Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
転職

試用期間の退職は転職に不利なの?在職中の転職活動に必要な期間は?

試用期間の退職は転職に不利なの?在職中の転職活動に必要な期間は?

「転職したばかりだけど、どうしても試用期間内で辞めたい!」

そのような状況の人にとって試用期間の退職は転職に不利になってしまうのか、次の仕事を辞める前に見つけるために、在職中の転職活動に必要な期間がどれくらいか気になりますよね?

試用期間中に辞めるときの言い方や転職活動に必要な期間について解説していきます。

試用期間で退職したら転職が不利になったり在籍期間は関係するの?

試用期間で退職したら転職が不利になったり在籍期間は関係するの?

試用期間でもすぐに辞めてしまう場合、例えば1日で辞めたり、2週間や2ヶ月で辞めたりした場合、次の転職で大きく不利になるかというと在籍期間は関係ないです。

結局のところ試用期間内の退職ということに変わりがないためです。

試用期間で退職した場合、印象としてはあまりよくありませんので不利になることの方が多いです。

なぜなら、試用期間内で辞める人の方が圧倒的に少ないので、何か問題がある人かもしれないという先入観を持たれてしまうからです。

世の中にはブラック企業体質の会社が沢山あることを面接官も知っていますし、面接官も何度か転職をしてきた人であれば理解をしてくれる可能性は高いです。

あなたにどうしても変えられない部分があるのは仕方がないので、転職してもう一度やり直したいという気持ちを面接官に伝えることが大事です。

しかし、未だに古臭い考えを持った人が面接官の場合は、転職回数だけでも悪く受け止める人がいます。

長続きしない根性のない人という烙印を押されてしますのです。

他の考え方としては、転職してすぐに退職に至るような何かが起こるものなのか、辞めるという判断に至るのか不思議に思われると思います。

何回か面接を受けて入社しているわけなので、あなたが原因による転職のミスマッチが起きているのかを疑ってくるのです。

試用期間といっても転職後すぐに一週間や1ヶ月で退職となった場合の理由は、どこの会社に面接に行っても必ず説明を求められることになります。


在職中の転職活動に必要な期間はどれくらい?

在職中の転職活動に必要な期間はどれくらい?

実際の転職経験をもとに下記の日数を想定で載せています。
あなたの頑張りや求人掲載のタイミング次第ではすぐに次の仕事が見つかるかもしれません。

転職サイトを活用する場合

このような順序で応募から内定まで約1ヶ月ほど必要とします。

在職中に転職活動を行う場合は平日の仕事から帰った夜や土日の休日に活動しないといけません。

在職中に何とか次の仕事を見つけたいと思うなら、一生懸命頑張れば半月くらいで次の仕事が見つかるかもしれません。

転職サイトを活用する場合はスカウトメールを待っていても時間がかかるので、行動力がものをいいます。

試用期間で辞めようという気持ちが少しでも出てきた時点で転職サイトに登録して求人を眺めておくことをおすすめします。


転職エージェントを活用する場合

転職エージェントを活用する場合は転職サイトで転職活動をするよりも効率的に行えます。

大きな違いは、自分で求人を探さなくてよいということです。
転職エージェントがあなたに合う求人をいくつかピックアップして紹介してくれるので、待っていればいいのです。

試用期間中に辞めたくなって精神的に辛い状況だとしても、転職活動を進めることができますね。困ったことがあっても相談にのってもらえます。

標準的なペースだと応募から内定までは転職サイトと変わらず約1ヶ月ほどかかりますが、「今月中に転職できる求人を紹介してほしい」と転職エージェントに伝えれば、タイミングによってはそのような求人が見つかり、書類選考をパスして即社長面接という可能性もあります。

どんなに短縮できても最短で半月ほどはかかると思った方が良いです。

効率的に転職活動をしたい場合は転職エージェントに登録しておくことをおすすめします。

初めての転職活動だったり、もう自分で選んで失敗したくない人にもおすすめです。


試用期間が終了したら退職したいと思うのは時間の無駄?

試用期間が終了したら退職したいと思うのは時間の無駄?

多くの会社の試用期間は、3ヶ月や6ヶ月です。
そこそこ長いですよね。

在職している期間中に次の仕事を見つけたいと思っているのなら、試用期間中はお給料をもらえるので離職期間を発生させずに転職活動をすることができます。

万が一、次の仕事がなかなか決まらないということも考えられるので、試用期間中は割り切って働き、試用期間とともに転職をするという流れが安全かもしれません。

慎重に転職活動を進めていくのなら、試用期間が終了してらかの退職は無駄ではないと考えられるかもしれません。

しかし、辞めると考えているのなら、その試用期間中に得るものはほとんどありません。

能力が身についたかどうか、経験を積んだかどうかでいえば、試用期間中は責任のある仕事は担当しないし、難しいスキルを求められることもありません。

面接を受けに行ってもアピールできる点はありませんので、精神的に辛い場合は世間体など気にせずにすぐに辞めてしまってもよいかもしれません。


試用期間で退職したい人に強い引き止めはない

試用期間で辞めようと考えたときに引き止めがあるのか気になりますよね。

おそらく、あなたがとても優秀で幹部に就くことを前提として入社していない限りは大きな期待をされていないので強い引き止めはありません。

しかし、会社としては採用するのに求人サイトに掲載料を払ったりコストをかけているので、簡単には辞めてほしくない気持ちがあります。採用担当の人は上司から怒られてしまうためです。

そのため、軽い引き止めはあると思います。

試用期間中なので、辞めたいと伝えれば早めに辞めさせてくれると思います。

辞めたい人に業務を教えるのは時間の無駄になってしまうので。

試用期間で辞めたいとは言えないし言い方をどうしたらいい?

試用期間で辞めたいとは言えないし言い方をどうしたらいい?

試用期間で辞めるというのは気まずいし世間体もよくありません。

辞めたいと言うのは勇気がいることかもしれませんが、あなたにとって不幸な未来しかありませんので、未来の自分を救うつもりで勇気を出して上司に辞めることを伝えましょう。


試用期間で退職する理由を円満にする場合

試用期間で退職してしまうので理由が何であれ円満に退職するのは難しいかもしれません。

・人間関係がどうしても合わないことを理由にする。

・自分の能力不足を理由にする。

人間関係が合わないとなれば、会社としてもどうすることもできません。
今いる気の合わない人を辞めさせてあなたを引き止めるということもできないでしょう。

あなたの能力不足を理由にする場合も会社としてはどうすることもできません。
今よりも丁寧に教えていくよと言われても続けるのが辛いと言えばすんなり辞めさせてくれることの方が多いです。

このような退職理由にすることで会社側に責任がなく、自分自信の問題で辞めるような言い方にすると穏便な話し合いの末に退職できる可能性があります。

上司が厳しい人だと「甘えるな」と言われてしまうかもしれませんが、辞めたいの一点張りで貫きましょう。


試用期間に退職したい理由で嘘をつきたくない場合

辞めたくて転職して入社してくる人はいません。

・試用期間中に嫌がらせやパワハラがあったことを理由にする。

試用期間中に嫌がらせやパワハラ、いじめなどがあった場合は正直に言っても大丈夫です。

会社側の問題が試用期間中の退職を決意させているので、むしろ正直に言った方がすんなりと辞めれると思います。

そもそも、入社して間もない人に嫌がらせやパワハラをしてくるような会社は良い会社ではありません。

無理に続けても精神的に疲れてしまうので、試用期間ですぐに辞めてしまいましょう!

まとめ

試用期間の退職は転職に不利なのか、在職中の転職活動に必要な期間について解説しました。

在職中に転職活動をして次の仕事を見つけるのは大変かもしれませんが、試用期間中にすぐにでも辞めたい気持ちが強いなら転職活動を頑張りましょう。

辞めるときの伝え方は、基本的に正直に伝えれば良いです。

会社は去る者追わずの姿勢です。