Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事が暇すぎるから早く辞めたい!仕事を辞める前から準備すること

退職届

あなたにとって仕事が暇すぎて苦痛なら、会社をすぐに辞めることは今後のキャリアのためにも選択肢の1つとして必要だと思います。

仕事が暇なことを理由に会社を辞めて転職することは我儘でも甘えでもありません。
全く気にすることはないです。

「今日も一日精いっぱい仕事頑張った!」といえる職場環境は世の中には沢山あります。

あきらめずに今の職場環境よりも良い職場を探すことに意識を変えてみると毎日の暇な時間の過ごし方も変わってくると思います。

この記事では、企業で働く人に向けた、仕事が暇な人が会社を辞めることを決めたときに準備しておいた方が良いことを紹介していきます。

仕事が暇だからという理由で会社を辞めるのは軽率すぎる?

仕事辞めてもいいの?仕事が暇だという理由で会社を辞めるのは軽率ではないです。

そもそも仕事が暇だということは、会社が安定していない可能性があります。
会社の都合で次の職場が決まってもいないのに解雇されてしまうことも考えられますよね?

そう考えると、自分のタイミングで早めに会社を辞めるということは、周りの誰が何と言おうと関係ないことです。

しっかりと次の会社で高めたいスキルやキャリアに対してビジョンを持って準備をしていれば軽率ということはありません。

むしろ自分の意思をしっかり持って未来に向かって頑張っていると言えるでしょう。

しかし、次の仕事が決まってもいないのにすぐに会社を辞めてしまう場合は軽率だと思われてしまうかもしれませんね。

仕事が決まっていないということは自分の生活ができなくなる可能性があるので、生きるということに無責任という捉え方も出来てしまいます。養う家族がいる場合はなおさらですね。

前向きな辞める理由が見つかったのなら、自信をもって会社を辞める準備を進めましょう!

・「仕事が暇」を理由に会社を辞めることは軽率ではない。

・なりたい自分の未来像があるなら会社を辞めたほうが良い。



仕事が暇なら転職活動を開始することを考えた方が良い

転職活動 面接

仕事が暇なら早めに転職活動の準備は進めた方が良いです。

仕事が暇な日々が続くと、今持っているスキルが徐々に落ちてくるのと、働くということに対してモチベーションが上がらない体質になってしまいます。仕事が暇が故にスキルアップの機会もなくなっていきます。

良いことはなさそうですね。

モチベーションが下がりきった状態で転職活動を始めても、相手から見たらやる気を感じてもらえないくらいにどんよりとしたオーラが漂ってしまうかもしれません。

無事に転職先が決まっても転職先の新しい仲間と仕事に対する熱意の違いが出てしまい、今度は人間関係や職場の雰囲気が合わないという理由で会社を辞めることになってしまうかもしれません。

逆に転職活動をしなくも良い人はどのような人になるのでしょうか?

最低限生活のために働いていて仕事は何でもよいと思っている人、仕事において自分がどうなりたいか意思がない人などが挙げられます。

暇を感じていて何とかしないといけないと思えるうちに転職活動準備は進めましょう!

・仕事が暇だとスキルアップも望めない。

・モチベーションが下がりきる前に転職活動は始めたほうが良い。



仕事が暇で転職したいというのは理由になるの?

仕事が暇を理由に辞めることは軽率ではないと言いましたが、転職活動においては理由の説明は気を付けたほうが良いです。

自分自身の中では仕事が暇だから転職するというのは当たり前のことだとしても、転職活動中に受ける会社の面接では当たり前ではないかもしれません。

なぜかというと、採用する側からしたら応募者の能力を見極めないといけない立場にあるからです。

そのため、「仕事が暇」という環境で遊んでいたのか、前向きに自分から仕事を探して会社に貢献しようとしていたのかが問われます。

面接官によっては「暇」として捉えたこと自体がマイナスポイントになってしまうかもしれません。要するに指示待ち人間で積極性のない人だと思われてしまう可能性があるということです。

仕事が暇だから会社を辞めて転職をするという伝え方よりは、「仕事が落ち着いている状況でも自ら仕事を見つけて成果は出してきた、そこからさらに次のステージに進んで活躍したくなった」などの理由に置き換えたほうが印象がよくなります。

ストレートに事実を伝え過ぎず、聞き手に良い印象を与える伝え方にしましょう!

・自分の中では転職理由としては成り立つ。

・他人の受け取り方によっては転職理由としては認めてもらえないこともある。



退職することを決めたら遅くても仕事を辞める1ヵ月前には退職届を用意する

今の職場環境には満足できない!仕事が暇な毎日にはうんざりだ!会社を辞めよう!

そう決意したのなら、円満に退職するためにも退職の準備は余裕をもって進めていきましょう!

会社の就業規則によっても違いますが、大抵の場合は退職希望日の1ヵ月前に退職届を出せば問題なく退職手続きを進めてもらえます。事前に会社の規定を確認しておきましょう。

暇だった職場環境だったとはいえ、しっかりと引継ぎの資料を作成したり、お世話になった方々には退職の挨拶はしておきたいですね。

今後も良好な人間関係が続けられるようにしておくと後々無駄に過ごした期間ではなかったと思えると思います。

仕事が暇だったからといって最後に適当な振る舞いをすることだけはやめましょう。

・辞めると決めたら退職の準備は余裕を持って進める。

・お世話になった人にはしっかり挨拶をして良好な人間関係のまま退職する。



転職に向けて仕事を辞める前から準備しておくと良いこと5つ!

転職活動

今の職場で転職活動でアピールできる実績や成果を残す

仕事が暇だったとしても、面接のときには前向きなアピールが必要になります。

在籍しているときに、その暇な時間をどのように有効活用するかで今後の転職活動が上手くいくかどうか決まっていきます。

実績や成果をどう残せばよいのか?

例えば、今の仕事のやり方において、改善点となる部分を洗い出して改善案を上司に提案するとか、新しいサービス案の企画書を作成して部署やチームのメンバーにプレゼンするということはおすすめです。

なぜかというと実績が資料として残せるのと実際に行動に移したという積極的な姿勢が証明できるからです。また、このような取り組みをどのような考えを持って行動したのかということも面接では具体的に話しことができるようになります。

自分なりに仕事が暇な時間を工夫して、転職活動でアピールできるように準備しておきましょう!

学習意欲が高いことをアピールするために資格取得をする

どこの職場でも学ぶ姿勢は評価されます。

学ぶ姿勢をアピールする方法の1つに資格取得があります。

特に未経験職種への転職を希望する場合は、資格取得だけでは実務では即戦力とはならないものの、これから積極的に新しいことを学んでいくという姿勢のアピールになります。

同業界へ転職する場合でも、会社が変わるとサービス提供範囲や仕事の進め方も違ってきます。そのため、学習意欲が低いと判断された場合は、入社して試用期間が過ぎて数ヶ月経っても仕事が覚えられない人にならないか心配されてしまいます。

この資格が絶対おすすめというものは指定できませんが、あなたが希望する業界や会社で必要になる知識が体系的に学べる資格があれば在職中に勉強してみてはいががでしょうか。


転職後に役立つスキルをスクールで学ぶ

企業で働く上で役立ちそうな知識や技術が学べそうなスクールをピックアップしました。
あなた自身がどうなりたいか、というキャリア思考によって学ぶことは変わってきます。

グロービス
一度は耳にしたことがあるかもしれない程の規模の大きい有名ビジネススクールです。今後のキャリアとして管理職や会社経営をしていきたいという志向の人がしっかりとMBAを学ぶことができます。転職も見据えて通っていたら、将来のビジネスパートナーが見つかったりするかもしれませんね。

TECH::CAMP
転職後も活躍するために必要なテクノロジーとビジネススキルを学ぶことができます。
スキルだけでなく、成長するためのマインドセットも学ぶことができるのでこれからの時代を生き抜くスキルが身につくかもしれません。AI(人工知能)、VR/3Dゲーム開発、iPhoneアプリ開発などを学ぶことができます。

インターネットアカデミー
今の時代はwebサイトを持たない会社はありません。インターネットアカデミーではwebマーケティングやITプログラミング、webデザインを学ぶことができます。webディレクター、web担当者、webデザイナー、プログラマーやSEを目指していきたい人におすすめです。


複数の転職支援サービスに登録していつでも応募できる準備をしておく

いざ会社を辞めて転職したいと思っても、あなたが希望する求人がそのタイミングであるかどうかがわかりません。

転職サイトによって取り扱い求人が異なるので、複数の転職サイトに登録をしておくことであなたに合った求人を見逃さないような環境にしておきましょう。

始めは登録準備が大変かもしれませんが、履歴書や職務経歴書をしっかり登録してスカウトメールにも備えておきましょう。

転職サイトに登録するのと同じで、複数の転職エージェントに登録をしておきましょう!

転職サイトに登録しているから転職エージェントは登録しなくてもいいのではないかと思うかもしれません。

転職エージェントは、実際に担当の人が割り当てられて転職活動を支援してくれます。初めに面談で希望の条件などをきかれるので、詳細を伝えておくことで後日マッチした求人を沢山紹介してくれます。

つまり待っていても転職活動を進めていけるというメリットがあります。
転職サイトの登録だけだと自分で求人を探し当てなければいけない手間があります。

その手間がないうえにあなたにマッチした求人の紹介や転職活動で困ったことがあったときの相談にも乗ってもらえるのでとても心強いです。

複数の転職サイト、複数の転職エージェント両方を併用して転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

仕事が暇すぎるから早く辞めたいという人に向けて仕事を辞める前から準備することをご紹介しました。

仕事が暇だという理由で会社を辞めることは軽率でもないし理由になります。

しかし、今の職場で仕事が暇でも、あなた自身の将来のことを考えて今の職場で出来ることは積極的行うことが大事です。

あなたのキャリアアップに転職も視野に入れて転職活動をしながら日々働いてみてはいかがでしょうか。