Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事ができない同僚がストレスで辛い!仕事ができない人の対応方法とは?

仕事ができない同僚がストレスで辛い!仕事ができない人の対応方法とは?

『仕事ができない同僚の尻拭いが辛い』

『仕事ができない同僚の扱いに困っている』

『仕事ができない同僚への接し方が分からない』

このような悩みを抱えていませんか?

あなたの職場にも仕事ができない同僚がいると思いますが、ストレスが溜まりますよね。

仕事のできない人のミスや遅延している仕事の尻拭いをさせられたり、仕事ができるようになるまで指導したり、本来あなたがやらなくてよいことまでやるのは納得できないこともあると思います。

では、仕事ができない人に対してどのような対応をとればストレスが減るのでしょうか。

この記事では、仕事ができない同僚がストレスになる原因や仕事ができない人の対応方法について解説していきます。

仕事ができない同僚がストレスになる原因とは?

仕事ができない同僚の尻拭いが辛い

仕事ができない同僚がいると尻拭いをしなければなりません。
想定される尻拭いはこのようなことです。

・期限までに仕事が終わらないから手伝う。

・品質が低すぎるので仕事をやり直す。

・仕事ができない人が逃げたので仕事を巻き取る。

・怒っているお客様に一緒に謝りに行く。

自分の仕事があっても仕事ができない同僚が仕事で重大なミスをしたら手伝わなくてはいけません。

場合によっては自分の仕事を後回しにしてでも手伝わなくてはいけないので残業することになります。

仕事ができないためにスピードが遅く、期限までに仕事が終わりそうにない場合も手伝ってあげる必要が出てきます。

時にはお客様に謝りに行くこともあるかもしれません。
その場合は精神的に辛いですよね。自分がミスしたわけでもないのに謝ることになるので。

何一つまともに仕事ができないので、仕事ができない同僚に仕事が振られた時点で周りの同僚が尻拭いすることがほぼ確定してしまいます。

仕事ができない同僚に振り回されて仕事量が増えることと自分のペースで仕事ができなくなることで辛くなってしまいます。


仕事ができない人を指導するのが疲れる

仕事ができない同僚に対して、できなかったことをできるように指導することに疲れてしまいます。

仕事ができない人は何回教えても覚えてくれないので、毎回無意味な指導になることが多いのです。

仕事ができない人は、一応メモをとったり真剣に話をきく人もいますが理解力がないので覚えることができないのです。

教育係のような役割を上司から命じられたら最悪です。

仕事ができない人ができるようにならないと教育係の人の評価が上がることがありません。

仕事ができない人にどうやったら覚えてもらえるのかを考え続けなければいけません。

今できないことができるようになっても、また次の仕事が覚えられないので永遠に指導し続けなければいけません。

仕事ができない人に指導し続けるというのは相当疲れが溜まってしまうしストレスになります。

仕事が出来ないのにプライドが高い

仕事が出来ないのにプライドがやたらと高い人もいます。

わからないことがあって手が止まっているから教えてあげようとすると一人でできるから大丈夫だと断ってきます。

教えてあげたとしても自分のやり方でやってしまいミスを連発してしまいます。

仕事を終えてみるとミスばかりで結局一人では仕事が出来ないのです。

人によっては教えを断っておいて、ミスをすると教えてくれなかったからだと主張してきます。言うことがコロコロ変わって面倒なのです。

仕事が終わらなかったり、ミスをすると人のせいにして自分は悪くないと言い張ります。

ですが、相手がプライドが高くても仕事が期限までに間に合いそうになかったり、投げ出したら周りの同僚が尻拭いをすることになります。

プライドが高いために喧嘩腰になりまともに会話にならないこともあります。
そのような状況でも怒りたい気持ちを我慢して諭さないといけません。

相手が上から目線なのを我慢しながらの尻拭いは辛いです。


仕事が遅いのを改善しない

仕事が出来ない人は仕事を進めるスピードが遅いことが多いです。

本人に自覚がないため、いつまで経っても仕事のスピードを改善する努力をしません。

仮に改善をしようとしたとしてもその人の能力的に今よりも仕事スピードが改善することが難しい場合が多いのです。

なぜなら仕事ができない人だからです。

仕事が遅いのは変わらないので毎回誰かが手伝うことになります。

能力的に考えて努力しても改善が難しいかもしれませんが、努力する姿勢がない人に対して手伝うというのは気持ち的にやる気が出ませんよね。

その人が辞めない限りずっと仕事を手伝うことになると思うと精神的に辛くなります。

仕事ができない先輩が偉そうな態度をとる

仕事が出来ない人の中には先輩社員の場合もあります。

先輩社員となると仕事でわからないことがあってもすんなり頭を下げて後輩社員に教えてもらうことはしません。プライドを傷つくことになり恥ずかしいのです。

教えてもらう場合も態度が大きく、「なぜこのようなやり方になるのか根拠はあるのか?」などと偉そうに振舞います。

教える度にこのような会話があると対応に疲れてしまいますよね。

素直さに欠けているためわからないことをわからないと言えないし、教えても「そんなことは知っている」などあくまで後輩社員を見下してきます。

仕事が出来ないのに偉そうな態度をとられると腹が立ちますが、先輩社員なので気持ちを抑えなければなりません。


仕事ができない人の対応方法はどうしたらよいか?

仕事ができない人の対応方法はどうしたらよいか?

仕事ができない同僚の尻拭いを辞める

仕事ができない同僚の尻拭いを上司に命令されてやっていたわけではないなら、同僚の尻拭いを一切辞めてしまいましょう。

一度でも尻拭いをしてしまったことで、あなたは暗黙の了解で仕事ができない同僚の尻拭い役になってしまっているのです。

仕事が出来ない同僚もまたあなたが助けてくれると思い込んでいるし、何かあると真っ先にあなたを頼ろうとするはずです。

仕事ができない同僚には自分の仕事が忙しいので他の人に助けを求めるようにと、はっきりと断りましょう。

本来あなたのやるべき仕事ではないので断る方が普通なのです。

もし、上司に命令されたとしても自分の仕事が手一杯だという主張をして尻拭いをする役目から逃げればよいのです。

どうしても断れない場合は、尻拭いをする代わりに自分の仕事も誰かに手伝ってほしいと言いましょう。

そうすればトータルであなたの仕事量自体は大きく増えることはありません。


仕事のマニュアルを用意して自分で覚えさせる

仕事のマニュアルを用意することで直接教えることを避けることができます。

仕事ができない人にマニュアル通りにやるように指示するだけで何とかなる場合もあります。マニュアルを作らせながら仕事を自分で覚えてもらうのも良いです。

マニュアルを見ながら仕事をしてもらっている最中は質問などが少なくなるはずなので仕事の手を止めるストレスは軽減されます。

しかし、仕事ができない人の中にはマニュアルをみてもわからない人もいます。

そのような人は誰が教えてもなかなか仕事を覚えられない人なので、上司に仕事の任せ方から見直させるチャンスとなります。

仕事が出来ない人には仕事量を極力少なくするとか、誰にでもできるような簡単な仕事しかか任せないようにするとかすれば尻拭いをすることが減るかもしれません。

何一つ自分で覚えられないなら、本人に仕事ができないことを自覚させて退職してもらうという流れもあるかもしれません。

仕事ができないことを自覚させる

仕事ができない人は自分が仕事ができない人で同僚に迷惑をかけている自覚がありません。

周りのことが見えず、マイペースに仕事を進めてしまっているのです。

上司を交えて仕事ができていないことを話して自覚させる場を設けてもいいでしょう。
プライドが高い人が相手だと上司がいないと人間関係だけがこじれてしまいます。

自覚して同僚への迷惑になっていることに罪悪感を感じる人であれば改善しようと努力を始めるはずです。

しかし、努力しても能力的に改善しない人の場合は地頭が弱かったりして能力の限界なのかもしれません。

自覚させても仕事ができるようになるための努力をしなかったり、今までと変わらず仕事ができなままだったら、上司も配属を考え直したり退職を促すことをしてくれるかもしれません。

仕事ができないことを自覚をしても努力できないようだと救いようがないので、誰かにきかなければできないような仕事は一切与えないというやり方に変えても良いかもしれません。


部署異動をさせることを上司に提案する

仕事ができない同僚のせいであなた自身の仕事に影響が出てきてしまうこともあると思います。

仕事ができない同僚の仕事の手伝いや尻拭いをしていると自分の仕事が終わらないとか残業が増えていると伝えて仕事ができない人を部署異動させたらどうかと提案してみましょう。

仕事ができる人に迷惑が掛かっていることを知れば、仕事ができない人を他の部署に異動させることを考えてくれるかもしれません。

優しい上司だと上司自身が仕事ができない人の面倒をみてくれることもあります。

話を聞いてくれる上司なら何か行動に移してくれるでしょう。

あなたが直接仕事ができない人に改善を求めるよりも上司から何か手を打ってもらった方が人間関係でいざこざがないので安全です。

仕事ができない人は給料を下げる

仕事ができなくても給料を下げられることがない会社だと、仕事ができない人は何も努力せずにダラダラと働き続けます。

給料が下げられないから必死にスキルアップする努力をしたり成果を出す努力をしないのです。

成果が出ない人は給料をどんどん下げるような評価制度に変えてしまえば、仕事ができない人は給料が下がるところまで下がってしまい、やる気を失くして勝手に辞めていきます。

仕事ができない人が会社に居続けるのは、成果を求められないけどそこそこの給料をもらえるからなのです。

仕事ができない人は責任のある仕事を任されることがないので精神的にも楽なのです。

仕事ができない人の給料を下げる仕組みが会社にできれば、自然と仕事ができる人しか会社には残らなくなります。

そうなると誰かの尻拭いをするといった仕事は一切なくなります。


必要以上に話さず時々無視をする

仕事ができない人とは少し距離をとりましょう。

優しさで何でもかんでも教えてあげたり、心配して話しかけてあげると仕事ができない人は甘えてしまいます。

仕事なので最低限の受け答えはしたとしても、必要以上に話をするのはやめましょう。

一度教えたことについて質問がきたら無視することも大事です。
何度でも教えてもらえるという甘さがいつまでも仕事を覚えられない原因なのです。

そこで質問に答えてしまうと、仕事ができない人はいつまで経っても何も変わらないので、最終的には仕事ができない人の尻拭いがあなたに返ってくるのです。

職場でも礼儀は大事です。
仕事をいつまでも覚えないで同僚に迷惑をかけるのは無礼なのです。

人間関係の問題もあるので、一定の距離感を保ちながら仕事ができない人と接しましょう。

あなただけに質問がこなくなるのでストレスは軽減できるかもしれません。

仕事ができない同僚が多くてストレスなら転職を検討しよう!

仕事ができない同僚が多くてあなたがストレスを抱えてしまい仕事がまともにできないなら転職を検討しましょう。

仕事ができない同僚の尻拭いばかりが仕事になってしまっては、あなたのスキルアップやキャリアアップの妨げになってしまいます。

あなたがどんなに同僚に対して仕事をサポートしてもそれは評価にならないことが多いので、仕事量が増えても給料が上がる可能性が低いのです。

仕事量が増えても評価されず給料も上がらない、キャリアップにつながらないという環境はあなたの価値を下げてしまうかもしれません。

仕事を頑張って給料を上げていきたいと思うなら転職を検討しても良いかもしれませんね。

 

あなたがこれらについて不満をもっているのなら、『転職エージェント』を活用した転職活動をすることで解決することができるかもしれません。

・自分ばかり仕事量が多い。

・会社の将来性が不安。

・仕事量に見合わない給与。

・残業が多く休日が少ない。

・会社の評価方法が不公平。

・専門知識、技術を習得できない。

など。

転職エージェントに相談すると、このような不満を解決できるようなあなたに合った会社を紹介してくれるのです。

あなたの転職をしっかりサポートしてくれるのは、どこの転職エージェントなのか?

そこで、おすすめしたいのが

手厚いサポートが好評!
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】



キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナキャリアは、あなたのように転職を成功させようと頑張る人を手厚くサポートしてくれるのです。

しっかりコミュニケーションをとってくれる転職エージェントがサポートをしてくれたら、あなたの転職成功は近いうちに実現するかもしれませんね!

では、パソナキャリアを利用することを考えたときに、気になる点をみていきましょう。

 

Q「パソナキャリアはどのような点がおすすめなの?」

A:一番は手厚いサポートです。口コミなどを見ても誰に対しても親身になって丁寧に履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などをしてくれる点です。そして、求人件数が50,000件以上、転職者の年収アップ率67.1%以上、有名企業や大手企業の求人も多数紹介してもらえるという点において、質の高い転職ができる可能性を感じます。
※2018年9月時点の情報。

 

Q「登録が面倒なんじゃないの?」

A:会員登録は数分程度ですぐにできます。履歴書や職務経歴書を持っている場合は、ファイルをアップロードするだけで簡単に登録できるので手間いらずですよ。

 

Q「パソナキャリアはお金がかかるの?」

A:無料です!パソナキャリアは利用しても一切費用がかかりません。転職エージェントは求職者を企業に紹介して転職が決まると企業から紹介料をもらうことで成り立っているのです。あなたは何も心配せず利用して大丈夫ですよ。

 

Q「時間がないけどパソナキャリアを利用できるの?」

A:時間がない人にこそ利用価値があります。登録後、あなたの希望する求人や人柄を伝えるために一度は転職エージェントと面談をする必要がありますが、面談後は転職エージェントがあなたの希望する求人を紹介してくれるのを待っているだけです。

 

Q「紹介してもらえる求人にはどのような会社があるの?」

A:安定した大手の上場企業をはじめ、業績好調なベンチャー企業の紹介をしてくれます。転職サイトには公開されていない「非公開求人」もあるので滅多にお目にかかれない企業の求人を紹介してもらえることもありますよ。

 

Q「履歴書や職務経歴書のアドバイスはしてもらえるの?」

A:誰に対しても丁寧に応募企業に合わせた書き方をアドバイスしてくれます。あなたをアピールするための面接のコツについてもアドバイスを受けることができますよ。

 

Q「どれくらいの期間で転職できるの?」

A:人や企業が募集しているタイミングにもよりますが、早い人で1ヵ月以内に決まります。じっくりと希望の条件で転職するのなら3ヵ月~6ヵ月はかかると思った方がよいでしょう。人によって異なるので、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

はじめに転職エージェントと面談をしてしまえば、働きながら希望の求人紹介を待つだけなので、ほとんど手間はかかりませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録だけでも済ませましょう!

 

手厚いサポートが好評!
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】



キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

まとめ

仕事ができない同僚が原因でストレスが溜まって辛くなる理由や仕事ができない人に対してどのように接した方がいいのかについて紹介しました。

あなたの職場に仕事ができない人がいたらなるべく本人に責任を取らせるような仕組みを上司に相談しましょう。

仕事ができない人が自覚して仕事ができるようになることが本当の解決です。

いつまでも仕事ができないままなら、あなたのストレスが溜まるだけなので、仕事ができない人がいない職場に転職をするのも選択肢の一つかもしれませんね。

転職を考えたとき、今の自分の市場価値がどれくらいあるのだろう?

と気になっている人にはこちらの転職アプリをおすすめします。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

アプリをインストールするだけで、すぐに診断ができますよ!

ミイダス アプリミイダス 詳細

あなたに興味を持っている企業や年収の相場が分かるので市場価値を知ることができますよ。

希望の条件で転職できるのは、あなたに市場価値があるうちだけです。