Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

初心者スノーボーダーが絶対に用意するべき道具とは?

スノーボード

今回は初心者がスノーボードを始めるときに必要な道具をご紹介して行こうと思います!

僕にも初心者スノーボーダーの頃がありましたが、当時は一緒に始めた友達も全員初心者だったので誰にもアドバイスをもらえず苦労したな~と懐かしく思います(笑)

これからスノーボードを始めようと思っている人、始めたばかりでまだほとんど道具を買い揃えていない人はまだまだわからないことだらけだと思います。

ゲレンデに行ったときに、「これ用意しておけばよかった!」と後悔しないようにしっかり準備をしておきましょう!僕が初心者だった頃の経験を踏まえて用意しておいた方が良い道具をご紹介させていただきます!

防寒と怪我防止の役割を持つグローブ

初心者のときは自分の道具が一式揃っていないことが多いためレンタル品で済ませることも多いと思います。最近は旅行のプランにレンタル品が無料で付いていることも多いですからね!

スキー場によってはボロボロのスノーボードウェアやグローブのレンタル品のことが多々あります。特に初心者の頃はよく転ぶので手をつくことも多いと思います。

経験上、レンタル品だと穴が開いていたりする場合があるので、雪の水分がしみ込んできてしまって手を冷やしてしまったり、霜焼けをおこしてしまうこともありました。あとはボードを持つときにエッジで手を切ってしまう可能性もあります。グローブしていてもエッジの鋭さはわかりますよね?

当日どのような状態のレンタル品を借りれるかわからないので、自分で買ったグローブを持って行くことをおすすめします。


頭を転倒や他人との衝突から守るヘルメット

ゲレンデでオシャレなニット帽を被った人達多いな~と思います。逆にヘルメットを被っている人はあまり見かけない印象があります。ビュンビュン飛ばして滑っている一部の上手い人がたまに被っているかな~といった感じでしょうか。

ある程度自分自身でコントロールを身に着けて滑走できるようになっていれば問題ないと思いますが、初心者の人の場合は上達の過程で沢山転ぶことになるので常に体や頭を打ち付ける可能性があるので滑りに自身がない人は着用してみてください。安心感が違いますよ!

自分自身で転んだ場合以外にも、同じような初級レベルのスノーボーダーが転んで突っ込んできたり、コントロールができない子供が突っ込んでくることもあるので怪我の防止のためにもヘルメットは被った方がよいと思います。やすきちも毎年滑りに行きますが、必ずといっていいほど衝突事故やケガをして運ばれている人を見かけます。

初心者のうちはヘルメットを被ることに抵抗がある人も多いと思いますが、楽しいスノーボード旅行などが台無しにならないように安全第一で考えてヘルメットを被ってみてはいかがでしょうか?


悪天候のときでも滑走中の視界を守るためのゴーグル

初心者の方にとって一番活用する場面が吹雪の日だと思います。

吹雪の日はスノーボード腕前に関係なく視界を確保するためにも着用した方が良いです。視界を確保するということは安全に滑る練習をすることができるということです。

晴れている日は着用しなくていいの?という疑問があるかもしれないですが、紫外線から目を守る役割もあるので着用することをおすすめします。ある程度滑れるようになってくるとスピードが出るので、そのときに冷たい風が目に入ると目から涙が出てきて視界が悪くなってしまって転倒の原因になることも考えられます。そのため、着用するに越したことはないということです。

レンタル品だと天候にあったゴーグルを借りれないこともあります。ゴーグルは満足のいくものを購入する場合は1万円~3万円くらいはかかると思います。あまりお金をかけられなという人でも安めのゴーグルは5千円くらいで売っているので着用してみてはどうでしょうか?


まとめ

初心者にとって最低限必要なアイテムは、グローブ、ヘルメット、ゴーグルです。どれも身体の安全を守るための役割があるのでレンタル品でもよいのでしっかり着用しましょう!時々レンタル品はボロボロのものを借りなければいけないことがあるので、できればこれらのアイテムに関しては自分好みのものを購入して着用することをおすすめします。

それでは今回は以上になります~。