Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

スノーボード初心者が覚えたいグランドトリック

スノーボード

今回は初心者が最初に覚えたいグランドトリックの基本となるオーリーとノーリーについて説明していきます。

ゲレンデに行くと多くの人がオーリーしている姿を見ていると思います。オーリーやノーリーができていると他の難しいグランドトリックのもできるようになるので是非覚えたいですね。

オーリーのしやすさは個人の技術力の問題もありますが、板の特性によっても変わってきます。ここでは板の特性についても説明しませんが、オーリーやノーリーがどのようなものか理解してゲレンデで練習していきましょう!きっとスノーボードがもっと楽しくなると思います。

そもそもグランドトリックって何のこと?

グランドトリックは「グラトリ」と呼ばれることの方が多いです。マクドナルドをマックと呼ぶのと同じようなものです(笑)

基本的な定義としては、平地において行うトリックのことで、ジャンプ、ボードを回転させたりします。

複数のトリックを組み合わせることで回りの人を魅了するような滑りができるようになります。上手い人はコースの壁などの地形を利用してトリックする人もいます。


オーリーは初心者でも簡単にできる?!

グランドトリックの基本となるオーリーですが、初心者でも簡単にできるかという点で言うと難しいと思います。絶対に無理というわけではなく、人によっては簡単にできてしまう人もいます。初心者レベルでもできている人の特長としては、下半身を上手に利用して重心のかけ方をコントロールしていたり、滑っているときに乱れない、簡単なターンができているなどです。とはいえ、初心者の人でも傾斜の緩いコースであれば練習できるので挑戦してみましょう。

・オーリーとは

スノーボードの板の反発力や遠心力を利用してジャンプする動作のことです。ノーズを引き上げて後ろ足で蹴りだすように飛びます。全てのグランドトリックの基礎となる技と言われています。オーリーを利用しないでグランドトリックをしている人はいないとおもうのでゲレンデで注意深く周りを観察してみましょう!

・オーリーのやり方やコツ

初めてオーリーをしようとする人の多くは力任せに普通にジャンプしようとするため安定とジャンプの高さが出せません。普通にジャンプしている時点でオーリーではないのです。
オーリーはスノーボードの板の反発を利用して飛びます。反発を利用できていないときは体力の消耗が激しくなります。板の特性にもよりますが慣れてくると過剰な体力を使わずにさらりとオーリーができるようになります。

コツとしては、重心移動を意識することです。まずは低姿勢で重心を真ん中に取ります。そして前足を空に向かって上げます。そのときに重心を後ろ足にずらしすかさず地面を蹴ります。このタイミングの取り方が難しいのですが、上手くいくと後ろ足に蓄積されたエネルギーが反発力となってビヨーンと宙に浮くことができます。

着地するときは膝を傷めないようにしゃがみ込むような感じで膝を曲げて着地の衝撃を吸収します。オーリーの高さは個人の筋力や板の特性にもよるので無理して力任せにしないことです。コツを掴むにはオーリーが上手い人を観察して何度も練習することです。


ノーリーってオーリーと名称似ているけど違いはあるの?

・ノーリーとは

ノーリーはオーリーは名称は似ていますが、動作としては逆になります。ノーリーの場合は後ろ足を上げて前足で蹴りだします。オーリーよりも難しいと思います。初心者の人はオーリーをしっかり身に着けてからノーリーを練習した方が上達が早いと思います。もしかしたらノーリーがしやすくてオーリーが苦手なんて人もいるかもしれません。主観になりますが、体が歪み過ぎている人は重心移動もしずらいのでどちらも難しく感じるかもしれません。

・ノーリーのやり方やコツ

初心者の人はスピードが出ないような傾斜の初級コースで練習しましょう。初級でもでこぼこなコースだと練習しずらいのでできる限り整った平地が良いです。

後ろ足を引き上げて少しずつ前足に重心をずらしていきます。前足にエネルギーが溜まったら蹴り上げます。踏み込みの力だけに頼らず上半身で宙に引き上げるようにしましょう。そうしないと上半身の体重が蹴りだす足にかかっているため高さが出しにくいのと体力の消耗を招きます。オーリーと似ている部分で体重移動から前足で蹴り上げるときのタイミングが難しいので練習が必要です。姿勢は低めにすると滑り自体が安定します。着地に関してはオーリーと同様で膝を傷めないようにしゃがみ込むような感じで膝を曲げて着地の衝撃を吸収するようにしましょう。


まとめ

今回はオーリーとノーリーについて説明しました。

体重移動や板の反発を上手に利用してオーリー、ノーリーができるように練習しましょう。練習には広い初級コースの平地がよいです。

沢山練習してできるようになったら他のグランドトリックの練習へと幅が広がるのでスノーボードがさらに楽しくなると思います。

怪我をすることが一番怖いので、スノーボード経験の浅い人は焦らずに基本から練習していきましょう!

それでは今回は以上になります~。