Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

スノボのリフトやターンが怖いのどうやって克服すればよい?急斜面のスピード対策は?

スキー場

スノボ初心者レベルの頃は、リフトの乗り降りが怖かったり、出来るようになるまではターンするのも怖いですよね。

ターンが怖くてできなくて、急斜面ではスピードが出すぎて雪に突っ込んでしまったり、人にぶつかりそうになったり。

怖いのを克服しなければいつまでも上達しない状況、「そんなの嫌だ!」という人に少しでも恐怖心を和らげてもらえたらと思って書いてみました。

スノボスキル上達のコツというよりは、上達するための恐怖克服するためのマインドに寄せてます。

スノボのときリフトが怖い!どうやって乗り降りしたらよいの?

スノボ初心者の頃の悩みの一つにリフトの乗り降りが怖いというのがあります。

大抵の人が初心者の頃の通過点みたいな感じで経験していることなのですが、他の人達はリフトを乗るとき、降りるときの恐怖とどのように向き合ってきたのでしょうか。

そもそも、なぜリフトが怖いのか?

リフトに乗るときはタイミングが取りづらい、リフトから降りるときは傾斜がきつく一緒にリフトに乗っていた人に接触してしまう。

その結果、転んでしまうと痛いし怪我をするかもしれないからというのが考えられますね。下手すると捻挫や骨折なんていう事態も考えられますからね。

他にはこのようなケースもあるかもしれません。

例えば、男女グループで滑りに来たとして、男性が女性を目の前にしてリフトの乗り降りで転んで格好悪いところを見せたくないという気持ちから、絶対に転べないし転ばなくても格好悪いよろめき方はしたくないというプレッシャーからくる恐怖もあるのではないでしょうか。

初心者レベルからある程度上達するまでは、スノボでリフトに乗るときと降りるときの恐怖対策はこのようにしてみてはいかがでしょうか。

  • やや遅めのリフトに乗る。
  • 乗るときにタイミングの取りづらい高速リフトに乗らないようにする。
  • 降りる場所が急傾斜になっていないコースのリフトに乗る。
  • 上手な人とリフトに乗って降りるときは支えてもらう。

初めからこのような条件が揃っているスキー場を選ぶことで、上達するまでの期間は恐怖の場面から逃れ恐怖心を抑えることができるのではないでしょうか。


スノボのターンが怖い!どうやったら恐怖心が消えるの?

スノボ初心者レベルの頃だとなかなかターンが覚えられず、沢山転んで怖い思いをすることが多いと思います。

まず考えなければいけないのは、ターンの練習をするときに自分のレベルにあった初級コースを選択しているかどうかです。

まだ初級者レベルなのに傾斜の厳しい中級コースや初級コースでもコブがあるコースを選んでしまっては難易度が高いため、激しく転ぶ可能性が高まってしまいます。

まずは、初級コースでコブのない幅広なコースを選びましょう。ロングターンの練習がしやすくなります。それに幅広いコースを選ぶと林間コースのような幅の狭いコースとは異なり、他の滑っている人との接触の心配が減ります。

ターンをいきなり練習しようとすると怖いという場合は、「横滑り」、「木の葉落とし」から始めてみると良いと思います。

「横滑り」は、サイドスリップとも呼ばれていて、傾斜に対してスノーボードのエッジを引っかけながら滑り降りることができます。

急傾斜でスピードが出そうで怖いと思ったときは、スピードを抑えながら滑り降りることができます。初心者の頃は横滑りで傾斜に慣れるというのも恐怖の克服に良いかもしれませんね。

「木の葉落とし」は、サイドスリップ(横滑り)中に左右に移動しながら滑り降りていくやり方です。

サイドスリップがほぼ真っすぐ滑り降りていくのに対して、木の葉落としは左右に移動をしながら滑り降りることができます。

自分自身でスピードを抑えることができるので恐怖心はそれほど出ないと思います。

山に背を向けた場合と山に体を向けた場合で横滑りや木の葉落としの練習をするとターンのときの目線に近いものを学べます。ターンのときの足の使いかたにも役立ちます。

これらができると大抵の上級コースでもなんとか滑り降りてこれるようになるので覚えておいた方がよいです。できることが増えるだけで恐怖心は和らぐと思います。

あとは、ターンの練習で転ぶと予測がつかない転び方をすると思うのですごく怖いと思います。
転び方によっては頭から滑ってしまったり、板が外れそうになるくらいに足がねじれてしまったり。

超基礎になりますが、スクールに入ってしっかり転び方を学んでみてはいかがでしょうか。
柔道でいうところの受け身になります。

正しく安全な転び方を知っているだけで怪我の防止にもなって、ターンの練習のときに転んでも受け身がとれるから痛くないし怖くないという気持ちになってくると思います。

スクールだと料金が高いから嫌だという人は、一緒に行った上手い人に教えてもらうか、スキー場で上手そうな人の転び方を観察してみましょう。


まとめ

スノボのリフトやターンが怖いのどうやって克服すればよいか、急斜面のスピード対策などについて紹介しました。

慣れるまでは恐怖心があると思うので、コース難易度の低いスキー場の初級コースで上達していきましょう。

怪我の防止のためにも転び方をマスターしておくことが恐怖心を和らげることにもつながります。