仕事

部下が辞めるのは上司の責任!マネジメントできない上司の特徴とは?

部下が辞めるのは上司の責任!マネジメントできない上司の特徴とは?

『上司のせいで同僚が辞めていく』

『上司から学べることがない』

『上司が仕事を把握してくれない』

『上司がパワハラをしてくる』

このような悩みを抱えていませんか?

上司が原因で辞めた人に理由を聞いたら、「上司が嫌い」「性格的に合わない」「仕事のやり方が合わない」という回答が多かったです。

上司は部下をマネジメントするのが仕事なので、部下が辞めても責任が発生しないということはありえないですよね。

この記事では、部下が辞めると上司の責任になる理由、マネジメントできない上司の特徴や辞めていく部下の特徴について解説していきます。

もし、あなたの上司が部下が辞めても平気でいるのなら、その上司から学べることはないと言ってもよいでしょう。

部下が辞めると上司の責任になる理由とは?

退職理由によっては仕事の責任を果たしていないことになる

上司は部下をマネジメントするのが仕事です。
もし、これらに当て嵌まれば上司として仕事の責任を果たしていないことになります。

マネジメントしているようでできていない上司は多いと思いますよ。

・部下のモチベーション管理をしていない。

・部下の仕事を把握していない。

・部下の育成をしていない。

・部下の仕事のスケジュール管理をしていない。

これらに当て嵌まる理由で部下が辞めることになったら上司の責任ということになります。

マネジメントの基本としては、部下のモチベーション管理をすることは必須です。

人数が多いと大変ですが、時間を作って部下と話をする機会を作らなければ、部下が困っていることや不満に感じていることを把握することができませんよね。

部下によっては仕事で成長している感じがしなくて、仕事に対するモチベーションが下がっている場合もあるのですが把握することができません。

また、部下の仕事を把握していなかったりスケジュール管理が出来ていない場合は、最悪の場合、納期間際になって大量の仕事を部下に割り振るような上司もいます。

そうなると部下に負担がかかるので不満が高まり辞めていく理由にもつながっていきます。

新しい人を雇うとなると採用コストがかかる

部下に辞められたら穴を埋めるためにも新しい人を雇う必要があります。

新しい人を雇うとなると採用コストがかかります。

採用方法にもよりますが、一人雇うために有名な求人サイトに掲載する費用や、上司が面接に割いたりする人件費を合わせると採用までに200万円以上かかる場合も多いです。

なかなか応募が来ない場合は、求人サイト掲載費だけで毎月数10万円から数100万円のコストが発生し続けます。

人が辞めると仕事を回せなくなる可能性も出てくるし、何よりも採用コストという会社にとっての損害が生まれてしまうため、上司の責任となるのです。

だだし、辞める理由が上司ではない前向きな理由だったら会社は損害として考えないと思います。

あくまで上司が理由で辞めてしまった場合が責任として問われます。


辞めた人につられて辞める人が出てくる

上司に対して同じような不満を持っている人が辞めた人につられて辞めてしまう可能性があります。

上司に対して不満があるとき、いつも辞めてしまった人と愚痴をこぼし合っていたような場合は、話相手がいなくなってしまうことになるので一気に不満が溜まっていきます。

辞めた人から「やっぱり辞めてよかった」とか「お前も早く辞めたほうがいい」とか言われたりしたら心は揺らいでしまいます。

絶対に辞めないと思っていた人が辞めてしまったときも周りの社員の動揺が広がります。

辞めそうにない人が辞めるような会社に残って働いていても良いことはないと考えて転職を考え始めてしまう可能性もあるのです。

部署の売上げが下がる可能性がある

辞めてしまった人が優秀な社員で部署の稼ぎ頭だった場合は部署の売上げが下がることもあります。

その人だったから大きな売上を会社に貢献できたわけで、残された人が辞めてしまった優秀な人の分の売上げを埋めることは難しいです。

日頃から上司が部下全員を育成できていれば、人が抜けたら売上が下がるというような事態は回避できるかもしれません。

育成できていれば引き継げる社員がいるからですね。

部署の売上げを守るためにも辞められたら困る社員が辞めないようにマネジメントするのは上司の仕事です。

マネジメントできない上司の特徴とは?

マネジメントできない上司の特徴とは?

スケジュール管理ができない

マネジメントできない上司はスケジュール管理能力が低い場合が多いです。

スケジュール管理が出来ていないということは部署で発生している自分が管理しなければならない仕事を把握できていないということです。

スケジュール管理が出来ていないから部下を不安にさせてしまうし、場合によっては急な残業をお願いすることになってしまうのです。

スケジュール管理が出来ていない場合、先を見据えた仕事を考える力が弱いので1年後や2年後の事業計画を作ることもできません。

部下たちは何を目標に毎日仕事をしているのかわからなくなってしまいます。

部下に説明できないし指示もできない

部下に指示を出す立場にいながら業務知識がなかったり、部下の能力を把握していないため、具体的に仕事の指示を出すことができません。

部下に説明できるほど仕事をじっくり理解していません。
どこか他人事で仕事をしています。

自分から直接部下に指示を出せないので、中堅社員に部下の面倒を見るように指示を出して仕事の最前線から離れてしまいます。

日頃から部下の能力を把握していれば、業務知識が薄くても誰に何の仕事を任せるべきかを判断して部下に指示することはできます。

部下に指示を出せないということは、上司として部下をマネジメントしていないということなのです。

部下を育成できない

部署の売上げを管理するのは上司の仕事です。

その上司が部下を育成しないということは、部署の売上げを伸ばさないということになります。

上司が部下育成に取り組めば、すぐに優秀な社員レベルまでには達しなくても平均して一人当たりの売上げは伸びていきます。

部下は育成されないと成長している実感が湧かず達成感をいつまでたっても味わうことができません。

成長できない環境を嫌って辞めていく部下もいるので部下を育成できない上司はマネジメント不足と言えます。


部下の仕事を把握していない

部下の仕事を把握していないということは、部下が仕事の何に困っているのか上手くいっているのかわからない状況です。

部下の仕事の成果や成長も把握できないので、適正な評価をすることができません。

適正な評価をすることができないので、自分よりも仕事をしていない人や成果を出していない人の方が評価されてしまったり、昇給するというようなことがあれば部下は上司に対して信頼を失くしてしまいます。

信用を無くすと部下が辞めていく理由にもなってしまいます。

部下の仕事を把握して適正に評価するのはマネジメントする上司の仕事です。

部下から信用されていない

特定の人に対してだけ優しかったり、意見を受けれたりするような上司は部下から信用されません。

部下に対して平等に接することができなければえこひいきと思われても仕方がありません。

人によって感じ方が異なるので、自分だけ粗末に扱われていると感じた場合は上司に見捨てられてしまったと思い込んでしまって、上司に相談することなく会社を辞めてしまうこともあります。

部下に対して平等に接してコミュニケーションをとれない上司は部下から信用を失うことになります。

全てにおいて仕事が遅い

部下から相談を受けたり、仕事の良い提案を受けたときに話は真剣にきくのですが、相談に対する解決に向けた動きや仕事の提案に対して具体的に進めていかないなど、とにかく仕事が遅いです。

部下が不安になって、相談した件はどうなっているのかきくまで何も部下に進捗を報告しません。

きかれてから進捗報告する内容に関してはほとんど何も進めておらず、ただ頭の中でこうしようと思っているという内容が薄い構想だけしか回答が返ってきません。

次第に相談されることもなくなり、いつしか部下とコミュニケーションがとれなくなっています。

無意識にパワハラやマイクロマネジメントをしている

自覚がなく無意識にパワハラやマイクロマネジメントをしてしまっていることもあります。

マイクロマネジメントとは、管理者である上司が部下の業務に強い監督・干渉を行うことで、一般には否定的な意味で用いられる。マイクロマネジメントを行う管理者は、業務のあらゆる手順を監督し、意志決定の一切を部下に任せない。部下の立場から見れば、上司がマイクロマネジメントを行っていると感じられることは多いが、上司がそのことを自覚することは稀であるとされる。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

マイクロマネジメントは悪い意味で捉えられます。

部下に信用がないので仕事を任せるのが心配だったとして、部下のパソコン操作がわかるような座席位置にしたり、過剰とも思える頻度で報告を義務にしたり、メールの文面すら上司が決めてしまったり、仕事の進め方を部下の意見を取り入れずに全て決めてしまいます。

出社してから退社するまでずっと監視している状態になります。

仕事が思うように進まないと上司は機嫌が悪くなり、部下を責めるようなパワハラ発言をします。

上司自身は自覚がないので過剰な干渉がマイクロマネジメントになっているとは気が付かず、マネジメントを一生懸命していると思っている人もいます。


辞めていく部下の特徴とは?

上司が嫌いだと愚痴をこぼす若手社員

日頃から上司のいないところで上司に対する愚痴をこぼしている若手社員は止めていく可能性が高いです。

まだ若いので上司の立場に対する理解もできないし、未婚の場合は家族を養うという責任もないため自分の気持ちを優先して辞めやすいのです。

上司が若手社員に対して他の社員と異なる扱いをしたり、仕事もろくに教えず雑務ばかり押し付けたり、成果を出しても褒めない場合はやる気を失くしていきます。

若手社員は中堅社員と違いスキルや自信が無いのであれこれ面倒を見て上げないと育たないし、自信を無くして不満を溜めていきます。

上司が可愛がっている部下

意外と上司が可愛がっている部下も辞めていきます。

普段は何の問題もなく仕事をしているように見えても部下の方が相当我慢をして成り立っている関係の場合が多いです。

上司から嫌われないようにご機嫌を伺いながら仕事をしていれば上司受けがいいのを知っているのです。評価にもつながってきますからね。

ある程度仕事が出来るようになってくると上司の言う通りに仕事を進めることに強烈なストレスを感じるようになります。

このタイミングで辞める社員もいます。

上司に可愛がられる女性部下の場合は、上司によってはセクハラと受け取られてもおかしくないようなコミュニケーションをとってくるので、女性はセクハラに耐えられずに辞めていきます。

可愛がるほど近い距離で仕事をしていると、上司の嫌な部分や合わない部分が露出するので辞めるきっかけになる場合があります。

仕事ができない上司にイライラしている社員

仕事ができるようになってくると上司の効率の悪い仕事が嫌になりイライラしてしまいます。

上司の言う通りに仕事をしても良い評価はされずなかなか昇給もしません。
そのうち上司に関わりたくないという気持ちになっていきます。

仕事中もどこかイライラした雰囲気をしていて仕事も雑になりがちです。
人によっては同僚に八つ当たりすることもあります。

上司に対しても口調が強めなのでイライラしていることがわかりやすいです。

いずれ納得ができないことが増えていき、イライラが爆発して辞めていきます。

仕事のできる優秀な中堅社員

仕事のできる優秀な中堅社員は能力があるので、転職しようと思えばいつでもできます。

上司が無能でマネジメントができないと仕事のできない同僚の面倒は全て中堅社員がみることになります。

そうなると自分の成長よりも他人の成長に時間を費やすことになるので仕事のやりがいを失くしていきます。

難しい仕事や気難しいお客様の仕事などやっかいなことは全て押し付けられてしまいます。

仕事のできない上司と働いていてもメリットが無いと判断すれば、優秀な社員は辞めていきます。


上司ができない人なら転職した方が幸せになれるかも

これまで説明した通り、マネジメントできない上司の下で働いていても仕事がやり難いし、仲の良い同僚がどんどん辞めていくことになりますよ。

マネジメント能力が低い今の上司が代わる可能性は滅多にないと思うので、もっと部下をマネジメントできるしっかりした上司と仕事がしたいなら転職を考えてもいいと思います。

あなたがこれらについて不満をもっているのなら、『転職エージェント』を活用した転職活動をすることで解決することができるかもしれません。

・上司を尊敬できない。

・上司からパワハラを受けている。

・上司がマイクロマネジメントをしてくる。

・同僚がどんどん辞めていく。

・会社の将来性が不安。

・会社の評価方法が不公平。

など。

転職エージェントに相談すると、このような不満を解決できるようなあなたに合った会社を紹介してくれるのです。

あなたの転職をしっかりサポートしてくれるのは、どこの転職エージェントなのか?

そこで、おすすめしたいのが

手厚いサポートが好評!
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】



キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

パソナキャリアは、あなたのように転職を成功させようと頑張る人を手厚くサポートしてくれるのです。

しっかりコミュニケーションをとってくれる転職エージェントがサポートをしてくれたら、あなたの転職成功は近いうちに実現するかもしれませんね!

では、パソナキャリアを利用することを考えたときに、気になる点をみていきましょう。

 

Q「パソナキャリアはどのような点がおすすめなの?」

A:一番は手厚いサポートです。口コミなどを見ても誰に対しても親身になって丁寧に履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などをしてくれる点です。そして、求人件数が50,000件以上、転職者の年収アップ率67.1%以上、有名企業や大手企業の求人も多数紹介してもらえるという点において、質の高い転職ができる可能性を感じます。
※2018年9月時点の情報。

 

Q「登録が面倒なんじゃないの?」

A:会員登録は数分程度ですぐにできます。履歴書や職務経歴書を持っている場合は、ファイルをアップロードするだけで簡単に登録できるので手間いらずですよ。

 

Q「パソナキャリアはお金がかかるの?」

A:無料です!パソナキャリアは利用しても一切費用がかかりません。転職エージェントは求職者を企業に紹介して転職が決まると企業から紹介料をもらうことで成り立っているのです。あなたは何も心配せず利用して大丈夫ですよ。

 

Q「時間がないけどパソナキャリアを利用できるの?」

A:時間がない人にこそ利用価値があります。登録後、あなたの希望する求人や人柄を伝えるために一度は転職エージェントと面談をする必要がありますが、面談後は転職エージェントがあなたの希望する求人を紹介してくれるのを待っているだけです。

 

Q「紹介してもらえる求人にはどのような会社があるの?」

A:安定した大手の上場企業をはじめ、業績好調なベンチャー企業の紹介をしてくれます。転職サイトには公開されていない「非公開求人」もあるので滅多にお目にかかれない企業の求人を紹介してもらえることもありますよ。

 

Q「履歴書や職務経歴書のアドバイスはしてもらえるの?」

A:誰に対しても丁寧に応募企業に合わせた書き方をアドバイスしてくれます。あなたをアピールするための面接のコツについてもアドバイスを受けることができますよ。

 

Q「どれくらいの期間で転職できるの?」

A:人や企業が募集しているタイミングにもよりますが、早い人で1ヵ月以内に決まります。じっくりと希望の条件で転職するのなら3ヵ月~6ヵ月はかかると思った方がよいでしょう。人によって異なるので、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

はじめに転職エージェントと面談をしてしまえば、働きながら希望の求人紹介を待つだけなので、ほとんど手間はかかりませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録だけでも済ませましょう!

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

上司が辞めさせてくれない場合の対処法

「上司が辞めさせてくれない!」

いざ辞めようと思っても、退職しようとするときにこのような悩みがありませんか?

・引き継ぐ相手がいないから辞められない。

・上司の引き止めがしつこい。

・上司が退職届を受理しない。

・人手不足で辞めにくい。

・退職日を延長される。

・無理やり仕事を振ってくる。

・退職に関する話を無視する。

会社の都合や上司の都合で辞められない状況が続くと、いつまで経っても退職するタイミングは訪れません。

上司と相性が合わないのなら、精神的に辛い状況の場合もありますよね。

 

あなたの力ではどうにもできない場合、退職代行EXITを利用することをお勧めします。

 

直接人事に退職を伝えづらいということなら、退職代行サービスを使った方が良いです。

辞めたいけど自分から辞められないということであれば、退職代行サービスを利用した方が精神的にはかなり楽ですよ。

苦しみから解放されて、明日から楽になりたいのなら、今すぐ退職代行サービスEXITを利用しましょう!

退職代行サービスは、弁護士事務所がやっているところも多く、法律的な観点で解決をしてくれます。

 

辞めたいけど直接上司と話したくないし、明日から会社にも行きたくないというときは、退職代行サービスを頼った方が早く退職できる可能性が高いですよ。

・即日対応してほしい!
・会社と連絡を取りたくない!
・離職票を送ってもらいたい!
・会社の人に会いたくない!

退職代行サービスを利用するにあたり、このようなことを心配する必要はありませんよ。
退職を代行してくれるのであなたに変わって会社に連絡をしてくれます。

 

退職代行サービス

退職代行EXIT

退職代行EXITでは、業界トップの累計2,500人以上の退職代行を実施しているそうです。ディア掲載実績が豊富で知名度が高いです。退職成功率は「100%」ということなので確実に退職できるのではないでしょうか。

 

Q「退職代行サービスEXITってどんなサービス?」

A:退職したいけど辞めさせてもらえず困っている人に代わって退職手続きを進めるサービスです。業界NO.1メディア実績があって退職サービス業界では最大手です。

 

Q「退職代行サービスEXITで辞めた人はいるの?」

A:累計2,500人以上の退職代行を実施した実績があります。つまり、それだけ多くの人が退職代行サービスEXITを信頼して利用したと言えますね。

 

Q「退職代行サービスEXITで本当に退職できるの?」

A:現時点で100%の退職成功率ということです。

 

Q「会社から訴えられたりしないの?」

A:現時点で会社から訴えられたケースは一度もないそうです。

 

Q「退職代行サービスEXITの依頼方法は?」

A:退職代行EXITのページ下にあるお問い合わせフォームから、退職代行の依頼ができますよ。スマホでLINEからと直接電話の依頼方法もあるので、依頼しやすい方法で大丈夫です。深夜でも受け付けてくれますよ。

 

Q「最短でいつ実施してくれるの?」

A:即日退職代行をしてくれます。だから、最短で明日から会社にいかなくても退職手続きを進めてもらうことができるのです。会社の人に会わずに退職することができます。

 

Q「退職代行サービスEXITの費用は?」

A:正社員、契約社員は「50,000円」です。アルバイト、パートは「30,000円」です。費用が高く感じる人もいるかもしれませんが、「明日から会社に行かなくていい」という開放感を考えれば、それほど高い金額には感じないと思います。

 

Q「退職代行サービスEXITの支払い方法は?」

A:クレジットカード払いと銀行振り込みができますよ。

 

退職代行EXIT

まとめ

部下が辞めると上司の責任になる理由、マネジメントできない上司の特徴や辞めていく部下の特徴について解説しました。

部下が辞めるのは、マネジメントができない上司が原因の場合がほとんどです。

マネジメントできない上司と働いていても仕事で成長することが難しいし、いざ転職をしようとしても内容の薄い職務経歴になってしまい、あなたの市場価値が下がり、転職自体が難しくなってしまうこともあります。

我慢して仕事ができない上司と働く必要はないので、あなたの市場価値が高いうちに自分を活かせる働き方を考えてみてもいいかもしれませんね。

 

少しでも転職をする可能性があるのなら、今すぐ登録を済ませておきましょう!

仲の良い同僚が辞めるタイミングで転職活動を始めても次の仕事が決まるまでは数ヶ月かかることが多いですよ。

いつでも辞めれるように準備を進めておきましょう。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

今の自分の市場価値がどれくらいあるのだろう?

と気になっている人にはこちらの転職アプリもおすすめします。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

アプリをインストールするだけで、すぐに診断ができますよ!

ミイダス アプリミイダス 詳細

あなたに興味を持っている企業や年収の相場が分かるので市場価値を知ることができますよ。

希望の条件で転職できるのは、あなたに市場価値があるうちだけです。