転職の悩み

入社してすぐ辞める方法はあるの?転職初日で辞めたい理由とは?

入社してすぐ辞める方法はあるの?転職初日で辞めたい理由とは?
  • 入社直後に辞めたくなった
  • 入社すぐに辞める方法がわからない
  • あきらかに社風が合わないと感じる

このような悩みを抱えていませんか?

あなたが転職初日に社風が合わなくて辞めたいと思ったのなら、このまま我慢して続けていてもいずれは辞めることになると思います。

できれば、すぐに辞めてしまった方がやり直しがきくのですが、理由はどうあれ、入社直後って辞めたいと言えないですよね。

「入社したばかりだから」という理由で上司から強い引き止めにあう可能性もあります。

辞めたいと伝えても明日も会社に行かなければいけないし、同僚からどのような態度をとられるか分からないし不安で怖くなると思います。

この記事では、入社してすぐに可能な限りストレスや手間をかけずに退職できる方法をご紹介します。

 

もし、転職を考えるのなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

実は、もう一つおすすめの無料転職アプリがあります。

無料の転職アプリ!【ジョブクル転職】
をインストールするだけでDODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。

転職は考えているけど、「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。

まずは、【無料】ミイダスで自己分析をする。次に、【無料】ジョブクル転職で適性のある仕事を探してみる。

この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。

入社してすぐに辞める方法とは?

【業界最大手】退職代行サービスEXITをおすすめします。

転職初日に辞めたいと思っても、とてもそのようなことを言える雰囲気ではないですよね。

法律的には最短で2週間後に退職できるようなのですが、辞めたいと伝えてから退職日まで会社にいかなければいけないのかという点も気になるところだと思います。

そのような問題は「退職代行サービス」で解決できる可能性があります。

退職代行サービスを利用すれば、明日から会社に行かずに退職手続きを進めてもらえるからです。

最近は退職代行サービスが増えてきているので聞いたことがある人も多いと思います。
退職代行サービスを利用して辞める人が増えているという証拠ではないでしょうか。

初日で辞めたいと思う会社に気を遣う必要はないので、退職代行で退職手続きを済ませて次の仕事探しに気持ちを切り替えてもいいかもしれませんね。

このような状況に困っていませんか?

・退職の意思を伝えられない。

・上司の引き止めがしつこい。

・上司が退職届を受理しない。

・人手不足で辞めにくい。

・退職日を延長される。

・無理やり仕事を振ってくる。

・退職に関する話を無視する。

会社の都合や上司の都合で辞められない状況が続くと、いつまで経っても退職するタイミングは訪れません。

Q「退職代行サービスEXITってどんなサービス?」

A:退職したいけど辞めさせてもらえず困っている人に代わって退職手続きを進めるサービスです。業界NO.1メディア実績があって退職サービス業界では最大手です。

 

Q「退職代行サービスEXITで辞めた人はいるの?」

A:累計2,500人以上の退職代行を実施した実績があります。つまり、それだけ多くの人が退職代行サービスEXITを信頼して利用したと言えますね。

 

Q「退職代行サービスEXITで本当に退職できるの?」

A:現時点で100%の退職成功率ということです。

 

Q「会社から訴えられたりしないの?」

A:現時点で会社から訴えられたケースは一度もないそうです。

 

Q「退職代行サービスEXITの依頼方法は?」

A:退職代行EXITのページ下にあるお問い合わせフォームから、退職代行の依頼ができますよ。スマホでLINEからと直接電話の依頼方法もあるので、依頼しやすい方法で大丈夫です。深夜でも受け付けてくれますよ。

 

Q「最短でいつ実施してくれるの?」

A:即日退職代行をしてくれます。だから、最短で明日から会社にいかなくても退職手続きを進めてもらうことができるのです。会社の人に会わずに退職することができます。

 

Q「退職代行サービスEXITの費用は?」

A:正社員、契約社員は「50,000円」です。アルバイト、パートは「30,000円」です。費用が高く感じる人もいるかもしれませんが、「明日から会社に行かなくていい」という開放感を考えれば、それほど高い金額には感じないと思います。

 

Q「退職代行サービスEXITの支払い方法は?」

A:クレジットカード払いと銀行振り込みができますよ。

 

苦しみから解放されて、明日から楽になりたいのなら、今すぐ退職代行サービスEXITに相談しましょう!

【業界最大手】退職代行サービスEXIT

転職初日で辞めたいと思う理由とは?

転職初日に違和感を感じた

転職初日にこの会社で働くには何か不安で違和感を感じる場合があります。

それは社風や職場の雰囲気がイメージとかけ離れているからです。

職場の雰囲気に関しては同僚達が作り上げているものなので、あなたがどうにかできることではありません。

上司や同僚を観察していて言動に違和感を感じるなら、厳しい上下関係があったり、社内のルールがあって同僚が殺伐としたり疲弊しているというようなことも考えられます。

入社前に職場を見学できていない人は、入社してみて分かることが多いので、初日に違和感を感じた場合は強い不安を感じてしまうのです。

初日に不安になってしまうと、本当は不安に感じなくてよい部分についても不安に感じてしまい、すぐに辞めたいという気持ちが高まっていくのです。

転職初日は不安や緊張、ストレスが強いですからね。


転職初日に放置されてしまった

転職初日に放置されてしまった場合も辞めたいと思ってしまう原因の一つです。

出社して自己紹介をした後、席に着いてから誰も何も言ってこないという状態で放置されてしまうとどうしていいのかわからなくなりますよね。

もしかしたら、あえて放置してどのような行動をとるのかを試されているのではないかと不安に思ってしまうこともあります。

自分の方から先輩社員や上司に何をしたらいいのか話しかけても、なかなか相手にしてもらえず仕事も教えてもらいないので座っているだけの状態だと勤務時間中がとても辛い時間になります。

明日も放置されるのではないかという思いや自分は必要とされていないのではないかという気持ちから、今すぐに辞めたいと思ってしまうのです。

初出勤は不安で怖い気持ちでいっぱい

初出勤は新しい職場に馴染めるのか、自分のスキルで仕事に対応していけるのかなど不安に思うことが多いのです。

転職経験のある人ならわかると思いますが、入社初日から職場に馴染めるかが肝心なので特に初出勤は新しい職場に対する不安や怖い気持ちでいっぱいになります。

まだ20代で業務経験が少なく自信が持てないという人は特に不安を感じるのです。

不安に思っている心境で、入社してみたら合わない会社だったという場合はすぐに辞めたくなります。

人間関係や仕事のレベルなど入社してみるとわかることがあるので、自分ではついていけないと思ってしまえば働き続けることをあきらめてしまうのです。

転職初日のランチに誘われない

転職初日は人間関係を構築していく大事なスタートの日です。

そのような日に同僚からランチに誘われず、一人でランチをすることになった場合も初日で辞めたくなります。

不安な気持ちで転職してきているのにランチに誘われなければ同僚とコミュニケーションをとることもできないので、孤独を感じてさらに不安になってしまいます。

ランチに新入社員を誘わないような職場はドライな人間関係なのかもしれませんね。

人とのつながりが弱い職場の可能性があるので離職率は高いかもしれません。

転職初日は受け入れる側の対応次第で辞めたい気持ちになるかどうかが決まるのです。


転職初日に歓迎される雰囲気がない

まず、転職初日に部署やチーム内で自己紹介し合う場が設けられなかったら歓迎されているとはいえないでしょう。

よくある話ですが、転職初日から放置されて同僚から一言も話しかけられなかったり、仕事を教えてもらえないという職場もあるようなので、このようなことをされると歓迎されていないと感じるので辞めようと考えてしまいます。

部署単位、チーム単位でも良いのですが、歓迎会という名の飲み会が開かれなければさらに歓迎されていないと感じますよね。

夜の飲み会は店を手配したり、参加者の出席確認をしたり手間がかかるので、手間をかけてまで歓迎を開きたくないのだという表れなのです。

おそらく誰も幹事をやりたがらなくて開催されないのだと思います。

歓迎会が開かれないような職場は辞めたいと思って当たり前ですよね。

転職初日に遅刻をした

転職初日に寝坊して遅刻をしてしまった。という場合は気まずいので辞めたくなります。

中途入社なので新卒と違い遅刻をするという行為は信用を無くしてしまいます。

厳しい職場なら強く怒られるし、任せようと思っていたプロジェクトから外されてしまうかもしれません。

そうなると人生が狂っていきますよね。

入社初日から信用をなくしたところからスタートするのは後々不利になることも多いので、いっそのことすぐに辞めて次の職場でやり直したいと思うのです。

仮に体調不良であったとしても運悪く転職初日から遅刻することになってしまったら、体調管理ができない人というレッテルをはられる可能性もあるので気まずくて居心地の悪い職場になってしまいます。

転職初日から長時間の残業があった

転職初日から終電近くまでの残業があった場合は辞めたくなります。

転職してきた新人が初日から長時間残業をしなければいけいない職場は長く続けられるような職場ではありませんよね。

面接では残業が少ないときいていたのに入社してみたら長時間の残業が当たり前のようにあるため、きいていた話と違うという状況になってしまいます。

ワークライフバランスを重視して転職してきた人なら裏切られたような気分になるので、明日にでも辞めたいと思うのです。

残業に関しては、繁忙期だけ忙しいと言いながら実際は毎月忙しく残業が発生するような会社もあります。

きいていた話と違うため辞めることを決断して、タイミングを見計らって辞めていきます。


社風や同僚との相性が合わないと感じた

社風や同僚との人間関係の相性は入社してすぐにわかりますよね。

自分の性格と合わないと思ったら、今後この人たちと上手く仕事をやっていけるのかどうか不安に感じてしまいます。

人との相性は無理矢理改善できるものではないので解決が難しいのです。

百歩譲って人間関係は我慢できたとしても、社風が合わないと感じた場合は退職を決意する可能性があります。

例えば、新人が新卒入社の手伝いや朝の清掃、忘年会の幹事、社員旅行の実行委員など何でもかんでも一年目に任されるような社風だと合わない人には合わないので辞めていくでしょう。

他には毎朝全体朝礼があって、朝のスピーチをしなければならないなどプレッシャーやストレスになりやすいイベントがあるのも退職の引き金になります。

このような社風の面で合わないと感じたら退職を決意するのです。

仕事を1日で辞めるには訳があるから新卒入社一日で辞めたっていい
仕事を1日で辞めるには訳があるから新卒入社1日で辞めたっていい 『新卒入社したけど仕事を1日で辞めたい』 『仕事を辞めたいけど誰に相談していいかわからない』 『会社の人に会わず...

上司が威圧的で委縮してしまった

入社前の面談や面接では温厚で優しかった上司の人が、入社してみたら実は鬼のように怖い人だったという場合は怖くて委縮してしまいます。

入社前にこの上司となら上手くやっていけそうだと思ったから入社している人もいるのです。

入社してみたら態度が変わり、入社初日から厳しい口調や態度で仕事の依頼やフィードバックをしてくるので委縮してしまいます。

委縮しなければならない職場なら精神的に辛いし、転職した意味がないと思ってしまうのです。

威圧的な上司というのは、どういうわけかずっと会社に居座り続けることが多いので、我慢して働く覚悟を持てない場合はすぐに辞めようと思うのです。

委縮しながら働いている人の中には、限界を超えてしまってうつ病になってしまう人もいるくらいです。


社風が合わなければすぐに辞めてやり直した方がいい

入社してみておかしな違和感を感じた場合はすぐに辞めてもよいと思います。

嫌な予感はだいたい当たるので、月日が経つに連れて嫌な予感が的中していきます。

おそらく、それは求人情報の内容や面接できいていた話と何かが違うと感じているからだと思います。

入社して少しでも嫌だなと感じながら働き続ければ、ちょっとしたことでも嫌な気持ちが増幅していきます。

いつか不満が限界に達してしまい、結局は辞めることになるのです。

いずれ辞めることになる可能性が高いなら、なるべく初日に辞めてしまって長く働ける職場に転職しなおした方が良いと思うのです。

長く働ける職場で頑張り続けた方が成果を出しやすく出世もしやすいし、年収も上がっていくからです。

辞めると決めたら転職活動を進めていきましょう。

次の仕事が見つかりそうな状況なら、辞めない理由はないですよね。

仕事を辞めたいけど次がないときの対処法や転職活動のやり方とは?
仕事を辞めたいけど次がないときの対処法や転職活動のやり方とは? 『仕事を辞めたいけど次の仕事が見つかるか不安』 『仕事を辞めるのが甘えだと言われそう』 『次の仕事を決めずに辞め...

まとめ

転職初日で辞めたい理由や入社してすぐ辞める方法として退職代行サービスを紹介しました。

普通に口頭で伝えて辞めれる人はそれでいいのですが、辞めたいのに辞めたいと言えない人や辞めさせてくれない状況の人は是非活用してみてください。

入社初日で辞めたくなる会社は長く続かないので、少しの離職期間があったとしても納得して働ける職場を探しましょう!

この記事を書いた人
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細