転職の悩み

転職は早いほうがいいのはなぜ?新卒や2年目の転職は早すぎる?

転職は早いほうがいいのはなぜ?新卒や2年目の転職は早すぎる?
転職したい人
転職したい人
  • 新卒2年目だけど仕事を辞めたい
  • 第二新卒でも転職できるか不安
  • 次の転職は絶対に失敗したくない

このような悩みや不安を抱えていませんか?

 

Yasu
Yasu
こんにちは。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職上級者です。今回は、新卒や2年目の人が転職は早い方がいい理由について解説していきますね。

結論から言うと、転職は早いほうがいいですよ。

昔から言われている「最低3年は働け」という言葉を鵜呑みにして後悔している人が多いです。

辞めたいと思っている会社で3年働いても得るものは少なく、年齢が上がってから選択肢を狭めた状態で転職しても良いことはありません。

「もっと若い頃に転職してやり直していれば・・」と後悔する転職は避けたいですよね。

新卒や2年目で転職することは決して早すぎることはありません。

この記事では、転職が早い方がいい理由や第二新卒で転職した方がいい理由について解説しています。

 

転職を考え始めたら準備として、まずは自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/

転職は早いほうがいい理由 男性の場合

転職は早いほうがいい理由 男性の場合

同じ会社で働いている方が出世しやすい

短期間で会社を転々としているよりも同じ会社で勤続年数が長いほうが社内からの評価を得やすいです。

業務に直結した経験がないとわからないような昇進試験がある会社もあります。

長く働いて経験を積んだからこそ昇進試験に合格できると言っても過言ではありません。

1つの会社で長く働くことは、スキルアップにつながりやすく専門家になれる可能性もあります。

男性の場合は、共働きの時代といっても60歳~70歳まで働き家庭を支える役割があります。

できることなら出世して高い年収で働きたいですよね。

早めに転職して、転職先の会社で腰を据えて働くほうが良いです。

同じ業界や会社で経験を積むと徐々に仕事が楽になる

一つの会社で働いていれば、それなりに業界知識やスキルが身についていきます。

入社して1年目は誰もが仕事を覚えることで辛いと思いますが、3年~5年くらい働くと大抵のことは出来るようになるし、自分の仕事をコントロールして残業を減らすこともできます。

若手に仕事を教える立場にもなってくるので、わからないことを誰かに教えてもらう立場から教える立場へと変わっていきます。

教わっている時期はいつも先輩の顔色を伺いながら質問したり、怒られて辛いこともあると思いますが、その辛さはなくなっていきます。

人によってはマネジメント職に就いて、部下の指導や事業推進など会社の重要ポジションで働き充実したワークライフを送れるかもしれません。


何回か転職しているといろいろな角度で物事を判断できる

若いうちに転職をしていると会社によって異なる「社風」や「行動指針」などを客観的に判断できるようになってきます。

例えば、初めて入社した会社の社員がやる気がない人ばかりで、2社目はやる気がある社員が多いとします。

それは社員のモチベーションを高めるような制度や仕組みが会社にあるかないかだとわかるようになります。

そうすると、どの範囲が会社の責任で自分の責任なのかが判断できるようになってきます。

働き続けているとわかってきますが、会社は問題があると「お前の責任だ!」という感じですぐ個人に責任を負わせようとします。

たとえ上司に怒られたとしても、怒られた内容が会社の仕組みとして改善しなければいけないことなのか、自分が直さないといけないことなのか判断して意見できるようになってきます。

結果として、今まで自分で背負ってしまったストレスがなくなっていきます。

転職後の1年で再転職するのは転職失敗の繰り返しの原因になるかも?
転職後の1年で再転職するのは転職失敗の繰り返しの原因になるかも? このような悩みや不安を抱えていませんか? 転職して1年後に再転職をしたい、再転職をしなければいけないという...

転職は早いほうがいい理由 女性の場合

転職は早いほうがいい理由 女性の場合

結婚したらライフイベントで忙しくなる

女性は結婚するとライフイベントで忙しくなるので、そのようなタイミングで転職をしようとしても選択肢が狭くなってしまいます。

結婚する年齢は25歳~30歳くらいが多いのではないでしょうか。

30歳付近でまだ未婚だとして転職を考える場合、雇う側からすると結婚を機に退職したり、極端な時短勤務を希望するのではないかと不安になります。

要するに戦力になるかならないかを見ているのです。

フルタイムで働く人に比べたら育児による突発的な欠勤や時短勤務などがあるため、同じ仕事量は頼めなくなってしまいます。

少人数の会社の場合はそのような懸念から、なかなか内定をもらえない場合もあります。

もし、新卒で入社した会社が自分に合わないと感じたり、やりたい仕事ではなかったという人はすぐに辞めてしまっても問題ありません。

昔に比べて人手不足の会社は多いです。

余程の高望みをしなければ、やりがいのある仕事に転職ができるかもしれません。

転職してやり直すなら早めの方が良いです。


年齢とともにやりたい仕事が選べなくなってくる

新卒や第二新卒のときに転職をする場合は、高いスキルは求められません。

せいぜいやる気や将来のビジョンなど気持ちの部分が評価されやすいです。

しかし、年齢が高まるにつれて即戦力して働くことを求められるようになり高いスキルを求められます。また、部下をマネジメントする能力も求められるようになってきます。

あなたが高い専門スキルを持っていても、雇う側がマネジメントする役割なら採用したいと思えばミスマッチとなり不採用となる可能性が出てきます。

まだ若いうちなら、雇う側も教えていけばいいと考えるので採用もされやすく、仕事を選べる幅は広いです。

転職は早いうちにした方が良いのです。

後になると自分を優先させられなくなる

20代後半になってくると結婚する人もいると思います。

女性の場合、結婚をしたら旦那さんの転勤に伴う引っ越しによって生活する地域が変わってしまうかもしれません。

ライフステージが大きく変わる前までが転職のチャンスだと思って、早いうちに転職をした方が納得のいく人生になると思います。

子供を授かった場合は、育児期間などフルタイムで働くことが難しい状況になれば、今まで通りのワークスタイルを維持することは難しくなってきます。

時短勤務じゃないと働けないとなった場合には、求人数や職種が限られてくることもあるため自分の思い通りの仕事ができないかもしれません。


新卒や2年目の転職は早すぎるのか?

新卒で転職したいと思ってしまう会社にいてもデメリットが多いのではないでしょうか。

特に新卒の場合は、職場の雰囲気や先輩との人間関係の相性などは入社してみないとわからいことも多いです。

仕事内容についても、未経験だからこそ実際の仕事をしてみた結果、やりたいことなのかどうかがわかってきます。

転職したい理由が甘えではなければ、新卒や2年目の転職は早いと思うことはありません。

早く気付くことができるのも大事なスキルの一つです。

周りの人の意見はあまり参考にせず、あなたにとって転職が早いかどうかを判断してみてください。

1年働いても3年働いても得るものが変わらないのなら、1年で辞めてしまって転職したほうが人生にとってプラスになるはずです。

入社してすぐ辞める方法はあるの?転職初日で辞めたい理由とは?
入社してすぐ辞める方法はあるの?転職初日で辞めたい理由とは? このような悩みや不安を抱えていませんか? あなたが転職初日に社風が合わなくて辞めたいと思ったのなら、このま...

第二新卒の扱いはいつまで?

企業によって第二新卒の定義が異なります。

一般的によく言われるのが、「新卒3年未満」となります。

大学卒業後、23歳の新卒で入社している場合は、25歳~26歳までが第二新卒として扱われます。

既卒の場合は第二新卒に入るのか?という疑問があるかと思います。

既卒の場合は第二新卒と違って社会人経験がありません。

社会人経験がない人は第二新卒として受け止める企業はあまりないようです。

基本的には一度でも会社に入社した新卒3年未満の人を第二新卒として扱うことが多いようです。

自分が既卒なのか、第二新卒なのかは把握しておきましょう。


第二新卒の転職が成功するか失敗するかで人生が変わる?

転職するなら早いほうがいいです。

第二新卒で転職する場合は、しっかりと腰を据えて働けるような会社に転職をしましょう。

なぜなら、腰を据えて働くことで仕事の経験値やスキルが高まっていくため、給料アップや昇格のチャンスにつなげやすくなるからです。

男性の場合はある程度の経済力がないと結婚が難しくなってしまう人もいるので、転職先の職場で早い段階から自分のポジションを確立できるかどうかが重要になってきます。

第二新卒として転職した会社がブラック企業だった場合、残念ですがまた転職することとなり、短期間の転職によって経歴に傷がついていきます。

そうすると次の転職ではアピールできる実績もほとんどなく、転職自体が難しくなってしまいます。

無理に転職先を見つけようとして内定が出やすい小さな会社に入ってしまうと、給料も上がらずやりがいの無い仕事ばかりで辛い社会人生活を送ることになります。

第二新卒で転職する会社は、3年~5年は働けてスキルが身につくような会社に転職しましょう。短期的な転職を繰り返すと市場価値が下がってしまうためです。

何もスキルアップできない会社に5年いても市場価値が上がらないので、もしものとき転職を考えても仕事が見つからないかもしれません。

引き抜きの転職に迷いがある?引き抜きで転職するリスクとは? このような悩みや不安を抱えていませんか? あなたが今の会社で活躍しているのなら、その活躍を聞きつけて引き抜...

転職のタイミングとして良い時期や年齢は?

転職しやすい時期はあるのか?

一般的に転職しやすい時期はあります。

それは、企業の期の変わるタイミングになります。
期の変わり目は社内の組織変更が行わるタイミングでもあるので、人員の増強や辞めてしまた人の補充が発生します。

4月入社は毎年定期的に行う採用となります。4月が一番多くの人を採用することになりますが、応募者も多いです。

6月入社の募集は、5月で辞めてしまう人の補充がほとんどです。
すぐに辞めてしまった新人の補充です。多くの新人が辞めていくわけではありませんが、採用枠が発生する可能性があります。

9月入社は組織変更に伴い前向きな人員を補充になることが多いです。
6月入社を狙うよりは9月入社の方が採用枠があることが多いです。

10月入社が一番多くの採用枠があります。
しかし、企業によっては新卒と同じタイミングに入社させて育てていきたいと思うところもあるため4月入社の採用に力を入れる場合もあります。

6月入社は5月病で辞めてしまった人の補充になる可能性が高く、採用枠は多くありません。

狙うなら4月と10月入社です。

応募から採用までは2ヵ月前後かかるため、入社したい月の2ヶ月~3ヶ月前から転職活動を始めましょう!


転職しやすい年齢はあるのか?

転職しやすい年齢は人それぞれ能力や経験によって異なります。

例えば、30歳の中途と第二新卒を比べても、タイミングによって求める人材が異なるため転職しやすい年齢があるとは一概には言えません。

第二新卒で転職を考える場合はまだ能力に大きな差が出ません。

やる気の部分や成長意欲という点について考え方に大きな差が出るため、第二新卒で転職をする場合は年齢よりもやる気が重要となります。

若手採用に力を入れているような企業に転職をしたければ、年齢が関係してくるので第二新卒として扱われる25歳~26歳までが転職しやすいと言えます。

26歳よりは他社に染まっていない24歳の方が採用されやすいこともあるかもしれません。

応募先の企業の考え方によります。

引き抜きの転職に迷いがある?引き抜きで転職するリスクとは? このような悩みや不安を抱えていませんか? あなたが今の会社で活躍しているのなら、その活躍を聞きつけて引き抜...

初めての転職活動で不安なら転職エージェントに相談しよう!

初めて転職活動をする場合は、どのように進めていけばいいのかわかりませんよね。

特に職務経歴書をどのように書けばいいのかわからないと思います。

応募の準備段階で躓いてしまうと転職活動がスムーズにいかなくなるので、わからないことを相談できる転職エージェントを活用した転職活動をおすすめします。

転職エージェントと一度面談をしておくと、あなたの希望や考えに合った会社を紹介してくれます。

転職を希望する会社の雰囲気や今回募集をしている理由、同僚になる仲間のことも教えてくれます。

転職先の職場で「こんなはずではなかった」というような失敗を防ぐことができるかもしれません。

転職サイトで探すと時間がかかるので、転職エージェントが選んだ求人から応募する方が条件にマッチしていて効率的に転職活動を進めることができます。

無理して働き続けると、沢山のデメリットが出てきます。

転職しない場合のデメリット
  1. 上司・同僚との人間関係が悪くなる。
  2. どんどん人が辞めて人手不足になる。
  3. 優秀な人から辞めていくので、さらに業績が悪くなる。
  4. 給料を大幅に下げられる可能性がある。
  5. 潰れた会社出身の人は転職で不利になることがある。
  6. 転職するときに実績が少なくて応募先企業を選べない状況になる。
  7. 心身疲労によって働くことができなくなる可能性がある。

今すぐに転職をしなくても、良い条件で転職するチャンスを掴むために準備だけでも始めておけば、あなたの将来は守れるかもしれないのです。

転職することのメリットはこんなにあります。

転職する場合のメリット
  1. 現在の精神的な辛さから解放される。
  2. 転職するだけで年収が上がる可能性がある。
  3. 今より良い人間関係の職場で働くことができる。
  4. スキルアップできて市場価値が高い人材になれる。
  5. 働き甲斐をもって気持ちよく働くことができる。
  6. 全てをリセットしてやり直すことができる。
  7. 労働条件が良くなり健康的に働けるようになる。
  8. プラス思考になって前向きな人になれる。

今がマイナスなのであれば、転職することで今より必ずプラスになるはずです。

このような不満があるのなら『転職エージェント』を活用することで解決することができます。

・会社の将来性が不安。

・仕事量に見合わない給与。

・残業が多く休日が少ない。

・会社の評価方法が不公平。

・専門知識、技術を習得できない。

転職エージェントに相談すると、このような不満を解決できる、あなたに合った会社を紹介してくれるのです。

絶対に登録すべき転職成功実績No.1の転職エージェントを1社ご紹介します。

転職支援実績No.1
リクルートエージェント

リクルートエージェント
総合力 5.0
求人数 5.0
サポート力 5.0
交渉力 5.0


リクルートエージェント
無料登録はこちら

リクルートエージェントの強み!

  1. 転職支援実績No.1。
  2. 非公開求人が20万件以上。
  3. 業界に精通したアドバイザー。
  4. 独自の業界・企業情報提供。

リクルートエージェントは、あなたのように悩んでいる人の転職を成功させようと全力でサポートしてくれる転職のプロなのです。

転職成功者のほとんどが、リクルートエージェントに登録しています。

あなたが得られるメリット

  1. 非公開求人(大手企業・優良企業)に応募できる。
  2. エージェントから求人紹介をしてくれるから時間がなくても活動できる。
  3. メイン担当以外にアシスタントが数名いるので土日でも連絡が取れる。
  4. 年収・入社日を交渉してもらえる。
  5. 面接の日時調整をしてもらえる。
  6. 面接対策として面接力向上セミナーに無料で参加することができる。
  7. 志望企業へ何社も同時に推薦をしてもらえる。
  8. 職務経歴書・履歴書を添削をしてもらえる。

実際にリクルートエージェントを利用することを考えたときに、気になる点をみていきましょう。

安心して利用できる理由

利用にはお金がかかるの?

全て無料です!求人紹介もキャリアの相談も面接対策も全て費用がかかりません。転職エージェントは求職者を企業に紹介して転職が決まると企業から紹介料をもらうことで成り立っているのです。あなたは何も心配せず利用して大丈夫ですよ。

時間がないけど利用しても大丈夫?

時間がない人にこそ利用価値があります。登録後、あなたの希望する求人や人柄を伝えるために一度は転職エージェントと面談をする必要がありますが、面談後は転職エージェントがあなたの希望する求人を紹介してくれるのを待つことができます。もちろん、あなたからも求人検索はできるので、応募したい企業があればボタン一つで即応募ができます。

登録が面倒なんじゃないの?

会員登録は5分~10程度ですぐにできますよ。入力内容は「転職に期待すること」、「プロフィール情報の入力」です。基本的には、選択項目が多いです。

すぐに転職しないといけないの?

登録したからといって来月までに転職しないといけないわけではありません。あなたの希望する求人があれば応募していけばいいのです。3ヵ月~6ヵ月、場合によってはそれ以上の時間をかけてじっくり転職活動をしても大丈夫です。

どのような企業の求人を紹介してもらえるの?

安定した大手の上場企業、優良な中小企業、資金調達している業績好調なベンチャー企業の紹介をしてくれます。転職サイトには公開されていない「非公開求人」もあるので滅多にお目にかかれない企業の求人を紹介してもらえることもありますよ。

履歴書や職務経歴書のアドバイスはしてもらえるの?

アドバイスはしてもらえます。職務経歴書のまとめ方が苦手な人でも大丈夫です。転職エージェントは転職支援のプロです。多くの支援経験から、あなたの履歴書、職務経歴書にアドバイスをくれます。修正の必要がないと判断された場合は、アドバイスがないこともあります。

転職エージェントは怖いですか?

物腰が柔らかく人当たりの良い方ばかりです。転職活動中に困ったことがあれば相談にのってもらうこともできます。転職エージェントは転職支援サービスです。あなたはサービス提供されるお客さんの気持ちで大丈夫です。あなたにとって相性が悪いと感じるエージェントが担当だった場合は、代えてもらうこともできますよ。

複数の転職エージェントに登録してもいいの?

複数の転職エージェントに登録しても何も問題ありません。転職活動をしているほとんどの人が3社前後は登録しています。その中から自分に合う求人、応募したい求人を探しています。各社転職エージェントもこの点は理解があるので、同じ求人を紹介されたときに、どちらかを断ったとしても怒られることはありませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

状況が悪くなってから焦って転職活動をしてしまうと、判断力が鈍くなって今より悪い会社を選んでしまう原因になります。

転職を失敗しないためには、余裕をもって進めることをおすすめします!

登録したからと言って来月転職しなければいけないわけではないので、じっくりと6ヵ月かけても大丈夫です。

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録をして求人紹介を受けてみましょう!


リクルートエージェント
無料登録はこちら

まとめ

転職は早い方がいいのはなぜか、新卒や2年目の転職は早すぎるのかどうかについて解説しました。

年齢が上がっていくと結婚や育児などのライフイベントの影響が出てきます。

転職氷河期と言われた時代よりもだいぶ求人数が多い時代になったので、転職をしたいと思ったら、早めに転職をして立て直すことが可能です。

転職先さえ見つかれば早すぎることもありません。

転職したいと思ったら、自分が転職できそうな求人があるかどうかを転職エージェントに相談してみるのが良いです。

今回が初めての転職活動だったり、2回目の転職活動で慣れていない場合は、第二新卒や若手のサポートに特化している転職エージェントを選びましょう!

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/
ABOUT ME
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細
関連記事