転職の悩み

30代で未経験の転職におすすめの職種や選び方とは?

30代で未経験の転職におすすめの職種や選び方とは?

『30代で未経験職種に転職したい』

『30代未経験で転職できるか不安』

『30代で未経験のキャリアの活かし方がわからない』

このような悩みを抱えていませんか?

30代で未経験の転職を考えるとき、やはり自分は実際に転職できるのか、どのような転職先があるのか、などと不安になる人が多いと思います。

20代までと違い、30代になると会社から求められるものも違ってきます。

前職までの知識や経験をもとに同業種に転職する場合は、それまでのキャリアが活かせる分、30代のほうが20代よりも有利に仕事が選べるかもしれません。

しかし、今までとは違う業種に転職したいという場合、30代で未経験の転職におすすめの業種はあるのでしょうか。

この記事では、30代転職の心得や未経験におすすめの職業を紹介していきます。

興味があれば、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

30代の転職で心得ておくべきこと

会社が人を採用する際、20代と30代で大きく違うところは、やはり30代には即戦力を求めているということです。

20代であれば、会社は入社してから基本的なところを1から丁寧に指導して、その会社の仕事にふさわしい人材として育てていこうと考えます。

場合によっては、他社の仕事のやり方に染まっていない分、未経験の人材のほうが育てやすいと考えることもあります。

しかし、30代を採用する場合は、会社としてはできれば人材育成の時間や労力をできるだけかけずに、即戦力として働ける人がほしいと考えます。

少なくとも、社会人としてのビジネスマナーや、周りとのコミュニケーションの取り方の基本などは最低限身についているものとして採用します。

また、入社して一通りの仕事を覚えたら、いずれは管理職として会社に貢献できる人材か、という点も考慮します。

このように、30代で転職する場合には、会社が求めるもののハードルがかなり上がる、ということは知っておいたほうがよいでしょう。


30代の転職は視野を広く持つ

30代での転職は難しいと一般的によく言われます。

実際のところ、30代での転職は本当に難しいのでしょうか。

先ほども述べたように、やはり会社から求められるものが違ってくる分、20代のときよりも転職は難しくなると考えたほうがいいでしょう。

しかし、30代で転職を考えるとき、今まで経験してきた仕事ではなく、全く経験のない新しい仕事をしてみたい、と考えることもあると思います。

新しく覚えることも多く、苦労も多いですが、自分が知らない、経験のない世界に興味を持ち、視野を広げることも大切です。

経験がない分を埋めるだけのやる気や努力はもちろんですが、資格などの能力を身につけることも必要になります。

まず大切なのは、転職する人に新しい知識を吸収していこうとする意欲、やる気があるかどうかです。

そのうえで、面接などでそのような意欲をアピールしていくことが必要です。さらに、後で紹介しますが、経験を補う資格などを身につけていくことも考えましょう。

30代で仕事を選ぶポイント

転職するにあたっては、どんな業種につきたいのかということと同時に、勤務の仕方などの希望がそれぞれにあると思います。

まず、フルタイムの仕事に就いてキャリアアップしたい、と考えるのであれば、資格などを取得して、経験のない分を補うという方法がおすすめです。

または、営業職などの経験のある人は、未経験であっても前職での営業経験を生かしてお客様とのコミュニケーションを重視する仕事に就く、なども考えられます。

また、育児や家事との両立を考えたい、という人は、比較的時間の融通の利きやすい介護や医療事務、保育などの仕事に就くという選択肢もあるでしょう。

現在はネットを生かした在宅の仕事などもいろいろな種類がありますので、自分のライフスタイルに合わせた仕事を選ぶことも可能です。

自分はどういった働き方をしたいのかという点は、どんな業種を選ぶのかということと同じくらい大切なことです。

そういった点も考慮して、自分に合った仕事を見つけていきたいものです。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

準備をしておかなかったことで、焦って転職活動をしてしまうと失敗してしまう原因になるので余裕を持って進めていきましょう!

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録だけでも済ませましょう!

実際に利用してみて、頼りになった転職エージェントです。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

30代で未経験の転職におすすめの業種とは

では、30代で未経験の転職におすすめなのは、どんな業種なのでしょうか。

業種によっても違いますが、30代でも比較的転職しやすい業種もあります。

現在は慢性的な人手不足といわれており、さまざまな業界で、年齢を問わず求人の募集があります。

30代での転職は経験者のほうがやはり有利な場合も多いですが、未経験でも積極的に採用している業種もあります。

ここでは、そんななかから今後需要増が見込まれる介護・福祉業界や、東京オリンピック開催を控えて新たな建設も進んでいるホテル業界、ネット通販の爆発的な伸びにより人手不足が深刻な配送・引っ越し業界などを紹介します。

人と接するのが好きな人や、人のためになる仕事がしたいという人にはおすすめです。

また、デスクワークよりも体を動かす仕事がしたいという人にも向いています。

これらの業界は、男女を問わず求人があり、採用の条件もさまざまなので、興味がある人は自分の希望に合ったものがあるかどうか、確認してみてください。

介護・福祉業界

人手不足が深刻といわれる中で、特に介護人材は需要がどんどん高まる中、慢性的に不足しています。

介護業界ではさまざまな形で人材を募集しており、30代で未経験の転職におすすめの業種です。

介護ヘルパーは特に資格がなくてもできますが、国家資格である介護福祉士などの資格を取ってキャリアアップすることもできます。

資格手当などがつくところもあります。

さらに経験を重ね、介護支援専門員(ケアマネジャー)などを目指すことも可能です。

ケアマネジャーは介護保険を利用したい人のケアプランを作成する仕事で、これから大いに需要が見込まれています。

介護業界は給料が安いというイメージがありますが、今後も需要は多くなると見込まれるため、給料などの水準も改善されてくる可能性もあります。

正社員だけでなく、昼間だけのパートなどの募集もあり、時間や曜日も比較的融通が利きやすいので、育児などと両立もしやすく、女性が活躍している業界でもあります。

ホテル業界、配送・引っ越し業界

ホテルなどの業界は、海外からの観光客の増加や、今後2020年の東京オリンピックに向けて需要が増えると見込まれることから、30代で未経験の転職におすすめの業種と言えます。

接客業は専門的な知識がなくても比較的始めやすいこともあり、30代で未経験であっても積極的に採用している傾向があります。

英語や中国語などの語学力があればさらに採用される可能性も高くなるので、この業種を希望する人は語学の資格取得などを考えてもよいでしょう。

また、近年のネット通販の伸びなどから配送業界はかなり深刻な人手不足となっています。

配送や引っ越しは男性の仕事というイメージが強いかもしれませんが、実は女性も活躍しています。

女性の引っ越しの際に同性だけのチームが引っ越しを担当するサービスなどもあり、人気があります。

この業界も特に資格などは必要なく、車の免許があれば大丈夫なところも多いです。

フルタイムの勤務だけでなく、パートでの採用などを行うところもあるので、家事や育児と両立したい人にもおすすめです。


資格を取って経験を補う

次に30代で未経験の転職におすすめなのは、資格を取って経験を補うことです。

旅行管理者や宅地建物取引士のように、業種によってはその資格を持っている人が営業所に必ず1人は必要という資格もあります(宅地建物取引士は営業所の所員5人に1人)。

このような資格を取ることで、未経験でも転職に有利になる場合があるのです。

ここでは、公認会計士、税理士などの会計業務を行う資格や、中小企業診断士のような主にコンサルタント業務を行う資格、社会保険労務士や司法書士、行政書士のように書類作成の事務などを行う資格をご紹介します。

このような資格を持つことで、社会人として高い能力があることを証明することができ、面接の際にも自信を持って臨むことができるでしょう。

簡単に取れる資格ではありませんが、だからこそ、挑戦して取得すれば転職の大きな味方になってくれます。

ここで紹介するもの以外にも転職に有利なさまざまな資格がありますので、チェックしてみてください。

公認会計士、税理士、中小企業診断士

公認会計士はおもに大手企業の財務諸表など精査し、決算書類を監査する仕事です。

資格の中でも医師や司法試験と並ぶほどの最難関といわれています。

その分、公認会計士の資格があれば、自分で独立して開業することや大手企業の顧問としてコンサルティングなどを行うことができます。

税理士は、公認会計士ほどではありませんが、やはり難易度の高い試験です。

税理士資格があれば個人や中小企業などの税務や会計に関するサポートができます。

税理士は、税理士にしかできない業務が定められており、 税金は国民すべてに関係するので、転職には非常に有利な資格といえます。

やはり独立開業も可能で、また企業などの顧問として働くこともできます。

中小企業診断士は、経営コンサルタントを目指す人の国家資格で、おもに中小企業の経営状態の診断、コスト削減や売り上げ向上のための提案などを行います。

経済学の基礎からITの知識まで幅広く問われる資格なので、この資格があれば経営にまつわる幅広い知識があることが証明できます。

社会保険労務士、司法書士、行政書士

社会保険労務士は、企業の人事や労務、社会保険に関する書類作成・申請などの事務や、給与計算などを行う仕事です。

社会保険労務士の試験も難易度が高いですが、合格すれば独立開業することもでき、また、企業の採用でも非常に評価の高い資格です。

人事や労務についても、企業ではなくてはならない業務なので、高い需要が見込まれ、転職にも有利です。

司法書士は、不動産取引や相続、成年後見などの登記の手続きにおいて、書類の作成・申請などを行う仕事です。

司法書士でない人は行うことができない業務があり、資格があれば独立開業もできます。

試験は法律に関することが多く非常に難しいのですが、持っていれば転職には非常に有利です。

行政書士は飲食店などの許認可や、賃貸者契約の書類の作成代行などの業務を行う仕事です。

官公庁への書類の提出は誰にでも必要になる可能性があり、その手間のかかる作業を代行するスペシャリストが行政書士です。

やはり試験は難しいですが、転職に役立つ評価の高い資格です。


あなたの適性をチェックしてみよう!

30代で未経験で転職を考える場合、やはり適正は知っておきたいものです。

あなたが転職活動をするときに、適性を知って強み・弱みを把握していれば面接でも役に立つかもしれませんよ。

仕事探しをしているのなら適正チェックをしておきましょう!

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

アプリをインストールするだけで、すぐに診断ができますよ!

無料 インストール

ミイダスの詳細を知りたい場合は、こちらの記事も参考にしてみてください。

実際に利用してみた結果を画像で紹介しています。

まとめ

未経験で転職する場合、やはり20代より30代のほうが難しく、さらに30代でも前半より後半のほうが難しくなります。

転職をしようと考えるきっかけはさまざまであり、その時期も人によって違うので一概には言えませんが、転職をしてキャリアアップしたいと考えるのであれば、やはり早めに決断したほうがいいかもしれません。

もし早めの決断が難しいなら、必要なスキルを磨くことを常に頭に入れておきましょう。

30代で未経験の転職におすすめの業種をいくつか見てきましたが、こうした業種に転職をするときでも、会社に自分を売り込めるスキルを身につけておけば、転職はずいぶん有利になるはずです。