Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

転職後は疲れることばかり!新しい職場に馴染めないストレスの対処法

転職後は疲れることばかり!新しい職場に馴染めないストレスの対処法

転職後は疲れることばかりが続きいてストレスが溜まる不安な日々が続きますよね。

疲れが続くと転職したばかりなのにすぐ辞めたいと思ってしまうこともあると思います。

疲れる原因は、新しい職場に馴染めないことによるストレスがではないでしょうか。

転職後に疲れてしまう原因や新しい職場に馴染めないストレスの対処法についてみていきます。

転職後に疲れる原因や理由

転職初日は不安なことが多い

転職初日はあなたの印象が決まる日です。

そういう意味ではとても緊張しますよね。
転職が決まった日から入社まで不安は続いているのではないでしょうか。

初日なので絶対に遅刻してはいけないという気持ちから通勤時間や通勤経路など過敏になるし、入社挨拶のスピーチ内容も新しい職場の同僚に失礼がないかどうかも気にしてしまいますよね。

入社挨拶は簡単だという人もいますが、大抵の人は緊張するので声が震えないか赤面しないかなど緊張に対する不安もあります。

万が一、入社挨拶の一言を失敗してしまったらどうしよう・・。

仕事ができない人として見られないか不安になりますよね。

転職初日は人目や振る舞いを気にする場面が多いので、新しい職場が不安で怖いという気持ちになってしまいます。

転職初日の緊張はそのような不安から発生して、特に転職初日は疲れたという状態になるのです。


転職初日の流れがわからない

転職初日の大まかな流れはこのようになります。(会社によっては違うかもしれません)

転職初日の流れ

【午前】
1.30分前に出社して挨拶の流れを人事と再確認をする。

2.全社員の前で入社の挨拶をする。

3.配属先の部署に入社の挨拶をする。

4.先輩社員と他部署に入社の挨拶をして回る。

5.研修もしくはOJTで業務開始。

6.部署内の社員とランチに行く。

【午後】
1.午前に続き研修もしくはOJTで業務をする。

2.案件の引継ぎなどで客先に挨拶に行く。

3.残業があれば残業をする。

4.歓迎会があれば参加する。

初めて転職する人も何回か転職している人も初日の流れがわからないので、とても不安になります。

会社によっては一日の流れは変わってくるし、あなたが中途入社だと即戦力なので研修やOJT形式で業務を教わることがないかもしれません。

仕事が担当制であれば初日から担当するお客様に挨拶に行くこともあると思います。
転職先の会社のことを熟知していないとお客様に質問されたときに答えられなくて恥をかいてしまうかもしれません。

ランチも不安になりますよね。
会社によっては歓迎ランチという形式で歓迎してくれるところもありますが、ランチはバラバラでいく社風の職場もあります。

自分から誘った方がいいのか、一人で行ったらいいのかなど考えてしまい、転職初日から疲れる原因になります。


新しい職場が不安で眠れない

転職で失敗経験がある人だと新しい職場が不安で眠れないこともあると思います。

また自分に合わない職場だったらどうしようという気持ちになるのです。

新しい職場では、慣れない人間関係に気を遣って発言したり行動することになります。
上司はどんな人だろうか、同僚や同期の人間性は良いだろうかなど新しい職場でドキドキすることが沢山あります。

人間関係以外にも期待された通りに仕事ができるか不安になりますよね。
仕事が出来なければ人間関係も悪くなってしまうかもしれませんからね。

新しい職場に馴染めないと転職失敗と言ってもいい状況になってしまうので、緊張や不安は強いストレスとなり眠れなくなってしまうのです。

転職初日の持ち物に漏れがないか不安

転職初日に持ち物に漏れがあると、仕事ができない人というイメージを与えかねないので不安になってしまいます。

入社日までに人事の人から入社日の持ち物をメールで送ってもらっていると安心感がありますが、人事の人が持ってきてほしいのは入社手続きに必要な書類になります。

実際の業務で使うであろう持ち物に関しては教えてくれないことの方が多いのです。
中途入社であれば業務に必要なものは自分で用意してくるだろうと思われているので口出しされることはありません。

入社書類以外で気になるのは、転職初日に菓子折りを持っていくべきかどうかというのがあります。

会社によっては菓子折りを持っていくと印象が良かったり、持っていかないといけないような社風の会社もあるかもしれません。

会社によって持ち物が変わってくるということが何よりも不安につながる原因になります。

持ち物に不安がある場合は、遠慮せずに所属予定の部署の人に入社前に確認しておくと安心できますよ!


転職後はわからないことだらけ

転職後はわからないことだらけの日々が始まります。
転職後に疲れる原因になりますね。

しかし、わからないことだらけなのは初めの方だけなので徐々にこの不安は解消されていきます。

人によっては心配性の人もいるので転職後のわからないことだらけの状況に不安になったりストレスを感じてしまいます。

転職後なので人間関係も構築できていないため、わからないことがあった場合に誰きいたらいいのかわからないし、きく内容によっては仕事のできる人かどうかを判断されてしまうのではないかという不安も出てきます。

転職して1ヶ月は馴染めないのは当たり前ですが、そのような職場環境で働かなければならないためストレスや不安が溜まりやすくなります。

転職後はわからないことを先輩社員にききやすい期間でもあるので、わからないことは全てきいてしまえば、早いうちに不安は解消されると思いますよ。

転職後は仕事がないこともある

転職後はすぐに仕事がない可能性もあります。

なぜなら、仕事を始める前に会社のルールやサービス内容を覚えることが優先になるからです。

転職して入社した中途の場合は誰かに指示されて仕事することは少ないのです。

会社のルールやサービスを熟知したうえで自分から積極的に仕事に取組み、場合によっては仕事を生み出していく立場にあります。

入社後はこの人に任せても大丈夫と思われるまでは、仕事は任せてもらえないので任せてもらえないうちは力不足をプレッシャーに感じてしまい、不安になってしまいます。

中途だと仕事を教えてくれないような競争の激しい職場もあるので、同僚がバリバリ仕事をしている中で仕事がない状況だったり仕事を覚えられない状況になると強烈な焦りも出てきます。

仕事を覚えるまで、任されるまで辛いですが乗り越えるまで我慢が必要になります。


仕事を覚えられるか不安になる

第二新卒として転職してきたか、即戦力の中途で転職してきたかによって不安やプレッシャーに違いが出ます。

仕事を覚えられるかどうかは入社してみないとわからないことであるため、入社前の不安は大きくなりますよね。

入社後も1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月と経つにつれて出来る仕事が増えていかない状況だと、即戦力の中途としては会社から期待外れだと思われてしまいます。

入社後は不安というよりも焦りが出てくると思います。

仕事が覚えられないと同僚からも冷たい目で見られるし人間関係も悪くなってしまうことも考えられるためどんどん不安が大きくなっていきます。

仕事のレベルが高すぎてついていけないということもよくある話で、仕事が全く覚えらえなかったり、半年経っても新卒入社の社員よりも仕事ができなくて辞めていく人もいます。

本当に仕事が合わないという場合を除いては、個人差はありますが努力を積み重ねて覚えていくしか方法はありません。

新しい職場の人間関係が不安

新しい職場では人間関係が重要なので不安要素の一つになります。

職場の人間関係がうまくいきそうかどうかは、入社初日の挨拶をしたときの同僚の顔色や雰囲気で伝わってきます。

生理的に合わない人もいるかもしれませんし、努力して歩みよれば良好な人間関係になれる人もいると思います。

特に仕事を教えてくれる担当になっている先輩社員と相性が悪い場合は、教え方が雑だったり、教えてくれているときの口調がキツクなったりします。

それだけでも精神的に辛いしストレスになりますよね。

理想は所属部署の人達全員と良好な人間関係を築くことですが、入社して接してみないとわからないことなので不安になります。

最悪の場合、新しい職場に馴染めなかったら転職を考えないといけないというプレッシャーも出てきてしまいます。


新しい職場に馴染めない理由とストレス対処法

新しい職場に馴染めない理由とストレス対処法

転職して1ヶ月経つと疲れがピークになる

転職して1ヶ月経つ頃には疲れやストレスがピークになります。

新しい仕事を覚えることに一生懸命になり、仕事から帰った後もプライベートの時間を使って覚えようと努力している人も多いのではないでしょうか。

人間関係についても1ヶ月経つと仕事で関わる多くの人と接触があるため良好な人間関係を保つためにランチに誘ったり、仕事の後に飲みに誘ったりなど何かと精神的に疲れることが多いはずです。

仕事も人間関係もこれからという時期なので、転職して慣れるまで我慢をしている状況になります。

そのため、まだ新しい職場に馴染めないのです。

この時期のストレス対処法はこれがおすすめです。

仕事のストレス対処法

仕事を覚えている段階なので、わからないことを気楽に質問できる人を見つけることです。

1人でいいのです。
質問できる人がいるだけで考え込む時間が減って覚える速度が速くなります。

場合によってはプライベートで努力するよりも早く覚えられることもあります。精神的にもすごく楽になりますよ。

 

人間関係のストレス対処法

人間関係のストレスを無くすには早い段階で仲の良い人を見つけることです。

職場には絶対に合わない人がいるはずなので、少しでも仲の良い人がいると相談をすることもできるので心の支えになります。

転職1ヶ月目は積極的に前後左右に座っている人に話しかけたり、ランチを誘いましょう。

1ヶ月目で何人か仲の良い人が作れないと2ヵ月目以降は孤独な気持ちになってしまうので、もっと辛くなってしまうかもしれません。



転職して1ヶ月はミスが多くなる

転職して1ヶ月目は新しい仕事を覚える段階なので、覚える過程でミスは多くなるのは当たり前です。

慣れない職場環境で仕事をしていて疲れが出る時期なので、集中力が低下してしまうことがあるためです。

仕事でミスが多くなるとストレスにもなります。

しかし、ミスが多くなるということは仕事を沢山こなしている証拠なので悪いことではありません。

わからないことがあれば積極的に周りの同僚に質問しましょう!

しかし、声をかけてもらうのを待っているようだと仕事に対して消極的にみられてしまうので、一緒に仕事をしたいと思われなくなってしまうかもしれません。

そうなると職場に馴染めない環境になってしまうのです。
新しい職場に馴染めるかどうかはあなた次第ということになります。

職場ではある程度仕事が出来るようにならないと会議でも話についていけないので仕事の会話ができるようになることも馴染むために必要です。

仕事のミス対処法はこれがおすすめです。

仕事のミス対処法

マニュアルがなければ細かい作業手順をメモしておきましょう。
あなただけのオリジナルマニュアルを作っていくのです。

ミスしやすいところについては何人かの先輩社員に確認しておくといろいろなケースと対処法を知ることができるので仕事のミスは自然と減っていきますよ。

ミスすることを想定して、ミスしてしまった場合の対処法についても確認しておくと不安は消えますね。

仕事に興味を持って気になる点を沢山ピックアップしましょう!



中途は仕事を教えてくれない

会社によってはしっかりと3ヵ月間は研修が用意されているところもありますが、中途だと仕事を教えてくれない場合が多いです。

中途が仕事を教えてもらえいないのは即戦力を期待されているからです。
即戦力のプレッシャーはストレスにもなります。

仕事の進め方は会社によってルールがあるので教えてもらえますが、仕事自体は自分から質問しなければ教えてもらえることはありません。

仕事を教えてもらえないという環境こそが、職場で馴染めない状況を生み出しやすくします。なぜなら、教えてもらうことで同僚と会話できるチャンスが減るからですね。

中途が新しい職場に馴染む場面としては、中途らしく能力を見せつけることができたときです。同僚が仕事でわからないことをあなたに質問するようになります。

質問されるようになるとコミュニケーションがとれるし、あなたが主導権を握れる場面が増えてきます。

仕事を教えてもらえないときの対処法はこれがおすすめです。

仕事を教えてもらえないときの対処法

中途は自分から積極的に質問をすることで同僚とのコミュニケーションをとることです。

コミュニケーションをとる中で、あなたの能力を見せつける場面が出てくれば相手から質問してくるようになります。

また、あなたよりも若手社員が仕事で困っていたら助けてあげましょう!

あなたができることが周囲に広まるので相談事も増えてくるし、わからないことを質問できる人が増えていきますよ。



中途採用は放置プレイされる

中途採用の扱いがひどい会社もあり放置プレイされることもあります。
慣れない職場環境で放置プレイされると強烈なストレスになりますよね。

基本的には教育は必要ないレベルを想定して内定を出しているので、中途は放置していても自分から仕事内容を確認したり、わからないことを質問して仕事を作っていくことを期待されています。

同僚からはあなたがまだどんな人なのか、どんな能力があるのかわからないので一定の距離を保って様子を見ています。

新しい職場に馴染むということは、あなたを知ってもらうことでもあるため時間がかかってしまうのです。

放置プレイの対処法はこれがおすすめです。

放置プレイの対処法

放置プレイされているということは、あなたの能力が期待されているという証拠です。だからネガティブに考えないことです。

放置プレイが嫌なら放置させない状態を作りましょう。

簡単なのは誰かの仕事をサポートすることです。

入社後に誰が何の仕事をしているのかを上司に確認しましょう。

あなたが出来そうな仕事をやっている人のサポートをさせてほしいと申し出て仕事をもらうことで放置プレイの状況から抜け出せます。

あなたの働きぶりによっては途切れることなく仕事が舞い込んでくるので放置プレイとは無縁の状況になっていきますよ。



転職して3ヶ月で慣れない

未経験職種に転職したわけではないなら、転職して3ヶ月経っても慣れない場合は新しい職場に馴染めていないといってもいいでしょう。

あなた自身も職場に慣れた感じがしなくてストレスになってきているはずです。

中途だから教えてもらえなかったり、職場によっては仕事の幅が広すぎて3ヶ月では覚えきれないこともあるかもしれません。

人間関係においては「我関せず」という人が多いと話しかけてくることもないし、歓迎会すら開いてくれないこともあります。

そのような状況の場合は3ヶ月で職場に慣れるのは難しいでしょう。

あなたは中途なので仕事がバリバリできる人なのかもしれません。
そのような場合は近寄りがたくて同僚が話しかけ難いのかもしれません。

転職して3ヶ月で慣れない場合は何か原因があるかもしれないので入社後からの仕事の取り組み方や同僚への接し方を振り返ってみましょう!

転職して3ヶ月で慣れないときの対処法はこれがおすすめです。

転職して3ヶ月で慣れないときの対処法

職場に慣れないときは大抵仕事が覚えられず戦力になっていないときが多いです。まずはあなたが戦力になっているのか上司に評価をしてもらいましょう。

仕事のレベルや内容が合わない場合は上司に相談して自分が出来そうな仕事をやらせてもらいましょう。

仕事のペースがつかめると一日の流れが固まってくるので新しい職場に慣れることができます。

できる仕事が増えると関わる同僚も増えてくるので自然と人間関係も構築されていきますよ。



転職して3ヶ月で覚えられない

転職して3ヶ月で覚えられない場合は会社として仕事の仕組みが整っていないことが考えられます。

あなたよりも先に転職してきた先輩社員の人達も転職して3ヶ月で覚えられなかった可能性があります。

業務マニュアルがなかったり、各自のさじ加減や主観で判断して仕事をしている場合は誰に質問しても回答が異なるため仕事が覚えづらい状況になります。

そうなると仕事のミスが発生しやすい状況になってしまいます。

仕事ができるようにならないと自分のペースで仕事ができないということなので、ストレスを感じて疲れる日々が続いてしまいます。

転職して3ヶ月で覚えられないときの対処法はこれがおすすめです。

転職して3ヶ月で覚えられないときの対処法

入社して3ヶ月経ってもなかなか覚えられないなら、あたなの能力や努力に問題があるか会社の仕組みに問題があるかどっちかです。

会社に問題があるとして考えた場合、仕事を覚えるのが難しいのなら、誰でも仕事を覚えやすいマニュアル作りを上司に訴えて、マニュアル作りを自分の仕事にしてしまいましょう。

マニュアル作りをすると仕事の流れも把握できるし自然と覚えていけますよ。
関わる人も増えていくので職場にも慣れていきます。



転職したけど仕事についていけない

転職したけど仕事についていけないという場合は同僚とのコミュニケーションに影響が出るため、職場に馴染むのは難しくなります。

入社してみないと仕事レベルはわからないので仕方のないことです。

仕方のないことですが、同僚よりも能力が大きく下回る場合は、同僚からは期待外れだと思われて仕事の相談もなく意見もきかれることもありません。

仕事のレベルを落として働くことが可能な職場なら良いのですが、それが難しい場合は能力が高まるまでの期間は職場に馴染めず孤独を感じることになります。

転職したけど仕事についていけないときの対処法はこれがおすすめです。

転職したけど仕事についていけないときの対処法

正直に上司に相談しましょう。
一人で仕事を完結するのが難しければ、誰かの仕事を一緒にやらせてもらうところから始めて、仕事を覚えていくというのが無理がないです。

職場の仕事レベルが高いなら誰かの仕事のサポートだけでなく、プライベートの時間を利用してスキルアップする努力もした方が良いでしょう。

自分のレベルに合った仕事をしないと強いストレスになってしまいますよ。



転職して馴染めないと辞めたい気持ちになる

転職して馴染めない期間が続くと辞めたい気持ちになってしまいますよね。

職場に馴染めないと孤立してしまうので精神的にも辛くなり、会社に行きたくない気持ちで毎日を過ごすことになります。

そのような状況が続くと、もう職場に馴染みたくないという気持ちで投げやりになってしまうこともあるかもしれません。

転職して半年経っても馴染めないなら仕事ではなく、人間関係が問題の場合もあります。
もしくは男性や女性の比率が偏っていてコミュニケーションをとるのが難しいという状況も考えられます。

いずれにしても新しい職場にいつまでも馴染めないというのはストレスになります。

転職して馴染めなくて辞めたいときの対処法はこれがおすすめです。

転職して馴染めなくて辞めたいときの対処法

辞めたいくらいの気持ちになっているのなら、無理に職場に馴染む努力をしないというのも手段の一つです。

職場によっては最低限仕事さえできていればいいので、仕事はお金のためと割り切って周りの同僚は気にせず仕事に集中してしまうのも有りです。

辞めるという段階にきているのなら思い切った行動ができるはずです。
今の部署で馴染めないなら他の部署に異動願いを出してみるのも良いです。

辞めるのはできることを全て試してからにしましょう!



転職して慣れるまでは我慢が必要?

転職して慣れるまでは我慢は必要です。

そして、我慢以上に努力が必要です。

転職して1ヶ月は仕事を覚えたり、人間関係を構築したり誰でも辛い時期になります。

精神的にも肉体的にも疲れますが、転職後に我慢をして努力をすることで新しい職場にも馴染んできます。

半年も経てば完全に溶け込んで仕事も人間関係もかなり楽になるはずです。

人によっては性格や仕事が合わなくて辛過ぎるということもあると思いますが、まずは1ヶ月頑張ってみるといいかもしれません。

転職先でうまくいかないなら再転職を検討しよう!

どうしても転職先でうまくいかないなら無理をして働き続けてもストレスになるだけです。

仕事も人間関係も合わなくて馴染めないなら、スパッと試用期間で辞めてしまうのも選択肢の一つです。

合わない職場に長くいてもいずれ辞めることになりそうなら見切りをつけるのは早い方が良いです。

自分の仕事レベルに合う職場、自分の性格に合う人がいる職場が馴染める職場です。

転職後は疲れることばかりですが、少しでも働きやすい職場を見つけることで仕事が楽しくなりますよ。

世間体を気にせず再転職を検討してみてもいいかもしれません。

 

 

まとめ

転職後が疲れる原因や理由、新しい職場に馴染めない理由とストレスの対処法について紹介しました。

転職後は疲れることが多いのは仕方がないことなので、自分なりにストレスが溜まらないような対処法を見つけることが大事です。

どうしても新しい職場に馴染めない場合は再転職を考えるのも選択肢の一つです。

キャリアスタート