Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

仕事のマンネリは転職か異動が打開策!辞めたい仕事を改善するには?

仕事のマンネリは転職か異動が打開策!辞めたい仕事を改善するには?

仕事がマンネリしてくると辛いですよね。
仕事のモチベーションもかなり下がって辞めたくなりますよね。

仕事がマンネリしているなら、転職をするか部署移動が打開策になるかもしれません。

しかし、状況によっては転職や部署移動をしなくても仕事のマンネリ化を改善できるかもしれません。

転職や部署移動を考える場合、辞めないで仕事のマンネリから脱却する場合の両方の改善方法を見ていきましょう。

仕事のマンネリを転職して打開することはできるの?

仕事のマンネリを転職して打開することはできるの?

仕事がマンネリしてつまらないのは転職理由になるの?

仕事がマンネリしてつまらなくなったというのは転職の理由としては通じるのでしょうか。

結論から言うと「通用します」。

ただし、面接では伝え方が重要になります。
伝え方次第では、やる気がない人と思われてしまうためです。

まずは、仕事がマンネリしてつまらない理由を明確にしておく必要があります。

仕事がマンネリしているということは「同じ仕事内容の繰り返し」だったり、あなたの「今もっているスキル以上の仕事ができていない」状況が考えられます。

この場合は、あなた自身で変えることが難しい会社のサービス内容のため同じ仕事を日々繰り返すだけになっていたり、何年か働いていてスキルが身に着き力を持てあましているという解釈をしてもらえると考えます。

転職理由として印象が良い伝え方としては、

「新しいことにチャレンジできる会社で、今以上のスキルアップができる環境で働きたい」

このように伝えることで、仕事がマンネリして転職する場合でも面接では前向きにアピールとともに説明することができます。


仕事がマンネリ化しないような転職先を探す

仕事がマンネリ化するということは、毎日同じような仕事内容でルーティン業務になっているはずです。

おそらく分業もされてしまっているために、言われた通りの仕事やマニュアル通りに作業するだけという状況が多いと考えられます。

仕事でマンネリ化しないためには、老舗の企業や大手企業よりもスタートアップ企業やベンチャー企業に転職することでマンネリ化を解消できます。

理由としては、スタートアップ企業もベンチャー企業も誰かが指示してくれた仕事をするよりも、あなた自身で考えて仕事を生み出していくような環境になるため、毎日が新鮮で忙しくなります。

仕事がマンネリ化しないということは忙しいということは頭に入れておいたほうが良いです。

常に新しいことにチャレンジしている会社を探す

会社を立ち上げたばかりのスタートアップ企業もベンチャー企業も新しいことにチャレンジするのですが、「常に新しいことにチャレンジ」している会社ばかりではありません。

常に新しいことにチャレンジする会社はどのような特徴があるのでしょうか。

チャレンジする会社の特徴

・数年先まで事業をどうしたいかビジョンがある。

・人材採用に積極的である。

・社内に新しい技術を研究する部門がある。

・他社の経営者と積極的にコミュニケーションをとっている。

このような会社は、スタートアップ企業でもベンチャー企業でも常に新しいことにチャレンジしていく姿勢を持った会社と言えます。

逆にこのような特徴がない場合は、スタートの段階はあれこれ頑張りますが、ビジョンがないため未来への投資をしなくなってきます。

要するに目先の利益ばかり追いかけてしまい、新しいチャレンジ投資するお金をケチってしまい消極的になってしまいます。

仕事でマンネリしたくない場合は、新しいことにチャレンジしている会社を選びましょう。

 

 

転職先は仕事に慣れたとき部署異動できる会社が良い

新しいことにチャレンジしている会社に転職ができたとしても、何年か働けば仕事がマンネリ化してきます。

仕事がマンネリ化してしまったときに、転職した会社が本人の希望に応じて部署異動ができるかどうかで仕事環境は変わってきます。

もし、滅多なことでは部署異動が難しいということが面接の段階でわかっているなら、その会社へは行かないほうが良いです。

数年経つと必ず仕事がマンネリ化してモチベーションが上がらなくなってしまいます。

転職先として選びたいのは、本人の成長を考えて希望部署へ異動を前向きに考えてくれるような会社です。

気を付けたいのは、本人のキャリアや希望を無視した人事異動になってしまわないかという点です。異動先の仕事内容によっては興味が持てなくてつまらない日々を送ることになってしまうからです。


仕事のマンネリを異動して打開することはできるの?

仕事のマンネリを異動して打開することはできるの?

人事異動のメリットとデメリットを考えておく

 

人事異動のメリット

・新しい人間関係を築くことができる。

・仕事内容や役割を変えることができる。

・スキルアップができる。

部署異動ができると、今とは少し異なる仕事内容になる可能性があるため仕事のマンネリを打開することができる可能性が出てきます。

仕事内容が変わるということは、今よりも新しいスキルを身に着ける機会が生まれるということでもあるのでスキルアップして社内での存在価値を高めることもできそうです。

直接的な仕事以外では、人間関係もリセットして新たなスタートを切ることもできるため、もし人間関係でうまくいかないことがあった場合はやり直せるチャンスです。

人事異動のデメリット

・人間関係が合わないと仕事が苦痛になる。

・仕事内容は完全には選べない。

・どれくらいの期間所属できるかわからない。

部署異動のデメリットとしては、仕事内容を選ぶことができないので完全に希望条件に合う仕事をさせてもらえるかわからないという点です。

そして、どれくらいの期間その部署に所属することになるのかわからないので、大した仕事も任されないまま、また他の部署へ異動することもあるかもしれません。

結果を出せない場合は、元いた部署に出戻りというパターンもあるかもしれません。

あとは人間関係で性格が合わない人がいる場合は、仕事のマンネリよりも人間関係で苦痛になる可能性もあります。

部署に異動させてもらう立場なので、合わない人がいる場合は我慢する必要があります。


上司に相談してルーティンにならない部署へ異動を申し出る

所属する部署によって仕事内容は大きく変わると思います。

例えば、事務職であれば書類作成や電話対応など決まった仕事しかしないことが多いのでルーティンワークになってしまいますよね。

あなたが担当している仕事と関連性が高い部署に異動できるように上司に相談してみましょう。

関連した業務を行う部署であれば、今までの仕事経験は活かせるし、さらなるスキルアップにつながるかもしれません。

無理に転職をするよりも働き慣れた会社で力を発揮する方がリスクはありませんよね。

上司に相談するときは、今あなたが担当している仕事が問題なく対応できていて次のステップに進みたいとアピールできる状況にしておく必要があります。

現時点で、仕事がマンネリしているからといって適当にしていると、上司に相談したところで仕事のやる気が伝わらず部署異動を却下されてしまうかもしれません。

いざというときに堂々と上司に相談できるように日頃から仕事は頑張りましょう!

仕事がつまらないのは人間関係が問題になることもある

仕事がマンネリしてはいないのに、人間関係がこじれていて仕事がつまらないと感じてしまうことで「マンネリ」した気分になってしまうこともあります。

実際は仕事内容ではなく、つまらない人間関係の中で仕事をする環境にマンネリしたということになります。

案外、身の回りの同僚でも多いのが、人間関係が良くなったとたんにつまらなそうにしていた仕事を楽しそうに取り組みだしたりすることがあります。

もし、今の部署やチームで仕事をしていてマンネリ感があるのなら、部署異動して新しい仲間と仕事をすることによってマンネリを解消できるかもしれません。

人間関係が良い状況でも仕事がマンネリしてつまらないという場合は、部署移動ではなく、転職を考えた方がいいかもしれません。


仕事がマンネリして辞めたいしつまらないと思う理由と改善策

仕事がマンネリして辞めたいしつまらないと思う理由と改善策

仕事がマンネリしてしまって辞めたい気持ちになったり、仕事がつまらないと思ってしまう根本的な理由と改善策についてかんがえてみます。

仕事がつまらないと感じるほど仕事内容に興味がなくなった

仕事そのものがつまらないと感じてしまうのは、あなただけの問題ではないかもしれません。

今の仕事に対して会社として何を目指しているのかわからなかったり、所属部署の扱いが悪かったりすると仕事のやりがいは無くなるしつまらないと感じてしまいます。

評価もされないような仕事だと査定で給料やボーナスアップも期待できないので、仕事がつまらないと感じてしまうこともありますよね。

もし、お客様を相手にする仕事なら、「ありがとう」の感謝の言葉は嬉しいですが、クレームばかりだったりすると何のために働いているのかわからなくなってしまいます。

仕事がつまらなくて辞めたいと考える人には、成果主義で評価されるような会社、自分が担当している仕事がお客様から直接感謝されるような環境に行くと仕事の意義が見いだせて頑張れると思います。


仕事が退屈だからやる気がでない

仕事が退屈になってしまうのは、仕事量そのものが少ない場合が多いと思います。

仕事量が少ない場合も毎日同じ作業の繰り返しで終わってしまい何の変化もありません。

やはり仕事はマンネリ化していき辞めたい気持ちが沸いてきてしまいます。

長い期間、仕事で退屈な状態になると段々とモチベーションが下がってやる気が失われていきます。

やる気が失われると仕事でスキルアップする努力もしなくなるし、毎日会社に行くのも嫌になってしまいます。

このような状況になると危険なので、退屈な時間を利用して業務改善など仕事に関する提案を考えてみるのもよいです。

案が採用されるかわかりませんが、暇な時間があるからこそできる仕事です。

良い提案を上司に提出できれば、良い評価をもらえる可能性もあるし、新しい仕事が生まれるかもしれません。

仕事が単調でルーティン作業が続いている

仕事が単調ということは、既に仕事が決められていてマニュアル通りに進める場合が多いと思います。

基本的には頭を使わないでできる仕事なので単調になり、仕事がマンネリ化しやすいです。

ルーティン作業を担当させられているということは、少なからずスキルは高い方ではないので、単調なルーティン作業から抜けたければ、今よりもスキルアップをする必要があります。

スキルアップは単調作業の中でのスキルアップではなく、一つ上のグレードや等級を目指した、頭を使う仕事ができるようになるためのスキルアップです。

ルーティン作業しかしていない場合は、評価ポイントがあまりなく、転職活動をしても希望通りの転職先を見つけるのが難しいので、まずは今の会社で他社でも通じるような仕事に携わりスキルアップすることを考えてみましょう。


仕事に飽きたからモチベーションが上がらない

仕事に飽きてしまったという原因は、今の仕事は今のスキルで十分こなせているという証拠です。

モチベーションが上がらない会社で働き続けても前向きに仕事に取り組むのは難しいかもしれません。

仕事に飽きてしまってモチベーションが上がらない状況が続くなら、まずは今働いている会社で部署異動を検討してみると良いです。

もう今の会社自体に飽きてしまったという場合は、転職することを視野に入れてみましょう。次のキャリアへ向けてステップアップするという段階にきているということです。

仕事に飽きないような新しいことにチャレンジしているベンチャー企業へ行くと仕事に飽きてしまう部分は解消できるかもしれません。

仕事のマンネリからの脱却は仕事環境を変えるのが一番の近道

仕事のマンネリからの脱却は仕事環境を変えるのが一番の近道

仕事のマンネリ化が続いてしまうと、もう今の会社ではどうにも解決でき無くなってしまう場合もあります。

仕事のマンネリを脱却するには部署異動をするか転職をして職場環境をガラッと変えてしまうのが早いかもしれません。

20代の若い人は問題ないと思うのですが、30代で仕事がマンネリして転職を考える場合は年齢相応の経験とスキルがないと転職自体が難しい場合があるので気を付けましょう。

転職を考える場合は、まずは自分の市場価値を知ったうえで行動することが大事です。

無理して今の会社でどうにかしようとせず、視野を広げて考えてみましょう!

まとめ

仕事のマンネリは転職か異動が打開策になるということについて解説しました。

仕事を辞めたいと思う環境を改善するには部署異動か転職することが仕事のマンネリ化から脱却する近道かもしれません。

転職は失敗してしまうと取り返しがつかないので、まずは今の会社で部署異動ができないか検討してみましょう。