仕事の悩み

職場の人間関係に深入りしない方がいい?職場の人間関係の改善方法とは?

職場の人間関係に深入りしない方がいい?職場の人間関係の改善方法とは?
  • 職場の人間関係で困ったときの相談相手がいない
  • 職場の人間関係を理由に転職しようか迷っている
  • 職場の人間関係を悪くしない方法がわからない

このような悩みを抱えていませんか?

毎日一日の大半を過ごす職場においては、人間関係の良しあしは、働きやすさに大きく影響しますし、社員のモチベーションややる気、そして生産性にも関係します。

どうせ働くのなら、雰囲気の悪い職場によくある面倒な人間関係に深入りしないように注意しながら働くよりも、雰囲気が良く前向きになれる所で働きたいですよね。

この記事では、雰囲気が悪い職場にありがちな特徴や深入りしない方が良い人の特徴をいくつかご紹介するとともに、働きやすい雰囲気への改善方法や対処法を検証します。

 

職場の人間関係に疲れて転職を考えるなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

本格的に転職活動をする場合は、無料の転職エージェントのサポートも活用しましょう。

複数登録すると各社独自の非公開求人の紹介を受けられるので、短期間で転職できたり、不況でも転職できたりする確率が大幅にアップしますよ。

実績・人気度・知名度のある信頼できるものだけ厳選しました。
自力で探すと時間がかかるので、時間をかけたくない人はこれらを登録しましょう。

【無料】転職支援サービス

<こんな人にオススメ>
・20代、30代の方。
・転職活動が初めての方。
・自力で求人を探したい方。

【リクナビNEXT】実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用
リクナビNEXTだけの限定求人が約85%。会員登録することで受診できるグッドポイント診断で自分の強みを分析!

女性のための正社員転職サイト【女の転職@type】
正社員・正社員登用ありの求人が90%以上。第二新卒OK、未経験OK、時短勤務、産育休活用有など20種のこだわり条件で探せる。

【キャリトレ】自分の本当の価値や新しい可能性を発見できる転職サイト
「興味がある」求人を選択するだけで、あなたに適した求人が紹介されたり、企業からスカウトが届く。使えば使うほど、あなたの潜在的なキャリアの可能性を発見できる。

 

<こんな人にオススメ>
・10代、20代の方。
・転職サポートが必要な方。
・正社員になりたい方。

若者に特化した転職支援サービス【キャリアスタート】
未経験OK求人1000件以上。転職成功まで最短2~3週間。内定率80%越えの敏腕キャリアコンサルタントがサポート。

【DYM就職】第二新卒・既卒・フリーターの就職に強い
徹底サポートで内定決定率脅威の96%。最短1週間でのスピード入社も可能。ブラック企業を徹底排除した2,000社の優良企業をご紹介。

【ウズキャリ】第二新卒・既卒・フリーター・ニートに特化
ウズキャリで就職活動を行った方の83%以上が1社以上の内定を獲得。入社した方の生の声を元に入社後の働き方や満足度を確認できる。

 

<こんな人にオススメ>
・転職サポートが必要な方。
・優良企業に転職したい方。
・忙しくて時間がない方。

【DODA】大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載
職種、年齢、経験を問わずマッチした求人の検索と応募が可能。人柄や志向、考え方など、転職希望者の方の優れた特性を推薦状にして履歴書、職務経歴書に添えて企業に応募。

【パソナキャリア】大手総合型転職エージェント!親身で丁寧なサポートに定評あり
志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してくれる。はじめての転職でも安心。転職活動のやり方や自己PRの仕方などを丁寧にサポート。面談に行くだけで、転職活動のノウハウがつまったガイドブックがもらえる。

人間関係が悪い職場の特徴

職場の人間関係が悪く雰囲気が良くない職場には、いくつかの傾向があります。

その中には、実際にそこに足を運ばなくても想像できるような特徴もありますから、就職する前でも大体の予想を付けることが可能です。

例えば、平均年齢が若い職場は働きやすさという点ではマイナスになることが多いですね。

会社が創設されてから10年以上たっていれば、社員の平均年齢が20代ということはまずありませんが、平均年齢が低い職場というのは、若い社員が中堅といえる年齢になる前に辞めてしまうことが多く、長く続ける人が少ないので平均年齢が上がらないのです。

時にはそれが、年配の管理職によるパワハラが原因ということもあるので、注意したいですね。

随時求人募集をしている会社や、常に人手不足の会社も怪しいですよね。社員の数に対して多めに求人募集をしているということは、多く雇用しても辞める社員がいることを見越しているということに他なりません。

離職率が高くて社員が長く続かない所では、随時求人募集がかけられていることが多いですね。

大企業VS中小企業

職場の人間関係は働く企業規模でも大きく左右されます。

雰囲気や働きやすさという点で会社を比較するなら、一般的には大企業の方が中小企業よりも雰囲気が良い所が多いですよね。

その理由は、大企業は社員数が多いので、自分と気が合う人を見つけやすいですし、困った時には相談できる相手も見つけやすいのです。

中小企業や零細企業だと、人との関係が密接で職場の雰囲気とそこでの働きやすさに直結してしまいます。

仮にそれが自分に合わないとなると退職するしかなくなってしまうこともよくあります。

男女のバランスも大切

職場の人間関係で重要なのは男女のバランスです。

男性ばかりの職場、女性ばかりの職場というのも、働きやすさという点では理想的ではありません。

男性ばかりの職場は、プライドが高くて社内でのコミュニケーションが少なく、働きづらい傾向にありますし、女性ばかりの職場だとお局様がいたりして、陰湿ないじめが横行している可能性があります。

仕事をする空間に、男女の割合が同じぐらいで、仕事ができる職場の方が、社員同士のコミュニケーションが取りやすいですし、いじめも少ない傾向にあります。


職場の人間関係は誰に相談すればよい?

職場の人間関係を維持するのに欠かせないのが相談相手です。

仕事場における人間関係は、誰に相談したら良いのか迷ってしまいますよね。

もしも社外の友人や恋人などに相談できるなら、そのほうが良いでしょう。

社外の人なら、万が一にも、相談したことが自分がトラブルを抱えている相手の耳に入ってしまうという事態を避けられます。

相談する時は、どんな場合でもまず、自分が信頼している人を厳選し、大勢に相談するのではなくて少ない数の人に相談するのが、不要に話が広がらないためのポイントですね。

職場の人間関係のことは、日常生活の中で全く接点がないネットの掲示板などで相談することも可能です。

この場合、広くたくさんの意見を聞くことができるので、解決策を見つけやすいというメリットがありますし、匿名で相談するので身バレしないというメリットも期待できますね。

ただし、掲示板は不特定多数の人が見ているものなので、職場の人が見ていないという保証はどこにもありません。

どこから身バレするか分からないので、あまり詳しい事情は書かずに、抽象的な内容のみにとどめることが大事です。

社内の人に相談するのはよくない

社内の人間関係のトラブルを相談する相手として、同じ社内の人を選ぶのは、理想的ではありません。

社内の人なら、事情をよく理解しているので話しやすいというメリットはありますが、どこから話が漏れて自分がトラブルを抱えている当人の耳に入るか分かりません。

本人に聞かれると困るような内容の場合には、信頼できる人でも社内の友人に相談するのは控えたほうが良いかもしれませんよね。

人事などに相談するのは?

社内の人間関係の問題は、コンプライアンスを担当している人事部などに相談するようにと指導している会社はたくさんあります。

もちろん、こうした部署に相談するのはありなのですが、調査が行われて当人にも知られてしまいますし、場合によっては職場に居づらくなったり肩身が狭くなってしまうことがあるかもしれません。

その辺は、よく理解して納得した上でコンプライアンス窓口への相談をしてくださいね。


職場の人間関係の対処法

職場の人間関係でトラブルを抱えている場合、対処法はいくつかあります。

まずは、全体の雰囲気が悪くて特定の人が原因を作っているわけではないのか、それとも特定の深入りしたくない人によってイジメなど悪い慣習が引き起こされているのか、その辺をはっきりと把握しておきましょう。

働きづらい雰囲気から抜け出すためには、原因を見つけて、その原因からできるだけ遠い場所に自分を置くことが得策ですよね。

例えば、会社というつながりがなければ絶対に深入りしない人なのに、職場という接点があるために自分に多大なストレスを与えているという状況がはっきりしているなら、異動や転勤をさせてもらうことで働く場所を変えるという方法も良いでしょう。

仕事に支障が出るようなイジメがある場合には、具体的に相手のどんな行動によってどんな支障が出たのかをリストアップしておき、上司に相談するという方法もあります。

職場の人間関係を解決できないなら転職も検討

職場全体の雰囲気が悪く、誰に相談しても何も変わらないという場合には、転職も含めて自分の身の置き方を見直すことをおすすめします。

職場という場所は、私たちが一日のほとんどを過ごす場所なので、自分にとってはとても大きな割合を占める世界ですよね。

しかし、雰囲気が悪くて対人関係で悩み、解決することができないシチュエーションにずっといることは、精神衛生上よくありません。

鬱などの精神疾患を患わないうちに、転職などでもっと働きやすい場所へ移るというのも一つの方法ですね。

大人な対応をするのも一案

人間関係で問題が起こりやすい職場は、とかく無視やいじめなど幼稚な行動で他人を不快にする人がいるものです。

お局様やボス猿が君臨していて、その取り巻きたちが新参者や気に食わない人に対して意地悪をするような職場は、そういうことに深入りしないように気を付けていても、本当に働きづらいですよね。

もしも上司や先輩の中に人格者がいるなら、その人との距離を縮めて大人の対応をとるという方法もあります。意地悪な人には深入りしないように気を付けることは大切ですね。

相手の子供じみた言動に対して、こちらも同じ土俵に立って感情的になると、多勢に無勢でこちらに勝ち目はないでしょう。

そうなってしまうと、どちらが正しいとか間違っているということが通じない状況に陥ってしまうかもしれませんよね。そうしたシチュエーションになることは、避けたいものです。


職場の人間関係トラブルを回避する方法

就職してみたら、対人トラブルが起こりやすい最低な職場だったと気づいたり、職場全体の雰囲気がとても悪かったと気づくことはあります。

しかし、もしも就職前になんとなくきな臭さを感じ取れるなら、深入りしないためにも別の職場に就職するのが得策です。

一度就職してしまってから、悪い状況を改善しようと頑張っても、そこから脱却するのは大変ですよね。

そのため、就職する前にできるだけ状況を予測することで、環境や雰囲気が悪そうな会社は避けるのが最善です。

例えば、求人情報を見て、随時募集が出されている職場や、男性ばかり、女性ばかりの職場は要注意です。

職種的に、男性ばかりが一般的、女性ばかりの職場しかないという会社もありますが、その場合には社員同士のゴシップなどには深入りしない用に注意するなど、ある程度の覚悟を持ったほうが良いかもしれませんよね。

その他にも、離職率が高い会社は避けたほうが良いですし、実際にそこで働いていた人の口コミなどをチェックするのもおすすめです。

待遇が良い会社を選ぶのは正解?それとも間違い?

会社の待遇が良いことは、働きやすさや社員同士の関係とは直接的な関係はありません。

一般的には、待遇やお給料の面で余裕のある会社は、働く場所の雰囲気も良くなりやすいので、社員がストレスを抱えることなく気持ちよく働けると考えられています。

しかし、ノルマがあるお仕事や、基本給は低いけれど成功報酬制でお給料が高額になるといった報酬形態の会社は、雰囲気がギスギスしやすいので注意したほうが良いかもしれません。

例えば営業職の求人募集の中には、すでに取引のある取引先へのルーティン営業を行うルート営業というタイプや、新規に顧客を開拓することでお給料に反映される新規顧客開拓営業など、いろいろなタイプがあります。

このうち、働きやすさで仕事を選ぶなら、新規顧客開拓系の営業は避けたほうが無難ですね。

就職前に職場見学をするのもアリ

近年では、新卒就職だけではなく転職の場合でも、実際に就職する前に職場を見学することができます。

これは、働き側にとっても会社側にとってもメリットが大きく、働く側にとっては実際に社員が働いている場所の雰囲気を肌で感じることができます。

ギスギスした雰囲気だったり、なんとなく自分には合わないなと感じたら、別の転職先を探すという方法もアリです。

実際に就職してしまってから退職するよりも、転職先を変える方が、ずっと簡単ですし時間もかかりませんよね。

まとめ

職場の人間関係に深入りしない方がいいのか、職場の人間関係の改善方法について紹介しました。

会社の社風は多種多様なので、上司から部下まで気持ちよく働ける雰囲気の職場もあれば、ギスギスしてコミュニケーションをとりづらい職場もありますし、中小や零細企業になると、お局様やボス猿の顔色をうかがいながらご機嫌を取らなければいけない会社もあったりしますよね。

就職する前にそうした雰囲気を察知して、できるだけ避けることが大切なのですが、もしも就職してしまった場合には、社外の人に相談しながら問題解決の糸口を探ったり、転職も含めた解決策を模索するのがおすすめですね。