Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

スノーボード用にグローブを買いたいけど何を基準に選んだらいいの?

スノーボード

今回はグローブの選び方についてご紹介して行こうと思います!

スノーボードをするときには防寒対策や怪我防止のために必ず装着する必要があります。やっぱり怪我はしたくないですからね・・。これから始める人、始めたばかりの初級者レベルだと転倒した際に手をつく回数も多くなると思います。デザインばかりを気にして機能を見落としてしまったなんてことにならないようにしましょう!

最近はグローブの昔に比べて機能もよくデザインも沢山あるので何を基準に選んだらよいか迷ってしまいますよね!値段もまちまちです。

ゲレンデで転倒したときにこのグローブにしてよかったと思えるようなグローブが見つかるといいですね~!それでは、ご紹介させていただきます!

初心者や経験者でグローブの選び方は変わるの?

スノーボード初心者と中級・上級の経験者との大きな違いは、転倒の回数だと思います。初心者が上達の過程で何度も転ぶのに対して、中級・上級者はトリックなどの技をしない限り滅多に転びません。

つまり、初心者の手は雪に触れる機会が多いということです。疲れてコースに座ったりする時間も多いと思います。そこでグローブ選びで基準にしたいのは、やはり「機能」です。デザインは二の次でよいのではないかと思います。

レンタル品だと少し破けていることもあったり、デザインが格好悪いのが多いのでレンタル品はあまりおすすめしません。初心者だと手に水がしみてきてやる気をなくしてしまうきっかけになるかもしれないですからね。

結論は選び方は変わる!です。


グローブの種類や機能にはどんなものがあるの?

グローブの種類にはどんなものがあるのかとうことですが、このような種類のものがあります。スキー場の寒さも違ってくるので考慮して選びたいところです。上から定番のグローブを紹介していきます。

・5フィンガータイプ
5本指に分かれているよく見かける定番のグローブです。全ての指が自由に動かせるのでビンディングの装着の際は快適なグローブになります。種類で選ぶならこれかな~と思います。

ただし、サイズを間違えるとごわついて指先を使った作業がしずらくなるので気を付けましょう!このタイプは持っていて損はありません。とりあえずどの種類を買ってよいかわからない人はこれを買ってみてください。

機能面ではインナーが入っているタイプと入っていないタイプがあるので保温性などがだいぶ変わってきます。北海道のようにとても寒いエリアに行くときはインナーは必須と考えてください。天候によって有り無しの使い分けもよいかもしれません。

・ミトンタイプ
親指以外の指の部分が一つにつながっているグローブです。細かい作業を行いずらいです。女性が装着することが多く可愛いスノーボーダーの印象を与えることがでますね。スキー場でナンパされている女性はミトンのグローブが多いような気がします。主観ですが(笑)

逆に男性でミトンタイプを付けている人はあまり見かけませんね。やっぱり可愛さよりは格好良さを重視して男らしく滑りたいという思いからでしょうか。

・パイプグローブ
生地が薄いため暖かい日や春先に向いているグローブです。真冬の真っ只中で使用すると寒く感じる可能性がありそうです。防水性や耐水性に優れたグローブも出ているので、もしかしたらやすきちが思うほど寒さを感じないグローブになっている可能性もあります。

あとはどのグローブも共通して、グローブの耐水性、耐久性、素材などの保温性、指の動かしやすさを考慮して決めれば失敗はないと思います。


有名なブランドや人気のおすすめのブランドは?

個人的には使用経験のあるBURTON(バートン)がおすすめです。BURTON(バートン)はボードも出しているブランドでとても有名です。

耐久性、防水性、耐風性に優れていてともも快適なグローブだったと記憶しています。男性にも女性にも人気があると思います。

その他にはこのような代表的なブランドがあります。いろいろなブランドがあるので自分に合いそうなブランドをみつけましょう!

・デザインが個性的なAshram(アシュラム)。
・プロライダー監修のnamelessage(ネームレスエイジ)。
・少し派手なデザインのNEFF(ネフ)


まとめ

初心者はよく転ぶのでデザインよりも機能にこだわって選ぶことが大事です。やすきちが初心者の頃は一日に100回以上は転んでいたので、グローブ選びは耐水性を一番に考えて選んでいました。初心者の皆さんは沢山あるブランドのなかから自分にあうブランドを見つけてスノーボードを上達しながら冬を満喫してくださいね!

それでは今回は以上になります~。