Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

転職に成功する人の特徴とは?転職活動中の行動が成功を左右する?

『転職に成功する秘訣がわからない』

『転職軸がわからない』

『自分の強みと弱みがわからない』

このような悩みを抱えていませんか?

今の仕事に対してどうしてもやりがいを感じられない!職場での人間関係が辛い!

「定年までこの職場にいるのはイヤだ」

「このままずっとこの会社にいる自分が想像できない」

「これからの時間を無駄に費やしたくない」

という気持ちが強い場合、転職を考えてみてもいいかもしれませんね。

この記事では、転職を考えている方に、転職に成功する人・成功した人の特徴を踏まえて、やっておきたいことをご紹介していきたいと思います。

転職に成功する人の特徴とは?

転職の目的を明確にしている

転職を考えているということは、今のあなたの職場で何かしらの不満や不安があるということ。

残業が多すぎる、有給消化ができないなど会社のシステム上の問題であったり、今の会社にいても給与アップが期待できないなどの問題などがあげられます。

そのあたりは曖昧にせず、自分の本音を見つめてみましょう。
これができていないと、転職活動をしていく上で気持ちのブレが生じることになり、次に入る会社でも「今の会社も前と不満点が同じかも」という失敗をしやすくなるからです。

この会社にいても改善が見込めないからこそ転職するのであって、もし、目的を考えていくうちに「でも今の会社ってこんないいところがあるよな」と思う部分が多くなったら、そのまま、今の職場で働き続ける選択もありではないでしょうか。

職種や企業名にはこだわらないと思っても、意外に周りからの評価やバリューを気にする自分に気づいたり、転職は自分の性格や能力を知ることだけでなく、周りの環境を見つめ直すよい機会になると思います。

せっかくなので、新しい会社に入ることだけを目的とせず、新しい人生のステージとしてこの経験を楽しむ余裕を持ちたいですね。


転職で譲れない条件と妥協点を決めている

いろいろと考えた上で、それでもやはり転職したいという気持ちが固い場合は、「どうしてもここだけは譲れない!」という条件をいくつか決めておくとよいでしょう。

転職したいのですから、給与面や休日の待遇など、今までよりも良い条件の環境に行きたいというのは自然なこと。

例えば、年収は400万以上、残業は月50時間以内など、自分が譲れない条件を書き出してみましょう。

最初は譲れない条件がいろいろ出てくるかもしれませんが、時間を置いてみると、「このあたりはまぁ妥協できるかな?」という条件がおのずと見えてくると思います。

「どうしてもここは絶対!」の条件は意外と少なかったりしますよ。

そして、どうしても絶対譲れない条件は、「妥協しないで探す」という固い信念で転職活動を進めていきましょう。

他の良い条件に惑わされて、「譲れない条件」を妥協してしまうと、先の項でお話した通り、何のための転職活動だったのかという後悔に繋がりかねません。

転職する目的と譲れない条件、そして妥協できる条件は一番初めにしっかりと考えておきましょう。

転職エージェントに複数登録をしている

さて、転職活動をするにあたり最初にやっておきたいことは、転職エージェントに登録することです。

求人情報や非公開求人が多いところや、今以上の年収が狙えるところ、育児支援に特化した企業を紹介してくれるところなど、それぞれの転職エージェントで特色がありますから、よく調べてみましょう。

特に20代の転職と30・40代以上の転職などでは、登録したい転職エージェントも変わってきます。

また、ひとりひとりに長く時間を割いて丁寧に応対してくれるところや、多少クールな対応でも求人がたくさん見られるところなど、自分が好ましいと思う転職エージェントを探してみましょう。

比較の意味でも、ひとつだけでなく大手と中堅など、複数の転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

ネットでの口コミは参考程度に、自分の希望に沿ったサポートをしてくれるところを見つけてくださいね。

 

あなたがこれらについて不満をもっているのなら、『転職エージェント』を活用した転職活動をすることで解決することができるかもしれません。

・自分ばかり仕事量が多い。

・会社の将来性が不安。

・仕事量に見合わない給与。

・残業が多く休日が少ない。

・会社の評価方法が不公平。

・専門知識、技術を習得できない。

など。

転職エージェントに相談すると、このような不満を解決できるようなあなたに合った会社を紹介してくれるのです。

あなたの転職をしっかりサポートしてくれるのは、どこの転職エージェントなのか?

そこで、おすすめしたいのが

手厚いサポートが好評!
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】



キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナキャリアは、あなたのように転職を成功させようと頑張る人を手厚くサポートしてくれるのです。

しっかりコミュニケーションをとってくれる転職エージェントがサポートをしてくれたら、あなたの転職成功は近いうちに実現するかもしれませんね!

では、パソナキャリアを利用することを考えたときに、気になる点をみていきましょう。

 

Q「パソナキャリアはどのような点がおすすめなの?」

A:一番は手厚いサポートです。口コミなどを見ても誰に対しても親身になって丁寧に履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などをしてくれる点です。そして、求人件数が50,000件以上、転職者の年収アップ率67.1%以上、有名企業や大手企業の求人も多数紹介してもらえるという点において、質の高い転職ができる可能性を感じます。
※2018年9月時点の情報。

 

Q「登録が面倒なんじゃないの?」

A:会員登録は数分程度ですぐにできます。履歴書や職務経歴書を持っている場合は、ファイルをアップロードするだけで簡単に登録できるので手間いらずですよ。

 

Q「パソナキャリアはお金がかかるの?」

A:無料です!パソナキャリアは利用しても一切費用がかかりません。転職エージェントは求職者を企業に紹介して転職が決まると企業から紹介料をもらうことで成り立っているのです。あなたは何も心配せず利用して大丈夫ですよ。

 

Q「時間がないけどパソナキャリアを利用できるの?」

A:時間がない人にこそ利用価値があります。登録後、あなたの希望する求人や人柄を伝えるために一度は転職エージェントと面談をする必要がありますが、面談後は転職エージェントがあなたの希望する求人を紹介してくれるのを待っているだけです。

 

Q「紹介してもらえる求人にはどのような会社があるの?」

A:安定した大手の上場企業をはじめ、業績好調なベンチャー企業の紹介をしてくれます。転職サイトには公開されていない「非公開求人」もあるので滅多にお目にかかれない企業の求人を紹介してもらえることもありますよ。

 

Q「履歴書や職務経歴書のアドバイスはしてもらえるの?」

A:誰に対しても丁寧に応募企業に合わせた書き方をアドバイスしてくれます。あなたをアピールするための面接のコツについてもアドバイスを受けることができますよ。

 

Q「どれくらいの期間で転職できるの?」

A:人や企業が募集しているタイミングにもよりますが、早い人で1ヵ月以内に決まります。じっくりと希望の条件で転職するのなら3ヵ月~6ヵ月はかかると思った方がよいでしょう。人によって異なるので、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

はじめに転職エージェントと面談をしてしまえば、働きながら希望の求人紹介を待つだけなので、ほとんど手間はかかりませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録だけでも済ませましょう!

 

手厚いサポートが好評!
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】



キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

自分の価値を整理してから転職活動を始める

自分の価値を整理してから転職活動を始める

自分の強みと弱みを把握しているか

あなたが自分の強みと思っているところは、実は他人から見ると短所に見える場合もあるのかもしれません。

逆に、自分の弱みと思っているところでも、仕事によっては長所になったりします。

自分の長所と短所は受け入れるのになかなか辛いところもありますが、転職エージェントの助けを得ながら、じっくりと考えていきましょう。

もし自分に足りていない部分があると指摘されたならば、そこは素直に受け入れて、それをどうカバーするかを考えたいところです。

他者から欠点を指摘されて、「いや、でもこれは俺の長所だから!」など意地を張るのは、転職活動においては不利に働きます。

転職に限らず、就業は他人とのチームワークを必要とされるところです。

今まで知らなかった自分の長所と短所と感情の傾向を確認しつつ、どのような職種に向いているのか、転職エージェントに質問してみましょう。

意外な業種を勧められるかもしれませんよ。

 

自己分析したい人はこちらも参考にしてみてくださいね。
無料で「あなたに向いている仕事や強み」を診断することができますよ。

転職先の企業に完璧さを求めすぎない

せっかく転職活動をしているのですから、転職先にはあれこれといろいろな物を求めたくなるものです。

しかし、転職活動に成功する人は先方の企業に完璧さを求めすぎない傾向にあるようです。

実際は自分の希望がすべて叶う企業はこの世に存在しないと言っていいでしょう。

例として挙げると、年収アップが転職の目的ならば、休日が減ることを妥協できるか、ということになりますし、また、残業時間を減らして余暇を楽しみたいということが目的ならば、年収をどこまで妥協できるかということになります。

つまり、前の項でお話した「妥協点」もしくは「譲れるところ」はどこにするかという問題になってきます。

繰り返しになりますが、譲れない部分と妥協できる部分をしっかり決めておくというのは、このあたりでも大切になってきます。

いざ内定が出た時に迷うことが少なくなるよう、事前にきちんと考えておきましょう。


転職活動中に気を付けたい行動

誇張せず等身大の自分をよりよく見せる

企業での面接においては、先方に自分をアピールしなければならないわけですが、自分がやってもいないことを誇張することは、もし入社できたとしても、入社後の自分の首を絞めかねません。

言うまでもありませんが、企業側も能力以上のことをアピールする人より、等身大のあなたが信頼に値する人物かどうかを見ています。

できることとできないことを正確に、誠意を持って企業側に伝えるという前提を忘れないようにしましょう。

また、できないことはどのようにカバーしていくかも忘れずに話したいところ。

面接をするにあたり、今までやってきた仕事を振り返る、いわゆるキャリアの棚卸し作業をする際は、転職エージェントに自分の長所と短所を指摘してもらいながら、無理のないアピールができるようにしておきたいですね。

希望している企業が求める人材ニーズを把握する

企業が求める人材は、当然のことながら職種や年齢などによって違ってきます。

あなたが狙っている企業があるとすれば、どういう人材を求めているのか積極的にリサーチすることをおすすめします。

ただし、どの職種においても「仕事への真摯さ」「積極性」「周りとのチームワークとコミュニケーション能力」は求められる傾向にあります。

また、「この会社に入った時に自分がやりたいこと」が企業側の求めることをフィットしていることも必要です。

希望する企業に中途採用された人はどのような人だったかなど、転職エージェントに協力してもらいながら、作戦を立てていきましょう。


今の仕事を続けながら転職活動をする

今の会社で働くことが苦痛で、一刻も早く辞めたいという方もいると思いますが、もし「不満はあるが、働くことはまだまだできる」場合は、会社に在籍しながら転職活動を行う方がベターです。

自己都合退職の場合、失業給付金が出るのは3カ月先になります。

経済的に追い詰められた状態で転職活動を行うことは、大事な人生の判断ミスに繋がることもあり得ます。

もし、在職中に次の仕事が決まれば、自分のキャリアにブランクが生じないというメリットがあります。

もちろん、面接等で日時を合わせづらいというデメリットもありますが、これは率直にお話して大丈夫です。

企業側も会社に在籍中か退職後かで印象が変わることはほとんどありません。

在籍中の自分の会社への配慮はきちんと行いつつ、有給などを利用するなどして上手に活動していきましょう。

転職への覚悟と心構え、今の会社の就業規則の確認

「成功する転職活動のポイント」をいくつかお話してきました。

現在の仕事に対するさまざまな思いから転職を考えている方が多いと思いますが、実際のところ転職は今までの環境や生活がリセットされてしまうことでもあり、それなりに覚悟がいることです。

冒頭でお話した通り、転職する前に自分の会社のどこに不満があるのか自覚することをしっかりとやっておきましょう。

転職活動中に「上司の異動や部署の異動があり、人間関係の問題が解消された」「昇進があったため、給与面や仕事面での不満がなくなった」などは充分あり得ますので、転職活動を行う際は、会社の人にはなるべく口外しない方がよいでしょう。

そして、何らかの環境の変化があった場合は、いったん立ち止まって転職活動をお休みすることを考えてみてもよいのかもしれません。

これは面接前にやっておくべきことですが、「退職予定日の何日前までに意思表示をしなければならない」か、現在の会社の就業規則をしっかりと確認しておきましょう。


入社決定!さて、退職の手続きは?

もし、転職活動が成功して入社が決まったら、退社交渉はスムーズに行えるように準備をしておきましょう。

いざ辞めるとなると、感情面でいろいろグラついたり、上司から引き留められたりということもあると思いますが、誠意ある姿勢を忘れずにきっぱりとした態度できちんと引継ぎをし、今までの感謝をきちんと伝えましょう。

その上で、新しい職場に行けたらベストですね。

まとめ

転職に成功する人の特徴や転職活動中の行動で気を付けたいことについて紹介しました。

転職に成功する人は段取りよく計画的に転職活動を進めています。
転職を成功させたい!と思うのであれば、転職を成功させている人を見習ってみるのもよいでしょう。

転職は人生を大きく左右するので自分の価値や考えをしっかり固めてから転職活動を始めることをお勧めします。

あなたの適職や強み・弱みを知りたいと思いませんか?

気になっている人にはこちらの転職アプリをおすすめします。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

アプリをインストールするだけで、すぐに診断ができますよ!

ミイダス アプリミイダス 詳細

あなたに興味を持っている企業や年収の相場が分かるので市場価値を知ることができますよ。

希望の条件で転職できるのは、あなたに市場価値があるうちだけです。