転職の悩み

転職を妥協して決めると失敗する理由とは?転職で焦ると後悔する!

転職を妥協して決めると失敗する理由とは?転職で焦ると後悔する!
  • 転職先がなかなか決まらない!
  • 内定をもらったけど気が進まない!
  • 焦りから妥協したくなってきた!

このような悩みを抱えていませんか?

20社、30社と応募しても書類選考すら通過できなかったり、面接には進むけど内定には至らなくて、もう転職ができないのではないかという焦りが出てくると思います。

ですが、焦ってしまい妥協をした転職をするとかなりの高い確率で転職失敗となってしまい、入社してもすぐに辞めたくなってしまいます。

転職をするからには、長く続けていける会社にしないと意味がありませんよね。

この記事では、転職を妥協して決めると失敗する理由や焦らないための考え方を解説していきます。

転職に妥協しそうになったときが一番危ないので、焦って妥協しそうになった時は一度冷静になってみましょう。

 

転職を考えるなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

 

実は、もう一つおすすめの無料転職アプリがあります。

無料の転職アプリ!【ジョブクル転職】
をインストールするだけでDODAやリクナビなどに掲載されている求人(8万件以上)をまとめて確認することができるので、個別に登録する手間が省けますよ。

転職は考えているけど、「いきなり転職エージェントは利用したくない」、「まずはどのような求人があるのか知りたい」という人に特におすすめです。

まずは、【無料】ミイダスで自己分析をする。次に、【無料】ジョブクル転職で適性のある仕事を探してみる。

この流れを作ると最短で転職の準備が整いますよ。

転職を妥協して決めると失敗する理由とは?

妥協して行きたくない会社に入社してしまう

20社くらいを応募してようやく内定が1つ~2つ出ると言われていますが、人によっては30社も40社も応募して内定が出ないという場合もあります。

そのような状況の場合、徐々に希望の条件を妥協してしまい、内定が出やすいけれども行きたいと思わない会社に応募していくようになってしまいます。

そのようなときに、内定が出ると他の会社を受けても内定が出ないと思い込んでいるので、妥協して内定が出た行きたくもない会社に入社してしまうのです。

行きたくないという気持ちがあるために、仕事に対してモチベーションが上がらず長続きしない会社になってしまうのです。

仕事にやりがいがなく充実しない毎日になる

仕事内容に妥協してしまった場合は、毎日の仕事が苦痛になります。

同僚は好きで今の仕事をしているのに自分だけ好きでもない仕事をしているという状況になるので、仕事への取り組む姿勢や知識の吸収やスキルアップの速度が同僚に比べると遅くなります。

同僚に差を付けられてしまった場合は、さらに仕事にやりがいをなくしていくため成果を出せずに社内で居場所を失っていくのです。

また辞めようかなと思ったときに、どうしてあのとき焦ってやりたくもない仕事を選んでしまったのだろうかと後悔するのです。

仕事にやりがいを感じない、居場所もなくなっていく状況では長く続けて行くことができません。


社風が合わなくて能力を発揮できない

社風と言っても色々ありますが、各社が掲げているビジョンや行動指針と捉えるとよいでしょう。

例えば、あなたが文化系の気質の性格をしていたとして、会社が体育会系的な行動指針を掲げていた場合、とても居心地の悪い職場になってしまいます。

社風が合わないと、あなたの仕事の取り組み方について評価されない可能性もあるのです。

エンジニアのように黙々と仕事をしていても評価されず、みんなの前に出てプレゼンテーションなどを頻繁に行わないとやる気がないとみなされることもあるのです。

社風を妥協してしまい、入社後に合わなかったという場合はすぐに辞めたくなるのです。

勤務地を妥協して通勤が苦痛になる

勤務地を妥協してしまった場合、通勤が苦痛になってしまい仕事を長く続けることが困難になってしまう可能性があります。

仕事や年収の妥協ではないので、通勤さえ我慢すればすぐに辞めたいという気持ちになることはないと思います。

しかし、通勤が片道2時間かかってしまい、乗り換えが3回以上、どの路線も乗車率が高いという通勤経路だと肉体的に疲労が溜まり辛くなっていきます。

通勤を苦痛に辞めるのはもったいないので、通勤時間が短くなるように会社の近くに引っ越すことを考えた方がよいでしょう。

引っ越せない事情があり、通勤に耐えられないという場合は、結局のところ仕事を辞めたくなってしまいます。

年収を妥協したらいつまでも昇給しなかった

年収を妥協すると入社してから苦労する場合があります。

会社の評価制度によるものやあなたの仕事の成果によるものがありますが、会社としてなかなか昇給がしにくいという場合があり、何年も働いても月に数千円程度しか上がらないということもあるのです。

仕事を頑張って成果を出しても給料が上がらないというリスクがあるので、あなたが譲れない年収のラインをしっかり守ることを意識しましょう。

転職で年収を重視しているのに妥協してしまった人は、数年後には高年収を求めて転職をする可能性が高くなります。

未経験職種で転職したらついていけなかった

未経験だと内定が出やすい場合があります。

研修もあるし未経験でも転職できるならと思って、焦った結果、未経験職種に手を出してしまうと「やってみたらついていけない」という事態になるかもしれません。

未経験の職種の場合、やったことがないから自分に向いているのかどうか分からないのです。

しかも未経験職種なので給料も高くないはずです。

やってみたら仕事が合わなかったという状況になってしまうと、妥協せずに転職活動を続けておけばよかったと後悔するのです。

この未経験職種の経歴が次の転職に影響するので、本気で頑張りたいと思えない未経験職種には応募しない方がよいでしょう。


転職で焦らないための考え方とは?

転職で焦らないための考え方とは?

転職活動は働きながら進める

仕事を辞めてからの転職だと離職期間が空いてしまう怖さが出てくるので焦りにつながってしまいます。

どうしてもすぐに今の会社を辞めなければならない場合を除いては、在職中から転職活動を進めましょう。

在職していれば、無職になるよりもマシという考え方ができるので、冷静に転職活動を進めて行くことができるのです。

年代問わず、無職の状態で転職活動をするのはリスクがあるので、焦らないためにも在職中に転職を成功させましょう。

転職条件の優先順位を決めておく

転職するときに何を優先させるのか、優先順位を決めておきましょう。

転職軸とも言うのですが、これがあなたの中で明確になっていないと、求人内容をみて何となく良いなと思った会社を手当たり次第に応募してしまい、実際はミスマッチしていて書類選考に通過しないという状況になり焦りだすのです。

例えば、年収が500万円以上が絶対条件と決めておけば、500万円以下の求人で落ちても自分の狙っている範囲の求人ではないため焦らないのです。

むしろ自分に対して年収500万円も払うことができないのかと思えば焦りはなくなります。

あなたの転職条件に合わない企業から落とされただけという気持ちを持ちましょう。

転職する企業選びを適当にしない

応募する企業を適当にしてしまうと、あなたにとってどうでもよい企業からは書類選考で落とされてしまいます。

何となく募集要件に合っていると思っていても、企業側からすると少し求める人物像からずれていたりするのです。

適当に応募して、いくつも書類選考落ちが続いていくと自信をなくす原因になるので、無題に応募するのはやめましょう。

本気で行きたいと思える企業を厳選した方が面接にも進みやすいし、面接でも熱意が伝わりますよ。

転職までに少し時間がかかっても、自分は後悔しないために企業を厳選しているという気持ちを持ちましょう。

あなたも企業側の求人に対して応募するかどうかの選考をしているのだという意識を持ちましょう。


転職で妥協のメリットは1つしかない

転職で妥協してもメリットは1つだけです。

転職がすぐに決まって、辛い転職活動から解放されるというだけです。

一時的にはメリットになりますが、転職先で働きだしてからはデメリットの方が多くなってきます。

内定が出たから行くことにした、転職活動をすぐに終わらせたかったなど理由は様々あると思います。

簡単に内定が出るような会社は、大抵の場合離職率が高く人手不足なので選考が緩いのです。

逆に面接が何度もあり、課題も出してくるような企業は入社難易度が高いですが、入社できた場合はその会社に適性があるということなので、入社後の社風や能力におけるミスマッチを防ぐことができるのです。

今一度思い返してみましょう。

あなたは簡単に転職できるような会社で働きたかったのかどうか。

これを考えるだけで妥協することの意味のなさが理解できると思います。

30代・40代で転職で妥協すると後がなくなる

30代、40代で転職をする場合は絶対に妥協をしてはいけません。

当然、年齢的に考えれば無職になるよりはどこかの会社で働くことが大事だと考えると思います。

しかし、年齢的には次の転職は無理かもしれないのです。

人手不足と言いながらも転職回数や年齢だけで判断して書類選考で落とす企業もまだまだ多いのです。

だから、次の仕事を最後にするつもりで妥協せずに転職先を決めましょう。

特に仕事内容に妥協しなければ、組織に馴染めない場合はフリーランスとして活躍できるだけのスキルや経験を積めるかもしれません。

考え方としては、次が最後、だから少し転職活動に時間がかかってもこだわって探しているという気持ちを持ちましょう。

あなたが希望する条件の求人が今ないだけで2ヶ月後にはあるかもしれないのです。

転職エージェントの利用は妥協していはいけない

転職に焦ってしまい、妥協した求人に応募して内定をとっても後悔する可能性が高いことは解説しました。

焦っているときこそ、転職エージェントを活用して客観的な意見を求めたり相談をするようにしましょう。

一人きりで転職活動をしていて成果が出ないとき、すでに転職エージェントを活用しているけど成果が出ないとき、すごく精神的に辛いと思います。

そのようなときは、1つでも多くの転職エージェントを活用して相談できる「人」を増やしましょう。

相性が良い人が見つかると、あなたのスキルだけではなく社風にも合う求人を紹介してくれるので内定率が高くなりますよ。

はじめに転職エージェントと面談をしてしまえば、働きながら希望の求人紹介を待つだけなので、ほとんど手間はかかりませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!


自分の可能性を知って転職で妥協するのはやめよう

あなたが転職活動で焦りそうになったら、今一度あなたの適性や強みを把握しましょう!

いくつも面接を受けて落とされてしまうと、自分の今までの実績や経験は評価されないのかと自信をなくしていくと思います。

そのようなときこそ、強い意志を持つためにも、あなたの市場価値を知る必要があるのです。

今のあなたの市場価値がどれほどあるのか調べる方法として、こちらの無料転職アプリをおすすめします。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

アプリをインストールするだけで、すぐに診断ができますよ!

ミイダスの詳細を知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。

実際に利用してみた結果を画像で紹介しています。

転職の市場価値を無料でたったの5分で確認する方法とは?
ミイダス適正チェックを受けるメリットや診断結果の活用方法とは?この記事は、このような人に向けて書いています。 『今の自分の市場価値を知りたい!』 『自己分析が苦手で面接対策ができ...

まとめ

転職を妥協して決めると失敗する理由や焦らないための考え方について解説しました。

妥協して簡単に転職できるような会社は、あなた以外の人も簡単に入社できてしまうのです。

簡単に入社できるということは、まともに選考されていないのと同じです。

一人で転職活動を続けていると必ず心細くなったり不安になるはずなので、転職のプロである転職エージェントに相談しながら進めて行きましょう。

妥協すると入社後に苦労するということを忘れずに、焦らずに転職活動をしていきましょう。

この記事を書いた人
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細