仕事の悩み

人の悪口ばかり言う上司の心理とは?悪口は何ハラになる?

人の悪口ばかり言う上司の心理とは?悪口は何ハラになる?
  • 人の悪口ばかり言う上司がいて職場の雰囲気が悪い
  • 上司から悪口を言われるのが辛い
  • なぜ上司が悪口を言うのか理由がわからない

このような悩みを抱えていませんか?

職場では、いろいろな人が働いています。

その中には、自分にプラスの影響を与えてくれる人もいれば、マイナスの影響を与える人もいますよね。

もしも職場に人の悪口ばかり言う人がいたとしたら、周囲はあまり良い気はしないものです。

そして、その悪口ばかりを言う人が上司だったとしたら、周囲はどんな対応をしたらよいのでしょうか。

ここでは、他人の悪口ばかりを言う上司の心理を検証するとともに、周囲ができる対応策もご紹介します。

 

悪口を言う上司が嫌で転職を考えるなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

本格的に転職活動をする場合は、無料の転職エージェントのサポートも活用しましょう。

複数登録すると各社独自の非公開求人の紹介を受けられるので、短期間で転職できたり、不況でも転職できたりする確率が大幅にアップしますよ。

実績・人気度・知名度のある信頼できるものだけ厳選しました。
自力で探すと時間がかかるので、時間をかけたくない人はこれらを登録しましょう。

【無料】転職支援サービス

<こんな人にオススメ>
・20代、30代の方。
・転職活動が初めての方。
・自力で求人を探したい方。

【リクナビNEXT】実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用
リクナビNEXTだけの限定求人が約85%。会員登録することで受診できるグッドポイント診断で自分の強みを分析!

女性のための正社員転職サイト【女の転職@type】
正社員・正社員登用ありの求人が90%以上。第二新卒OK、未経験OK、時短勤務、産育休活用有など20種のこだわり条件で探せる。

【キャリトレ】自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイト
「興味がある」求人を選択するだけで、あなたに適した求人が紹介されたり、企業からスカウトが届く。使えば使うほど、あなたの潜在的なキャリアの可能性を発見できる。

 

<こんな人にオススメ>
・10代、20代の方。
・転職サポートが必要な方。
・正社員になりたい方。

若者に特化した転職支援サービス【キャリアスタート】
未経験OK求人1000件以上。転職成功まで最短2~3週間。内定率80%越えの敏腕キャリアコンサルタントがサポート。

【DYM就職】第二新卒・既卒・フリーターの就職に強い
徹底サポートで内定決定率脅威の96%。最短1週間でのスピード入社も可能。ブラック企業を徹底排除した2,000社の優良企業をご紹介。

【ウズキャリ】第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化
ウズキャリで就職活動を行った方の83%以上が1社以上の内定を獲得。入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度を確認できる。

 

<こんな人にオススメ>
・転職サポートが必要な方。
・優良企業に転職したい方。
・忙しくて時間がない方。

【DODA】大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載
職種、年齢、経験を問わずマッチした求人の検索と応募が可能。人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状にして履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募。

【パソナキャリア】大手総合型転職エージェント!親身で丁寧なサポートに定評あり
志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してくれる。はじめての転職でも安心。転職活動のやり方や自己PRの仕方などを丁寧にサポート。面談に行くだけで、転職活動のノウハウがつまったガイドブックがもらえる。

職場に人の悪口ばかり言う人っている?

どの職場にも、文句ばかり言う人や、人の悪口ばかり言う上司はいるものですよね。

聞いていて、あまり良い気はしませんし、他人のことを悪く言う人がいると、もしかしたら自分も陰ではこんな風に言われているのかな、なんて悲しくなってしまうかもしれません。

最初にできることは、悪口が多い人と距離を取ることです。

自分は人のことを悪く言わなくても、その場にいるだけで自分が発言したという扱いを受ける可能性がありますし、自分も悪口をいうグループの一人だなんて思われてしまう可能性もありますよね。

それは、長期的には自分にとってはプラスとなりません。そのため、可能な限り距離を取り、悪口には加わらないように努力する事をおすすめします。

しかし、もしも悪口を言う人が自分の上司だとしたら、まったく関わらないようにすることは難しいものです。

その場合には、できるだけ悪口を言っている時には会話に加わらないように心がけましょう。

そもそもどうして他人の悪口を言いたくなるのか?

職場にはいろいろな考え方や価値観を持っている人が働いていますよね。

その人たちが、会社という大きな組織の中で決められたルールに従って行動しなければいけません。

そのため、自分としてはあまり賛成できないルールだけれど、会社の規則だから仕方ない、と考える人もいるわけですよね。

賛成できない規則に従っているので、不満や文句が出てくるということはあるようです。

上司の指示に従うのが会社

右も左も分からない新人なら、上司からの指示に対してあまり深く考えたり、自分の意見を述べて反論したりといったことは少ないでしょう。

しかし、社会人として何年もの経験を積んでいる人にとっては、もっと効率的で効果的な方法があるのではないかと考えることがあり、上に対して自分の意見を述べることもあるものです。

必ずしも自分のそうした意見が通るというわけではなく、最終的には上からの指示に従わなければいけないこともあり、時には不満を抱えることがあるかもしれません。

そして、そうした不満が文句という形で出てくるのかもしれませんよね。


人の悪口ばかり言う人の心理

他人の悪口ばかり言う人には、どのような心理が働いているのでしょうか。

もしも心理状態を理解することができれば、それなりに対策を練ることもできそうですよね。

1つ目の心理としては、コンプレックスがありますね。

自分に対して自信がないと感じていたり、相手よりも自分が優位に立ちたいという気持ちを持っていたりすると、それは文句とか悪口という形で出てくることが考えられます。

2つ目は、共通の敵を作りたいという心理があります。

一緒に悪口を言うことで共通の敵を作ることができ、距離が縮まったという感覚を持つことは少なくありません。

相手と打ち解けたいという気持ちから、どういうわけか人の悪口が出てしまうケースはあるようですね。

3つ目は、ストレス発散がありますね。

イライラやムシャクシャした気持ちを、悪口という形で発散しているのです。

聴かされる側にとっては迷惑な話ですけれど、ストレスを抱えている人にとっては、そこまで他人に気をつかう心の余裕がないのかもしれませんね。

認められたいという承認要求の現れという可能性も

人の悪口ばかりを言う人の中には、自分のことを認めてほしい、注目してほしいという承認要求が他人への悪口という形で表れていることがあります。

方向性が間違っていることに自分では気づいていないのが特徴で、他人への悪口を言うことで自分は必要とされている存在なのだと勘違いしてしまうのですね。

悪口が多い人は小心者が多い?

人の悪口が多い人は、全般的に小心者が多いようですね。

上からの抑圧にストレスやイライラを感じ、それが悪口として出てしまうとか、気に入らないことがあると悪口という形で出てしまうのかもしれません。

仕事に関する事なら、誰に対しても自分の考えを主張することは可能ですが、自分に自信がないと真っ向から対峙できずに、陰口でウップンを晴らすという行動になってしまうのかもしれませんよね。


人の悪口ばかり言う上司はパワハラになるの?

人の悪口ばかりを言う上司の行為は、場合によってはハラスメント行為に当たることがあります。

例えば、部下に対して悪口ばかりを言ったり、本人に聞こえるように嫌みや文句を必要以上に大げさに言ったりするような場合には、パワーハラスメントに該当するかもしれませんよね。

ただし、パワハラというのは、権力や地位、立場を利用してハラスメントを行う行為のことなので、自分よりも上の人に対してブツブツと文句を言う行為は、ハラスメントには当たらないかもしれません。

しかし、いくらハラスメントではなくても、いつも上司から悪口や文句ばかりを聞かされる部下にとっては、モチベーションの喪失にもつながりかねません。

それに、何よりも気持ちよく仕事ができないという点では、職場の雰囲気を壊す行為であることには変わりありませんよね。

職場で行われる可能性があるハラスメントの一つであるパワハラには、たくさんの型があります。

殴ったり蹴るといった分かりやすい身体的攻撃だけではなく、言葉の暴力や精神的に追い詰めるイジメ、無理な要求をしたり過小評価することもまた、ハラスメントとなりますね。

部下なら我慢したほうが良いのか?

自分に対する直接的な悪口を聞こえるように言うのなら、それはハラスメントと認定される可能性は高いですよね。

しかし、上司が他人の悪口を本人がいない場所でブツブツと言い続けるのは、ハラスメントかどうかは判断しづらいものです。

それでも部下にとって働きづらい職場環境を作り出しているということには変わりはありませんよね。

そのため、もしも上司のそうした行為に耐えられなくなった時には、どんな対応をすれば良いのかという点は知っておきたいものです。

どうしても耐えられなくなったらどうする?

どうしても耐えられなくなった場合には、他の先輩などに相談してみるという方法や、社内のコンプライアンスを取り扱う部署に相談するという方法などがあります。

しかし、どちらの場合でも逆恨みされてしまうリスクはあるので、注意したほうが良いですね。

自分が移動したり転勤させてもらったりという方法もありますし、転職をするという方法もあります。

しかしこの方法は、職場を変わってもそういう悪口が多い人はどこにでもいるので、根本的な解決にならない可能性があることは理解しておきましょう。


人の悪口ばかり言う上司は自分にかえってくる

人の悪口ばかり言う上司は、誰に対する悪口であっても、聞かされる周囲にとっては良い気持ちがするものではありませんよね。

それが職場でも、誰も嫌な気分や暗い気分で仕事をしたくはありませんから、皆少しずつ悪口を言う上司とは距離を取ろうとするでしょう。

そのため、遅かれ早かれ、人の悪口ばかりを言う上司の周囲には、多くの人が集まらなくなり、孤独を感じる状況が作り出されてしまうかもしれません。

悪口を言う行為の背景には、承認要求や孤独感、コンプレックスの裏返しといった心理が働いていることが多いので、そうした状況は悪口を言う本人にとっては決して好ましくありませんよね。

他人の悪口をストレスやウップンのはけ口としている人は、遅かれ早かれそのしっぺ返しが自分に返ってくるということは知っておいた方が良いでしょう。

また、職場でそうした言動をする人が同僚の場合には、波風を立てないようにやんわりと注意してあげることも、優しさなのかもしれませんね。

転職も視野に入れるほど精神的な苦痛

他人の悪口を日常的に聞かされることは、決して気分が良いものではありません。

ましてやそうした行為をするのが自分の上司だったりすると、もう会社に出社すること自体が嫌になってしまうリスクもありますよね。

希望して入社した会社で、自分が会社を辞めることはできれば避けたいという場合には、人事などに相談して配置換えをしてもらうという策を取るのが良いですが、仕返しが怖いからそうした相談もできない場合には、転職も視野に入れて自分が置かれている労働環境を見直すことをおすすめします。

精神疾患を引き起こす可能性もアリ

嫌だなと思いながら毎日の仕事をしていると、どうしても私たちの精神はストレスを感じてしまいますよね。

そのストレスが少しずつ蓄積されると、やがては鬱病などの精神疾患を引き起こしてしまう可能性もあります。

そうならないためには、我慢する以外にも解決策はいくつかあるということを知り、状況に応じてフレキシブルに行動することが必要です。

まとめ

人の悪口ばかり言う上司の心理や悪口が何ハラになるのかについて紹介しました。

人の悪口ばかり言う上司が職場にいると、部下としてはとても働きづらいものです。

聞かされるだけでも苦痛を感じますし、相槌なんて打とうものなら、自分も一緒に悪口を言っていたことにされてしまう可能性もありますよね。

そうした人とは、できるだけ距離を置いて関わらないようにするのが得策ですが、もしも難しい場合には、自分の転職も視野に入れて対策を講じることをおすすめします。

我慢しすぎると精神疾患を引き起こす可能性があるので、注意してくださいね。