Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

スノーボードの転び方にはコツがある!?上手に転んで上達しよう!

スノーボードで転ぶ

今回は初心者が練習のときに必ず身につけなければいけない転び方について紹介していきます。

転び方も滑り方の1つなのですが、転び方を学ばず練習せずに我流で覚えていくと後々怪我をする確率が上がってしまいます。

初心者の人はまず転び方を覚えるようにしましょう。多くの人が練習のときに転ぶ度に恐怖心が高まってしまい、スノーボードを1回や2回くらいで止めてしまう人もいます。

スキー場は多様なコースがあるので転び方を知っていることで安全にチャレンジしていくことができます。それでは、転び方を紹介していきます。

転ぶときに怪我を予防するために絶対やってはいけないこと

初心者のときはよくやってしますのですが、転ぶときに手をつかないことです。転び方になれていないときや恐怖心に負けてしまうとどうしても手をついてしまうことがあります。

手からついた場合、指や手首、腕の捻挫、骨折、脱臼など大きな怪我につながります。ゲレンデで他の人の転び方を見ていると、この人の転び方は危ないなとか、この人の転び方は上手で痛くなさそうというのがあります。

上手な人の転び方を見ることでも学びましょう。これから上達していくときにまずは転び方をじっくり練習していきましょう!


お腹から(うつ伏せ)転ぶときのポイント

わかりやすく一言でいうと、エビ反り状態にします。頭と両腕とボードの装着されてた足を空に向けて挙げるようなイメージです。

極端に挙げ過ぎる必要はありません。転ぶときの状況によりますが、お腹から転ぶときの状況の多くは、レギュラースタンスの人だと山側を向いてターンをしているときが多いと思います。

滑っていて転ぶと思ったときになるべく身体を丸めて重心を低くしておきます。直立しているときに比べて打ち付けられるときの衝撃が緩和されるためです。

よほど激しく転んでうつ伏せや仰向け状態が入れ替わらない限りこの転び方をすると怪我の予防につながります。ただし、必ず怪我を防げるわけではありません、滑っているコースによっては、きれいに転んでいる場合ではないこともあります。

あと数メートルで崖に転落してしまうような状況、人に衝突してしまうような状況だとこの転び方が生かせない場合があります。状況をみて上手に転べるようにしておきましょう。


背中から(仰向け)転ぶときのポイント

お腹ら転ぶときの逆で、通常の丸まったエビ状態にするイメージです。背中だけを地面につけて、頭と両腕とボードの装着されてた足を空に向けて挙げます。

転ぶときの状況の多くは、レギュラースタンスの人だとコースの下のを向いてターンをしているときが多いと思います。

背中からの場合も転ぶと思ったときはなるべく身体を丸めて重心を低くしておきます。重心が低い方がエッジが雪に食い込んでブレーキ力が高まります。

背中から転んだ場合は、仰向け状態なのでよほど傾斜がきつくないコースなら正面が見える状態にあります。ある程度スピードが落ちてきてからボードを雪に引っ掛けるか手をついても問題ないスピードになってから起き上がりましょう。

転んでしまう状況は仕方がありませんが周りの人を巻き込まないように注意しましょう。怪我を防ぐためにはとにかく手をつかないことが大事です!


スノーボードが転びやすいコースの特徴

やはり転びやすいコースは、中級、上級の傾斜がきついコースになります。

スピードが出やすいのでスピードを上手にコントロールできないと転んでしまいます。林間コースでもコース幅が狭いと人と接触してしまったり、ショートターンが上手くいかず転ぶことがあると思います。

中級以上のコースに多いのですが、コブがあるコースも転びにくいです。スノーボードの場合はスキーと比べてストックもなく安定感が出ないのとコブ通過時の衝撃を吸収しずらいためです。

コブは上級者でもよく転ぶので、スキーヤーがコブコースを簡単に滑っているからといって安易に滑りにいかないことをおすすめします。あくまで初心者の内はということです。


まとめ

今回は転び方についてご紹介しました。

初心者の頃は早く滑れるようになりたい気持ちの方が強く出てしまいますが、怪我の防止のためにもまずは転び方をしっかり身につけましょう。

初心者の頃は沢山転ぶので上手に転べないと転ぶ度に大きな怪我をする確率が高まってしまいます。

転び方もコースの状況や人の多さによって変わってくるので、自分のことだけではなく、周りもしっかり見ながら最適な転び方、起き上がり方を身に着けるようにしましょう。

それでは今回は以上になります~。