Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

転職の引き止めに迷うな!引き止めで後悔しない転職を実現する考え方

転職の引き止めに迷うな!引き止めで後悔しない転職を実現する考え方

転職することを上司に伝えたとき、しつこい引き止めに合っていませんか?

転職の引き止めに迷うことなく強い意志を固めるには、あなた自身で何のために転職をするのか考えが明確になっている必要があります。

引き止めで後悔しない転職をするために、迷ってしまうことについて整理してみましょう。

会社から引き止められる人の特徴や会社の警戒ポイントは?

会社から引き止められる人の特徴や会社の警戒ポイントは?

退職の意思を伝えたときに会社から引き止められる人はどのような特徴があるかを考えてみます。

単純に人手不足というだけで引き止めをしている場合もありますが、会社が本気で引き止めるような人は、会社に貢献している人になります。

きっと、あなたも会社に貢献している人だと思います。

専門性の高い仕事に対応できる

専門性の高い仕事は会社にとって大きな売上につながります。

社内には必ず事業の核となるような部分の仕事を担う人がいるはずです。
単純作業ではなく、事業計画や戦略を練れる人が該当します。

このような仕事を担当していた優秀な社員が辞めるとなると経営に大きく影響するため会社としてはどうしても転職を引き止めたくなるのです。

仮に引き止めることができなかった場合、専門性の高い仕事を引継ぎできる社員がいないため最悪の場合はサービス自体が無くなってしまい業績が低下してしまうこともあります。

そのような状況を防ぐために上司は必死に転職を引き止めてきます。


社内で人望が厚く人に対する影響範囲が広い

会社の仕事はチームで対応することが多いので、特に人望が厚い人が辞めてしまうとなると同僚が困惑します。

良くある話ですが、事実とは異なる噂が社内で飛び交うこともあります。

一番恐れるのは、退職希望者が中堅社員の場合です。

中堅社員ともなると部下のマネジメントをしている人も多いと思います。

人望が厚いとその人が辞めることにより部下まで連鎖退職してしまう可能性があります。

何の仕事をするかよりも誰と仕事をするかを重視している同僚は連鎖して辞める可能性が高いかもしれません。

社内に不満を持った人が多くいると人望のある良い人が辞めることで、連鎖退職が中堅社員の間で発生することも考えられます。

中堅社員の連鎖退職が発生すると会社としては労働力が一気に低下してしまうので、そのような状況は避けたいと考えます。

その人にしかできない属人化した仕事がある

高度なスキルを必要としなくても、その人にだけ任せていた仕事がある場合は、引継ぎ相手を探し、辞めてしまった後も今まで通り業務ができる状態を維持する必要があります。

属人化している場合、上司も普段は詳しい仕事内容に関心を持たないので、具体的な仕事内容を把握していません。

そのため、転職の意思を伝えたタイミングで仕事内容を把握しようとします。

そしてそのタイミングで、辞められたら困る仕事内容だと気づくのです。

その人だから一人でやれた仕事なので、他の人がやりたがらない可能性もあります。

無理やり引き継がせると辞めてしまう可能性もあり、社内で調整するのがとても面倒なのです。

そのため、出来る限り転職を引き止めたいと考えます。


役職に就いている

部長や課長などの役職者に就いている人は会社への売上貢献や部下のマネジメントもしているため影響力があります。

退職した場合、後任の役職者を探す必要がありますが、誰にでもできる仕事ではないポジションなので後任探しがとても大変で採用コストも数百万かかります。

最悪の場合、数ヶ月は役職者不在という状況になってしまうかもしれません。

そうなると、部署の指揮系統が乱れるため今まで円滑にできていた仕事でミスが多発する可能性があります。

その結果、業績低下につながってしまう可能性が出てきます。

その他には、役職者が変わると部署やチームの仕事の方針が変わってしまうことです。

役職者が変わることで、今まで働きやすいと感じていた部下達が急に働きにくく感じることもあります。

働く環境に変化が出るので、また新たに退職者が出るきっかけになりかねません。

都合が悪いことが多いので、会社としては転職を引き止めたいと考えます。


転職の引き止めで迷う理由は?

転職の引き止めで迷う理由は?

転職の引き止めで迷う理由は、優しい人であればお世話になった人を残して辞めることに罪悪感を感じてしまうのかもしれません。

しかし、そのようなことを気にして残ったとしても、数か月後にあなたよりも先に辞めてしまうことだってあるかもしれません。

転職を引き止められたときに他人のことを考えてしまうと迷いにつながってしまいます。

転職後の自分が活躍しているイメージが沸かない場合も会社からの転職の引き止めで迷いが出てしまいます。

転職を失敗したくないという不安から、今の会社に残っていた方がいいのではないかと自分を納得させようとしてしまいます。

転職理由が明確になっていない場合や転職後の待遇が今の会社とさほど変わらない場合も迷いにつながります。

なぜ転職してまで会社を辞めようと思ったのかをはっきりさせておく必要があります。

はっきりしていれば、どんな引き止め交渉にも迷わなくなるはずです。


転職の引き止め条件からメリットやデメリットを考えてみる

転職の引き止め条件からメリットやデメリットを考えてみる

転職の引き止めとして昇給(給与アップ)させる

転職の引き止めに昇給(給与アップ)はよくある交渉条件です。

一時的には昇給によって給与アップするかもしれませんが、あなたが辞めたい理由が給料ではないなら何の得にもなりませんね。

どれくらい給与アップするのかによりますが、5年や10年働いても給与アップしないような昇給額じゃないとメリットがあるとは言えません。

ほんの少しの昇給額では、一年後に業績不振が理由なので下げられてしまい、退職を申し出たときと変わらない給料に戻ってしまうこともあります。

転職することで大幅に年収アップができそうなら、昇給(給与アップ)で迷うことはありません。

退職の引き止めとして部署異動させる

やりたい仕事ができていないという理由で転職する場合には、会社が部署異動を引き止め条件にしてくることもあります。

部署異動してでもやりたい仕事だったのなら引き止めに揺らいでしまうかもしれません。

しかし、部署異動が実現したとしてあなたのやりたい仕事が本当にできるかどうかは別の話です。異動先では既に働いている人がいるので、その誰かの仕事を奪ってあなたのためにポジションを空けるでしょうか?

おそらく誰かのサポート業務になってしまうと思います。

目の前のことだけではなく、しばらくしてからどうなるのかを想像することが大事です。

あなたがやりたい仕事内容で今よりも好待遇になる会社があるのなら、迷わず転職をするべきです。


退職の引き止めとして役員に昇格させる

退職の引き止めとして役員に昇格させることを条件にする場合があります。

今、あなたが何の役職にも就いていない状況でいきなり役員に就いたらどうなるでしょうか?

給料など待遇面は格段に上がるし、権限も手に入れることができるかもしれません。

しかし、役員は経営に関するプロである必要があります。

今までとは違う能力を発揮しなければならず、責任も大きくなります。

おそらく1年以内に大きな失敗をします。その失敗があなたの自信を失わせて社内での居心地を悪くするはずです。

そのような状況になってから転職を考え直すよりは、「今」転職をするべきです。

引き止めという特別な措置による待遇は、あなたにとって良いことばかりではありません。

退職の引き止めで残った場合を考える

退職の引き止めで残った場合を考える

転職を思いとどまった理由は何か?

そもそも何がきっかけや理由で転職を考えたのでしょうか。

会社からの引き止め条件が良かったから思いとどまったのでしょうか。

仮に給与が大幅アップしたとしても会社はタダでそのような特別待遇にはしないことが多いです。

給料が大幅にアップしたのなら、それ相応の仕事量や仕事の責任をあなたに与える可能性が高いです。

そうしないと周りの社員が納得しないですよね。仕事料も責任も変わらずに給料だけ大幅アップなんて。

目の前の甘い引き止め条件に流されず、今一度転職を考えた理由を見直しましょう。


良好な人間関係で働けるだろうか?

引き止められて残るとき、あなたは引き止め条件の恩恵を受けています。

社内ではあなたと同じ立場で働く人もいますが、その人達よりも良い待遇になっているので、「なんであいつだけ」というように不満に思われるかもしれません。

どのような待遇改善をされたのかは、社内で広まる可能性が高いです。

そのような職場環境で今まで通りの人間関係を保ちながら働くことができるでしょうか。

今まで通り働けるのは、引き止めの条件を受け入れず残った場合です。

それだと、何も変わりませんね。

転職を引き止められて残ることにメリットはなさそうです。

遅かれ早かれ転職することになるのではないか?

転職の引き止めに応じて残ったところで、一年後か二年後に転職を考える可能性がないかを想像してみましょう。

引き止めの条件によって待遇が改善されても他にも不満があったり、一緒に働く人が一気に辞めてしまったら、また転職を考えることもあるのではないでしょうか。

会社自体が改善しないと遅かれ早かれ転職する可能性がありそうなら、転職することを貫きましょう。

転職は若い方が選択肢も広いので成功する可能性も高いためです。


転職をしたいと思った時点で引き止めに迷う必要はない

退職を申し出ないと待遇改善案を提示できないような会社は残ってもメリットはありません。

待遇改善されるのは、退職を申し出たあなただけで他の不満を持っている人達は何も改善されません。

あなたが辞めなくても時間の問題で周りの同僚が辞めていく可能性が高いです。

転職の引き止めで残るとしても、待遇は一時的に良くなっただけで、その後まったく昇給しない可能性もあります。

最悪の場合は給料が下がることだってあるのです。

一時的な待遇改善に迷うことなく、転職をしたいと思ったあなたの考えを信じて引き止めを断りましょう。

転職活動に役立つ転職支援サービスを利用して次の会社をすぐに見つけてしまいましょう!

 

 

退職の引き止めに揺らぐ時間で転職先の勉強をしたほうが良い

退職の引き止めに揺らいでいても時間がもったいないです。

一度転職すると覚悟を決めたら、振り返らずに次の転職先のことを考えましょう。

転職先で成功するかどうかは入社前の準備から始まっています。

転職先が今と同じような仕事でも会社が違えばやり方が変わってきます。
必要な知識も広範囲になって高度なスキルが求められるかもしれません。

入社前にどれだけ勉強して準備ができたかで、中途して即戦力として活躍できるかが変わってきます。

退職の引き止めで迷い過ぎると次の転職先での失敗にもつながるので、気持ちをスパッと切り替えましょう!


今より好条件で転職したい場合は転職エージェントへ相談する

転職したいけど引き止めに迷ってしまうという場合は、今の会社よりも明らかに良い条件になる会社を探すと良いです。

明確に転職することのメリットがわかるからです。

好条件の求人は転職サイトよりも転職エージェントの方が保有している可能性が高いです。

転職エージェントは企業の役職者から直接求人の依頼を受けていることもあり、今よりも良い待遇やポジションで働ける可能性のある求人を紹介してくれます。

そしてそのような求人はサイト上には公開されない求人情報となります。
聞いたことがあるかもしれませんが、これは非公開求人と呼ばれるものですね。

もし、転職先を見直したり、今よりも好条件で転職したいなら転職エージェントに相談してみると迷いなく転職を決意できるかもしれません。

まとめ

転職の引き止めに迷う場合にどのようなメリットやデメリットがあるかを解説しました。

転職の引き止めで後悔しないためにも、自分自身がなぜ転職をすることを考えたのかを整理することが大事です。

引き止めに揺らいでいる時間で転職先のことを考えて準備する方が有意義です。

転職の引き止めに迷いそうになったら一度整理してみましょう!