Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事を辞められないのは引き止めがしつこいから?引き止めの断り方とは?

仕事を辞められないのは引き止めがしつこいから?引き止めの断り方とは?

この記事は、このような人に向けて書いています。

「会社の引き止めがしつこい理由を知りたい」

「しつこい引き止めの対処法を知りたい」

仕事を辞められないのは引き止めがあるからという人もいるのではないでしょうか。

今の仕事が合わない、辞めたいと思っていても、実際退職の話をして引き止められることは多いです。

ここでは、会社や上司があなたを引き止める理由や、円満な退職方法、などについて解説していきます。

一時的な感情で、今すぐ辞めてやる!と考えるのは簡単ですが、辞める気持ちが強いなら自分にとっても、辞める会社にとっても良い退職方法を探りましょう。

仕事を辞められないほど引き止めがしつこい理由は?

仕事を辞められないのは引き止めが原因という場合、「どうしてすぐ辞められないの?」と疑問感じるかもしれませんね。

なぜ会社は引き留めようとするのでしょうか。

人手不足になるから、退職者が多いと思われると人が集まりにくくなるからか、職場定着支援助成金が受け取れなくなるからなど、様々な原因があります。

また上司にとっては、退職者が多ければ自分の評価が下がることに繋がりますし、今抜けられたら困るという状況がはっきりわかっているならどうしても引き止めたくなってしまいますよね、また、本心から退職希望者のためにもっと仕事を続けるようアドバイスしてくれる人もいます。

辞めたいと思ったタイミングで辞められず引き止めがあるとつい腹を立ててしまいがちですが、会社側、上司側にはどんな理由があって引き止めたがるのか、また本当に今すぐ退職するよりもう少し待ったほうが自分にとって有利になることはあるのかなどを、しっかり考えてみてください。


退職者が増えると会社にとって都合が悪い

仕事を辞められないのは引き止めという人が多いのは、退職者が増えると会社が困ってしまうことが多いからです。

たとえば、あなたが退職した場合は職場内であなたが行っていた仕事を誰か他の人が行わなくてはいけません。

残された人の中から、嫌がっているとしても無理矢理引継ぎをさせないといけないので、人間関係を悪くしてしまう可能性があるのです。

職場みんなの負担が増えることになるでしょうし、新しい人を雇うにしても、仕事を一から教えなくてはなりませんからすぐあなたの代わりにはなりません。

また、職場定着支援助成金を運転資金に当てようとしている会社なら、あなたの離職が大きなダメージになるかもしれません。

もっとも助成金がなければ成り立たないような会社であれば、将来性はありませんので辞めるという選択は正しいでしょう。

そして離職者が多い仕事は、どうしてもマイナスのイメージが付いてしまいます。

想像以上に仕事が大変なのかも、ブラック企業なのかも、など様々な推測をされるきっかけになるのが離職率です。

これからの人材確保が大変になるかもと考えると、引き止めたくなる気持ちもわかりますよね。

上司の評価や出世に影響する

上記のとおり、退職者は会社にとって都合の悪いことが多いです。

そのため、退職者が多い部署であれば、通常上司の評価が下がります。

部下を育てられないと判断され出世しにくくなることもあるでしょう。

ただ、仕事を辞められないのは引き止めがあるからであっても、それが上司の都合だけとも限りません。

例えば入社して1年も経っていない人が退職したいといえば、相手のためを思って引き止めてくることもあります。

一度転職してしまうと、転職へのハードルは低くなり、「コロコロ職場を変えてしまう人」になる可能性が上昇します。

ちょっとでも嫌なことがあると辞めてしまう人は一箇所でじっくり成長することができないので、重要な仕事を任せられる人にはなれず、昇給もしにくくなります。

また就業期間が短い場合は、失業保険がもらえないので苦労するかもしれないと本心からあなたのために引き止めてくる場合もあります。

本当に信用できる上司であれば、一度きちんと話を聞いてみましょう。


しつこい引き止めを断り仕事を辞める方法は?

自分が辞めたいタイミングで仕事を辞められない場合、次の仕事を始める時期が遅れたり、タイミングによって希望の求人に応募できなくなったりするなどのデメリットがあります。

また会社に強いストレスを感じているなら、さらにストレスを抱え込むことにもなるでしょう。

ですが円満退職は多くのメリットがあります。

例えば今の会社で作った人脈を、退職後も維持しやすくなりますし、独立を考えているなら今の会社が取引先になったり、協力し合うこともできるでしょう。

そして自分に不利な噂も出にくくなるため、次の仕事がやりやすくなる、今の取引先と今後も付き合いが続く可能性が残ることなどもメリットと言えます。

仕事を辞められないのは引き止めがあるせいだけではなく、会社の都合にまったく寄り添おうとしないためということも原因になるかもしれません。

スマートに会社を辞めて、新しい仕事を探したい、あるいはもう仕事を見つけていて早く辞めたいという場合でも、今の会社のことを考えてみましょう。

2週間前に退職を意思表示して引き止める隙を与えない

就業規則がある場合はそれに従い、ない場合は民法の第627条が目安になります。

一般的な社員の場合雇われている側からの契約解除は2週間前に意思表示すれば良いことになっています。

ただ、2週間の有給休暇があるので、2週間後に退職し、今日から有給に入りますというのはいささか都合が良いかもしれません。

理想は2ヶ月前、最低でも1ヶ月は余裕を持って会社に伝えると良いでしょう。

仕事を辞められないのは引き止めが原因という場合、現在会社の仕事そのものが繁忙期ということがあります。

会社が忙しい時に、自己都合で辞められてしまうと会社としても急に変わりの人を探すことはできませんから困ってしまいます。

忙しくない時期を選べば、円満に辞めさせてもらえることも少なくないのです。

今までお世話になったと感じるなら、できるだけ会社の負担にならないタイミングを探すことも大切です。

またタイミングを選ぶことで引き止めもしつこくなりにくいです。


円満に退職する場合はどのような手順を踏めばよいか

職場の人や会社に恨みを抱いて辞めるわけではないのなら、きちんと手順を踏んで辞めることは大切です。

上司もパワハラが原因で辞めるというわけでもない限り、退職の意思表示を最初に行うのは、直接の上司です。

退職届を用意して、直接の上司に話をしましょう。

いつ退職届を出すのかについては、最低でも辞める2週間前、理想は2ヶ月前です。

このくらい余裕があれば、仕事の引き継ぎや有給休暇の消化も問題なく行えます。

仕事の引き継ぎはしっかり行いましょう。

引き継ぎなしでぽんと辞職してしまうと、せっかく今まで作ってきた同僚との間にある信頼関係がなくなります。

自分ひとりで行っていた職務があるなら、マニュアルを作るくらいの気合いで引き継ぎしてください。

またどの会社でも必ず聞かれる退職理由についてですが、円満退職を希望するなら、仕事への不満は隠しポジティブな理由を告げたほうが良いでしょう。

今のうちにこの会社ではできない仕事に挑戦したいなどが、無難かもしれませんね。

仕事を続けたまま転職活動をするべき?

辞めたい会社がブラック企業の場合や、無理難題を押し付けてくるような会社であれば全く恩は感じていないでしょうから、在職したまま職探しをしても罪悪感はないかもしれませんね。

それどころか新しい仕事を探すだけも、ストレス解消になることもあるでしょう。

では実際、辞職前に職探しをするのはマナー違反なのでしょうか。

円満に退職できるなら、法的にも実際に仕事をしたまま求職をしてはいけないという制限はありませんから、休職期間をできるだけ少なくしたい場合などは、積極的に仕事を探すのはありです。

何も仕事を辞めてから新しい仕事を探さなくてはいけないというわけではありません。

ただ、面接は通常平日の日中に行われますから、就職面接をどうするかが問題になってきます。

有給をとって面接に行く人は多いですが、バカ正直に面接するからと伝える必要はありません。

むしろ印象を悪くしてしまいますので、当たり障りのない嘘を用意しておくと良いでしょう。


仕事を辞める前に仕事探しを始めたほうがよい?

次の仕事がある状態で辞職できれば空白期間がなくなり給料が途切れないので、貯蓄に不安のある人は安心できますよね。

次の就職がいつになるのか、不安を抱えずにすむ、生活が安定するという点が、仕事をしたまま職探しをするメリットです。

また、いざ辞めようかと思っても、引き止めが強くて気持ちが揺らいでしまうという中途半端な状態を避けることできます。

では仕事を辞める前に職探しを始めた場合のデメリットは何でしょう。

すぐに仕事してくれる人を求めている「急募」の求人には応募できないこと、遠方になる面接にはなかなか参加できないこと、有給を何度もとってしまうと、言い訳が大変になってくるなどが考えられます。

有給取得に関しては、法的に理由を話す必要はないのですが、実際理由を聞かれて言えません、言いたくありませんとは言えないですよね。

また退職の準備と就活が重なると、多忙になってしまいどちらかが疎かになってしまうことも考えられます。

退職してから仕事探しをしても問題ない?

堂々と就職活動ができて、誰かに言い訳する必要もありません。

すぐに働ける状態ですから、採用の可能性も高くなります。

退職してから仕事を探す場合も、メリットは多いのです。

ただ、貯蓄が少ない人の場合、早く就職を決めなくてはと焦ってしまい、やりたい仕事が見つかるまでこらえきれず場合によっては非本意な再就職になってしまうかもしれません。

そうなると不満がたまり、またすぐに転職したくなったりするかもしれませんね。

またすぐに転職すると、のんびりできない、業保険がもらえないから損だと考える人もいるのではないでしょうか。

仕事をしなくてもお金がもらえる仕組みはとても魅力的に見えると思いますが、失業保険は求職者のためのもので、休養したい人は失業保険を受け取れません。

不正受給をすると全額返済は当たり前で、さらに受給金金額の2倍の罰金を支払わなくてはいけないので、休みたいなら諦める、お金が欲しいなら就職したほうが良いですよ。


仕事探しにおすすめの転職支援サービス

会社に辞めるかもしれないとか、辞めたいと意思を示してしまったときから引き止めが始まると思います。

引き止めがあるとしても、仕事探しは辞めてはいけません。

引き止めがある状況で転職活動が煮詰まったりしたら、転職エージェントに相談しながら進めていきましょう。

上手な引き止め対策を教えてくれるかもしれませんよ。

実績豊富な転職支援サービス

転職活動をするにあたり自分の強みや市場価値がよくわからないという人は、「ミイダス」に登録してみましょう。

あなたの市場価値が年収でわかりますよ。

「パソナキャリア」は丁寧に対応してくれると評判なので、じっくりとサポートしてもらいたい人にはおすすめです。

20代向け転職支援サービス

あなたが20代の場合はやり直しはいくらでもできます。

このタイミングでキャリアについて考えてみたい人は「20代の転職相談所」に登録して相談してみましょう。

今後どのようにキャリア磨きをしていけばよいのか明確になるかもしれませんよ。

20代で年収100万円以上アップした転職をしたいという場合は、「キャリアスタート」に相談してみましょう。

エンジニア向け転職支援サービス

エンジニアとして仕事をしていきたいという人は、エンジニア向け転職支援サービスに登録は必須です。

最近は、sesで働いていた人が社内SEに転職したいというニーズあるようで人気があります。社内SEで働くことを考えている人は「社内SE転職ナビ」に登録しておきましょう。

社内SEだと開発現場に出て仕事をするよりもワークライフバランスが改善される可能性がありますよ。

エンジニアの場合、同じような開発業務でも会社によって職場環境や待遇はかなり違ってくるので幅広く求人を探すことをおすすめします。

引き止めがしつこくて自分ではどうにもできないの対処法

引き止めがしつこすぎて辞めさせてくれないとき、「退職代行サービス」を利用することをお勧めします。

下記のようなことが起こっているといつまでも辞めることができません。

・上司の引き止めがしつこい。
・上司が退職届を受理しない。
・人手不足で辞めにくい。
・退職日を延長される。
・無理やり仕事を振ってくる。
・退職に関する話を無視する。

辞めたいけど直接上司と話したくないし、明日から会社にも行きたくないというときは、退職代行サービスを頼った方が早く退職できる可能性が高いです。

弁護士がいる退職代行サービスだと、法律的な観点で対応をしてくれるからです。

退職代行サービスを利用するにあたり、このようなことを心配する必要はありませんよ。
退職を代行してくれるのであなたに変わって会社に連絡をしてくれます。

・即日対応してほしい!
・会社と連絡を取りたくない!
・離職票を送ってもらいたい!
・会社の人に会いたくない!

 

退職代行サービス

退職代行EXIT

退職代行EXITでは、業界トップの累計2,500人以上の退職代行を実施しているそうです。ディア掲載実績が豊富で知名度が高いです。退職成功率は「100%」ということなので確実に退職できるのではないでしょうか。

 

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行

汐留パートナーズという弁護士事務所が行う退職代行サービスです。法律的に対処してくれるので、残業代などの未払いや退職金の回収対応してくれます。こちらも退職成功率は「100%」だそうです。

 

退職代行Jobs

業界初の顧問弁護士監修の退職代行サービスです。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ってくれるそうです。他の退職代行サービスと比べると低価格なのでお金に困っている人にも使いやすいです。

まとめ

仕事を辞められないのは引き止めがあるからですが、引き止める会社が悪いとは限りません。会社にも都合があるのです。

お互い歩み寄って、円満に退社できるよう心がけましょう。

もちろん仕事を選ぶのは個人の自由で、嫌な仕事を続ける義理はありません。

ですが、お世話になったなという意識があるなら、忙しい時期をさけて、引き継ぎしやすい時期を選ぶなど、配慮を見せるとよいでしょう。

あなたの言動次第で、仕事は辞めやすくなります。