仕事の悩み

飽きっぽい性格に向いている仕事とは?長く仕事を続ける秘訣とは?

飽きっぽい性格に向いている仕事とは?長く仕事を続ける秘訣とは?
  • 飽きっぽい性格で仕事が続かない
  • 飽きっぽい性格でも長く続けられる仕事がわからない
  • 飽きっぽい性格でも仕事を続ける秘訣を知りたい

このような悩みを抱えていませんか?

働いてお給料を稼ぐためには、大好きなことばかりができることは少なく、嫌いなことやつまらないなと思うことに対しても、真剣に取り組まなければいけませんよね。

しかし、飽きっぽい性格だと、同じことを繰り返すのはつまらないと感じたり、好きなことではないからやる気が出ないという事態に陥りかねません。

この記事では、飽きやすい性格に向いているお仕事をいくつか紹介するとともに、仕事を長く続けるためのポイントをご紹介していきます。

 

転職を考えるなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

実は、もう一つおすすめの無料転職アプリがあります。

無料の転職アプリ!【ジョブクル転職】
をインストールするだけでDODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。

転職は考えているけど、「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。

まずは、【無料】ミイダスで自己分析をする。次に、【無料】ジョブクル転職で適性のある仕事を探してみる。

この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。

飽きっぽい性格の特徴

飽きやすいという性格は、持って生まれた性格ですが、あまり好きではないことをコツコツと続けるという作業が、あまり向いていません。

自分が大好きなことを生業にできれば理想的なのですが、現実はそうできる人はごくわずかです。

多くの人は、好きとか嫌いという感情を抑えて、与えられた職務を一生懸命にこなしてお給料を稼いでいます。

ですが職場の中に、なんとなく飽きっぽい性格の人はいるかもしれませんね。その人たちをよく観察すると、いくつかの特徴が見えてきます。

その中でも大きな特徴は、一つのことに対して長く続けることが難しいという点です。

一つのことに集中できないというわけではなく、飽きやすい人は興味や関心、好奇心が短期間で別のものに変わってしまいやすいのです。

熱しやすく冷めやすいとか、器用貧乏、我慢できない性分などと表現されるように、短期間で好きなことが別のものに変わってしまい、それまでは好きだったものにあまり興味を示さなくなってしまうことがあります。

飽きっぽい人はどのぐらいの期間で飽きてしまうのか

飽きっぽい性格の人が一つのことをどのぐらい続けられるかという点については、千差万別です。

数日間で飽きてしまうという人もいれば、全般的には飽きやすい性格だけれど、特定のことは何十年も続けられるという人がいますよね。

人によっても飽きるまでの期間は違いますし、同じ人でも事柄や分野、対象によってどのぐらいで飽きてしまうのか、または飽きるかどうかという点は変わります。

仕事に飽きたらどうなるの?

趣味のように、続けても放置しても日常生活に支障が出ないものなら、飽きたら放置という方法で問題はありませんよね。

しかし、お給料を受け取っている仕事となると、そういうわけにはいきません。

飽きたからといって職務放棄するのは言語道断ですし、飽きたからと言ってその度に転職していたのでは、長く続けられない人というレッテルを貼られ、転職そのものが難しくなってしまいます。

そのため、飽きやすい性格の人でも、働くことに関してはグッとこらえて長く続けている人は多いのです。


飽きっぽい性格に向いている仕事

飽きやすい性格の人は、それが自分に向いているかどうかは別として、興味や関心が短期間で他のことに移ろいやすいという特徴がありました。

長期間続けるルーティーンワークが苦手なので、職種選びでは、同じルーティーンワークでもケースバイケースで対応が異なるようなタイプのものを選ぶと、意外と飽きずに長く続けやすくなります。

例えば、移動や出張、外出が多い営業職は、毎日の風景が変わるので、飽きやすい人でも楽しく続けやすいですね。

同じ取引先に外出した場合でも、その時によって見える風景や経験が変われば、刺激のある毎日を送ることができるでしょう。

常に新しい情報を自分で入手しながらビジネスチャンスを切り開くネットビジネスやクリエーターなども、飽きっぽい人におすすめです。

経済的にも時間的にも余裕があるなら、起業するという方法もアリではないでしょうか。
毎日たくさんの経験をするので、飽きることがありません。

期間限定のお仕事もおすすめです。短期間だけの派遣のお仕事や、お中元とかお歳暮時期のみの期間限定アルバイト等は、最初から働く期間が決まっているので、飽きやすい人でも続けやすいのが魅力です。

ただし、正社員ではなかなか期間限定で働くことはできないので、これは経済的に正社員で働く必要がない人に適した働き方と言えますね。

飽きっぽい性格に向かない職種

飽きやすい性格の人には、向いている職種もあれば、あまり向いていないものもあります。それは、毎日同じルーティンワークをこなすタイプのものですね。

例えば、一般事務とか医療事務は、毎日同じ事務作業を続けるので、飽きやすい人だとつまらないと感じるかもしれません。

配送業や清掃業、工場のライン作業なども、毎日同じ仕事の繰り返しなので、飽きやすい人にとっては刺激を感じることができず、辞めたいと思うかもしれません。

変化がない仕事は飽きっぽい性格に向かない

受付業務やデータ入力など、毎日の業務が単調な作業で変化がない場合にも、飽きやすい人にとってはキツイかもしれませんね。

コールセンターのスタッフも、対応するカスタマーは違っても基本的には職務の内容は同じで変化しませんから、飽きやすい人だとつまらないと感じる原因になってしまいます。


飽きっぽい性格の人におすすめの仕事選び

飽きっぽい性格の人は、好きなことや関心ごとが移ろいやすいという特徴がありますが、好きなことや関心ごと、得意なことや持っているスキル、そして才能などは人それぞれです。

飽きっぽい性格だからと言って、何か特定の職種が天職だというわけではありません。

その人の性格や得意なことなどに合わせて、できるだけ日常の中で変化を楽しむことができたり、いろいろな内容の職務に挑戦できるようなものを見つけることが必要です。

例えば、プログラミングが得意な人なら、IT系のプログラマーやWebデザイン、アプリ開発などが向いているかもしれませんよね。

IT業界は新しい技術や情報が日々変化しているので、リサーチをしながら職務に取り組まなければいけません。

また、クリエイティブなお仕事も、飽きっぽい性格の人には向いていることが多いものです。

クリエイティブと言っても内容は多種多様で、ジャーナリストや記者などメディア関係の職種から、ファッションやジュエリーなどアート業界でのクリエーターの仕事もあるでしょう。

その他、インテリアのコーディネーターやアドバイザーなども、飽きやすい人にとっては刺激が多い職種ではないでしょうか。

大企業VS中小企業、飽きっぽい性格におすすめなのは?

企業で働く場合、大企業を選ぶか、中小企業を選ぶかによって、働き方は大きく異なります。

飽きっぽい性格におすすめなのは、職務の範囲を超えていろいろな役割を任せてもらえる中小企業やベンチャー企業ですね。

大企業の場合には、社員の役割がすでに決められているので、与えられた職務以外のことに挑戦できる機会は少ないものです。

そのため、毎日がルーティンワークとなりやすく、飽きやすい人にとってはつまらないと感じる原因になってしまうかもしれません。

飽きっぽい性格は起業に向いているか?

飽きっぽい性格の人は、毎日刺激のある仕事を好む傾向にありますが、同じルーティンワークを続けられないというわけではありません。

枠にとらわれない職務を積極的にこなす意欲があれば、飽きっぽい性格でもそうでない人でも、起業にぜひチャレンジしてみたいのではないでしょうか。

起業と言っても、どんなサービスや商品をどんな風に販売するかによって、必要な作業は異なりますよね。飽きっぽい性格の人でも、起業で成功する可能性は十分にあると言えるでしょう。


飽きっぽい性格は才能を生かした方がいい

飽きっぽい性格の人はたくさんいますが、それぞれ得意なことや才能は異なります。

飽きやすくても、職務だと割り切ってルーティンワークをコツコツとこなせる人はたくさんいますが、飽きっぽい性格を上手く利用して毎日楽しくワクワクできる働き方をするなら、持っている才能を最大限に生かせるような働き方を見つけるのが理想的ですよね。

例えば、数学に強い人なら、IT系のWebデザインや動画編集、アプリ開発に必要なプログラミングを習得して、フリーランスとして働くという方法もアリですよね。

企業に勤める場合でも、内勤だけではなくて外回りの営業も、フットワークが軽い人なら仕事の中でいろいろな発見があるかもしれません。

また、コミュ力が高いことに自信がある人なら、カスタマーサービス系の仕事をすれば、コミュ力の高さでお客様をきっと大満足させることができそうですよね。

接客業に向いている人が多い

飽きっぽい性格の場合、一人の人と長時間コミュニケーションをとり続けるよりも、数多くの人と短時間のコミュニケーションをとる方が得意という人は多いものです。

そのため、接客業に向いているという人はたくさんいますね。

接客業と言っても、飲食店やアパレルショップなど、場所によって働き方は大きく違うので、自分に合った働き方が見つかりやすいのもまた、接客業の魅力ですね。

専門的な職種もオススメ

看護師や介護士、電気工事士など、国家資格を必要とするような専門職は、全国どこに住んでいても高いニーズがあるほか、ケースバイケースでいろいろな可能性を探りながら問題に取り組んだりサービスを提供するので、常に考えながら働くことが求められるお仕事です。

飽きっぽい性格でも、大きなやりがいを感じることができますし、続けることで経験値や専門性を高められるという点も魅力です。


まとめ

飽きっぽい性格の人にとっては、毎日刺激が少ないルーティンワークを毎日続けることは、苦痛に感じるかもしれません。

それが原因で転職したいなと考えることもありますよね。

人はそれぞれ才能や特技が異なるので、自分が得意なことやスキルを生かして働けるような仕事を見つけたり、毎日やることが変化するような働き方を見つけることが、飽きやすい人にとっては向いていると言えますね。

いろいろなことに挑戦したいなら、起業するという方法も一つの策ですね。

新しいことを学びたい!とか、もっと自分の特技を生かしたい!というような、前向きな気持ちで転職するのであれば、キャリアアップやスキルアップにもつながる素晴らしいチャンレンジだといえます。

この記事を書いた人
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細