Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
仕事

仕事が暇すぎる正社員にはダブルワークをするか転職がおすすめ

仕事が暇すぎる正社員にはダブルワークをするか転職がおすすめ

もし、あなたが正社員で仕事が暇すぎて困っているのなら、この記事が少し参考になるかもしれません。

社会人として長い目で考えた他ときに、仕事が暇すぎる正社員にはデメリットが多いと感じています。

仕事が暇すぎる日々が続くと焦りや不安は出てきませんか?

もっと仕事でスキルアップして成長して友達にも恥ずかしくない働き方をしたいと思いませんか?

仕事が暇すぎる職場環境で正社員をして無駄に過ごしているのなら、ダブルワークを始めるか転職して新しい職場環境に行くことは、メリットが大きいのでおすすめですよ。

仕事が暇すぎる正社員がいる会社はどのような状況なのか

仕事が暇なのに正社員として雇われ続けている状況として考えられるのはこのようなパターンでしょうか?

・大手企業で業績は安定、しかし分業されているので仕事量が少なくて暇。

・中小企業で仕事の安定感がないため仕事が暇な日が発生してしまう。

いずれにしても仕事が暇すぎるということは、可能性としては会社の業績が不安定であったあり、業績が足踏みしているので仕事量が少ないということになります。

仕事が暇だけど会社は経営できているということは、正社員ではなくても人件費の安いアルバイトで何とかなってしまう仕事内容だということが推測できますね。

会社の業績が伸びない状況で、仕事が暇すぎる正社員が何人もいたら、突然リストラされてしまうリスクがあります。

仕事が暇だという時点で危機感をもたないといけません。

一生懸命に仕事をしたくない人にとっては、正社員で暇をしてお給料をもらっていることは幸せかもしれませんが、仕事が暇な環境に慣れてしまうと、いざというときは転職活動もうまくいかずに一気に不幸になってしまう可能性もあります。


仕事が暇すぎるデメリットは何か

仕事が暇すぎるデメリットは何か

仕事で成長することができないから新人にすぐに追いつかれる

仕事で成長していくということは、毎日暇することがないような仕事量がないと経験が積めないので、何年働いてもスキルも人としても成長することが難しいです。

あなたが入社して1年後に新人が入ってきたとしても、1年間でたいした仕事量をこなしていないためすぐに追いつかれてしまいます。

教えられることも少ない上に、万が一、あなたが不器用なタイプだと追い越されてしまって存在価値のない先輩扱いをされてしまうかもしれませんね。

給料が上がらないのでモチベーションが下がる

仕事が暇なので会社の業績が大きく伸びていないことが考えられます。

もし、仕事で目標制度があって目標達成できたとしても、社員の給料を上げてあげられるほどの余裕はないはずです。

仕事が暇である限り、給料が上がる可能性は低く、むしろ下がる可能性が出てきます。

少ない仕事でどんなに頑張っても給料が上がらない可能性が高いと思うとモチベーションが下がる一方になってしまいませんか?


仕事のやる気が出ない日が増えて仕事がばかばかしくなってくる

どんなに仕事を頑張ってもお給料が上がり難かったり、自分のスキルアップができるわけでもないのでだんだん仕事がばかばかしくなってきてしまいます。

毎日朝早く起きて満員電車に乗ってまで、このような職場環境に仕事に行く意味があるのか?と思うようになってくるはずです。

毎日充実しないので気持ちが憂鬱になり仕事に対してやる気が出ない日が続いてしまいます。

最悪の場合は、仕事に行きたくない日が増えて行って休みがちになってしまうかもしれませんね。

仕事でスキルアップできないから仕事が楽しくないと感じる

仕事の幅が広がらないから自分のできることがいつまで経っても変化がありません。

今持っているスキル以上のことが身につかない環境なので「プロフェッショナル」を目指すことができません。

自分のスキルがアップが出来ないので「達成感」がなく、成果が出ないので働くことへの満足感が得られず、仕事が楽しくないと感じるようになります。

1年くらいは我慢できたとしても、それ以上の期間は仕事で成長できない自分にストレスを溜めてしまいイライラしてしまうかもしれません。


キャリアアップできない職場環境は今後も変わらない

「きっと大丈夫!何とかなる!」

なんて思っていても職場環境が良い方向に変わることは滅多にありません。

会社のビジネスモデルが変わったり合併などが無い限りは難しいと思います。

待っていても仕事が暇な環境は変わらないということ。

もし、このような環境で5年間働いてから転職を考えたときに、何のスキルアップもできていないので転職という選択肢が難しい状況になるかもしれません。

仕事が暇すぎる正社員がダブルワークをするメリット

仕事が暇すぎる正社員がダブルワークをするメリット

ダブルワークで仕事のキャリアアップやスキルアップができる

本業の仕事が暇なら、もう一つダブルワークとして仕事を見つけてはいかがでしょうか。

本業の仕事が暇でも仕事内容が好きで続けたいという人や暇な職場環境が性格的に合っているという場合は会社を辞める必要はないと思っています。

キャリアアップやスキルアップに関しては、ダブルワークとして働くもう一方の仕事で実現すればよいのです。

今は副業が認められている会社も多いです。

1つの会社に固執しないことで新しいキャリアを築くことも可能になります。

ただ、ダブルワークになることで長時間労働になってしまわないかという点が心配です。
ワークライフバランスを考えるなら、仕事の自己管理能力は求められます。


ダブルワークの収入で給料を上げることができる

全てに当てはまるわけではありませんが、経験上、仕事が暇で毎日定時に退社できるような会社で高い給料をもらったことがありません。

たとえ役職に就いたとしても他の会社の一般社員と変わらないくらいのお給料でした。

何十年働いても希望の年収に届きそうにないのなら、ダブルワークをすることで月収を上乗せして希望の年収を実現しましょう!

年収が上がっていかないとプライベートで使えるお金もないので充実した生活を送れないので、働くことへのモチベーションを維持することが難しくなってしまいます。

年齢的に転職が厳しければダブルワークでモチベーションを上げることができる

例えば、30代後半で転職した会社がとても暇すぎるからもう一度転職したいと思ったとします。

しかし、転職するには年齢的に厳しいので諦めなければいけないという状況だったとしたら、ダブルワークをすることで働くことに対するモチベーションを上げることができます。

それに、ダブルワークを頑張ることで、数年後はダブルワークでやっていた仕事が本業になることもあるかもしれません。

上手くいけば起業するという未来があるかもしれませんね。

今の時代、転職することだけが環境を変える手段ではありません。


仕事が暇すぎる正社員が転職するメリット

仕事が暇すぎる正社員が転職するメリット

今と違う職種に転職して人生や仕事をリセットすることができる

転職ということになれば、今の暇な仕事とは違う仕事を探しても良いのです。

仕事が暇な職場にいるときに、自分が本当はどんな働き方をしたかったのかを見つめ直す時間は十分にあったはずです。

もし業界や業種を変えた方が理想のワークスタイルで働けるという場合は、転職をすることで気持ちも仕事もリセットしてもう一度やり直すことも出来ます。

もちろん同業種への転職もすることができるので、仕事が暇にならないような会社を選べばよいのです。

仕事でスキルアップしたりキャリアアップを目指すことができる

スキルアップやキャリアアップが期待できるのは、仕事が忙しい傾向にあるベンチャー企業です。

仕事は忙しいですが、ベンチャー企業の中にはワークライフバランスを整えようと頑張っている会社もあります。

なるべく定時に帰れるようにしようという取り組みも多く、いかに効率よく沢山の仕事をするかということが課題になるので、短時間で仕事を終わらせるスキルを身につけることができます。

効率よく仕事をするにはスキルが必要になるので、必然的にスキルアップできる環境で働くことができます。

スキルも高まりマネジメントスキルも身につけば役職について働くことも出来るかもしれません。


仕事で成長したいと思っている仲間と出会うことで人間関係が豊かになる

仕事が暇な正社員をやっていた頃は、社内に仕事で成長したいと思ってやる気に満ちた人はいましたか?

仕事が暇な会社では、仕事に対するモチベーションを維持することができなくなった正社員の人が多くなかったですか?

転職先の会社選びを失敗しなければ、あなたと同じように仕事で成長したいと考えている仲間に出会うことができます。

仕事に対する考え方が近ければ、長い付き合いになる仕事仲間やプライベートでも遊びに行けるような付き合いのある友達ができるかもしれませんよ。

ダブルワーク探しや転職におすすめの支援サービス

有名どころの転職サイトや転職エージェントは求人数も多く、あなたが希望する職場環境の会社が見つかる可能性が高いです。

スカウトメールが届くこともあるので、複数の支援サービスに登録しておけば仕事探しが面倒でも少し楽に活動をすることもできます。

最近だとテレワーク(在宅)勤務が可能な求人も増えているのでダブルワーク探しにも役立ちそうです。

仕事探しが得意ではない人には転職エージェントがおすすめです。

しっかりと自分の考えや思いを伝えておくだけで、該当する求人を毎月紹介してくれます。

ただし、スキルが低すぎたり、年齢が高い場合は該当する求人が極端に少ない場合もあるので1社だけではなく複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントによって取り扱い求人が結構違うので、こちらに載せた転職エージェント以外の転職エージェントも探してみても良いかもしれません。

 

 

まとめ

仕事が暇すぎる正社員にはダブルワークをするか転職がおすすめという内容で紹介しました。

特に男性は60歳とか70歳くらいまで働く人が多い時代だと思うので、仕事で暇していることにモヤモヤしているのなら、ダブルワークをするか転職をしてキャリアアップやスキルアップをしていきましょう!