Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事を辞められないのは人手不足が原因?勇気を出してすぐ辞めよう

仕事を辞められないのは人手不足が原因?勇気を出してすぐ辞めよう

仕事が辞められないのは人手不足が原因なのでしょうか?

人手不足が会社の責任だとしても、辞めずに働くことができるあなたは忍耐力がある人です。

人手不足で辞めずらい状況だったり辞めさせてもらえない状況かもしれません。

今の職場がなぜ人手不足になっているのかを認識できれば罪悪感なく辞める気持ちになれるはずです。

人手不足の原因や残り続けるとどうなってしまうのかをみていきます。

仕事を辞められなくなるほどの人手不足の原因とは?

仕事を辞められなくなるほどの人手不足の原因とは?

職場の崩壊による人手不足が原因

職場が崩壊してしまうと、人がどんどん辞めていく状態になります。

職場崩壊はどのようなときに起きるのでしょうか?

・会社が新しい事業に取り組みだすとき

・経営が上手くいかず業績が落ち込んでいるとき

職場崩壊の引き金は会社として新しいチャレンジをするときか経営不振のときが多いです。

事業構築をするためには、いくらか原価がかかるので会社からは大きなコストが出ることになります。

会社としてはなるべくコストを抑えながら新しい事業に取り組みたいので、一時的に社員の仕事量が増えて肉体的にも精神的にも辛くなることがあります。

また、経営不振のときは人員削減(リストラ)を行うこともあります。

リストラが行われない場合でも、一部の人の給料が下がることがあるため、働くモチベーションが下がることになります。

そのような状況になると、会社を辞めて転職をしていく人が増えていきます。

人が減っていくので今まで通りの組織ではなくなり、職場崩壊へとつながっていきます。


人手不足の原因が仕事量にある

職場崩壊が起きると人が辞めていきます。

・辞めた人の分、残された人が背負うことになる

・対応人数を無視した営業活動による仕事量の増加

辞めていった人の分、残された人が対応しなければならないので仕事量が増えることになります。

先に辞めたもの勝ちというか、残されると辛いことしかありません。

人が増員されない状況が続くと、人手不足のツケが出て、さらに今いる人が辞めていくことになります。人手不足で辞めていく人が後を絶たない状況ということですね。

他にも仕事量が増える原因として、営業部が目標達成したいがために、無理やり規模の大きい仕事をとってきたら、今の人数では対応できないような仕事量になるかもしれません。

業績は良くなるのかもしれませんが、人手不足という状況に陥ることになります。

人手不足は会社の責任なので勇気をだして辞めよう

人手不足は会社の責任なので勇気をだして辞めよう

仕事の人手不足を改善する動きはあるか

仕事の人手不足については会社側も把握しているはずです。

不足している人員を補充するように積極的な採用活動はしているでしょうか?

採用活動を始めても、応募から面接して入社するまでに数ヶ月かかります。

現時点で採用活動をしていないのなら、この先どうなるかはわかりますよね。

また、採用活動をしている場合でも、人員が増えるまでの間の仕事量の調整が行われない場合は、人手不足を改善する姿勢がないと判断して良いでしょう。

改善の動きがみられない中、働き続けるのは無意味です。

勇気を出して転職活動を始めましょう。


人手が足りない職場を作り出したのは会社側である

人手が足りなくなったことを知りながらも人員を補充してこなかったのは会社側です。

人手不足の状況で経営をすれば、いくらかは人件費が減るので経営的にはメリットがあるのかもしれません。

社員は辞めてしまった人の分の仕事量が増えているので長時間の残業になりやすく、肉体的にも精神的にも辛い状況になります。

人手不足というこの状況は、見て見ぬふりをしてきた会社側に責任があるといってもいいでしょう。

何が原因で辞めてしまったのか分析をして、今後繰り返さないようにする改善があってもよいと思いますよね。

万年人手不足の職場であれば会社の体質に問題がある

万年人手不足の職場は負のスパイラルに突入しています。

間違いなく会社の体質がブラックだといえるでしょう。

人手不足の職場環境に新しい人が入ってきても、すぐ辞めてしまうということはこのような理由が考えられますね。

・仕事量が多くて残業が思っていたよりも多い

・職場に暗い人やイライラした人が多い

・仕事量に見合った給料だと思えない

・辞めていく人が多すぎて引き継ぐ量が多い

結局のところ、今まで働いていた人が辞めた理由と同じような理由で新しい人も辞めていくことになります。

つまり、万年人手不足の職場は会社の体質に問題があるといってもいいでしょう。

残って働いていても給料は上がる可能性は低いので、該当するならすぐに辞めましょう。


人手不足を理由に退職できない会社は誰も入社してこない

たとえ、今働いている会社が人手不足を理由に退職できない状況だとしても、勇気を出して退職届を出し続けましょう。

少なくとも退職届を出している人と出していない人とでは、出していない人に仕事の依頼がされやすくなります。

すぐに退職させてもらえない場合でも、今の人手不足による労働環境では働き続ける気持ちがないという意思は伝えましょう。

人手不足を理由に退職させてくれないような会社は入社してきても、すぐに状況を察して1日で辞めてしまったり、試用期間で辞めてしまうことが多いです。

人が寄り付かないような職場には長くいることに意味はありません。

仕事を辞められない状態が続くと肉体的に辛くて体調を崩す

仕事を辞められない状態が続くと肉体的に辛くて体調を崩す

仕事の人手不足により肉体的・精神的に辛い状況が続く

真面目に頑張ってしまうような人なら、人手不足の状況で辛くても頑張ってしまいますよね。

1ヶ月間くらいなら頑張れる人は多いかもしれませんが、3ヶ月間や6ヶ月間も続くと体調に異変が出るかもしれません。

疲労による免疫力の低下から風邪をひきやすくなったり、胃腸が弱って腹痛が慢性的になるかもしれません。

人手不足の職場であれば、体調が悪くても仕事量は減るどころか増えていく可能性が高いので肉体的にも精神的にも辛い状況が続きます。

ほどほどに要領よく仕事をさぼれるような人にならない限り、人手不足の職場では働くことは難しいのではないでしょうか。


人手不足で職場内はイライラした人で溢れかえる

人手不足で仕事量も多くて職場内は常にイライラした人で溢れます。

いつも大人しかった人でも少しずつイライラしてきてしまいます。

特に上司は会社の上層部からの圧力がかかるので、今まで以上に厳しい態度や仕事の依頼をしてくるようになります。

パワハラになるような言動や行動も出てくるかもしれません。

皆がイライラした職場で働いていても、なんだか孤独ですよね。

この職場で何年も働いても仲良くなれる人もできそうにないし、自分までイライラしてしまってプライベートでも悪影響が出てしまいそうです。

仕事を辞めさせてくれないことでうつを発症する人が出てくる

人手不足の会社は簡単に仕事を辞めさせてくれないことも多いです。

会社と喧嘩してでも退職届を受理させるぞ!というような強気な人でもない限り、人手不足の状況で辞めたいと伝えることに罪悪感を抱いていしまい上司の引き止めに応じてしまう人もいます。

人手不足で辛い状況で辞めれない場合は、嫌々働いているわけなので精神的に相当な苦痛を伴います。

長い間続くと、ある日心が折れてしまうかもしれません。

人により症状は異なりますが、うつになってしまうと転職して次の職場でやり直すということが難しくなってしまうこともあります。

自分を犠牲にする前に、勇気を出して辞めましょう。


辞めさせてくれないから無断欠勤者が出てくる

辞めたくても辞めさせてくれない状況が続くと、強硬策として無断欠勤する人が出てきます。

無断欠勤すると退職に関して不利になることが出てくるかもしれませんが、無断欠勤してでも休みたい、辞めたいと思う人が出てくるわけです。

このまま辞めてしまう人も出てきてしまうため、その人の分まで残された人は仕事をしなければいけません。

真面目に残って働き続けると馬鹿を見るような状況なので、あなたも頑張り続けないで強引に有給休暇を使用するなどして体と心を休めるようにしないと倒れてしまいます。

会社全体で人手不足に不満をもって退職する人が出てくる

人手不足によって引き起こされた不満によって強引に辞めていく人や無断欠勤の延長がずっと続く人が出てきます。

頑張れなくなった人達が沢山いる中であなただけが頑張らなくていいのです。

本当にやばくなったら、あなたも体調不良を理由に会社を欠勤すればよいのです。

ただし、メールでしっかりと体調不良で休むという連絡をしておくことが必要です。
後になって証拠として残っていれば会社からも何も言われません。

連絡をしないと無断欠勤になってしまうので、会社から付け込まれる隙を与えてしまいます。


会社が辞めさせてくれない場合は労基(労働基準監督署)に相談してみよう

人手不足だから次の人が採用できるまでは辞めるのを待ってくれとか言われて、辞めさせてくれない状況が続くようなら労基(労働基準監督署)に相談するのもよいです。

僕は過去のブラック企業に勤めていて辞めさせてくれないときに労基(労働基準監督署)に相談に行ったことがあります。

会社に対して強制的に辞めさせることはできないけど、一緒に会社に行って話し合いに立ち会うことはできるよって言ってもらえました。

体調を崩してからでは遅いので労基(労働基準監督署)に相談してみるのもよいと思います。第三者からの圧力はけっこう効くと思います。

会社が嫌になってバックレる場合は、退職手続きをしれくれない場合もあるので、なるべく両者が納得した形で辞められると良いです。

まとめ

仕事を辞められないのは人手不足が原因なのかについて解説してきました。

人手不足が会社の責任だとしても、辞めずに働くことを選択しているのはあなたです。

人手不足になってしまうと辞めずらい状況になってしまうこともありますが、体調を崩してしまっては手遅れです。

手遅れになる前に労基(労働基準監督署)に相談するなどして、勇気を出して退職をしましょう!