Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

ゲレンデで事故無く安全に楽しく滑るための注意事項とは?

ゲレンデ事故

毎年、全国各地のゲレンデでは、滑っている人同士の接触による事故が発生して大怪我をしている人達がいます。

怪我をしたというニュースをみると骨折して救急車で運ばれたなどが多いです。
小さな子供と大人が衝突した場合なんかは、事故が発生した時点で軽傷は澄まないと思いますので、加害者にならないように今一度自分のゲレンデの行為に問題がないか振返ってみましょう。

ゲレンデで安全に楽しく滑るための注意事項をまとめてみました。
初心者~上級者関係なくゲレンデにいる全ての人が気を気を付けるべき基本事項です。

怪我防止のため、滑る前の準備運動を必ずしましょう!

スキー、スノボ、ソリの雪遊びのいずれにしても滑る前には必ず準備運動をしましょう。

なぜ準備運動が必要なのか?

スキーやスノボは下半身をよく使うスポーツの為、膝や股関節、足首などを準備体操をして温めておかないと怪我をしやすい状態を作ってしますことになります。

体が温まっている状態の方が柔軟性が出るので体の動きも軽快になります。

準備体操をしないと体が硬い状態なので、反応速度が鈍ります。例えば、転ぶときに上手く受け身がとれなかったり、いつもよりもエッジがひっかかって転びやすくなったりすることが考えられます。

準備運動は自分の怪我防止だけでなく、自分の運動パフォーマンスの低下によって引き起こす他人を巻き込んだ事故の原因にもなるので必ず行いましょう!


安全に滑るための装備は必ずしましょう!

ストッパー、リーシュコードは必ず装着しましょう。

ゲレンデを見ているとリーシュコードを装着していない人をちらほら見かけます。もしかしたら、装着していない人のほとんどは知識のない初心者やゲレンデデビューしたての人なのかもしれません。

上級者の人も油断してはいけません。
過去に目の前で見たことがあるのですが、上級コースを滑っていた人が転倒した際にスノーボードが外れてしまいスノーボードだけが凄いスピードでコースを滑ってしまいました。

幸い人がほとんどいない状況だったのでコースの壁にぶつかって運よく停止はしていましたが、もし人と衝突していたら大事故になっていたと思います。

事故を起こした場合、後ろから滑っていた人の方が過失があると判断されてしまいます。最悪の場合、慰謝料を求められる裁判にも発展してしまう恐れもあります。

面倒くさがらずに必ずストッパー、リーシュコードを着用しましょう。


ゲレンデではマナーを守りましょう!

ゲレンデでの事故や怪我の防止にこのような点を気を付けましょう。

・リフトを遊びで揺らさない。
一部のはしゃいでいる若者や子供に多いと思いますが、リフトを揺らすのはやめましょう。

急なリフトの停止につながったり、リフトによっては安全バーが付いていないものもあるので、揺れによる転落事故につながってしまいます。

 

・ストックはむやみに振り回さない。
子供が振り回していたら大人の人はしっかり注意をしてマナーを守らせましょう。

大人のスキーヤーの人はストックの持ち方に気を付けましょう。大人は背が高いため、ストックの持ち方によっては子供の顔辺り、目などを指してしまう可能性があります。

 

・リフトや滑走中に割り込むのはやめる。
無理に割り込むと接触事故につながります。
リストに並んでいる列で割り込んだり、乗る直前に割り込むと転倒する恐れがあります。

これは多いかもしれませんが、滑走中の割り込みや横切りです。後ろから滑ってくるスキーヤがわざわざ前を滑るスノーボーダーに近づき接触すれすれでターンして横切って行ったりするのをよく見ます。

接触事故を起こした場合は必ず上から滑った方に責任があります。危ないと思ったらまずは「スピードを落とすか停止する」のが当たり前だと思います。

スノーボーダーよりもスキーヤーの方が視界が広いので常に前や全体を確認しながら滑るようにしましょう。

 

・コースの真ん中で座り込んだり立ち止まったり休憩しない。
後から滑ってくる人はある程度スピードが出ています。気が付いたときにどうしても止められないことがあります。

特に急傾斜になっているコースはぶつかる直前まで前にいる人が見えないことがあります。必ず休む場合は、後ろから滑ってくる人たちから視界の良いコースの端っこに寄るようにしましょう。

 

・禁止区域で滑走しないようにする。
新雪を滑りたいからといってコース外の禁止区域に入り滑ることはやめましょう。

禁止区域になっているということは、崖になっているとか穴が開いているとか整備が行き渡っていないなど必ず危険な理由があります。

基本的には警告看板があるはずなので無視して入らないようにしましょう。

 

・スキー、ボードの装着は迷惑のかからない広い場所で行う。
リフトに乗る前はリフト乗り場の列エリア内での装着はやめましょう。列が乱れて渋滞を引き起こす原因になります。

リフトを降りた後の装着はリフト降り場の正面は避けましょう。初心者の人がコントロールできずに真っすぐ突っ込んでくる可能性があります。そうなると接触事故の可能性が出てきてしまいます。

人と接触しないような広い場所やフィッティングゾーンなどがあれば利用しましょう。


自分の滑走レベルに合わせた滑りをしましょう!

例えば、初心者の方が無理に上級コースを滑ると上手くコントロールが出来ないために、自分自身が怪我をする可能性もありますし、他人を巻き込んでの接触事故を引き起こす可能性もあります。

また、当日の天候や雪質によっても変わってきます。
吹雪で視界の悪くなったり、雪が凍ったアイスバーン、溶けかかった雪など、いつもは上手く滑れていてもこのような状況の時はスピード感が鈍ったり、エッジが引っ掛かりにくくなったりなどコントロールが上手くいかなくなります。

天候とは別に、飲酒や夜更かしで睡眠不足による判断能力が低下しているときは無理せず滑ること自体を控えましょう。

基本的には、無理せず自分の滑走レベルに合わせたコースを滑るようにしましょう。


ゲレンデでの助け合いを心掛けましょう!

滑走中にゲレンデで怪我などで困っている人がいたら、周りをしっかり見たうえでその人に近づき、声をかけてあげましょう。

怪我で動けないような場合は、そのスキー場のパトロールの人に連絡をしてくしてください。安全のためにスキー板やスノーボードの板を立てて後ろから滑ってくる人たちに事故が起きたことを目立つように知らせましょう。

まずは安全を確保したうえで、スマホでパトロールの人に救援依頼をするようにしましょう。

まとめ

ゲレンデで事故無く安全に楽しく滑るための注意事項についてまとめてみました。ゲレンデにいる1人1人が意識していれば安全に楽しく滑ることができると思います。

加害者にも被害者にもならないように安全には注意しながら滑走を楽しみましょう!
今シーズンは昨シーズンよりも事故のニュースが流れないことを祈るばかりです。