Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

中途採用の即戦力が無理な理由とは?転職すぐに即戦力は無理ある妄想!

中途採用の即戦力が無理な理由とは?転職すぐに即戦力は無理ある妄想!

あなたの会社にも中途採用で即戦力になれていない人はいませんか?

中途採用で即戦力を求める企業は多いですが、実際は中途採用で即戦力で働いている人は少ないのです。

企業側が転職してきた人に即戦力を求めてしまうのは無理のある妄想や甘えなのです。

なぜ中途採用の即戦力が無理なのか理由をみていきましょう!

理由がわかれば中途採用に即戦力のプレッシャーをかけて退職に追い込むようなことが減るかもしれませんね。

中途採用の即戦力が無理なのは単純な理由

一日の流れが掴めていない

中途で入社してきて一か月間くらいは一日の流れが掴めていません。

すぐに仕事にとりかかり、前職と同じように仕事をこなすことは不可能なのです。

仕事に集中するためにも一日の流れ、一週間の流れ、一ヶ月の流れを把握することが必要です。

全体の流れがわかっていない状況で自由気ままに仕事を始めてしまうと即戦力になるどころか失敗を招く可能性を高めてしまいます。

仕事ができる人は全体の流れを把握して、どの部分を自分が頑張って成果を出したらよいかをしっかり理解します。

大切なのは期待されている仕事をすることです。
期待されていない仕事をしても即戦力という扱いは受けないでしょう。

そのため、入社してしばらくは仕事に専念するよりも一日の流れを理解して会社に慣れるという期間になるため即戦力にはなれないのです。


職場の人間と親しくなれていない

中途で転職してきたばかりだと、まだ部署やチームの同僚と親しくなれていません。

中途の人は他の会社でも経験があるのでわかっていますが、入社後すぐに仕事を黙々とこなすよりも、まずは同僚とコミュニケーションをとることが大事だと考えます。

なぜなら、同僚の誰がどのような仕事をしているのか、どのようなスキルを持っているのか、わからないときに誰に質問をしたらよいのかを知ることで、慣れない仕事をこなすことができるからです。

このような段取りの良い行動自体が即戦力として扱われないことが多いので残念ですが、成果を目に見える形で出すためには同僚との協力は不可欠です。

そのため、仕事の成果よりも仕事環境を作ることになるため入社後すぐには即戦力として働くことは無理なのです。

中途社員の研修カリキュラムがない

中途社員は即戦力として扱われるため研修は必要ないと思っている会社が多いです。

会社として研修は用意していなくてもチームや部署単位で中途社員に研修カリキュラムを設けている場合もあります。

しかし、チームや部署単位で行う研修は即戦力を前提としている研修プログラムの場合が多いため、その会社の仕事の進め方やサービスに関することをじっくり研修する期間が設けられていないのです。

大抵は研修プログラムと言いつつも案件の引継ぎなど中心になっているので、よくわからないまま業務がスタートしてしまうのです。

中途社員には日報など報告をさせない場合も多いので、一日何をしていたのか困ったことはなかったのかを把握してもらえません。

中途採用の教育係がいたとしてもやり方が属人化している場合があるので、丁寧に面倒見てくれる人もいれば雑に扱う人もいます。

中途採用はどんな経歴を持っていても新人扱いして一定の期間は研修を行うことが必要です。

研修を行わずいきなり業務にとりかからせるから即戦力になれないのです。


中途採用で未経験でも放置される

中途採用でも未経験でやる気を評価されて転職してきた人もいると思います。

そのような場合でも「中途採用だから」という理由で勝手に即戦力として扱い、入社後放置されてしまいます。

前職で似たような仕事をしてきている場合でも、職種が変われば未経験として扱わなければいけない場合もあります。

中途で入ってきた本人は未経験ということは面接で伝えているので、入社後は当然何か研修があるのだと思っているわけです。

しかし入社してみると放置されてしまうという現実に会社への不信感の方が強く出てしまい仕事をするモチベーションが下がってしまいます。

この会社は辞めたほうがいいのかなと思い始めると不安で仕事が手につかなくなるので、即戦力がどうのこうのという話ではなくなってしまうのです。

中途採用で未経験入社の場合は研修もなく放置されてしまえば即戦力として働くことは難しいです。

前職と全く同じ仕事内容や環境ではない

即戦力として期待する気持ちもわかるのですが、それは前職と同じ仕事内容や仕事環境と人間関係が揃っていて実現することです。

仮に同じ仕事内容だとしても会社が違うので仕事のやり方が違いますし、特に入社後は人間関係を築けているわけでもないため助けてくれる人もいません。

実際は前職よりも不利な条件で仕事を開始することになるため、即戦力になれる資質があってもすぐに即戦力を期待されても期待に応えられないのです。

まずは前職と同じように活躍するために職場に馴染むことが大事なのです。

職場に馴染むことで前職と同じような能力を発揮できる環境が整うので、それまでは即戦力として活躍するのは難しいでしょう。



仕事以外で覚えることが多い

即戦力として働くためにも仕事以外に覚えることも多いのです。

例えば、出社したときの勤怠のシステムの使い方を覚えたり、顧客情報の登録や情報の調べ方や管理方法、会議室の予約方法など社内の仕事をする上で必要になるツールの理解が必要になります。

入社後はそのような理解から始めることが多いため数日間程度は実務をまともにできない状態なのです。

担当することになる案件やお客様の引継ぎが初めは中心になると思うので、目に見える形で仕事ができる人だという印象を与えることができません。

周りの人にとって中途採用はどのような行動ができれば即戦力と判断されるのかも人それぞれ主観で判断していることが多いので、満場一致でこの人は即戦力だと言ってもらえる環境はないのではないでしょうか。

転職してすぐに即戦力は無理のある妄想でしかない

転職してすぐに即戦力は無理のある妄想でしかない

中途採用は仕事ができるという期待が高すぎる

中途採用は経験者なので仕事ができる人であるのは確かです。

しかし、前職の会社と今の会社では社員のスキルレベルは同じでしょうか。

間違いなくスキルレベルは同じではないですよね。

もし、今の会社の社内の人達のスキルが他の会社の平均よりも高かったら、前職で活躍していた人であっても入社してすぐに即戦力として働けない可能性があります。

今までよりも高いスキルを求められてしまうからです。
スキルが高まるまでは努力しても一定の期間が必要になります。

社内のスキルが他社と比べてどうかという点を考えれば、中途採用にどこまで即戦力として期待するべきかは見えてくるはずです。

社内のスキルレベルが低ければ、大抵の中途が即戦力になるし、社内のスキルレベルが高ければそれを超えるスキルを持った人は一握りなのですぐに即戦力にはならないと解釈することが必要です。

中途採用なら誰でも即戦力という考えは妄想なのです。


中途採用を放置プレイしていても活躍すると思っている

中途入社したばかりだと何の仕事からやればいいのか立ち回り方がわかりません。

即戦力だと思い込んでいるので、放置プレイしていても既存社員と同じように仕事をしてくれるだろうと勝手に思っています。

放置されているということは中途は自分から仕事を見つけたり作り出せないといけません。
やってほしい仕事があったから採用しているはずなので、その仕事を指示してやらせないと採用した意味がありません。

放置プレイしていも社内で仕事を探すのを仕事にしてしまうことになるので、当たり前ですが即戦力として働くという行動がとれません。

能力や経験のある中途を採用しておいて放置プレイしているから即戦力として働けないのです。

即戦力として活かせるかどうかは雇った側次第なのです。

中小企業に優秀な人材が少ないのに教育しない

雇う側の会社が大手なら優秀な人材は黙っていても応募があります。

しかし、中小企業の場合だと採用活動を工夫したり社員からの紹介がないと優秀な人材は集めにくいのです。

だから優秀で即戦力になる人材を採用していると思わないことです。

優秀な人材には一歩及ばない人を採用することが多いはずなので、戦力として活躍してもらうためにしっかり教育することが必要になります。

せっかく採用した人材を自社のレベルに引き上げるような教育をしないということは人材を無駄に使い捨てているのと同じです。

即戦力と言われない中途のほとんどは能力は一般レベルなため、転職先の仕事のレベルに対応できるような教育が必要です。実際は教育がない会社がほとんどです。

教育がないから自力で頑張り仕事の能力を上げて、仕事ができる人だと同僚から言われるようになるまでに一年かかることもあるのです。


即戦力の定義が定まっていない

中途採用した人が即戦力であるかどうかは何を基準に誰が決めているのでしょうか。

上司の判断基準、先輩社員の判断基準、後輩社員の判断基準があると思うのですが、それぞれ立場が違うので即戦力の定義が異なるはずなのです。

上司なら目に見える成果を短期間で出したら即戦力と判断するだろうし、先輩社員なら時間をかけて教えなくてもミスなく仕事をこなしていれば即戦力と判断するだろうし、後輩社員なら自分のできないことを教えてもらっただけでも即戦力と判断すると思います。

即戦力なんて言う言葉は合ってないようなものです。

上司に認められる仕事レベルを即戦力というのなら、一ヶ月や二ヶ月で成果を出すのは難しいでしょう。

中途採用が戦力外と思われてしまう場面

社内の優秀な社員と同レベルに達していない

中途採用が戦力外と思われてしまう場面の一つに社内の優秀な社員と比較されてしまうことが挙げられます。

社内の優秀な社員がとても高い能力を持っていた場合は、その人と同じことが最低限できないと、中途の人は可哀そうですが「仕事ができない」とか「期待外れ」と言われてしまいます。

同レベルだと仕事ができると人とは判断されず、その優秀な社員を超えた仕事をしないと即戦力という判断をしてもらうことは難しいでしょう。

採用側の期待が高すぎるというのもありますが、転職してすぐに社内の社員と同レベルの仕事をするのは難しいので、戦力外と言われてしまう可能性が高くなります。


仕事を覚えて成果を出すまでが遅い

転職してきてすぐは慣れない職場環境なので、仕事を覚えて成果を出すまでに時間がかかることがあります。

転職先の会社の仕事に対するスピード感にもよりますが、中途採用には即戦力を求めているので遅くても一ヶ月程度で仕事を覚えて成果を出していかないと新卒と変わらない能力と思われてしまうこともあります。

前職で似たような仕事をしていたとしても転職先で高い品質を求められる場合は、スキルが足りないこともあるので成果を出すまでに時間がかかってしまうこともあるのです。

仕事で成果を出すまでの期間が長いと即戦力ではなかったと既存社員から判断されてしまうことになります。

能力は高くてもじっくり考えながら仕事を進める人は仕事スピードが遅い印象を与えてしまうので、期待外れと言われてしまうこともあるかもしれません。

仕事でミスばかりが目立つ

転職してきたばかりで仕事に慣れないうちは仕事でミスをしやすくなります。

中途は研修がないこともあるのでわからないことが多いです。

そのため、自力で試行錯誤して仕事を進めてしまうことになり、知っていればミスしないようなこともミスしてしまうのです。

後々出来るようになるような仕事でも入社して間もない頃からミスが目立ってしまうと即戦力ではないと判断されたり、任せる予定だった仕事から外されてしまうことになるかもしれません。

成果主義の会社や外資系の会社は厳しいところも多いので、ミスが続くと最悪の場合はクビになってしまうかもしれません。


仕事を覚えるまで質問が目立つ

中途入社で入ってきた人は仕事を覚えようと頑張ります。

仕事を早く覚えようとするあまり、気になることを都度質問してしまう人がいます。

質問するのは悪いことではないのですが、質問はまとめてから一度に聞くようにしないと一日中質問し続けることになり、同僚からは質問だけしかしていない人だという印象を与えることになります。

そもそも即戦力なはずの中途が質問ばかりしてくるなんておかしい、能力が低いのではないかと言われてしまうこともあります。

質問の仕方が下手な人は仕事ができない印象を与えてしまうので即戦力ではないと判断されやすいのです。

即戦力を望むなら中途採用には研修や教育が必要!

中途に即戦力を一ヶ月目から望むのは無理があります。

即戦力を望むなら二ヶ月目、三ヶ月目からというように決めて、それに合わせた研修プログラムを用意したりOJT形式で教育することが必要です。

何もしないで放置していても採用した会社のレベルで仕事をやってくれるかわかりません。

しっかり研修や教育をして自社のレベルで仕事をするようになるまでは育てることが大事です。

即戦力のプレッシャーをかけ過ぎると会社に合わないと判断して試用期間内に辞めてしまう人が出てきてしまいます。

優秀な人材は会社が育てた社員から生まれてくるのです。
研修や教育に力を入れるようにしましょう。


まとめ

中途採用の即戦力が無理な理由や転職してすぐに即戦力になるには無理がある妄想について紹介しました。

中途で入ってきたばかりの頃は職場環境にも仕事の進め方にも慣れていません。

自分の能力を発揮するための環境づくりに必死になるので即戦力として働くことは難しいのです。

会社側は即戦力として期待ばかりせずに研修や教育をして育てることが必要です。