕事で怒られ過ぎるとストレスが限界にくることがあると思います。

怒られてばかりでストレスが溜まって辛いというときは、無理して今の仕事を続けなくてもよいのです。

怒られやすいタイプの人であったり、望まなくても責任のある仕事ばかり任されてしまうような立場になってしまっていたら、なかなか抜け出すことはできません。

怒られるストレスでうつ病になってしまったらサラリーマン人生が終わってしまうと思うので、限界になって倒れてしまう前に転職を考えましょう。

職場環境を変えるというのが、一番効果がある対処法です。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録だけでも済ませましょう!

職場で怒鳴られるときの対処法は?

職場で怒鳴って怒ってくる上司もときどきいると思います。

怒り方で怒鳴る人はこれからもずっと怒鳴り続けます。

そのような人には真正面から向き合っても解決しないので、まずは人事に相談してみましょう。怒鳴るような上司とはまともに会話ができるはずがないですからね。

上手くいけば上司が代わるか、あなたが別の部署に異動になるかで解決できるかもしれません。

一般的には他の社員のまで怒鳴る行為は「パワハラ」と言われています。

最近ではパワハラに対する処罰もよく聞くようになったので、労働基準法や法律的な観点から上司対策をした方が解決できる可能性があります。

日頃のパワハラと思われる内容や日時についてしっかり記録して残しておきましょう。

民間の相談窓口や法律事務所などに相談に行くときに役立つと思います。


勘違いで怒られたときの対処法は?

勘違いで怒られたときは、相手にしっかりと勘違いだったと認識させておくことが大事です。

相手が勘違いだと思っていなければ、あなたが責任を背負うことになったり、上司からの評価が下げられたままになってしまうからです。

勘違いで怒ってきた上司に勘違いだと言い返すのが難しい場合があると思います。
その場合は、直接口頭でいうのではなく、怒りが落ち着いた頃を見計らってメールで勘違いだと伝えましょう。

こちらも冷静に伝えなければ喧嘩になってしまうので、上司の立場やプライドを傷つけないような言い方をすることが大事です。

言い方を間違えると、そのことで怒らせてしまったりするので気を付けなければいけません。

勘違いで怒られたときはそのままにしないで、ちゃんと誤解を解くということが必要です。

誤解を解いておけば、今後はあなたに対して上司が簡単には怒れなくなる立場になりますよ。

何度も勘違いで怒ったとなれば、上司としての資質を問われることになりますからね。

自分が悪くないのに怒られるときの対処法は?

自分が悪くないのに怒られるときもあると思います。

何か問題があったとき、誰かの責任にしたがる上司がいるのです。

もし、あなたが自分が悪くないのに怒られるようなことがあれば、このような点について上司に質問してみましょう。

・担当した仕事のどの部分が問題なのか。
・上司から具体的な指示があったのか。
・具体的に何に対して悪いと言っているのか。
・悪いのは自分だけになる理由はなぜか。

上司が黙り込んだら、「悪いのは自分とは限りませんよね」と言い返しましょう。

仕事で怒られると納得がいかないと思うので、あなたの方からも関わった仕事のどの部分でどのようなミスをしたことを怒られているのかをはっきりさせておきましょう。

上手く反論できない人は、ずっと怒られ続けてしまうかもしれませんよ。

真面目にやってるのに怒られるときの対処法は?

真面目に仕事をやっているのに怒られる場合はどうしたらよいでしょうか。

真面目にやっているので怒られる原因は何もないように思いますよね。

もしかしたら、上司があなたに指示した仕事のやり方と異なるやり方でやってしまっているのかもしれませんよ。

間違ったやり方でいくら真面目にやっても間違いなのです。

仕事は全員が真面目にやるのは当たり前なので、真面目にやっているのに怒られるというのが嫌だという考え方はおかしいのです。

大事なのは、なぜ怒られたかを把握することです。
真面目な姿勢自体は怒られることではないので、何か他に怒られる原因があるはずです。

例えば、真面目に仕事に取り組むけど、いつも言われたことしかしないから積極性を感じないしやる気を感じないから怒ったなど。

自分は真面目に仕事をしていても、同僚は別の観点であなたを評価している可能性もあるのです。


まとめ

仕事で怒られる理由や対処法について解説しました。

仕事で怒られてばかりだから辞めたいと思うなら、辞めてしまいましょう。

辞めたいという気持ちを持っていたら、そのうち不満が爆発して必ず辞めると思うのです。

いつか辞めることになるのなら、早めに他の会社に転職して腰を据えて働いた方が幸せですよ。

ただし、辞める前に怒られた理由をしっかり把握して次の職場では同じようなことにならないように気を付けましょう。

この記事を書いた人
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細