Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ

スノーボードのスタイルの種類と板の特性を知って自分に合った滑りをしよう!

スノーボード 板

今回は板の種類にはどのようなものがあるのか、どのような特性があるのかをご紹介します。

初心者の頃は板の種類に詳しくないためデザイン重視で選んでしまい、いざゲレンデで滑ってみるとグラウンドトリックがやりづらかったり、カービングターンがしずらかったりなどあると思います。

一概にはいえませんが、板の特性によってある程度自分が望む滑り方を補助してくれるような役割があります。同じ滑り方をしても板によって上手く滑れたりすることがあります。自分に合った板が選べるとスノーボードがより楽しくなると思います。

スノーボードのスタイルは大きく分けて2つ

・フリースタイル

普通に滑走したりエアーをしたりグランドトリックをしたり自由に滑ることです。普段スキー場に行くと皆さんはフリースタイルで滑っていることになります。

・アルペンスタイル

スキー場で時々見かけることがあると思いますが、板の後ろ側がバッサリカットされているような形状になっています。オリンピックなどのスピードを競うような競技で使用されています。スキー場でもすごいスピードをだしてカービングターンをしている人がいます。滑り方に特徴があるので目撃出来たらアルペンスタイルってこんな感じなのかと実感すると思います。


滑りに大きく影響するスノーボードの板の特性を知ろう!

スノーボードの板は大きく分けるとキャンバー、ダブルキャンバー、ロッカー、フラットの4種類があります。滑りに向き不向きがあるので自分の目指している滑りに合った板を選べるように参考に覚えておきましょう。板の値段はけっこう高いので買い間違えると後悔の気持ちから一気にスノーボードが楽しくなくなります。

・キャンバーボード

もっともスタンダードな板の種類で、板を置いたときに板の中心部分が少し浮くのが特徴です。何も気にせずに購入するとキャンバーボードである可能性が高いです。自分も初めて買ったときは何も気にせず買ったのですが、キャンバーボードでした。キャンバーボードの特徴としては、エッジが長めになっているため滑走中にエッジを立てるときは安定感が増します。ターンのときにも安定感がでるため初心者の人にもおすすめです。また、ほどよい反発力もあるのでオーリーのしやすさがあります。気を付けたいのはオーリーは板の反発力があっても個人の技術力が左右する部分もあるので絶対できるというものではありません。スノーボードを始めたときは、まずはこの形状を1枚持つとよいと思います。

・ダブルキャンバーボード

両足のビンディング下が少し浮いているのが特徴です。キャンバーボードとロッカーボードの良い部分を併せ持つといわれています。グランドトリック、フリーランディング、パーク滑走、パウダー滑走などいろいろなスタイルで柔軟に滑ることができます。反発力を利用した滑りができるため、グランドトリックをしたい人が所持しているような印象があります。パーフェクトのような板の特徴ですが、やはり持ち主の滑りのスキルがものをいうので、初心者や初級者には扱いが難しいかもしれません。金銭的に余裕がある人はいろいろな形状を買って特性を試してみるのも面白いかもしれません。

・ロッカーボード

板の中心部分が雪に接しているのが特徴です。ロッカーボードの特徴でパウダースノーで浮くことができます。ノーズが浮いているためノーズが刺さることがなくパウダースノーが滑りやすい状態になります。バックカントリーにも向いていると思います。逆にエッジを利用した滑りが難しくなるためカービングターンなどは難易度が上がってしまいます。上達前にこの特性の板でいろんな雪質で滑るのは初心者には難しいかもしれません。

・フラットボード

ノーズとテール以外の面が雪にくっつくのが特徴です。ゼロキャンバーと呼ばれることもあります。雪に接している面が広いため他の形状の板よりも滑走時の安定性に優れています。キャンバーボードとロッカーボード両方を良い感じで併せ持ったような特性イメージです。バランスよく反発力がありコントロールがしやすいです。そのためグランドトリックにも使える板といえます。幅広い滑走スタイルに向いていると思いますが、滑走スキルが低い人は基礎ができるまではキャンバーボードの方が無難かもしれません。


まとめ

今回はスノーボードのスタイルの種類と板の特性についてご紹介しました。

初心者の頃はなんとなく滑っていることが多いと思うのですが、ゲレンデデビューする前から板の特性を知っているかいないか楽しみ方やスタイルが大きく変わってきます。

板にはいろんな特性があるので全種類使ってみるなど試してみても面白いかもしれません。

ただし、ある程度滑走スキルが身につかないと板の特性が生かせなかったり、コントロールが上手うできなくて怪我をすることもあるので気を付けましょう。

それでは今回は以上になります~。