転職の悩み

転職したいけどスキルがない?自分に合った仕事の見つけ方とは?

転職したいけどスキルがない?自分に合った仕事の見つけ方とは?
転職したい人
転職したい人
  • 転職したいけどスキルに自信がないから行動に移せない
  • 転職したいけど役立つ資格がわからない
  • 転職したいけど自分に合った仕事の見つけ方や適性がわからない

このような悩みや不安を抱えていませんか?

 

Yasu
Yasu
こんにちは。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職上級者です。今回は、転職したいけどスキルがないときの仕事の見つけ方について解説していきますね。

転職したいけどスキルがない、どんな仕事が自分に合っているかわからないという人は意外と多いかもしれません。

では、転職に必要なスキルにはどんなものがあるのでしょうか。

仕事をするために必要なスキルには、どんな仕事をするときにも必要になる共通したスキルと、それぞれの職種に就くために必要なスキルがあります。

この記事では、転職をするときに必要なスキル、持っていると転職に有利になるスキルなどについてみていきたいと思います。

 

転職したいけどスキルに自信がないなら、自己分析として強みや弱み、適性がわかる「ミイダス(転職アプリ)」を使ってみてくださいね。

無料の適正チェックであなたの「強み」が分かる!【ミイダス】
無料の市場価値診断(約3分)、適正チェック(約10分)をしてみましょう!

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/

ポータブルスキルはどんな仕事でも必要になる?

ポータブルスキル」という言葉をご存じでしょうか。

聞いたことはあっても、具体的な内容はわからないという人も多いかもしれません。

ポータブルスキルとは、業種や職種が変わっても通用する、いわゆる持ち運び可能な能力のことを言い、厚生労働省が提唱している概念です。

ポータブルスキルは、どんな業界・職種を選んだとしても求められるもので、逆にこのようなポータブルスキルが身についている人は転職の際に非常に有利になります。

日本では、以前は終身雇用が主流で、ポータブルスキルのような職場において基本的に必要なスキルは会社が時間をかけて指導してくれることが当たり前に行われていました。

しかし、転職してキャリアアップを図ることが主流になってきた現在では、必要なスキルは自分で磨いていくことも必要です。

ここでは、ポータブルスキルの内容と、どのようにポータブルスキルを磨いていったらよいのかについて、詳しく説明していきましょう。

ポータブルスキルとは?

ポータブルスキルは、具体的には、仕事の仕方や人とのかかわり方などが挙げられます。

会社で仕事をしていくうえで重要なのは、大きく分けてその仕事をして成果を上げる、つまり会社にとっての利益を上げることと、社内外の対人関係をうまく保っていくことの2つです。

このうち仕事の仕方については、成果を上げるための重要な行動として、課題を明らかにすること、計画を立てること、それを実行することなどがあります。

必要な情報を収集して分析し、課題を設定する、さらにその課題を実行するために必要な人材やスケジュールなどを調整し、実行に移していく。

ポータブルスキルはこういったことがきちんとできる能力です。

対人関係においては、上司や経営層との関係、同僚や顧客との関係、そして部下との関係などがあります。

上司や経営層からの指示に的確に対応し、同僚や顧客との良好な関係を保ち、さらに部下を指導し、マネジメントしていくといった能力です。

 

自己分析したい人はこちらも参考にしてみてくださいね。
無料で「あなたに向いている仕事や強み」を診断することができますよ。

転職の市場価値を無料でたったの5分で確認する方法とは?
ミイダス適正チェックを受けるメリットや診断結果の活用方法とは? このような悩みや不安を抱えていませんか? 転職活動をするときにどうやって自分の「市場価値」を知ったらよいか...

ポータブルスキルの磨き方

ポータブルスキルとは、説明したようにどの職場においても通用する能力のことです。

では、このようなポータブルスキルを身につけるには、どうしたらよいのでしょうか。

まずは、自分にはどんな能力があるのか、チェックしてみることが大切です。

身近な人に、自分の長所や短所について聞いてみたり、自分自身で一度じっくり自分の能力について考えてみたりするのもよいでしょう。

いままでぼんやりとしか見えなかった自分自身の特性がわかってくるかもしれません。

また、ポータブルスキルについては、セルフチェックできるツールなどもあるので、そういったものを活用して自分自身のポータブルスキルをチェックしてみるのもおすすめです。

自分の長所、短所をきちんと把握することで、長所についてはどうやって伸ばしていくか、また短所についてはどう克服していくか、方法を考えることができます。

それぞれの弱みを理解したうえで、それをどのようにカバーしていくか、できれば強みに変えていけるか考えることが大切です。


それぞれの職業・職種に必要なスキルとは?

つぎに、それぞれの職業・職種に必要なスキルについてみていきます。

転職したいけどスキルがないという人は、まずは興味の持てそうな資格などを勉強して身につけることで、やりたい仕事の方向性がわかるかもしれません。

ここでは、特に受験資格が必要ない、誰でもトライできる資格の中から、転職に役立つ資格についてご紹介します。

たとえば、営業職に役立つ資格としては、TOEICやファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士や中小企業診断士などがあります。

どれも受験者数の多い人気の資格です。

また、現在は慢性的な人手不足といわれますが、その中でも特に人手不足が深刻なのがIT業界です。

そんなIT系の仕事に役立つ資格としては、ITパスポートや基本情報技術者、マイクロソフトオフィススペシャリストなどがあります。

転職したいけどスキルがないという人は、こういった資格を身につけることで、経験不足を補い、今まで経験のない新しい業種や業界で働くきっかけをつかめるかもしれません。

営業職の転職に役立つ資格

海外とのやり取りが多い商社や外資系の企業などでは、やはり英語力があることは重要です。

留学経験などがあり英語が堪能な人でも、英語力が証明できるTOEICの点数を提示できることで転職には有利になります。

ファイナンシャル・プランニング技能士は、家計の資産形成や年金・保険、相続など、家庭内の身近な問題に対してアドバイスができる資格です。

保険会社の営業の人などが取得することが多いですが、金融系の職業や、不動産関係などでも役に立つ資格です。

宅地建物取引士は、不動産取引には必ず必要な資格で、日本では最も受験者数が多いともいわれる人気の資格です。

不動産関係の仕事に就くために必須というわけではありませんが、持っていると資格手当がつく会社も多く、受験資格も特にないのでおすすめの資格です。

中小企業診断士は、その名の通り、中小企業の経営のコンサルタントなどができる資格です。

かなり難易度が高い資格ですが、持っていることで人事担当者には一目置かれる資格でもあります。


事務職の転職に役立つ資格

転職したいけどスキルがないという人の中には、事務職を希望する人も多いと思います。

子どもが学校や保育園に行っている間に働くことができ、しかも土日が休みであれば働きやすくなります。

そんな事務職を希望する場合におすすめなのが、日商簿記や医療事務、秘書検定などです。

日商簿記は全国的にも知名度が高く、経理や一般的な事務職を希望するなら持っていると有利な資格です。

実務経験がない人でも、簿記の知識があれば採用担当者の印象も非常によくなるでしょう。

医療事務も人気の資格で、病院で診療報酬などのチェックをする仕事です。

資格がなくても就業は可能ですが、未経験であれば、資格を持っていることで知識をアピールできます。

秘書検定は、経営者や会社の役員の秘書としての能力を身につける資格ですが、内容には一般常識や社会人として最低限身につけておきたい内容が含まれており、やはりこの資格を持っていることで、社会人としての能力の高さを示すことができます。

自分に合った仕事の見つけ方

ここまで、転職したいけどスキルがないという人に、どんなで職種でも必要なポータブルスキルや、それぞれの職種・業界で使える資格などについて紹介してきました。

ここまでの中で、自分はこんな資格を取って、こんな会社で働きたいという姿が思い浮かんだ人もいるかもしれません。

しかし、いざ転職したいと思っても、なかなか新しい世界に飛び込んでいくのは難しいことです。

やりたいことが見つからない、自分に合った仕事がわからないという人は、まずは自分にはどんなスキルがあるのかよく考えてみましょう。

自分には仕事に生かせるようなスキルなんて何もない、と思っていても、実はどんな仕事にも生かしていける能力があるかもしれません。

また、今はそんなスキルがなくても、これからスキルを身につけて、仕事に生かしていくこともできます。

しかし、それでもなかなか自分に合った仕事がわからない、見つけられないという人に、違ったアプローチの仕方をご紹介しましょう。


自分の好きなものに向き合ってみる

転職したいけどスキルがない、でも転職は考えたいという人は、まず自分の好きなもの、得意なことが仕事につながらないか考えてみましょう。

文章を書くのが好きならライターなどの仕事や、絵をかくのが好きならイラストレーターなど、簡単に思いつくものもあるでしょう。

子どもが好きだから保育士や塾の先生、車の運転が好きだからタクシー転手や配送の仕事など、いろいろな選択肢があります。

もちろん、もっと大まかにいえば、一人で細かい作業をこつこつと続けるのが好きなのか、みんなで協力して1つのことを成し遂げていくのが好きなのか、といった考え方もあります。

子どものころに好きだったことなども思い出してみましょう。

もしかしたら、そこからいまでも好きなことにつながっているかもしれません。

そこから、自分が本当に好きなものが見えてきます。

このような自分の考え方の方向性を見ていくと、だんだんとどんな仕事が自分に向いているのかわかってくるようになります。

周りの人の評価を確かめる

転職について必要なスキルについて考えるとき、自分一人で考えていても、なかなか思いつかないこともあるでしょう。

そんなときは、自分の周りの人に、自分はどんな仕事に向いていそうか聞いてみましょう。

自分自身が思っているのと、周りの人から見える自分は案外違っていることも多いものです。

親や親友、同僚などに聞いてみると、自分では思ってもみなかったような意外な答えが返ってくるかもしれません。

周りの人は、自分ではわからない長所や短所を知っていることもあります。

そんな周りの人からの意見を聞くことで、自分だけでは思いつかなかった意外な職業が候補に挙がってくることもあるでしょう。

世の中にあるたくさんの職業の中から、自分に合うたった1つの職業を探すのは簡単なことではありません。

一人で考えていて、壁にぶつかったときには、ぜひ視野を広げて、周りからのたくさんの意見を取り入れながら、いろいろな職業の選択肢の中から探していきたいものです。


転職エージェントに相談してみる

客観的に意見をくれる転職エージェントに相談してみるのが良いと思います。

あなた自身がスキルがないと思っていても、今のあなたのスキルを必要としている企業があるかもしれません。

案外、転職が決まった人の中には内定が出ないと思っていた会社から内定が出たというケースもありますよ。

まずは話を聞いてみるという行動が、自分に合った仕事探しの第一歩になると思います。

転職するなら、絶対に登録すべき転職成功実績No.1の転職エージェントを1社ご紹介します。

転職支援実績No.1
リクルートエージェント

リクルートエージェント
総合力 5.0
求人数 5.0
サポート力 5.0
交渉力 5.0


リクルートエージェント
無料登録はこちら

リクルートエージェントの強み!

  1. 転職支援実績No.1。
  2. 非公開求人が20万件以上。
  3. 業界に精通したアドバイザー。
  4. 独自の業界・企業情報提供。

リクルートエージェントは、あなたのように悩んでいる人の転職を成功させようと全力でサポートしてくれる転職のプロなのです。

転職成功者のほとんどが、リクルートエージェントに登録しています。

あなたが得られるメリット

  1. 非公開求人(大手企業・優良企業)に応募できる。
  2. エージェントから求人紹介をしてくれるから時間がなくても活動できる。
  3. メイン担当以外にアシスタントが数名いるので土日でも連絡が取れる。
  4. 年収・入社日を交渉してもらえる。
  5. 面接の日時調整をしてもらえる。
  6. 面接対策として面接力向上セミナーに無料で参加することができる。
  7. 志望企業へ何社も同時に推薦をしてもらえる。
  8. 職務経歴書・履歴書を添削をしてもらえる。

実際にリクルートエージェントを利用することを考えたときに、気になる点をみていきましょう。

安心して利用できる理由

利用にはお金がかかるの?

全て無料です!求人紹介もキャリアの相談も面接対策も全て費用がかかりません。転職エージェントは求職者を企業に紹介して転職が決まると企業から紹介料をもらうことで成り立っているのです。あなたは何も心配せず利用して大丈夫ですよ。

時間がないけど利用しても大丈夫?

時間がない人にこそ利用価値があります。登録後、あなたの希望する求人や人柄を伝えるために一度は転職エージェントと面談をする必要がありますが、面談後は転職エージェントがあなたの希望する求人を紹介してくれるのを待つことができます。もちろん、あなたからも求人検索はできるので、応募したい企業があればボタン一つで即応募ができます。

登録が面倒なんじゃないの?

会員登録は5分~10程度ですぐにできますよ。入力内容は「転職に期待すること」、「プロフィール情報の入力」です。基本的には、選択項目が多いです。

すぐに転職しないといけないの?

登録したからといって来月までに転職しないといけないわけではありません。あなたの希望する求人があれば応募していけばいいのです。3ヵ月~6ヵ月、場合によってはそれ以上の時間をかけてじっくり転職活動をしても大丈夫です。

どのような企業の求人を紹介してもらえるの?

安定した大手の上場企業、優良な中小企業、資金調達している業績好調なベンチャー企業の紹介をしてくれます。転職サイトには公開されていない「非公開求人」もあるので滅多にお目にかかれない企業の求人を紹介してもらえることもありますよ。

履歴書や職務経歴書のアドバイスはしてもらえるの?

アドバイスはしてもらえます。職務経歴書のまとめ方が苦手な人でも大丈夫です。転職エージェントは転職支援のプロです。多くの支援経験から、あなたの履歴書、職務経歴書にアドバイスをくれます。修正の必要がないと判断された場合は、アドバイスがないこともあります。

転職エージェントは怖いですか?

物腰が柔らかく人当たりの良い方ばかりです。転職活動中に困ったことがあれば相談にのってもらうこともできます。転職エージェントは転職支援サービスです。あなたはサービス提供されるお客さんの気持ちで大丈夫です。あなたにとって相性が悪いと感じるエージェントが担当だった場合は、代えてもらうこともできますよ。

複数の転職エージェントに登録してもいいの?

複数の転職エージェントに登録しても何も問題ありません。転職活動をしているほとんどの人が3社前後は登録しています。その中から自分に合う求人、応募したい求人を探しています。各社転職エージェントもこの点は理解があるので、同じ求人を紹介されたときに、どちらかを断ったとしても怒られることはありませんよ。

転職はすぐにできるものではないので、前もって準備を進めておく必要があります。

状況が悪くなってから焦って転職活動をしてしまうと、判断力が鈍くなって今より悪い会社を選んでしまう原因になります。

転職を失敗しないためには、余裕をもって進めることをおすすめします!

登録したからと言って来月転職しなければいけないわけではないので、じっくりと6ヵ月かけても大丈夫です。

今の不満を解消して、良い条件で働きたい人は、今すぐ登録をして求人紹介を受けてみましょう!


リクルートエージェント
無料登録はこちら

まとめ

転職したいけどスキルがない、自分に合った職業がわからないという人へ、職業探しのヒントとなるような内容を見てきました。

ここで紹介したように、誰でも受験できる国家資格などもたくさんありますので、少しでも興味があるものにはぜひトライしてみましょう。

もちろん、転職はあくまで慎重に考えるべきですが、ここぞというときには自分から行動に移せるよう、日ごろからスキルを身につけ、磨いていけるよう心がけることが重要です。

人気ランキング
  1. リクルートエージェント
    転職支援実績No.1!10万件以上の非公開求人。ほぼ全員が登録する転職エージェント。20代~40代向におすすめ。
    https://www.r-agent.com/
  2. doda(デューダ)
    転職者満足度No.1!大手優良企業を中心に10万件以上の求人。20~30代の人におすすめ。
    https://doda.jp/
  3. パソナキャリア
    女性の転職支援実績が多数!手厚いフォローや親身なサポートで各種ランキングにランクイン!20代~40代向におすすめ。
    https://www.pasonacareer.jp/
ABOUT ME
Yasu(転職上級者)
Yasu(転職上級者)
IT・WEB系の会社で管理職をしている40代サラリーマンです。転職を7回以上繰り返し、キャリアアップして成り上がってきた転職のベテランです。仕事の悩みや転職の悩みの解決につながるような情報を発信していけたらと思っています。 プロフィール詳細
関連記事