Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

通勤時間が長いから辞めたい!通勤1時間の一人暮らしや子育てはきつい?

通勤時間が長いから辞めたい!と思ったことはありませんか?

通勤に1時間かかってしまう場合、「一人暮らし」の人や「子育て中」の人はどのようなことが「きつい」のかみていきます。

通勤時間が長いことで損をしていることがあるかもしれません。

逆に通勤時間を短くすることで生活が楽になり、人生の幸福度が増すかもしれませんよ。

通勤時間が長いから辞めたいと思うのは甘え?

通勤時間が長いから辞めたいと思うのは甘えではありません。

なぜなら、人にはそれぞれ生活リズムがあるので、ある人にとっては通勤1時間は苦痛ではないかもしれませんが、ある人にとっては苦痛になるかもしれないからです。

通勤時間が長いときついと感じることが多いと思いますが、無理やり通勤時間が長いことを前向きにとらえて、どうやって通勤時間を有意義に過ごすかを考えるのはおすすめしません。

電車内での過ごし方を考えても通勤時間の改善にはならず、肉体的疲労は日々蓄積されていきます。

肉体的疲労が溜まると体調を崩して風邪をひきやすくなります。

冬なんかはインフルエンザが流行するので、長時間通勤している人の方が多くの人と接触するため感染してしまうリスクが高いかもしれません。

疲労が溜まることで仕事でも失敗しやすくなったり、自宅が遠いことで終電を気にして職場の仲間との飲み会なども早めに帰らなければいけなくなったりします。

他の人も通勤1時間だから、自分だけ通勤1時間を理由に辞めたいと思うのは甘えだと考える必要はありません。

甘えとかそういう問題ではなく、どのようにライフワークバランスをとるかという個人の生活の問題なのです。


通勤1時間の一人暮らしは何がきついのか?

通勤1時間の一人暮らしは何がきついのか?

通勤時間が長いと遅刻しやすくなる

一人暮らしだからという理由にはなりませんが、通勤時間が長いということは、複数の路線を利用して乗り換えが発生する可能性が高いということになります。

通勤経路のどこか1路線でも電車遅延が発生してしまうと他の路線での乗車時間がずれてしまい、遅延が積み重なって大幅に遅刻をしてしまうこともあります。

運悪く何日か連続で電車遅延を理由に遅刻してしまうことが続くと、会社の上司から信用を無くしたり怒られたりするので精神的にはきつい状況になります。

一人暮らしなので、朝は起こしてくれる人もいないので寝坊してしまうと取り返しがつかなくなってしまいますね。

通勤1時間は疲れが溜まって肉体的に辛い

電車なら通勤1時間は耐えられるという人もいるかもしれません。

しかし、路線によっては大混雑する場合もあり座ることができないこともあります。

立ちっぱなしで電車に乗っていると荷物を持つ手が痛くなったり、荷物が他の乗客に物価ってトラブルになることもあって大変です。

そのような状況が毎日続くと肉体的には疲労が蓄積していきます。

家に帰っても一人暮らしだと誰も炊事や掃除はしてくれません。

毎日疲れて帰ってきた状態で、炊事や掃除をするというのはとても辛いですよね。


一人暮らしは通勤時間と家賃どっちを優先すると楽になるか

一人暮らしなので妻子がいないため、本人がその気になれば職場の近くに住むことは簡単です。

もし、残業が多くて残業代がしっかり支払われる会社なら、家賃が上がった分は残業代で相殺できるので、会社の近くに住む方が楽になります。

残業代が無いと通勤は楽になりますが家賃が上がる分、生活が厳しくなってしまいます。

今は副業を認めている会社も多いので、家賃が上がってもその分を早く家に帰って副業で稼ぐという手段もあります。

家庭を持っていないので自由に住む場所は選択できるのが一人暮らしのメリットです。

どうしても通勤時間を短くしたいのであれば、家賃が上がったとしても会社近くに引っ越しましょう。

通勤時間は転職理由として通用しないのか

通勤時間だけを転職理由として面接で伝えると通用しない可能性があります。

通勤時間が長いなら、少しでも会社の近くに住む努力をすればよいのになぜその努力をしないのかを指摘されます。

遠いお客様のところに訪問するときに1時間以上かかる場合は、この人だと難しいのではないかと思われてしまいます。

通勤時間が転職の理由だとしても正直に言わず、他の理由を全面に押し出しましょう。

家族がいるのなら子育てを理由にできそうですが、一人暮らしの場合は通勤時間を理由に転職しずらいと思います。

通勤時間が長いなら異動を申し出ないとやってられない

今の職場とは別に支店などがあれば、今住んでいるところから近い支店に異動を申し出ることも考えた方がいいかもしれません。

家から近いところに職場があるのなら、遠くの職場に長い通勤時間をかけて行きたくないですよね。

もし異動ができそうなら上司に相談してみましょう。

近くの職場を通過して毎日遠い職場に通勤するのは精神的には辛いかもしれませんね。


通勤1時間の子育ては何がきついのか?

通勤1時間の子育ては何がきついのか?

通勤1時間は子育ての疲れも溜まって肉体的に辛い

子育てをしている場合は通勤1時間はきついと思います。

子供の年齢にもよりますが、共働きをしている場合は子供を保育園や幼稚園に交代で送り迎えをすることもあります。

ときには子供が体調を崩してしまい病院に連れて行ったり、仕事を早退したりすることもあります。

そのような場合にあちこち移動することになるので通勤1時間はとても肉体的に辛くなってしまいます。

緊急の時にすぐに家に戻れないというのも辛いですね。

長時間通勤は精神的な限界を迎えてうつになるかも

子育てしながら長時間通勤していると日々疲労が溜まっていきます。

通勤するだけでも混雑している交通機関を利用すれば相当なストレスが溜まります。

電車など混雑していればスマホをポケットやカバンから取り出すことが難しいときもあるため、何かあっても連絡を受け取れなかったり、メールすることも出来ません。

子育てでもストレスが溜まってしまうこともあるため精神的にはかなり限界を迎えやすい状態になってしまうことが考えられます。


子育て中の通勤時間は短いほうがいい

子育て中の通勤時間は可能な限り短い方がいいです。

通勤時間が長いと子供を保育園や幼稚園に迎えに行く時間が遅くなってしまい、家庭の生活自体が不規則になってしまう可能性があります。

生活が不規則になると家族全員が生活リズムを狂わせてしまい、精神的に不安定になったり、体調不良などを引き起こすかもしれません。

共働きの場合は、子育ての負担が自宅に近い方に偏ってしまい夫婦喧嘩のきっかけになってしまうことも考えられます。

子育て中の緊急事態にすぐに駆け付けることができない

会社が自宅から遠いと、子供に何かあったときに駆けつけることができません。

病気や怪我ということもあれば、何か事故や事件に巻き込まれてしまったときにも通勤が1時間もかかってしまうのでは難しいです。

子育て中の悩みの1つかもしれません。

近くの会社に転職したくても条件に合う会社がないと転職という選択肢は難しくなってしまうので、通勤が1時間かかっても無理して働かなければいけません。

託児所がある会社に転職できれば、この問題は解決できるかもしれません。


通勤時間が長いなら転職も考えた方がいいかもしれない

通勤時間が長い会社を辞めることは簡単にできます。

育児に理解のある会社も増えてきているため子育て支援が充実している会社もあります。

残業がゼロだったり、時短勤務ができたり、ベビーシッターを雇っている会社などがあります。

会社がワーママを支援することで会社を辞めなくて済む環境になります。

子育てしながらもバリバリ働きたいと考えるのなら、子育ての段階に合った会社を探してみてもいいかもしれません。

まとめ

通勤時間が長いとデメリットが多いです。

通勤時間を理由に転職することはできますが伝え方には気を付けましょう。

子育て中の場合は仕事との両立が肉体的にも精神的にも辛いと思うので、自宅から近いところにある会社に転職すると楽になるかもしれません。