仕事の悩み

会社を休む理由が家庭の事情は言い訳?仕事を休む理由が子供の熱でも?

会社を休む理由が家庭の事情は言い訳?仕事を休む理由が子供の熱でも?
  • 家庭の事情で休むと同僚の目が気になる
  • 子供の理由で休むことに罪悪感がある
  • 家庭の事情による欠勤連絡方法がわからない

このような悩みを抱えていませんか?

会社を休む理由が家庭の事情の場合、仕事を休む言い訳に受け取られないか心配ですよね。

後ろめたい理由でなくても「罪悪感」を感じてしまうこともありますね。

「独身が多い会社だと理解を得られにくい」

子供がいる場合、子供が熱を出したときに会社を休むことがあると思います。
そのため、既婚者からは理解を得られることが多いと思います。

子供の命に係わるような家庭の事情でも会社や同僚は、会社を休む言い訳として捉えてしまうのでしょうか。

この記事では、子供が熱を出して会社を休みたいとき、どのように考えた方がいいのかについて解説していきます。

あまりにも、融通が利かない会社なら、長い目で見ても働きやすい職場とは考えにくいので、今の家庭環境に合った会社に転職することをおすすめします。

 

家庭の事情でも安心して休める会社へ転職を考えるのなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

実は、もう一つおすすめの無料転職アプリがあります。

無料の転職アプリ!【ジョブクル転職】
をインストールするだけでDODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。

転職は考えているけど、「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。

まずは、【無料】ミイダスで自己分析をする。次に、【無料】ジョブクル転職で適性のある仕事を探してみる。

この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。

会社を休む理由が家庭の事情でも言い訳にきこえないか心配

会社を休む理由が家庭の事情でも言い訳にきこえないか心配

会社を休む理由が家庭の事情の場合、大抵は冠婚葬祭が多いと思います。

これらは多くの人に共通する人生のイベントであり、今では多くの会社が福利厚生として休暇がとれるように制度を整えています。

このような理由で休むことは言い訳にはならないと多くの人は考えていますが、「子供」が関係する家庭の事情となると捉え方が変わってきてしまうこともあります。

働いている多くの人は仕事をしたくなかったり、毎日会社に行きたくないと思っています。

そのような人達からすると、子供を理由に何度も会社を休まれると、あなたの仕事をサポートする分、仕事量が増えるのですが給料が上がるわけでもないので不満を募らせます。

1回なら良いというわけではありませんが、2、3日続いてしまったりすると印象が悪くなってしまいます。

子供の体調不良で休むことは悪くないし言い訳でもないのですが、どうしても理解をしてくれない人が会社には存在するのです。

理解のない人が多い会社なら辞めて転職した方がいいかもしれません。


子持ちは会社を休みすぎで正社員として迷惑と言われそう

子持ちの女性も男性も、子供の熱や怪我などを理由に休んだり早退することは何度もあると思います。

子供のいない独身の社員からすると、子持ちは会社を休みすぎで同じ正社員として迷惑だと感じていると思います。

なぜ迷惑と感じるのかですが、1年間で考えたときに独身の社員よりも子持ちの社員の方が理由はどうあれ欠勤日数が多いです。(子持ちの全員には当て嵌まりません。)

会社によっては有給をなかなか使わせてくれないところもありますし、そのような状況の中、子供が理由だと簡単に休めるような印象があって不満なのです。

それに、同じ給料をもらっているのに勤務日数が少ないことやいつ突発的に休まれるかわからないため正社員なのに責任のある仕事が独身の社員に集中しがちになってしまう点が挙げられます。

子持ちの中には正社員でも時短勤務をしている人もいますよね。

時短勤務で休みがちになると、同僚からするとさらに労働時間が少なくなるため、もはや戦力外として思われてしまうこともあります。

子持ちは優遇されすぎてズルいなどと思う同僚もいるかもしれませんが、それは会社が独身の社員にも十分な福利厚生を与えていないために不平等さを感じさせてしまっているのです。

会社の仕組みの問題で子持ちの社員が独身の社員の不満の標的になってしまうのです。

しかし、これは一部の理解のない同僚の考え方なので「迷惑」と思われても気にせず休みましょう。

同僚は他人なので無視して、家族を優先して守りましょう!

会社をずる休みしたくて子供を言い訳にしているわけではない

子供を理由にズル休みしている社員も中にはいるかもしれません。
しかし、そのような人は圧倒的に少ないと思います。

運悪く子供が短期間に何度も体調を崩してしまい、会社を休まなければいけない状況になってしまったときは、ズル休みする理由として子供を言い訳にしたのではないかと疑ってくる人もいるかもしれません。

印象が悪いのが、2日連続や3日連続で休んでしまうことです。
ズル休みとして疑われてしまうのは会社を休む頻度が影響するかもしれません。

どうしても夫や妻に子供の面倒をお願いできなくて連日会社を休まなければいけない状況もあると思います。

家庭の事情として受け取ってくれるのか、ズル休みとして受け取ってくれるのかは同僚の人間性の問題が大きいと思います。

子供を理由に会社を休む度にズル休みとして受け取るような同僚が多いなら、そんな会社は辞めてしまった方がいいです。

精神的にも辛くなりますからね。

子供に何かあったときは親が面倒を見なければいけないので、子育てに理解のある会社で働いたほうが仕事と子育ての両立が実現できると思いますよ。


子供が熱なら会社を早退することは当たり前

子供が熱なら仕事を早退することは当たり前

子供が熱を出したと連絡が入ったら会社を早退するのは当たり前です。

放っておいたら命に関わりますからね。
働く母なら子供が病気の時はすぐに駆け付けて看病するのは当たり前です。

子供が体が弱くて頻繁に体調を崩して熱が出たりすると何回も早退したり休まないといけない場合もあります。

そのようなときに仕事が休みづらいのは、仕事の仕組みの問題です。

会社というのは誰かが抜けても仕事に対応できる仕組みにしておかなければ安定した品質でサービスを提供できません。

会社には独身の社員もいれば子持ちの社員もいますし、病弱で休みがちな社員もいます。
いろいろな人が働きやすいように仕組化しておかなかった会社がいけないのです。

理由があって休む人を責めるべきではありません。

子供に熱が出ていても会社を休みすぎだとか、仕事を休ませないなどと言うような会社なら、無理して働き続けるのはやめましょう。

子供が熱のため会社を休むメールの送り方

子供が熱のために会社を休む場合にメールではどのように連絡すればよいのか考えてみましょう。

夜から子供が熱が出ているのなら会社を休む前日の夜に上司にはメールを送っておきましょう。そして、当日の朝は上司と仕事で関わる同僚にもメールを送りましょう。

子供の熱で会社を休むときの例文はこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?
上司と同僚の両方に送れるような内容です。硬すぎず、軽すぎずといった内容です。

メール例文

〇〇事業部の皆様

お疲れ様です。
〇〇です。

帰宅後、子供が熱を出してしまい、病院で診てもらったところ2日間ほど様子をみたほうがよいと言われました。

大変申し訳ございませんが、明日はお休みをいただき看病に専念させていただきます。
メールの確認はできますので、何かあればメールをいただけますでしょうか。

明日中に子供の熱が下がれば明後日からは通常通り出社させていただきますので、業務の調整などご迷惑をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。

優しい上司や同僚、同じ子持ちの同僚なら、子供の熱に対してお見舞いメールが届くかもしれませんね。

子供の体調を気遣うメール内容だったり、会社を休むあなたを気遣う内容だと嬉しいですよね。

仕事は気にせず「看病してあげてください」なんてメールがきたら気持ちが楽になりそうです。


子供の熱で休めないなら会社を辞めることを考える

子供の熱で会社を休む日が何日もあると会社から辞めろと言われたり、クビになる場合もあります。

今時の会社で、子供が熱出して休むと言ったら仕事がクビなることはほとんどないと思いますが、ブラック企業だったらあるかもしれません。

子育て支援がなかったり、育児の理解がない会社なら「辞めろ!」とか「クビだ!」とか言ってくるかもしれません。

直接言われなくても雰囲気で醸し出しているようなら会社を辞めることも考えてみましょう。

子供が熱を出す度に休む連絡や早退することに大きなストレスを感じるようになってしまいます。

そうなるといつかストレスによって親であるあなたが体調不良になってしまうかもしれません。

転職活動をしているときに退職理由を子供の病気として伝えても理解のある会社なら受け入れてくれるかもしれません。

あなたの仕事の能力が高ければ転職先は選べると思うので、今の会社で不快な思いをするなら転職を視野に入れましょう。

子供に熱がでたら快く会社を休ませてくれる会社に出会えるかもしれませんよ。

良い会社で働ければ、子育ても少し楽になるのではないでしょうか。

転職を考えるのなら早めに行動をしよう

家庭の事情などで休めない会社は、子育てや介護が必要な家庭の人には向いていない会社と言えますね。

最近は、リモートワークを認めてくれたり、時間単位の有給を使わせてくれる会社も出てきました。

お金もかかるし仕事は辞められないというときは、働きやすい職場へ転職を考えましょう。

他の会社に転職すればすぐに解決することかもしれまんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

まとめ

会社を休む理由が家庭の事情なのが言い訳なのかについて解説しました。

人それぞれの人生があるため、家庭環境も異なりますよね。

だから休む理由も人それぞれなのです。

どの理由が休む理由として正しいとか間違っているとかはないのです。

会社を休む理由が子供の熱でも大丈夫です!

周りの社員の視線や意見を気にせず、家庭の事情があるなら会社を休みましょう!

文句を言うような会社は社員のことを考えていない会社なので、家族にも迷惑をかけないうちに転職を考えてみましょう。