仕事の悩み

上司と合わないから辞めたいと思う人の11つの理由と対処法!

上司と合わないから辞めたいと思う人の11つの理由と対処法!
上司と合わないから辞めたいと思う人
上司と合わないから辞めたいと思う人
  • 上司と仕事の進め方が合わないから辞めたい
  • 上司が無能だから辞めたい
  • 理不尽な上司だから辞めたい

このような悩みを解決します!

Yasu
Yasu
こんにちは。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職上級者です。今回は、上司と合わないから辞めたいと思う人の11つの理由と対処法をご紹介します。

社会人であれば、誰でも一度は上司と合わないから辞めたいと考えることがあると思います。

理由にもよりますが、上司と合わないなら、あなたが転職した方が解決の近道になる場合があるのです。

逆に転職しなくても解決できる場合があるので、具体的に上司と合わない理由を明確にして対処していきましょう。

この記事では、上司と合わないから辞めたいと思う人の理由と対処法について解説します。

既に転職を考えているのなら、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてください。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)です。

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/

上司と仕事の進め方が合わないから辞めたい

上司と仕事の進め方が合わないと強烈なストレスになりますよね。

具体的にはこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 自分のペースで仕事を進められない。
  2. ワークライフバランスが乱れる。
  3. 自分の能力が発揮できない。

仕事のボリューム、納期までのスケジュール管理、何人がかりでプロジェクトを進行するかなど、あなたと考え方が合わないことがあると思います。

仕事内容によっては上司よりあなたの方が長けている場合もあると思います。

あなたの能力が活かせなければ、あなたの能力は発揮されず評価されるような成果は出ないでしょう。

本来なら残業しなくてもよいような仕事で残業発生してワークライフバランスが崩れ、体調を崩してしまうかもしれません。

上司と仕事の進め方が合わない場合の対処法としては、上司の言いなりにならず、あなたの方から上司よりも合理的な提案をしましょう。

言葉だけだと伝わらない場合もあるので、パワーポイントなどで資料を作り、提案することをおすすめします。

頑固な上司の場合は、他のチームメンバーにも同席してもらい、どっちの仕事の進め方が適しているのか判断してもらいましょう。

上司が無茶振りするから辞めたい

上司の無茶ぶりは本当に困るので、頻繁に続くようなら辞めた方が良いです。

辞めないとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 毎日イライラしてしまう。
  2. 仕事が終わらなくて残業時間が増える。
  3. 依頼された仕事ができないと評価を下げられる。

無茶ぶりされる仕事なので、終わらない仕事量だったり、誰がやってもできないような仕事を依頼されるわけですよね。

目をつけられたあなただけが苦労することになるので、辞めたい気持ちが高まるのは当たり前です。

無茶ぶりする上司の対処法としては、上司に無茶ぶりだと認識させることです。

まずは、依頼された仕事に対して30分あたりにさばける仕事量はどれくらいなのか質問してみましょう。言われたとおりの仕事量を本当にさばけるのか目の前で試してください。

おそらく、上司の言う仕事量はさばけないと思います。

無茶ぶりだという事実、証拠ができれば、この仕事は自分だけでは対応できません。と言って他の人を加えてもらうか、突き返して上司の仕事の振り方について問い詰めましょう。

事実に基づいた証拠があれば、上司は反論することができなくなりますよ。

上司が無能だから辞めたい

上司が無能だとあなたがとても苦労する場面が多いはずです。

上司が無能だとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 成果が出せない肩身の狭い事業部になる。
  2. 上司の仕事を肩代わりして対応しなければならない。
  3. 適正な評価をしてもらえない。
  4. 無能な上司にストレスを感じて疲れる。

無能な上司は自覚がありません。

だからこそ、無能な上司の下で働くととても疲れるのです。

無能な上司の対処法としては、「追い込む」ことです。

上司が無能だと言うことは、仕事ができないとうことです。

上司が無能すぎるということを証明して、役職から降格させればよいのです。

大抵、無能だと言われる上司は口だけなので、例えば、企画業務であれば同じお題に対してお互いプレゼン資料を用意し、大勢の前でプレゼンを開きましょう。

大勢の前で、あなたの方が仕事ができると言うこと、上司が無能だと言うことを証明するのです。そして、無能な上司を仕事ができない人というレッテルをはって追い込めばよいのです。

上手くいけば、無能な上司は辞めていきます。

上司が無能だからといって、あなたが転職する必要はありません。

しかし、上司がとても図太い神経をしていて辞めないし、降格もしないという場合は、あなたが転職した方が解決の近道になりますよ。

上司に不信感があるから辞めたい

上司に対して不信感が積もっていくと辞めたい気持ちが高まるのはよくあることです。

上司に不信感をもったまま働くとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 上司に対してストレスが溜まる。
  2. 上司と会話が減り不仲になる。
  3. 適正な評価をしてもらえない。
  4. 逆に上司から不信感を抱かれる。

上司を信頼できないと、すべての仕事に対してやる気が出なくなります。

それに、一度不信感を持つとすべてのことが信用できなくなり疑い深くなってしまいます。

上司と信頼関係がなければコミュニケーション不足にもなり、さらに不信感が強まっていきます。

上司に不信感があるときの対処法としては、「上司のことを知る」ことです。

不信感を解消するには、上司の考え方を知る以外にありません。

考えや本音を知ることで、あなたが勘違いしていただけという場合もあるので不信感が解消される可能性があります。

どうしても上司に対して不信感が拭えない場合は、異動願いを出すか、転職するしかありません。

不信感はあくまであなた個人の主観のため、同僚があなたの味方になってくれるかわからないからです。

会社に対しても不信感を持っている場合は、迷わず転職活動を始めましょう。

上司が気分屋だから辞めたい

上司が気分屋だと仕事で振り回されることが多くて疲れてしまいますよね。

気分屋の上司と働くとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 上司の機嫌に振り回される。
  2. 上司の気分次第で八つ当たりされる。
  3. 上司が不機嫌だとパワハラされる。

日によって態度が違い、機嫌がコロコロ変わる上司をまともに相手にしていても疲れてしまいます。

上司が気分屋でパワハラ行為をしてくることもあります。特に上司が機嫌が悪い日は面倒ですよね。

気分屋の上司の対処法としては、手のひらで転がしながら上司の迷惑行為の証拠集めをすることです。

けっして真正面から向き合ってはいけません。

まずは、どのような日、どのようなことで気分がコロコロ変わるのかデータを取りましょう。少なからず上司の気分が悪い日は予測できるようになります。

予測できるようになったら、上司のパワハラと考えられるような発言を録音して証拠を集めましょう。

証拠を集めたら労働基準監督署に相談に行って、上司に圧力をかけると大人しくなる可能性がありますよ。

上司がうざいから辞めたい

上司がうざいと毎日疲れてしまいますよね。

うざい上司と働くとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 仕事を監視されるので緊張感で疲れる。
  2. プライベートまで干渉しようとする。
  3. 空気が読めないので余計な小言を言われる。

うざい上司との付き合い方は、性格による相性次第です。

人によっては耐えられないほどのうざさを感じてしまうので、とてつもないストレスになります。

根が悪い人ではないけど、ただうざいだけの場合、憎めないし仕返しするほどでもないので、どのように対処して良いのかわからなくなってしまいます。

うざい上司の対処法としては、ターゲットにされないように距離をとることです。

普段から、なるべく他の集団に溶け込み、上司から遠ざかることで会話を減らしましょう。そのうち、上司が他の人をターゲットにするようになっていきます。

あなたもなるべく意識しないように他のことに意識を向けましょう。

何をやっても改善されないなら、上司がうざいという理由で転職するのも手段の一つです。

上司が無責任だから辞めたい

上司が無責任だとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 仕事の依頼内容がコロコロ変わる。
  2. 仕事の失敗をしても守ってくれない、逃げる。
  3. 仕事を丸投げされる。

上司が無責任だと、あなたの仕事の負担とリスクが伴います。

無責任な上司の対処法としては、無理やり仕事に巻き込んでしまうことです。

仕事を丸投げされた場合でも、放置された場合でも、証拠に残るように資料に運用体制を残しておきましょう。

その資料の中に仕事の責任者を上司にしておくのです。そしてその資料を仕事で関わる人達全員にメールで送っておきましょう。

上司はあなたに仕事を丸投げして知らんぷりかもしれませんが、仕事関係者は無責任な上司を責任者として認識します。

何か問題が起きた場合は上司に責任が行くようになりますよ。

上司が代わったから辞めたい

上司が変わると仕事の進め方や環境に変化が出るので辞めたくなる人はいると思います。

上司が代わった場合はこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. チームの雰囲気が変わる。
  2. 方針が合わないとストレスになる。
  3. 上司が仕事できない人だと育てないといけない。

上司が異動などで代わると、次の上司が尊敬できない場合もあるので頑張ろうという気持ちが失せてしまうかもしれません。

上司が代わると雰囲気も変わるので、働きにくさを感じてしまうこともあります。

上司が代わったときの対処法としては、すぐに転職を考えるのではなく、まずは方針について話をききましょう。

転職するのと変わらないレベルの変化がある場合は、あなたの働きやすい職場に転職をすることを検討しても良いかもしれません。

上司がパワハラするから辞めたい

上司がパワハラする場合はすぐにでも辞めたくなると思います。

上司からパワハラを受けても働き続ける場合はこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 精神的に滅入って鬱になる可能性がある。
  2. 会社を休みがちになる。
  3. 毎日怯えながら仕事をすることになる。

パワハラをする人は自覚がありません。パワハラ上司を追い込んだり仕返ししたりするのは難しいかもしれません。

今までパワハラがまかり通っていたと言うことは、会社の体質の問題もあるからです。

余程のパワハラを受けた場合は訴えることは必要だと思いますが、時間もお金もかかるためデメリットになってしまうこともあります。

パワハラ上司の対処法としては、職場環境を変えた方が解決の近道なので転職をすることです。

辞めさせてもらえない場合は、業界最大手!退職代行サービスEXITで上司に会わずに退職しましょう。

上司が気持ち悪いから辞めたい

上司が気持ち悪いから辞めたいと思っている人は多いはず。

上司が気持ち悪い人だとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 上司が気持ち悪くて吐き気がしてしまう。
  2. 上司が勘違いしてボディタッチしてくる。
  3. 上司がLINEにメッセージを送ってくる。

特に女性が直属の上司から気持ち悪い行為の被害に遭っていると思います。

上司が勘違いして好意を抱き、ボディタッチなど気持ちの悪い行為、LINEなどでメール送られてくることが毎日のように行われます。

上司が気持ち悪いときの対処法としては、あなたが会社を辞めることです。

下手に上司を降格させたり、左遷させたり、社内異動をするように差し向けようとすると、その過程で関りが増えてしまったり、逆恨みをされて付きまとわれてしまう可能性があるからです。

すぐに転職して、連絡先を変更して一切の関りを断ちましょう。

理不尽な上司だから辞めたい

上司が理不尽だと憤りを感じる毎日に嫌気がさしますよね。

理不尽な上司と働くとこのようなデメリットがあります。

デメリット
  1. 言いたいことが言えず精神的に辛くなる。
  2. ストレスが蓄積されてうつになる可能性がある。
  3. 理不尽が故にパワハラを受ける。

理不尽な言動をされ続けると、まともに仕事をする状態ではなくなってしまいます。

内容によっては嫌がらせやパワハラと受け取れる言動があります。

理不尽な上司は精神的に図太いので、あなたが反論しても何も変わらず、さらに理不尽なことをされる可能性があります。

理不尽な上司の対処法としては、他の仲間と結託して上司を仲間外れにすることです。

他人が嫌がるような理不尽な言動をすれば、部下は離れていき孤独になるということを思い知らせてあげるのです。

けっして理不尽な上司にキレてはいけません。

賢く理不尽な上司に制裁をしましょう。

上司が辞めないなら転職した方が幸せになれる

あなたの方から上司に辞めてくれとは言えませんよね。

人事権を持っているのは上司なので、あなたにはどうしようもないことなのです。

だから、あなたが転職した方が解決が早いのです。

転職してしまえば、もっと早く転職しておけばよかったと思うはずです。

ただ、簡単に転職に踏み切れないのは、今より良い上司がいる仕事が見つかるかどうかの不安ですよね。

でも大丈夫です。

リクルートエージェントを利用すると高い確率で転職は成功します。

リクルートエージェント
総合力 5.0
求人数 5.0
サポート力 5.0
交渉力 5.0


リクルートエージェント
無料登録はこちら

リクルートエージェントの強み!

  1. 転職支援実績No.1。
  2. 非公開求人が20万件以上。
  3. 業界に精通したアドバイザー。
  4. 独自の業界・企業情報提供。

リクルートエージェントは、あなたのように悩んでいる人の転職を成功させようと全力でサポートしてくれる転職のプロなのです。

転職成功者のほとんどが、リクルートエージェントに登録しています。

あなたが得られるメリット

  1. 非公開求人(大手企業・優良企業)に応募できる。
  2. エージェントから求人紹介をしてくれるから時間がなくても活動できる。
  3. メイン担当以外にアシスタントが数名いるので土日でも連絡が取れる。
  4. 年収・入社日を交渉してもらえる。
  5. 面接の日時調整をしてもらえる。
  6. 面接対策として面接力向上セミナーに無料で参加することができる。
  7. 志望企業へ何社も同時に推薦をしてもらえる。
  8. 職務経歴書・履歴書を添削をしてもらえる。

実際にリクルートエージェントを利用することを考えたときに、気になる点をみていきましょう。

安心して利用できる理由

利用にはお金がかかるの?

全て無料です!求人紹介もキャリアの相談も面接対策も全て費用がかかりません。転職エージェントは求職者を企業に紹介して転職が決まると企業から紹介料をもらうことで成り立っているのです。あなたは何も心配せず利用して大丈夫ですよ。

時間がないけど利用しても大丈夫?

時間がない人にこそ利用価値があります。登録後、あなたの希望する求人や人柄を伝えるために一度は転職エージェントと面談をする必要がありますが、面談後は転職エージェントがあなたの希望する求人を紹介してくれるのを待つことができます。もちろん、あなたからも求人検索はできるので、応募したい企業があればボタン一つで即応募ができます。

登録が面倒なんじゃないの?

会員登録は5分~10程度ですぐにできますよ。入力内容は「転職に期待すること」、「プロフィール情報の入力」です。基本的には、選択項目が多いです。

すぐに転職しないといけないの?

登録したからといって来月までに転職しないといけないわけではありません。あなたの希望する求人があれば応募していけばいいのです。3ヵ月~6ヵ月、場合によってはそれ以上の時間をかけてじっくり転職活動をしても大丈夫です。

どのような企業の求人を紹介してもらえるの?

安定した大手の上場企業、優良な中小企業、資金調達している業績好調なベンチャー企業の紹介をしてくれます。転職サイトには公開されていない「非公開求人」もあるので滅多にお目にかかれない企業の求人を紹介してもらえることもありますよ。

履歴書や職務経歴書のアドバイスはしてもらえるの?

アドバイスはしてもらえます。職務経歴書のまとめ方が苦手な人でも大丈夫です。転職エージェントは転職支援のプロです。多くの支援経験から、あなたの履歴書、職務経歴書にアドバイスをくれます。修正の必要がないと判断された場合は、アドバイスがないこともあります。

転職エージェントは怖いですか?

物腰が柔らかく人当たりの良い方ばかりです。転職活動中に困ったことがあれば相談にのってもらうこともできます。転職エージェントは転職支援サービスです。あなたはサービス提供されるお客さんの気持ちで大丈夫です。あなたにとって相性が悪いと感じるエージェントが担当だった場合は、代えてもらうこともできますよ。

複数の転職エージェントに登録してもいいの?

複数の転職エージェントに登録しても何も問題ありません。転職活動をしているほとんどの人が3社前後は登録しています。その中から自分に合う求人、応募したい求人を探しています。各社転職エージェントもこの点は理解があるので、同じ求人を紹介されたときに、どちらかを断ったとしても怒られることはありませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

状況が悪くなってから焦って転職活動をしてしまうと、判断力が鈍くなって今より悪い会社を選んでしまう原因になります。

転職を失敗しないためには、余裕をもって進めることをおすすめします!

登録したからと言って来月転職しなければいけないわけではないので、じっくりと6ヵ月かけても大丈夫です。

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録をして求人紹介を受けてみましょう!


リクルートエージェント
無料登録はこちら

まとめ

上司と合わないから辞めたいと思う人の11つの理由と対処法について解説しました。

あなたと合わない上司に限って会社を辞めることはないので、あなたが転職した方が人生が幸せになる可能性が高いです。

今の職場に残り続ける理由があるのなら、上手いこと上司を転がして仕事を続けていきましょう。

ただ、いずれ辞めるだろうという予感がしているのなら、遅かれ早かれという状況だと思うので、転職活動だけは始めておくことをおすすめします。

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/

ABOUT ME
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細
関連記事