Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

職場の苦手な人に緊張する原因や症状とは?職場で嫌いな人の対処法とは?

職場の苦手な人に緊張する原因や症状とは?職場で嫌いな人の対処法とは?

この記事は、このような人に向けて書いています。

「職場の嫌いな人に緊張する原因を知りたい」

「職場で苦手な人ができる原因を知りたい」

「職場の嫌いな人への対処法を知りたい」

職場の苦手な人に緊張してしまい、嫌な人が関わると仕事ができなくなったり、仕事が嫌になってしまったりすること、誰にでもありますよね。

なぜ苦手な人が相手になると強く緊張してしまうのでしょうか。

脳の仕組みや、苦手意識の原因、症状、そして改善方法を見ていきましょう。

苦手な人が原因で、仕事に悪影響が出ないよう、一度しっかり自分の気持ちに向き合ってみてください。

職場の苦手な人に緊張する原因とは?

職場の苦手な人に緊張する原因はなんでしょう。

どうして苦手な人や嫌いない人がいると、ひどく緊張してしまい、手が震えたり、汗が得てきたりしていつもどおりの自分ではいられなくなることがあるのでしょう。

普段はできている仕事も、苦手な人の前では上手くできなくなってしまうということもあるのではないでしょうか。

このように体に現れる変化は、自律神経のうち、交感神経の働きによるものです。

自律神経は、考えるまでもなく働いてくれる神経のことで、心臓を動かしたり、血圧を上下させたり、体温調節をしたりと体を維持するために働くもので、自分では制御できません。

人は恐怖心や嫌悪感などを抱くと、交感神経が優位になるので結果的に走ったわけでもないのに心臓がドキドキしたり、汗が出てきたり、血圧が上がったりします。

自分では制御できないというのが大きなポイントです。

冷静になろう、落ち着こうとしても交感神経をコントロールすることはできません。

また、恐怖心などはもともと強く記憶に残りやすいので、嫌な記憶が勝手に蘇り苦手意識を強めます。


苦手意識は自律神経を乱れさせる

職場の苦手な人に緊張すると、手が震えてしまったり、心臓がドキドキして落ち着かなくなったりします。

なぜそんな症状が出てしまうのでしょう。

根本的な原因は、人の本能にあります。体が緊張するのは防衛本能で、自分の身を守るためのものです。

そして、なかなか人への苦手意識が薄れないのは、感情と結びついているためです。

怒鳴られて「怖い」と感じた上司、文句を言ってきたり、嫌味を言ってきたりする同僚への「怒り」、人として尊敬できない人間へ「嫌悪感」など、ネガティブな感情は強く記憶付けられます。

なぜかというと、喜怒哀楽といった感情は、生存本能によりもので、生き延びるためには、恐怖心を忘れず、逃げたり戦ったりする必要があるからです。

そして様々な症状が現れるのは、嫌な人に合うという刺激で、嫌な記憶が蘇り、自分の意思とは無関係にストレスホルモンが生成され、脳の受容体と結合することで交感神経が過剰に働いてしまうからなのです。

緊張が生み出す症状とは?

苦手ない人を前にして緊張すると、上手く喋れなくなったり、ひどい時には手が震えたり、汗が吹き出して頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

恐怖心や怒りの感情は、血圧、心拍数を上昇させ、汗腺からの発汗を促します。

手足の震えは、振戦(しんせん)という症状で、寒い時に体ががたがた震えるのと同じく生理的なものです。

これらの症状は、強いストレスが原因となって自律神経のうち、交感神経が優位になるためです。

副交感神経が優位になっている状態だと人はリラックスし、運動能力が鈍くなったりします。

一方、強い緊張状態によって交感神経が優位になると、人は戦ったり逃走したりしやすいように血管を拡張させ、血圧は上昇、手に汗をかきます。

また極度の緊張状態にあると胃液の分泌は止まりますが、その緊張状態から開放されると一気に胃液が増えてしまうことがあり、胃が痛くなってしまう人もいます。

またストレスを繰り返すことで自律神経が乱れやすくなり、苦手な人を遠くから見ただけでもこうした症状が出てくることもあります。


なぜ苦手な人ができるのか?

どうしても上手くやれない人、波長が合わない人というのはいますよね。

視界に入っただけでイライラするほど嫌いな人、声を聞いただけで恐怖心を感じてしまう相手、いるのではないでしょうか。

また他の人のミスは許せるのに特定の人が起こす些細なミスに過剰に怒りを感じてしまうことなどもあります。

特定の人に強い恐怖を感じる場合、怒られたり悪口を言われたり、意地悪をされた記憶がきっかけということが一番多いです。

人は身を守るために恐怖心を強く記憶してしまう生き物なので、嫌なことはなかなか忘れられないのです。

また、特に何かされたわけでもないのに苦手な人がいる場合、生理的嫌悪や同族券をなどが原因かもしれません。

ただ価値観が合わない人、話が合わないだけの人に対して、強く緊張してしまうことはまずありません。

緊張しやすい体質でしたら、親しくはない人誰に対しても緊張するからです。特定の相手に感じる苦手意識の原因を探ってみましょう。

特定の人が苦手になる理由とは?

職場の苦手な人に緊張してしまうのは、恐怖心が原因かもしれません。

目や耳から入ってくる情報を処理して判断するのも、運動を制御するのも前頭葉が関わっています。

恐怖心はこの前頭葉の働きを鈍らせます。

恐怖心は扁桃体が深く関わっていて、簡単に言えば恐怖心を生み出す場所。

それを制御するブレーキのような役割が前頭葉です。

本能的に恐怖心はなかなか覆せませんし、さらに一度恐怖を感じると理性へのブレーキがかかりにくくなるので、より強く恐怖を感じやすくなる、という悪循環が生まれます。

自分に嫌なことをされた相手が嫌い、怖い、苦手と感じるのは人として当然のことなのです。

そして、昔同じようなタイプの人に、ひどいことをされたという記憶がある場合は、直接何かされたわけでもないのに苦手だと感じることもあります。

この人は自分を否定する人、認めない人だと感じれば、怒りや恐怖はどうしても生まれます。

特定の人を怖いと感じてしまうのは、何も特別なことではありません。


何もされていないのに苦手な人がいる理由とは?

職場の苦手な人に緊張してしまうのに、特に理由が思いつかない場合もあるでしょう。

直接なにかされたわけではなく、また自分が苦手なタイプに当てはまるというわけでもなく、なんとなく苦手な場合は生理的嫌悪、近親憎悪などが原因かもしれません。

嫌悪感は本能によって生まれます。

例えば生理的嫌悪は、もともと自分の身を守るためのもの。

不衛生な人への嫌悪は多くの人が感じるのではないでしょうか。

これは、不衛生であることが病気を連想し、本能的に反応してしまうためなのです。

また、近親憎悪は自分の嫌な一面を思い出させる相手です。

あなたが苦手な人は、自分が頑張って克服した欠点を持ち続けている人、自分が理性で我慢していることを平気で行う人ではありませんか?

あるいは相手が優遇されていると感じ、嫉妬してしまうこともあります。

同じ会社で働いているという共通点があることで、無意識に同族だと認識し自分と比較してしまうのです。

職場の嫌いな人にどう対処すればいい?

関わりたくない、緊張しないようになりたいと、どうしても考えてしまいますよね。

特に仕事に悪影響が出ている状態なら、かなり深刻に悩んでいらっしゃると思います。

ですが、思いつめてしまうと何度も思い出して嫌なことも思い出すので、意識しすぎることで通常はさらに苦手意識が強くなるのです。

職場の苦手な人に緊張してしまう自分をどうにかしたいと思っても、限度があります。

苦手な人が直接の上司でなければ、関わらない、その人と接触しなくてもいい仕事にまわしてもらうことなど、接触を減らす努力をしてみましょう。

ですが関わらざるを得ない場合は、相手より精神的に優位に立つことで緊張は緩和されます。

嫌いな相手より私は仕事ができる、こんな風に嫌なことしができないなんて可愛そうな人だなと同情してみる、などです。嫌いない人に限らず、緊張してしまう相手というのは、あなたが心のどこかで相手のほうが有利であると思い込んでいるからです。


どうしたら緊張しなくなる?

どんなに嫌いだと感じても、それを表情や態度には出さないことが大切です。

自分を嫌っている人に親切にしよう、笑顔を向けようと思う人はいません。

あなたが相手を苦手だと感じていることを相手が強く察するほど、相手もあなたへの態度が固くなったり、嫌なことをしてくる可能性はさらに高くなります。

と言っても、本当に嫌いな人の前でニコニコ笑っていたり、怖い相手の機嫌をとったりするのはもちろん苦痛ですよね。

ですから必要最小限の接触にして、当たり障りのない関係が作れたらそれでOKです。

間違ってもハードルを高くして、上手くやっていこうとは考えないでください。

苦手な人の長所を見つけると改善することもありますし、相手の態度が和らぐことで話しやすくなったりすることはあります。

ですが、そう簡単に嫌いな人の良い点を見つけるのは難しいですし、相手も自分も変化しなければ実際に苦手意識が簡単にはなくなることはありません。

諦めも肝心なのです。

相手よりも自分が優位だと考えるようにする

ですが、どうしても仕事上その人と関わらなくてはいけない場合は、どうしたら良いのでしょう。

避けたくても避けられない相手がいる場合です。

緊張しなくなるためには、相手より自分が優位だと考えるのが近道です。

仕事でその苦手な相手より上に立ったり、相手に同情人を抱いたりすることで緊張は和らぎます。

嫌いな人を攻撃したいというのは誰でも本能の中に組み込まれているものですが、職場でそれをやってしまえば信用を失うのはあなたのほうです。

仕事で文句を言ってくる人ならその人よりできる人になって、人間性が信用できない相手ならそんな風にしか生きていけない相手を憐れみましょう。

苦手な人を好きになろうとする必要はありません。

ただ苦手意識をなるべく出さないように心がけ、その人より上の立場を目指しましょう。

上司が相手であっても、です。強い緊張を感じさせる上司というのは、部下にとって良い上司ではありません。

あなたが我慢して、その上司の下に居続ける必要はないのです。


苦手な人から逃げたいなら転職活動を始める

職場で苦手な人ができてしまうと毎日会社に行くのが嫌になりますよね。

自分の方から歩み寄っても相手も変わってくれないと関係性は良くなりません。

どうしても苦手な人と関わりたくないし、転職した方が早いと思うのなら、思い切って転職をした方がよいです。

我慢をしている期間を短くするためにも、辞める可能性があると思った時点で転職活動を進めておきましょう。

前もって転職活動をしておくと、心に余裕が生まれるし、辞めたいタイミングですぐに転職先が見つかる可能性があります。

実績豊富な転職支援サービス

転職活動をするにあたり自分の強みや市場価値がよくわからないという人は、「ミイダス」に登録してみましょう。

あなたの市場価値が年収でわかりますよ。

「パソナキャリア」は丁寧に対応してくれると評判なので、じっくりとサポートしてもらいたい人にはおすすめです。

20代向け転職支援サービス

あなたが20代の場合はやり直しはいくらでもできます。

このタイミングでキャリアについて考えてみたい人は「20代の転職相談所」に登録して相談してみましょう。

今後どのようにキャリア磨きをしていけばよいのか明確になるかもしれませんよ。

20代で年収100万円以上アップした転職をしたいという場合は、「キャリアスタート」に相談してみましょう。

エンジニア向け転職支援サービス

エンジニアとして仕事をしていきたいという人は、エンジニア向け転職支援サービスに登録は必須です。

最近は、sesで働いていた人が社内SEに転職したいというニーズあるようで人気があります。社内SEで働くことを考えている人は「社内SE転職ナビ」に登録しておきましょう。

社内SEだと開発現場に出て仕事をするよりもワークライフバランスが改善される可能性がありますよ。

エンジニアの場合、同じような開発業務でも会社によって職場環境や待遇はかなり違ってくるので幅広く求人を探すことをおすすめします。

まとめ

苦手な人や嫌いない人に対して緊張してしまうのは、人が持つ本能が大きく影響しています。

そして感情も、震えや汗などの症状も自分ではコントロールできないものですから、無理に克服しようとしても難しいです。

苦手ない人への緊張を和らげるには、その人よりも精神的に優位に立つことが効果的ですし、そもそも上手くやろうとは考えず、可能な限り距離をおいて接するというのも良い方法でしょう。