転職の悩み

転職1ヶ月で辞めたいときにおすすめの退職理由!再転職を1ヶ月で決める効率の良い方法

転職1ヶ月で辞めたいときにおすすめの退職理由!再転職を1ヶ月で決める効率の良い方法
転職1ヶ月で辞めたい人
転職1ヶ月で辞めたい人
  • 退職理由を何て伝えてよいのかわからない
  • 退職理由を認めてもらえるかわからない
  • 1ヵ月以内に再転職をする方法が知りたい

このような悩みを解決します!

Yasu
Yasu
こんにちは。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職上級者です。今回は、転職1ヶ月で辞めるときの正当な退職理由と再転職を1ヶ月で決める効率の良い方法をご紹介します。

転職してみたら実際は面接できいていた話と違っていたり、職場の雰囲気が合わなかったり人間関係が上手くいかないことがあると思います。

辞めると決意しても、いざ退職を伝えようとするときに正当な理由が見つからず、なかなか退職に踏み切れない状態ではありませんか?

この記事では、転職して1ヶ月だけど、どうしても辞めたくなってしまった場合のおすすめの退職理由と次の転職先を1ヶ月で決める効率の良い方法をご紹介します。

 

転職を考えるのなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/

転職1ヶ月で辞めたいときにおすすめの退職理由

転職して1ヵ月以内の退職は、引き止められる可能性があります。

なぜなら、高い採用コストをかけて採用したので、すぐに辞められると会社としては損失になるからです。また、採用した上司の立場がなくなってしまうという理由からです。

そのため、引き止めようがない退職理由をストレートにぶつけた方が退職を認めてらえることが多いです。

会社ではどうにもできない退職理由、会社が変わらないと難しいような退職理由を伝えましょう!

何の未練もなく、すぐに辞めたい場合や会社の人に会わずにすぐ辞めたい場合は、『業界最大手の退職代行サービスEXIT』がおすすめです。

面接できいていた仕事内容と違う

面接できいていた仕事内容と違うのなら、労働条件も含めて会社に非がある場合があります。

具体的にどのような点が、面接できいていた話と違うのかを整理して伝えましょう。

実際入社してみると違いが出る点はこのあたりです。

  1. 入社初日から長時間残業がある。
  2. 経験を活かした仕事をさせてもらえない。
  3. 配属先の部署が違う。

仕事内容が面接できいていた内容と違うから辞めたいと伝えると、希望の仕事をさせるから辞めないでほしいと引き止められる可能性があります。

仕事はお互いの信用や信頼関係で成り立ちます。

そのようなときは、「信用できない。一緒に仕事をすることは難しい」と伝えましょう。

社風が合わない

入社してみたら、社風が合わないという場合もあると思います。

入社してみたらこのような場面で社風が合わないと感じるかもしれません。

  1. 朝礼で大勢の前で毎日5分間のスピーチがある。
  2. 昼礼・終礼があり目標達成していないと怒鳴られる。
  3. 仕事は目で見て盗む教育方針だった。
  4. 飲み会が異常に多く参加必須。
  5. 社員の誕生日祝いがあり、プレゼント代が自腹。
  6. 土日も勤怠を付けずに仕事をするのが当たり前。

他にもあると思いますが、社風が合わない場合は正当な退職理由なので、合わないと感じたらすぐに会社を辞めましょう。

仕事内容がやりたいことだったとしても、社風が合わないせいで、あなたの力を発揮することができないかもしれませんよ。

残業が多くて帰りが遅い

ライフワークバランスを重視していると面接で伝えていた場合は、残業を退職理由にしましょう。

転職1ヶ月で辞めるには正当な理由です。

面接で希望の労働条件を伝えたにもかかわらず、長時間残業で帰宅時間が遅くなっている状況なので、辞めることに後ろめたさや罪悪感を感じる必要はありません。

試用期間中でもあるので、労働環境が合わなかっただけです。

正直に「今のような長時間残業を今後も続けることはできません。」や「面接で希望の働き方を伝えたのに裏切られて残念です。」と伝えましょう。

短期間で辞めるで、上司もあなたの本音が知りたいはずです。

体調を崩してしまった

体調不良を理由に早期退職をするもの一つの手です。

体調不良を理由にするからには、チラホラ体調不良を理由に会社を欠勤しておきましょう。

なぜなら、体調不良による欠勤の事実がないと退職理由としては受け入れられない可能性があるからです。

本当に病気の場合は、病院から診断書をもらい、退職の話をするときに提出しましょう。

体調不良の人を無理に引き止めることはないはずですよ。

人間関係の相性が悪い

配属部署や上司・チームメンバーとの相性が合わないというのは、退職理由としては多いです。

相手が辞めるか、自分が辞めるかでしか解決が難しい問題になります。

退職理由としても伝えにくい内容になりますが、人間関係が悪いと感じたことをメモして残しておき、それを伝えましょう。

受け取り方は人それぞれなので、自分は精神的に辛かったなど精神面の苦痛を訴えましょう。

異動などの提案があっても、もう気持ちが辞める方向に切り替わっているとはっきり伝えることで退職できます。

結婚・出産のため

女性であれば引き止めなく辞められる退職理由となります。

結婚をするというだけでは、仕事を辞める理由としては弱いです。

すぐに辞めたい場合は、「結婚をすることになり、家庭に入ることになりました。」や「結婚を機に自宅近くで仕事を探すことにしました。」と伝えるだけで充分です。嫌な顔をされる可能性はありますが、正当な理由です。

女性で結婚する可能性がある場合は、この理由が一番簡単です。

再転職を1ヶ月で決める効率の良い方法

短期間で転職先を見つけるためには効率よく転職活動を行うことが重要です。

1ヶ月以内に求人に応募して、何社か面接を受けなければなりません。

そのため、短期的にある程度の負荷がかかりますが、短期間で再転職をしたいのなら覚悟しましょう!

ただ、そのような状況でも効率よく転職活動する方法はあります。

複数の転職エージェントに登録する

仕事を辞めようと思ったタイミング、次の仕事が決まっていないけど仕事を辞めたタイミングで、すぐに転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントに登録するメリットは、あなたの希望条件の求人を紹介してもらえることです。転職サイトだと自分で探さないといけないので時間がかかるので効率が悪いです。

多くの転職エージェントがありますが、登録すべき転職エージェントは限られています。

こちらの3つ全てに登録すれば、他の転職エージェントは登録しなくて大丈夫です。

  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!

なぜなら、大手の転職エージェントなので、非公開求人を含めて中小転職エージェントの求人はほぼ全て保有しているからです。

くれぐれも転職エージェント探しに時間を費やさないように気を付けましょう。

内定を取りやすい求人の選定方法

転職エージェントに登録したら、担当のエージェントと面談があります。面談は対面やwebから選べます。面談でしっかりと経歴やスキル、希望の条件を伝えましょう。

希望条件を伝えたら、いくつか求人を紹介されます。

紹介された求人の中から下記に当てはまる求人に的を絞って応募しましょう。

  1. 複数名募集の求人。
  2. スキルが100%マッチしている求人。
  3. 新規事業立ち上げの募集。

紹介された求人を手当たり次第に応募しても、面接通過率が悪くなる可能性があります。

なぜなら、スキルがマッチしていない場合は戦力として評価できず、採用の決め手とならないからです。

スキルマッチしている求人で、さらに③に当てはまったらチャンスです。

なぜなら、あなたの経験が浅かったとしても、求人を出している会社の人達よりは仕事ができるため、事業をスタートさせるためにもあなたを採用したいと考えるからです。

転職を失敗しないための対策

転職失敗の多くは、入社してみたら言われていたことと違った、思っていた社風ではなかったなどです。

これらを心がけて転職活動をすると転職失敗の確率を下げることができますよ。

  1. 複数の転職エージェントに登録して、多くの求人から厳選する。
  2. 転職後のトラブルを避けるために募集の背景を必ず転職エージェントに確認する。
  3. 応募する求人の口コミを必ず調べる。

口コミを調べるなら『転職会議』がおすすめです。国内最大級なので気になる会社の口コミを確認することができます。

転職で失敗したくないのなら、必ず口コミサイトで情報収集しましょう。

まとめ

転職1ヶ月で辞めたいときにおすすめの退職理由と再転職を1ヶ月で決める効率の良い方法を紹介しました。

転職して1ヶ月で辞めたいと思う職場は、きっと長く持ちません。

次の転職先を見つけるまでに離職期間が長くなる場合、面接で不利になってしまうので、計画的に転職活動を進めましょう。

すぐに辞めるなら、すぐに転職先を探し始めることです。

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/

ABOUT ME
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細
関連記事