転職の悩み

転職して仕事についていけないときの原因や対処法とは?

転職して仕事についていけないときの原因や対処法とは?
  • 転職先の同僚が優秀過ぎて比較されるのが辛い
  • 転職したけど仕事のミスが多くて周りの評価が怖い
  • 転職したけど仕事についていけないから職場に馴染めない

このような悩みを抱えていませんか?

転職した後に仕事についていけないと感じることがありませんか?

転職を希望してやっと新しい会社に就職し、はりきって仕事を始めたけれど、周りの人の仕事のペースについていけない、そんなふうに感じることもあると思います。

転職して仕事についていけないとき、どのように対処したらよいのでしょうか。

基本的に、仕事をするときには完成度の高さとスピードの両方が求められます。

それらのバランスをうまくとることが大切なのです。

この記事では、転職して仕事についていけないときの原因と、その対処法を考えていきます。

 

仕事についていけなくて転職を考えるのなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

実は、もう一つおすすめの無料転職アプリがあります。

無料の転職アプリ!【ジョブクル転職】
をインストールするだけでDODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。

転職は考えているけど、「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。

まずは、【無料】ミイダスで自己分析をする。次に、【無料】ジョブクル転職で適性のある仕事を探してみる。

この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。

転職先の同僚が優秀でついていけないときの対処法

転職して新しい職場に配属されると、始めは上司や先輩から仕事内容の研修を受けることになります。

現場で指導を受け、ある程度の仕事ができるようになると、一人で仕事をするようになります。

任された仕事には通常は期限があり、その期限までに完成させることが求められます。

しかし、転職してまだ慣れない仕事を一人でこなそうとすると、なかなかペースがつかみにくく、周りの先輩たちと同じようにこなすことができません。

初めのうちは周りの人からのフォローを受けることもできますが、ある程度の期間が過ぎたら、任された仕事は自分で期限内に完成させなければなりません。

転職して仕事についていけないときの原因として考えられるのは、まず仕事に対して慎重になりすぎる、完璧を求めすぎるということです。

もちろん仕事の内容にミスがあってはいけないのですが、あまり慎重になりすぎて、いつまでたっても終わらないようでは一人前の仕事とは言えず、周りの人からの信用も得られません。

周りの人の仕事のスピードが速くてついていけないときの対処法

周りの人の仕事のスピードが速くてついていけないと感じたとき、どのように対処したらよいのでしょうか。

仕事を完璧にこなそうとするあまり、慎重になりすぎて期限までに終わらせることができない、そんなときには、やはり、ほんの少し考え方を柔軟にして、完璧を求めすぎないことが大切です。

仕事をするからには絶対に完璧に仕上げたい、妥協はしたくない、というのは決して間違いではないのですが、仕事には必ず期限があり、スピードも同じように求められるものです。

自分はこの時間内にここまでならできる、という自分のペースを常に心の中で意識し、そのなかで与えられた期限内に間に合うように完成度の高いものに仕上げる、という考え方が必要なのです。

周りの人のスピードをみて、とてもついていけない、と感じたときは、少しだけ落ち着いて自分の仕事の内容を振り返り、細かいことのこだわりすぎていないか、手を抜けるところはないか、省略できるところはないか考えてみることです。

仕事についていけない30代の特徴とは?仕事を続けるための改善策とは?
仕事についていけない30代の特徴とは?仕事を続けるための改善策とは? 『30代だけど仕事についていけないから辛い』 『なぜ仕事で成長できないのかわからない』 『仕事を続けるためにこの...

仕事のスピードを上げるための心構え

それでは、このような対処法を踏まえたうえで、仕事をスマートにこなすための心構えを考えていきましょう。

まず大切なのは、完璧を目指さず、手を抜けるところは適度に手を抜くということです。

自分自身が考えるほど、周りの人はあなたの仕事の細部まで細かくチェックしているわけではありません。

ここはこうしなければ気がすまない、などというこだわりを一度捨てて、大切な部分だけを残すことを心がけることです。

本当に大切な部分がきちんとできていれば、後は多少手を抜いても構わないのです。

それから、日々の決められた作業は、あまり考えずにルーティンとしてこなせるようにすることです。

たとえば、決まったお得意様を回る、メールをチェックする、日々の業務の内容を報告するなど、必ず定期的にしなければならないことは、あまり考えずに体が動くようにしていくのです。

こうして、考えたり悩んだりする時間を減らすことで、仕事のスピードを上げることができます。


仕事でミスや失敗が多いときはどうしたらよい?

仕事をしているとき、誰でもミスや失敗があります。

転職して間もないうちは、覚えることも多く、ミスや失敗をしてしまうことも多いでしょう。

しかし、ある程度の期間仕事を経験していくうちにだんだんと仕事を覚え、ミスや失敗は少なくなっていくものです。

それでも転職して仕事についていけない、自分はミスや失敗が多いと悩んでしまう人は、終わらせなければいけない期限のことを気にするあまり、仕事の質が少しおろそかになっているのかもしれません。

また、始めに教えてもらった仕事のやり方がしっかりと身についておらず、どこかが間違っている可能性もあるでしょう。

先ほども述べた通り、仕事は質の高さとスピードがどちらも必要です。

どんなに質が高くても、期限に間に合わなければいい仕事とは言えません。

しかし、期限を意識しすぎて質が伴はないのではこちらもいい仕事とは言えないのです。

仕事を始めたときから教わってきた手順などのなかで、忘れてしまっているところや、抜けているところがある可能性があります。

仕事でミスや失敗が多いときの対処法

まず、今の自分の仕事のやり方が正しいかどうか、もう一度基本に返って確かめてみましょう。

もしかしたら、大切なプロセスを何か飛ばしてしまっているのかもしれません。

できれば、自分のやり方が正しいかどうか、上司や先輩たちからチェックを受けるとよいでしょう。

もし間違っている点があれば、それをきちんと直していくことでミスや失敗は防げるはずです。

また、時間を気にするあまりミスや失敗をしてしまう人は、まずは自分のできる仕事の量を把握することです。

この量であれば期限内にできる、という量が自分でわかっていれば、必要以上に焦ってしまい、ミスや失敗をすることもなくなります。

もし自分に与えられは仕事の量が多すぎて期限内に終わらせることが難しいと感じたときは、そのことを上司に伝えてみましょう。

これはなかなか難しいかもしれませんが、仕事のスキルが上がってくれば、徐々に仕事のスピードもついてくるはずです。

転職して仕事についていけないと感じたときは、このように自分で仕事の量や内容を把握していくことも大切です。


仕事で悩みすぎないことも大切

転職して仕事についていけないと悩んでいる人は、自分自身の仕事に対する理想の姿があるのだと思います。

仕事をバリバリとこなし、周りからも信用され、輝いている自分の姿を思い描き、今の自分がその姿に程遠いと悩んでしまっているのかもしれません。

そんなときは、一度その理想から離れて自分の今の状況を客観的に見てみましょう。

新しい仕事を始め、内容も少しずつ覚えていき、初めのころに比べればあまり周りの人に聞くことなく一人で仕事ができるようになっているのではないでしょうか。

周りの人に比べてけっしてスピードは速くなくても、少しずつできることが増え、周りの人から仕事を任される存在になってきている。

そんな自分をもう一度見つめなおして、さらにこれからできることを考えていくことが大切です。

仕事が遅い、ミスばかりしている、と自分を責めてばかりいるのではなく、できるようになったことを考えることで、自然と前に進めるようになるはずです。

職場の雰囲気に慣れないときはどうしたらよい?

転職して少しずつ仕事に慣れ、だんだんと任された仕事をこなせるようになっても、どうしても職場の雰囲気に慣れない、なんとなくついていけないと感じることもあるかもしれません。

それぞれの会社にはその会社の独特の雰囲気があり、その雰囲気に慣れて馴染める人はよいのですが、何となく雰囲気に馴染めず、孤立してしまっているように感じる人もいます。

慣れるというのは個人の感覚で、人ぞれぞれの感じ方があるので、これはある意味どうしようもない部分なのかもしれません。

また、周りのみんなが常に仕事への意識が高く、そのスピード感にどうしてもついていけないという場合、どうしたらよいのでしょうか。

周りの人が仕事に対する意識が高いというのは、仕事の環境としては本来であればよい状態だと思います。

しかし、転職してきた人にとっては、それまでの会社の雰囲気とのギャップに戸惑ってしまい、ついていけないと感じてしまうのかもしれません。


職場の雰囲気に慣れないときの対処法

職場の雰囲気に慣れない、ついていけないと感じたときは、無理をしてすべて会社の雰囲気に合わせようとする必要はありません。

慣れないと思う雰囲気に無理やり合わせようとすると、自分自身が心身ともにつかれてしまい、続かなくなってしまいます。

人にはそれぞれ個性があり、会社にはそれぞれの雰囲気があるので、合わないことがあってもおかしくはないのです。

ただし、社会人として最低限のコミュニケーションは忘れないようにしましょう。

挨拶はきちんとする、すれ違った時には会釈する、社内メールなどはできる限り丁寧に書くなど、基本的なことをきちんとしておくことで、周りの人からの印象もずっとよくなります。

自分自身ではなかなか馴染めないと感じていても、周りの人にいい印象を与えられれば、職場でのコミュニケーションはそれまでよりもずっとスムーズになるでしょう。

そして、あまり気にしすぎずに、まずは仕事のうえで一生懸命に取り組んでいる姿を見せることで、仕事だけでなく対人関係もよくなっていくはずです。

考え方を少し変えてみる

会社の雰囲気というのは常に変わらないものではなく、人の入れ替わりや時間の経過とともに少しずつ変化していくものでもあります。

今は全く馴染めないと思っていても、会社の雰囲気の方が変わったり、また自分の考え方も少しずつ変わっていたりして、いつの間にか馴染んでしまっているということもあります。

上司が違う人に変わったり、新しい人が配属されてきたりして、少しずつ、会社の雰囲気は変わっていくものです。

もちろん、そうはいっても、会社は長い時間を過ごす場所なので、その場所に馴染めないことはやはりつらいことだと思います。

そんなときは、無理をせず、時間がたつのを少し待ってみましょう。

自分を無理に変えようとするのではなく、周りが変わるのを待つということです。

無理やり変えることはできなくても、今の環境のなかで冷静に自分のするべきことをやっていくことを考えます。

このように少し考え方を変えてみると、気が楽になるかもしれません。


仕事についていけないときは再転職を検討しよう

これまで説明した通り、仕事に対する心構えや対処法は大事ですが、どうしても仕事に就いていけなければ不幸になってしまいますよね。

転職してすぐにまた転職となると、気持ちの面でもダメージがあると思いますが、辛い毎日をこのまま過ごすよりは、幸せな未来が待っているかもしれませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録だけでも済ませましょう!

まとめ

ここまで、さまざまな角度から転職して仕事についていけないときの原因と対処法について紹介してきました。

誰でも、初めから仕事を早く完璧にこなせるようになるわけではありません。

少しずつ仕事の内容を覚えていき、基本をきちんと押さえていれば、自然と質と速さが伴ってきます。

初めはなかなかうまくいかず、ストレスが溜まることも多いと思いますが、あまり高い理想を追いすぎず、今の自分と向き合っていくことです。

ほんの少し考え方を変えることで、いろいろなことがスムーズに進むようになるかもしれませんよ。