Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

転職を決断する勇気が出たきっかけやポイントは?決断を悩む理由とは

転職を決断する勇気が出たきっかけやポイントは?決断を悩む理由とは

転職しようと考えたとき、決断するには勇気が必要ですよね!

転職を決断したきっかけや決め手となったポイントってどのような部分なのでしょうか。

人それぞれ転職したい理由や立場も違いますが、決断を悩む理由は大抵同じです。

どのように考えれば、転職を決断する勇気が出るのか、決断が揺らがなくなるのを見ていきましょう!

転職を決断する勇気が出たきっかけやポイント年代別のタイミング

転職を決断する勇気が出たきっかけやポイント年代別のタイミング

転職するきっかけとなった20代男性のポイントは?

転職するきっかけ

・人間関係が上手くいかない。

・やりたい仕事ではなかった。

・上司がムカつく。

・年収をアップをしたい。

・スキルアップをしたい。

入社してみたらやりたい仕事ではなかったことに気がついたり、スキルアップや年収アップを狙いたいと思うのが20代男性の転職理由の特徴です。

若いので上司から怒られたりすることが多いので、こんな上司と一緒に働きたくないという理由からも転職に踏み切ります。

他の会社で働く友人の話を聞いていると惨めになってくるし、やり直すなら若いうちの方がいいですよね。

転職理由は若手らしく個人的な理由が多いです。


転職するきっかけとなった30代男性のポイントは?

転職するきっかけ

・人間関係が上手くいかない。

・出世したい、出世したくない。

・中間管理職としてストレスが溜まっている。

・年収をアップをしたい。

・スキルアップをしたい。

・長時間残業で体調を崩しそう。

30代にもなれば、部長や課長などの役職に就く人も増えてきます。
人によっては上司や部下に挟まれて毎日ストレスを溜めてしまい疲れ果てています。

年齢的には体力的に衰えてきているので、体育会系の職場だったり残業が多い職場だとついていけなくなってきてしまい、肉体的負担を軽減できる職場を探します。

結婚して妻子を支えていく立場になる人も増えるので、年収アップキャリアップのための転職も理由となります。

転職するきっかけとなった40代男性のポイントは?

転職するきっかけ

・人間関係が上手くいかない。

・出世したい、出世したくない。

・中間管理職としてストレスが溜まっている。

・社内に居場所が無くなった。

・年収をアップをしたい。

・長時間残業で体調を崩しそう。

・離婚をきっかけに仕事を変えたい。

40代にもなってくると職場で必要とされる人か必要とされない人か分かれてきます。
なかなか思うように成果を出してこれなかった40代は年下の同僚からも冷たい目でみられるし、社内に居場所がなくなっていきます。居心地の悪さから転職を考える人もいます。

年齢的には離婚をきっかけにする人もいます。
家族がいたから年収がいいのでやりたくもない仕事をしていた人が該当します。
逆に、離婚によって養育費が必要になる場合は今よりも収入がアップできる職場を探す人もいるでしょう。

年齢が上がるにつれて、人生のイベントが転職をするきっかけになります。


転職するきっかけとなった20代女性のポイントは?

転職するきっかけ

・人間関係が上手くいかない。

・やりたい仕事ではなかった。

・上司がムカつく。

・恋愛のいざこざ。

・年収をアップをしたい。

・スキルアップをしたい。

・長時間残業で体調を崩しそう。

・勤務地が遠くて通勤時間が長い。

・出産や育児のサポートがない。

若手ということもあり、スキルアップや年収アップをきっかけに転職を考えます。

女性特有の理由の一つに社内恋愛のこじれなども挙げられます。
要するに人間関係問題の一部ですね。

あとは、20代で結婚を考えている人は会社に出産・育児サポートをする制度が整っていなければ、働きやすい職場に転職しようと考え始めます。

転職するきっかけとなった30代女性のポイントは?

転職するきっかけ

・人間関係が上手くいかない。

・上司がムカつく。

・恋愛のいざこざ。

・年収をアップをしたい。

・スキルアップをしたい。

・長時間残業で体調を崩しそう。

・勤務地が遠くて通勤時間が長い。

・出産や育児のサポートがない。

・出産後に仕事をしたい。

30代ともなると結婚したり子供を授かり育児をしている人も増えてきます。

年収アップやスキルアップよりも育児をしながら安定して働けるような会社を探します。
また、結婚を機に住む場所が変わることが多いので、住んでいるところから近い会社で働きたいと考えるために転職を決意します。

共働きが増えている時代なので、出産後の仕事を続けたい人や時短勤務などで自分のペースで働ける仕事を探す人は増えています。


転職するきっかけとなった40代女性のポイントは?

転職するきっかけ

・人間関係が上手くいかない。

・上司がムカつく。

・年収をアップをしたい。

・スキルアップをしたい。

・長時間残業で体調を崩しそう。

・勤務地が遠くて通勤時間が長い。

・出産や育児のサポートがない。

・出産後に仕事をしたい。

・親の介護費などの生活費のため。

晩婚化している時代なので、30代後半で結婚・出産すると育児をしながら働ける仕事を探すこともあります。

年齢的には自分の子供の育児だけではなく、親の介護もしなければいけない年齢になってきます。

独身女性の場合だと親の介護費を稼がなくてはいけない人もいるので、そのような生活費を稼ぐために介護と両立できる仕事に転職をしようと考えます。

転職の決断を悩む理由や決意が揺らぐ理由について

転職の決断を悩む理由や決意が揺らぐ理由について

転職して本当にこれでいいのかと考えてしまう

転職して本当にこれでいいのかと考えてしまうということは、今の職場に未練がある可能性があります。

そしてその理由は、転職を決断するほどでもないことだったりしませんか?

なんとなく仕事がマンネリしてきてつまらなくなっただけとか、ちょっとした仕事のプレッシャーを感じて疲労が溜まったときに転職活動をしてしまうと判断力が鈍ります。

今の職場でまだやれそうなことがある、自分の居場所がある職場なら転職の決意が揺らぐかもしれませんね。


年齢的に転職失敗のリスクを考えてしまう

30代後半や40代にもなってくると転職を失敗するわけにはいきません。

求人数が増えている時代ですが、年相応に専門性の高い能力を持っていなければ、面接には呼ばれても内定が出ることが少なくなってきます。

企業は無理して採用しない考えです。
転職回数が多い人もそろそろ転職回数的に限界が近いのではないかと不安になります。

頑張って転職しても、万が一人間関係が合わなかったり、面接で聞いていた以上に激務だったらどうしようなど転職失敗のイメージを膨らませてしまいます。

転職のリスクを背負ってでも転職したいと考える人の多くは、安月給だと妻子を養えないからリスクがあろうとも転職をするという理由で決意をします。

今のままでも失うものが少ない人は転職しようと考えると気持ちが揺らいでしまうのかもしれません。

転職することを悩みすぎて転職活動に疲れてしまう

転職しようと思うと、仕事内容、年収、人間関係、福利厚生など今の職場と比較してどの点がどのように変わるのかを把握する必要があります。

しかし、全てが希望通りにならないので何を優先させた転職をすればいいのか悩み疲れてしまいます。

転職サイトや転職エージェントを活用したとしても、書類選考で落ち続けてしまったりすると転職活動時代に疲れてしまい、転職するのをどうしようかな~と思い始めてしまいます。

転職活動が上手くいかないことの方が多いので、転職理由がはっきりしていないと転職活動途中で挫折してしまうかもしれません。


転職決断の決め手が自分の中ではっきりしていない

そもそも何が理由で転職をしようと思ったのかを自分の中ではっきりさせていない場合があります。

例えば、一生懸命仕事をして成果を出したけれども給料がまったく上がらないから給料アップの転職をしたいという思いがあれば、転職の決断をしやすいです。

逆に、仲が良かった人が辞めたから自分も辞めようと思うと、何を求めて次の転職先を探していいのかわからなくなり、転職の決断が鈍るようなことも考えられます。

今の会社を変えたい理由をしっかりと整理しないと、次の会社も複数候補が出たときにどっちの会社がいいのだろうかと悩み決断が揺らいでしまいます。

転職の決意が揺らがないように決断力となる理由を整理する

転職の決意が揺らがないように決断力となる理由を整理する

今の仕事内容にやりがいを感じて楽しめているか?

今の仕事が楽しくないと感じているのであれば、転職する理由として気持ちを固めることはできるのではないでしょうか。

仕事にやりがいや楽しさがないと長いサラリーマン人生は続けるのが困難になっていきます。

仕事にやりがいがないと、自覚は無くても覇気がなくなって、周りの人からは少しやる気が無くっている人に見えてしまいます。

転職を考えている会社の仕事の方が楽しそうに思うのであれば、仕事内容については転職の理由になるという意思を固めましょう。

給料をもらわなくてもやりがいや楽しさを感じる仕事かどうかも考えてみるといいです。


年収や評価に満足しているか?

働くうえで年収や評価というのは重要です。

なんだかんだ言っても年収が低ければ満足な生活を送れなくなってしまうので、生活面から仕事に支障が出てしまいます。

収入がある人はどこか心に余裕がありませんか?

収入が少ない人はいつも心に余裕がありません。それは、生活を切り詰めて我慢をしているからです。

もし、転職先の仕事が今と同じような仕事内容で年収がアップするのなら、迷わず決断するべきです。

年収が上がることで、今までとは違う生活レベルになります。

生活レベルがあがれば自己啓発に投資できたり、新しい趣味を始めることもできます。

家族がいる人は家庭を豊かにしてあげることができますよね。

自分が描いたキャリアを積めているか?

今の会社に入社したときにやりたかった仕事やキャリアが順調に積めていますか?

もし5年も経っていて自分が描いた通りの働き方やキャリアが詰めていないのであれば、その会社で働き続けても状況が変わることは難しいです。

あなたが歩みたかったキャリアが管理職だったとしたら、既に他の人にそのポジションがとられてしまっているということです。

自分を生かせるかどうかは、働く会社次第で大きく変わります。

今のあなたのスキルを求めていて、あなたがキャリアを積んでいきたいポジションが空いている会社は沢山あります。

今の会社でキャリアを積めていないなら転職を決断するポイントと言っていいでしょう。

職場に長く付き合える仲間はいるか?

今の職場で考えなければいけないのは仕事内容や収入だけではありません。

何年も働いた中で職場内に転職してからも長く付き合えるような仲間はいますか?

もし、そのような仲間がいないのなら、あなたから仕事を奪ったら仕事以外何も得るものがない職場かもしれません。

仲間意識も低くて、機械的に仕事をしていた仲間かもしれません。

困ったときに助け合えるような仲間ではなかったのなら、本当の仲間が見つかるような職場に転職を決断しましょう。

職場に人は多いけど、何となく孤独を感じているような場合も即転職を決断すべきです。

何回か転職していると必ずあなたと似たような属性の人間が揃っている職場が見つかります。


あなたを必要としてくれる上司や部下はいるか?

職場で上司や部下から必要とされているかも決断するポイントとして考えてみるといいです。

必要とされている場合は、あなたが今の会社で活躍する機会がまだあるし、会社が価値を感じてくれている証拠です。

よほど給料や評価で納得がいかないことがなければ転職するのは辞めたほうがいいです。

逆に、上司や部下から必要とされていない場合はすぐに転職していい状況です。

長く続けても信頼関係を構築することができないので、出世することも難しいし、部下と一緒に仕事をするのが苦痛になってきます。

仕事内容や給料よりも人間関係が理由で転職する人は多いです。

人間関係やあなたのイメージというのは、ほぼ100%塗り替えることは出来ません。

転職して人間関係や自分のイメージを再構築するという意識を持てば、転職の決断はしやすいですよね。

転職活動は転職エージェントに相談したほうが決断できる

転職エージェントを活用すると、今のキャリアの棚卸を手伝ってくれます。

担当するエージェントにもよりますが、けっこうな頻度で電話や対面で相談にのってもらうことができます。

今の職場で満足できていない点、次の職場で叶えたいことをしっかり話せれば、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

応募書類を希望する企業に送って手応えやあなたの評価を探ってもらうこともできます。

あなたのどの点が評価されるのかを教えてもらえることもあるので、転職を決断するきっかけにつながるかもしれません。

転職エージェントは相性が重要なので、相性が良い転職エージェントを探すために複数のサービスを登録することをおすすめします。

複数の中から気の合う転職エージェントに的を絞ってアドバイスをもらいなら転職活動を進めるとストレスや疲労は軽減できますよ。

 

 

まとめ

転職を決断する勇気が出たきっかけやポイント、決断を悩む理由について解説しました。

自分の中で転職をする理由を棚卸しておくことで不安になったり決意が揺らぐことが少なくなります。

転職エージェントを利用するときも転職理由が明確なほうがアドバイスに揺れることなく転職活動を進めることができます。

今の職場で満足できないのなら、まずは自分に合う会社探しだけでもしてみましょう!

案外、今の職場が自分に合っているという場合もありますよ。